for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オリックス株式会社

8591.T

現在値

2,167.00JPY

変化

-48.00(-2.17%)

出来高

4,507,100

本日のレンジ

2,154.00

 - 

2,188.50

52週レンジ

1,981.00

 - 

2,612.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,215.00
始値
2,188.00
出来高
4,507,100
3か月平均出来高
81.31
高値
2,188.50
安値
2,154.00
52週高値
2,612.00
52週安値
1,981.00
発行済株式数
1,181.91
時価総額
2,726,687.00
予想PER
8.98
配当利回り
4.13

次のエベント

Q3 2023 Orix Corp Earnings Release

適時開示

その他

Orix Corp - Agreed To Take What Will Likely Be Majority Stake In DHC

Japan's Orix Corp To Buy Dhc For About 300 Billion Yen - Nikkei

Japan Industrial Partners-Led Consortium Has Submitted Bid To Buy Toshiba For Around 2.2 Trln Yen - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オリックス株式会社とは

オリックスは、同社、連結子会社850社(変動持分事業体およびSPE(特定の案件のために設立された事業体)などを含む)及び関連会社170社から構成され、多様な事業を展開する。【事業内容】同社は6つの事業セグメントで構成される。法人金融サービス事業部門は、主に融資事業、リース事業、金融商品販売などの手数料ビジネスを行う。メンテナンスリース事業部門は、自動車リース事業、レンタカー事業、カーシェアリング事業、測定機器・情報関連機器等のレンタル事業およびリース事業に従事する。不動産事業部門は、不動産開発・賃貸・ファイナンス事業、施設運営事業、不動産投資法人(REIT)の資産運用・管理事業、不動産投資顧問業を行う。事業投資事業部門は、サービサー(債権回収)事業、プリンシパル・インベストメント事業、環境エネルギー関連事業により構成される。リテール事業部門は、生命保険事業、銀行事業、カードローン事業に従事する。海外事業部門は、リース事業、融資事業、債券投資事業、投資銀行事業、船舶・航空機関連事業を行う。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

World Trade Center Bldg.

SOUTH TOWER, 2-4-1, Hamamatsu-cho

MINATO-KU, TKY

105-5135

Japan

+81.3.34353000

https://www.orix.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Makoto Inoue

President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Hitomaro Yano

Executive Officer, Chief Director of Finance

Satoru Matsuzaki

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Corporate Sales, Chairman of Subsidiaries, Director

Shuji Irie

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Business Investment, Director

Yoshiteru Suzuki

Senior Managing Executive Officer, President and CEO of Subsidiary, Director

統計

2.08 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.3K

2021

2.3K

2022

2.5K

2023(E)

2.7K
EPS (JPY)

2020

237.380

2021

155.540

2022

259.370

2023(E)

244.266
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.01
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.03
株価純資産倍率(四半期)
0.77
株価キャッシュフロー倍率
4.37
総負債/総資本(四半期)
161.75
長期負債/資本(四半期)
147.95
投資利益率(過去12カ月)
2.67
自己資本利益率(過去12カ月)
2.03

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:東芝が後場急伸、JIP案にロームやスズキが参画と報道

東芝が後場に急騰した。株価は一時2.7%高に上昇した。日本産業パートナーズ(JIP)の買収提案にロームやスズキが参画していることがわかったと日本経済新聞電子版が報じ、手掛かりになった。再編案に関わる複数の関係者が明らかにしたという。

再送-オリックス、ⅮHC買収へ 株式の過半取得

オリックスは11日、化粧品・健康食品大手のディーエイチシーディー(DHC)を買収すると発表した。創業者で大株主の吉田嘉明社長から、発行済み株式の過半を取得することで基本合意した。他の株主とも協議を進める。

日経平均は続伸、米株高を好感 好決算銘柄の物色も支え

東京株式市場で日経平均は、前営業日比344円47銭高の2万7872円11銭と、続伸して取引を終えた。前日の米国市場がねじれ議会への思惑から株高となった流れを引き継いで終日堅調で、一時2万7900円台半ばと9月半ば以来の水準まで上昇した。好決算銘柄への物色も相場を押し上げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、一目均衡表の雲を上抜け

<15:42> 日経平均・日足は「大陽線」、一目均衡表の雲を上抜け 日経平均・日足は上にやや長く、下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は2 万7872円11銭。 ローソク足は一目均衡表の雲を上抜け、「強気相場」のシグナルが点灯している。ま た、ローソク足が25日移動平均線(2万7104円53銭=8日)、75日線(2万7 624円20銭=同)など主要な移動平均線を上回っており、市場では「テクニカル面で は相場が大きく好転している」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 目先の日経平均は、節目の2万8000円を回復できるかが焦点...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが続伸、ハイテク銘柄がしっかり

<15:12> 新興株市場はマザーズが続伸、ハイテク銘柄がしっかり 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.09%高の741.02ポイントと 続伸した。東証グロース市場指数は同1.09%高の943.13ポイントだった。前日 の米株市場でハイテク株が買われた流れを受けて「新興株市場でもオンラインサービス系 などハイテク銘柄が物色されているようだ」(国内証券・ストラテジスト)との指摘が出 ていた。 個別では、プログリット、ANYCOLOR、BASEが 上昇。一方、pluszero、旅工房、キッズウェル・バイオ<4584. T>はさえない...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は堅調、米中間選挙後の株高アノマリーを意識

<13:48> 後場の日経平均は堅調、米中間選挙後の株高アノマリーを意識 後場に入り、日経平均は堅調な動きが続いている。前営業日比約380円高の2万7 900円近辺で推移。値がさ株が一段高となっているほか、前場に引き続き半導体関連株 など指数寄与度の大きい銘柄群がしっかりとなっている。個別では、ソフトバンクグルー プが5%超高で推移。 米中間選挙を控えているが日本株の騰勢は衰えず、全体的に買いが広がっている。市 場では「米中間選挙後に株価が上昇するアノマリーが意識され、前日に米株高となった流 れで日本株もしっかりとなっているのではないか...

前場の日経平均は続伸、米ねじれ議会の思惑 9月半ば以来の高値

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比352円06銭高の2万7879円70銭と、続伸した。前日の米国市場で、中間選挙での「ねじれ議会」への思惑から株高となった流れを好感し、買い先行で寄り付いた後も上値を伸ばした。一時9月15日以来の高値を付けた。

ホットストック:オリックスが急反落、4%安 22年4―9月期純利益は17%減

オリックスが急反落し、4%超安で推移している。午前9時34分現在、東証プライム市場の値下がり率上位に入っている。同社は7日、2022年4―9月期の連結業績(米国会計基準)で、純利益が前年同期比17%減の1217億円だったと発表し、嫌気されている。

オリックス、東芝への出資は検討しているが決まった事実はない=執行役

オリックスの矢野人麻呂執行役は7日の決算会見で、東芝への出資について「検討しているが、決まった事実はない」と述べた。

UPDATE 1-今日の株式見通し=しっかり、ハイテク株堅調か 買い一巡後はもみ合い

(内容を追加しました。) [東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、し っかりした展開が想定されている。前週末の米株高の流れを引き継いで、日本株は反発し てスタートしそうだ。前週末の米市場ではフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が 4.6%高と大幅上昇したことを受け、値がさのハイテク株や半導体関連株が堅調に推移 する見通し。一方、今週は米中間選挙など重要イベントを控え、買い一巡後はもみ合う展 開となりそうだ。 日経平均の予想レンジは2万7400円─2万7600円。 前週末の米株市場は、主要3指数がそろって上昇...

東芝再建、経営陣の処遇で買い手候補に相違 維持案は銀行も懸念

東芝再建を巡り、現経営陣の処遇が焦点の1つになっている。買い手候補として連合を組んでいた日本産業パートナーズ(JIP)と産業革新投資機構(JIC)が、買収後に現経営陣を残すかどうかで意見が食い違ったのに加え、金融機関の一部からは経営陣を維持する案に懸念の声が出ている。

東芝再建、JIPの出資金集め難航 銀行の融資判断に時間=関係者

東芝の経営再建をめぐって優先交渉権を得た日本産業パートナーズ(JIP)連合が、出資を要請した企業からの資金集めに難航していることが分かった。JIPは買収資金を企業の出資と金融機関からの融資で賄う予定だが、資本性資金が十分に確保できていない中で、金融機関の融資判断にもなお時間がかかる見通しだ。事情を知る複数の関係者が27日までに明らかにした。

EXCLUSIVE-JIPの東芝買収案、1株6000円下回る=関係者

東芝から優先交渉権を与えられた日本産業パートナーズ(JIP)の提示した買収価格が、1株6000円を下回ることが分かった。足元の株価は上回るものの、主要株主が目安としていた6000円に届かない。産業革新投資機構(JIC)も正式提案を準備中で、今後競合すれば交渉過程で価格が変動していく可能性もある。

東芝、日本産業パートナーズに優先交渉権 オリックス参画へ=関係者

非上場化を含む再編を検討している東芝が今月上旬、国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に優先交渉権を与えたことが分かった。事情を知る関係者がロイターに明らかにした。買収には東芝の時価総額約2.3兆円を上回る資金が必要で、JIPは複数の日本企業に参画を打診。別の関係者によると、オリックスは参加する方針を固めた。

東芝株が反発、再編案巡り国内連合に優先交渉権との報道

東京株式市場で東芝株が反発している。再編案を巡り国内連合に優先交渉権を与えたと一部で11日に報じられ、手掛かりになっている。市場では「引き続き、株式公開買い付け(TOB)への思惑があるようだ」(国内証券のアナリスト)との見方が出ている。

日生、日本産業パートナーズから「出資の打診」=東芝再建で

日本生命保険は21日、日本産業パートナーズ(JIP)から、非公開化も選択肢に再編を検討する東芝への出資について、打診があったことを明らかにした。広報担当者がロイターの取材に答えた。

中部電とオリックス、東芝に出資検討 JIPが国内10社超に打診と報道

中部電力とオリックスが、非公開化も選択肢に再編を検討する東芝への出資を検討していることが分かった。両社が18日、それぞれ明らかにした。

UPDATE 3-中部電とオリックス、東芝に出資検討 JIPが国内10社超に打診と報道

中部電力とオリックスが、非公開化も選択肢に再編を検討する東芝への出資を検討していることが分かった。両社が18日、それぞれ明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。コマの形状で様子見姿勢の 強さが示唆される。一方、3営業日ぶりに5日移動平均線(2万7812円76銭=4日 )を終値で上回った。引き続き200日線(2万7559円18銭=同)も上回っている 。心理的節目2万8000円で上値を抑えられる展開が継続しているが、200日線をサ ポートに下値の堅い基調も維持している。 <15:06> 新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感 新興株式市場は、マザーズ...

日経平均は大引け=続伸、グロース株を物色 2万8000円では伸び悩み

東京株式市場で日経平均は、前営業日比190円30銭高の2万7932円20銭と、続伸して取引を終えた。米景気後退への過度な警戒感が和らいで米株高となった流れを受け、グロース(成長)株を中心に物色された。一時2万8000円を上回ったものの、買いが一巡した後は伸び悩んだ。 日経平均は続伸して始まった後も上値を伸ばし、一時263円69銭高の2万8005円59銭に上昇した。前日の米国株市場でナスダック総合が堅調だったほか、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が上昇したのを受け、半導体関連株やハイテク株が堅調に推移し、指数を支えた。為替市場のドル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up