for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社

8604.T

現在値

582.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

402.50

 - 

721.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
582.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
461.56
高値
--
安値
--
52週高値
721.00
52週安値
402.50
発行済株式数
3,059.29
時価総額
1,881,933.00
予想PER
7.26
配当利回り
4.30

次のエベント

Full Year 2021 Nomura Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Losses At Nomura U.S. Business Related To Trades By Its Prime Brokerage Unit -Nikkei

Nomura Holdings CEO Okuda To Co-Serve As Nomura Securities President

Nomura Holdings To Reorganize Operations in April - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社とは

野村ホールディングスは、同社及び連結子会社1285社により構成され、主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供する。【事業内容】具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営む。同社グループには、営業部門、アセット・マネジメント部門及びホールセール部門の3つの事業セグメントがある。営業部門は日本の個人顧客に対して投資顧問サービスを提供する。アセット・マネジメント部門は投資信託の開発と管理、投資顧問業務を行っている。ホールセール部門はグローバルベースで債券および持分証券、デリバティブおよび通貨の売買、並びに債務証券および株式証券の引受け、合併および買収及び財務アドバイスなどの投資銀行サービスの提供を行う。

業種

Investment Services

連絡先

1-9-1, Nihombashi

CHUO-KU, TKY

103-8645

Japan

+81.3.52551000

https://www.nomuraholdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Nagai

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Kentaro Okuda

President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Takumi Kitamura

Chief Financial Officer, Executive Officer

Tomoyuki Teraguchi

Chief Compliance Officer, Executive Officer

Toshio Morita

Representative Executive Officer, Director

統計

2.70 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.5K

2019

1.1K

2020

1.3K

2021(E)

1.5K
EPS (JPY)

2018

63.130

2019

-29.900

2020

67.760

2021(E)

80.145
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.07
株価純資産倍率(四半期)
0.64
株価キャッシュフロー倍率
5.55
総負債/総資本(四半期)
974.88
長期負債/資本(四半期)
281.53
投資利益率(過去12カ月)
1.35
自己資本利益率(過去12カ月)
0.61

最新ニュース

最新ニュース

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

ゴールドマン、今年の市場の混乱への対応を検証=関係筋

米金融大手ゴールドマン・サックスが、今年になって市場を揺るがした複数の大規模な問題にどこまで適切に対応できたか検証を進めていることがわかった。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

FRB議長、アルケゴス問題注視 システミックリスク招かず=CBS

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に関連し、状況を注視するとともに、国内外の規制当局とも協力しながら真相の解明に努めると表明した。

システムの「バグゼロ」は不可能、障害回復力が重要=山道東証社長

東京証券取引所の山道裕己社長は、過去の取引所でのシステム障害を踏まえ、障害の原因となり得るコンピューターのバグ(不具合)をゼロにするのは不可能との認識を示した上で、重要なのは止まったときにいかに復旧するかという障害回復力(レジリエンス)だと述べた。ロイターなどと5日に実施したグループインタビューで述べた。

米上院銀行委員長、アルケゴス問題で野村HDなどに説明要請

米上院銀行委員会のシェロッド・ブラウン委員長が、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に関連し、クレディ・スイスと野村ホールディングスを含む大手金融機関に説明を求める書簡を送ったことが分かった。

野村HD、リスク管理体制を調査、大規模損失の恐れで特別チーム=関係筋

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの取引で巨額損失が生じる見込みとなった野村ホールディングス(HD)が、リスク管理体制などの実態把握を進めるため、特別調査チームを立ち上げたことが8日、分かった。月内にも調査内容を公表する。複数の関係筋が明らかにした。

米株式市場、経済成長と緩和策で活況継続=IMF金融安定報告

国際通貨基金(IMF)は6日公表した国際金融安定性報告書(GFSR)で米株式市場について、バリュエーションはすでにストレッチしているものの、力強い経済成長と緩和的な金融情勢に支援され、短・中期的には活況が続くとの見方を示した。

焦点:アルケゴスに深入りした野村、フアン氏復活に賭けた事情

かつて米投資家のビル・フアン氏は、不正取引が発覚し有力ヘッジファンドの閉鎖に追い込まれた後、ウォール街で再起するチャンスをうかがっていた。そこに手を差し伸べたのが、野村ホールディングスだった。

野村とCS、アルケゴス問題で時価総額合計90億ドル喪失

米投資会社、アルケゴス・キャピタル・マネジメントの損失問題を巡り、31日の取引でクレディ・スイスと野村ホールディングスの株価がさらに下落し、週初から合わせて90億ドルの時価総額が失われた。

米財務長官、ヘッジファンドの監視強化訴え 作業部会復活へ

イエレン米財務長官は31日、ヘッジファンドが金融システムに及ぼすリスクを査定するための作業部会を復活させると表明し、ノンバンクに対する規制強化の可能性に含みを持たせた。

野村とCS、アルケゴス問題で時価総額合計90億ドル喪失

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの損失問題を巡り、31日の取引でクレディ・スイスと野村ホールディングスの株価がさらに下落し、週初から合わせて90億ドルの時価総額が失われた。

野村HDの格付け見通しをネガティブに変更=ムーディーズ

ムーディーズ・ジャパンは31日、野村ホールディングスの格付け見通しを安定的からネガティブに変更した。米国で20億ドル規模の損失が発生する恐れがあるとの野村の発表を受け、同社のリスク選好がムーディーズの予想を上回っているか、リスク管理体制に不備がある可能性を反映したとしている。

アングル:巨額損懸念の野村HD、問われるリスク管理 海外戦略に影響も

野村ホールディングスは昨年4月に就任した奥田健太郎グループCEO(最高経営責任者)のもと、海外事業の拡大に力を入れてきた。そこへ突如浮上した巨額損失の恐れ。アナリストや関係者からは、リスク管理体制の強化とともに、積極的に進めてきた米国戦略の見直しを迫られる可能性を指摘する声が出ている。

アーケゴス問題で世界の銀行損失100億ドルも、規制強化が焦点

レバレッジを効かせた取引で損失を出した投資会社アーケゴス・キャピタルを巡る問題で、金融機関は影響の見極めを進めている。また、当局による規制強化が焦点になっている。

多額の損害発生はないと考えている=顧客との取引で大和証券

大和証券は31日までに、野村ホールディングスや三菱UFJ証券ホールディングスが米顧客との取引で多額の損失が発生する可能性が生じていると発表したことに関連して、「当社では、プライムブローカレッジビジネスを始めとして、顧客に多額の与信が発生するような取引は行っていない。同様の損害が発生することはないと考えている」とコメントした。

コラム:アーケゴス問題、ヘッジファンド規制強化待ったなしか

ヘッジファンド業界が、米規制当局から3つ目の「ストライク」を取られた。米投資会社アーケゴス・キャピタル・マネジメントが先週、米メディア大手バイアコムなどの株式に対しレバレッジを利かせて構築していたポジションを巡って、追加証拠金支払いに応じられず、強制的な巻き戻しを発動。複数の取引銀行が関連銘柄を一斉に売却する引き金になった。こうした追加証拠金の差し入れ不履行は、従来の金融危機のようなシステム全体を揺るがすほどの問題ではないが、最近市場で起きた多くの大混乱の1つには数えられる。規制当局は「バッターアウト」を宣告し、規制強化を進める態勢が整...

アーケゴス問題で世界の銀行損失100億ドルも、Wファーゴ「影響なし」

レバレッジを効かせた取引で損失を出した投資会社アーケゴス・キャピタルを巡る問題で、当局による規制強化が焦点になっている。

多額の損失が発生する取引はないと考えている=SMBC日興証券

SMBC日興証券は30日、野村ホールディングスや三菱UFJ証券ホールディングスが米顧客との取引で多額の損失が発生する可能性が生じていると発表したことに関連して、「当社では多額の損失が発生する取引はないと考えている」とコメントした。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半で1年ぶり高値、ユーロは4カ月半ぶり安値更新

リフィニティブによると、午前9時過ぎに1.7063%だった米10年国債利回りは、午後3時半頃に1.7635%まで上昇し、昨年1月24日以来1年2カ月ぶりの高水準となった。

〔マーケットアイ〕外為:ドル一時110円台に乗せる、米長期金利が1年2カ月ぶり高水準

朝から上昇基調だった米長期金利が午後3時にかけて一段高となったことを受け、ドルは一時110.01円まで上昇し、1年ぶりの高値を付けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up