for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社

8604.T

現在値

560.30JPY

変化

2.90(+0.52%)

出来高

8,906,400

本日のレンジ

554.60

 - 

560.50

52週レンジ

463.30

 - 

721.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
557.40
始値
557.20
出来高
8,906,400
3か月平均出来高
226.41
高値
560.50
安値
554.60
52週高値
721.00
52週安値
463.30
発行済株式数
3,093.69
時価総額
1,802,388.00
予想PER
7.23
配当利回り
6.28

次のエベント

Nomura Virtual Malaysia Corporate Day

適時開示

その他

Nomura Holdings CFO: About $570 Million Impact From U.S. Client Loss Remaining For This FY As Of April 23

Nomura Holdings: Booked 245.7 Billion Yen Loss Tied To 'U.S. Client'

Losses At Nomura U.S. Business Related To Trades By Its Prime Brokerage Unit -Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社とは

野村ホールディングスは、同社及び連結子会社1285社により構成され、主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供する。【事業内容】具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営む。同社グループには、営業部門、アセット・マネジメント部門及びホールセール部門の3つの事業セグメントがある。営業部門は日本の個人顧客に対して投資顧問サービスを提供する。アセット・マネジメント部門は投資信託の開発と管理、投資顧問業務を行っている。ホールセール部門はグローバルベースで債券および持分証券、デリバティブおよび通貨の売買、並びに債務証券および株式証券の引受け、合併および買収及び財務アドバイスなどの投資銀行サービスの提供を行う。

業種

Investment Services

連絡先

Urban Net Otemachi Bldg.

2-2-2, Ote-machi

CHIYODA-KU, TKY

100-0004

Japan

+81.3.52551000

https://www.nomuraholdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Nagai

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Kentaro Okuda

President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Takumi Kitamura

Chief Financial Officer, Executive Officer

Jonathan Lewis

Chief Administrative Officer, Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

Tomoyuki Teraguchi

Chief Compliance Officer, Vice President, Representative Executive Officer, Director

統計

2.67 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.1K

2020

1.3K

2021

1.4K

2022(E)

1.4K
EPS (JPY)

2019

-29.900

2020

67.760

2021

50.110

2022(E)

77.082
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
13.95
総負債/総資本(四半期)
912.83
長期負債/資本(四半期)
296.26
投資利益率(過去12カ月)
0.32
自己資本利益率(過去12カ月)
0.16

最新ニュース

最新ニュース

野村と大和、SBI主導の私設取引所に参画

野村ホールディングスと大和証券グループ本社は15日、SBIホールディングスが主導する私設取引所(PTS)の運営会社に5%ずつ出資すると発表した。

自民総裁選、投資家6割超が河野氏の勝利を予想=野村調査

野村証券が自民党総裁選など日本の政治イベントについて投資家向けに実施した調査によると、6割以上が次期首相として河野太郎行政改革・規制改革担当相を予想した。また、高市早苗前総務相が総裁選に勝利した際は、最も株高・円安が進むとの見方が多かった。調査期間は9月14―16日で、国内外の投資家100人超が回答した。

野村HD、4─6月期純利益は66%減 米顧客関連取引で654億円損失計上

野村ホールディングスが30日に発表した2021年4─6月期連結純利益(米国会計基準)は484億円(前年同期比66%減)になった。新設したインベストメント・マネジメント部門が利益をけん引した。一方で、米顧客関連取引に関連して654億円の追加損失を計上した。

野村HD、21年4─6月期純利益は484億円

野村ホールディングスが30日に発表した2021年4─6月期連結純利益(米国会計基準)は484億円(前年同期比66%減)になったと発表した。新設したインベストメント・マネジメント部門が利益をけん引した。

三井住友FG、中国で証券会社の設立申請 独資で来年夏にも開業

三井住友フィナンシャルグループは28日、傘下のSMBC日興証券と共同で、中国での証券会社設立を申請したと発表した。27日付で証券監督管理委員会に申請し、2022年夏から秋の開業を目指す。昨年の外資規制の緩和を受けて合弁ではなく、独資で参入予定。

野村HD、米欧株のキャッシュ・プライムブローカレッジ業務停止へ=関係者

野村ホールディングスが米国株・欧州株のキャッシュ・プライムブローカレッジのサービス提供を停止する予定であることが分かった。事情に詳しい関係者が7日、明らかにした。

野村HD、米欧キャッシュ・プライムブローカレッジから撤退=BBG

ブルームバーグは7日、複数の関係者の話として、野村ホールディングスが米国と欧州でキャッシュ・プライムブローカレッジのサービス提供をやめることを決定したと報じた。米欧の規制・監督当局と一部顧客には決定を既に通知しているという。

米当局、アルケゴス問題で金融機関を調査=ブルームバーグ・ロー

企業同士の共謀を管轄する米捜査当局は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの高額取引を国際的な金融機関がどのように扱ったかについて調査している。

野村HD、NRI株売却で360億円の売却益計上へ 4─6月期

野村ホールディングスは22日、野村総合研究所(NRI)の自己株取得への応募を通じて保有する一部株式を売却し、2021年4─6月期の連結税引き前純利益に約360億円の売却益を計上する見込みだと発表した。

EU、野村やJPモルガンなど8社の復興債引受シ団除外を解除

欧州連合(EU)の幹部は18日、「復興基金債」の引受シンジケート団から一時的に除外していた野村ホールディングスやJPモルガン・チェースなどの金融機関10社について、うち8社はこれからの発行分には参加が可能になると明らかにした。

再送-〔情報BOX〕主な企業のワクチン接種の取組状況

企業が新型コロナウイルスワクチンを従業員に接種する「職域接種」の受付が8日、始まった。政府は「最低1000人に2回、計2000回程度の接種を行うことを基本」として人数や期間の計画を提出するよう求めているが、大規模接種はほぼすべての企業にとって未経験の事態。開始まで2週間を切り、各社で「手探りの突貫工事」(製造業の総務担当者)が行われている。

お知らせ-重複記事を削除します

STORY_NUMBER: L3N2NM22L STORY_DATE: 04/06/2021 STORY_TIME: 0743 GMT

米司法省、アルケゴス問題で捜査着手=ブルームバーグ

大手銀行に100億ドルを超える損失を与えた投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの破綻を巡り、米司法省が捜査を始めたと、ブルームバーグ・ニュースが26日報じた。

課徴金172億円は引き当て済みと野村HD、カルテルで欧州委が制裁

野村ホールディングスは20日、欧州の国債取引でカルテル行為に加わったとして、欧州委員会(EC)から制裁金1億2857万ユーロ(約172億円)を科せられたことについて、全額引き当て済みで、2022年3月期連結業績に影響はないと発表した。

UPDATE 1-野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

野村ホールディングスは18日、米顧客関連取引に関連して、2022年3月期の第1・四半期に約650億円の損失を計上すると発表した。関連ポジションの処理はすべて完了したという。

野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

野村ホールディングスは18日、米顧客関連取引に関連して、2022年3月期の第1・四半期に約650億円の損失を計上すると発表した。関連ポジションの処理はすべて完了したという。

野村HD、主要3部門の23年3月期税前利益目標を引き上げ

野村ホールディングスは12日、営業・インベストメントマネジメント・ホールセールの主要3部門で、2023年3月期に3200億円の税前利益を目指す方針を明らかにした。従来は2800億円を目標としていた。奥田健太郎・グループ最高経営責任者(CEO)が投資家向けに説明した。

BRIEF-野村CEO:株式を担保にする与信だけの取引は控えていく

野村ホールディングスの奥田健太郎・グループ最高経営責任者(CEO)は12日、投資家向け説明会後の電話会見で、以下の通り述べた。

BRIEF-野村HD、2023年3月期のホールセール部門税前利益目標は1500億円

* 野村HD、2023年3月期のホールセール部門税前利益目標は1500億円 * 野村HD、2023年3月期の3主要部門税前利益目標は3200億円 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

野村、千葉銀など3行と金融コンサル合弁設立へ 第2四半期めどに

野村ホールディングスは10日、千葉銀行と第四北越銀行(新潟県)、中国銀行(岡山県)と、個人向けに金融分野のコンサルティングサービスを提供する合弁会社設立の検討に関する基本合意書を締結したと発表した。2021年度第2・四半期をめどに最終契約を締結する予定という。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up