for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社

8604.T

前日終値

525.20JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

330.70

 - 

529.70

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
525.20
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
399.16
高値
--
安値
--
52週高値
529.70
52週安値
330.70
発行済株式数
3,493.56
時価総額
1,835,518.00
予想PER
8.00
配当利回り
3.43

次のエベント

Info Edge (India) Ltd at Nomura Holdings Inc Non-Deal Roadshow - Paris

適時開示

その他

Nomura Holdings To Participate In Nomura Research Institute Share Buyback

Nomura Holdings To Buy Back Up To 8.6% Of Shares Worth 150 Billion Yen Through March 31, 2020

Nomura Holdings - Subsidiary Nomura Securities To Close 25 Branches In Japan By September

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社とは

野村ホールディングスは、同社及び連結子会社1285社により構成され、主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供する。【事業内容】具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営む。同社グループには、営業部門、アセット・マネジメント部門及びホールセール部門の3つの事業セグメントがある。営業部門は日本の個人顧客に対して投資顧問サービスを提供する。アセット・マネジメント部門は投資信託の開発と管理、投資顧問業務を行っている。ホールセール部門はグローバルベースで債券および持分証券、デリバティブおよび通貨の売買、並びに債務証券および株式証券の引受け、合併および買収及び財務アドバイスなどの投資銀行サービスの提供を行う。

業種

Investment Services

連絡先

1-9-1, Nihombashi

+81.3.52551000

https://www.nomuraholdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Nobuyuki Koga

Chairman of the Board

Koji Nagai

Executive President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Director

Takumi Kitamura

Chief Financial Officer, Executive Officer

Toshio Morita

Executive Officer, Group Co-Chief Operating Officer, President of Subsidiary

Kentaro Okuda

Executive Vice President, Executive Officer, Group Co-Chief Operating Officer

統計

3.22 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.7K

2018

1.5K

2019

1.1K

2020(E)

1.3K
EPS (JPY)

2017

67.290

2018

63.130

2019

-29.900

2020(E)

65.640
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.90
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
176.49
総負債/総資本(四半期)
1,118.15
長期負債/資本(四半期)
292.28
投資利益率(過去12カ月)
0.52
自己資本利益率(過去12カ月)
0.23

最新ニュース

最新ニュース

モンテパスキ損失隠し疑惑、ドイツ銀と野村の元従業員に有罪判決

イタリアの裁判所は8日、大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)<BMPS.MI>の損失隠しに関与したとして、ドイツ銀行<DBKGn.DE>と野村ホールディング<8604.T>の元従業員13人に有罪判決を下した。

ホットストック:野村が年初来高値更新、19年7─9月期純利益が前四半期比2.4倍

野村ホールディングスが反発し、年初来高値を更新している。29日、2019年7―9月期連結決算(米国会計基準)で純利益が前四半期比2.4倍の1386億円になったと発表したことが材料視されている。情報漏えい問題で資本関係を見直しした野村総合研究所(NRI)の一部株式を売却し、7―9月期決算で733億円の売却益を計上した。

野村HD、7―9月連結純利益は1386億円 NRI株売却で特別利益

野村ホールディングス<8604.T>が29日発表した2019年7―9月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前四半期比148%増の1386億円となった。情報漏えい問題で資本関係を見直しした野村総合研究所(NRI)<4307.T>の一部株式を売却し、7―9月期決算で733億円の売却益を計上した。

ホットストック:野村HDが連日の高値更新、上昇相場を象徴する動き

野村ホールディングスが続伸し、連日の年初来高値更新となっている。このところ株価全般が上昇していることから、市場では「リーディング銘柄であり、先行きも株価が堅調に推移すると読んでいるような動きだ。上昇相場を象徴している」(国内証券)との声も出ていた。

金融庁・日銀が連携強化、大手行のストレステストを共同検証へ=関係筋

金融庁と日銀は、金融システム上重要な大手金融機関を対象に共通のシナリオでストレステストを実施するよう求め、その結果を共同で検証する。複数の関係筋が21日、明らかにした。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題など金融市場の波乱要因がくすぶる中、統一基準で比較してリスク管理の徹底を図る。現時点で健全性に不安のある金融機関はないとみられるが、金融庁と日銀は危機時に機動的に連携できる体制を構築するため、今後も連携を強化する方針。

ソフトバンクの第2弾ファンド、資金集め難航 ウィーワーク問題が影響

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長が設立を計画するビジョン・ファンドの第2弾に暗雲が漂っている。

19年度上期の自社株買いは95.8%増、通期は過去最高の9.1兆円と予想=野村証

野村証券は1日、国内の全上場企業による2019年度上期(19年4─9月)の自社株買い実施額が4.74兆円となり、前年同期比で95.8%増加したと発表した。同社リサーチアナリストの藤直也氏が1日付のレポートで公表した。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=30日

0.21%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ナイガイ 18.48 02 パーク24 23.38 03 ヤマトインターナショナル 26.27 04 東邦アセチレン 29.91 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=30日

60.72%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -36.09 02 ワイエイシイHLDG -26.94 03 リズム時計工業 -20.96 04 日本通信 -20.52 05 近畿車輛 -20.13 06 アステリア -19.26 07 やまみ -17.30 08 アキレス -17.23 09 シード -16.83 10 日本システム技術 -15.69 11 カナミックネットワーク -14.66 12 セレス -14.34 13 ブックオフグループHL -13.92 DG 14 ブイキューブ -13.86 15...

東証、野村証に過怠金1000万円の処分

東京証券取引所は28日、野村証券に対し、過怠金1000万円を賦課し、業務改善報告書の提出を求める処分を発表した。東証の有識者懇談会で、メンバーだった野村総合研究所の研究員が市場区分見直しの議論の内容を漏らしていたことに対するもの。

野村、170万株を1700万株と誤執行 立会外で

野村証券は23日、シノケングループ<8909.T>株式について売り買い同数量のクロス取引をする際、170万7300株と執行すべきところ1700万7300株と執行する数量の誤りがあったと発表した。立会い外取引のため、市場への影響はないとみられる。同社は再発防止策の徹底を図るとしている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=22日

3.45%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 第一屋製パン 20.63 02 日本精線 23.81 03 クレハ 24.62 04 日本モーゲージサービス 24.71 05 新明和工業 24.77 06 高砂香料工業 25.00 07 淀川製鋼所 26.56 08 滝澤鉄工所 26.63 09 オンワードHLDG 26.66 10 エイベックス 26.71 11 ゼビオHLDG 26.75 12 島精機製作所 26.80 13 ニチモウ 26.90 14 沢井製薬 26.93 15 インテリックス 26.94 (*):RSIが70以上...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=20日

RIC 銘柄名 01 日本甜菜製糖 02 キーコーヒー 03 カナミックネットワーク 04 サイバネットシステム 05 科研製薬 06 TDCソフト 07 アジュバンコスメジャパ ン 08 大成ラミック 09 富士興産 10 TOYO TIRE 11 日本特殊陶業 12 タツタ電線 13 三洋工業 14 イオン北海道 15 丸文 16 キヤノン電子 17 SHO―BI 18 三井物産 19 スターゼン 20 新生銀行 21 オリックス 22 ジャフコ 23 福山通運 24 NSユナイテッド海運 25 中央倉庫  

日経平均は小反発、200円安後に切り返す 円安が支援

東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で利下げサイクル入りを示唆しなかったことで、米国株が急落。東京市場でも朝方は売りが先行し一時下げ幅を200円超に拡大した。その後、外為市場でのドル高/円安の進行が支援材料となって切り返した。ただ、午後は手掛かりが不足し、前日終値近辺で一進一退となった。

ホットストック:野村は大幅反発、4―6月期純利益が前四半期比66倍

野村ホールディングスは大幅反発。東証1部で値上がり率上位となっている。31日発表した2019年4―6月期連結決算(米国会計基準)で当期利益が前四半期比66倍の558億円となった。19年3月期の大幅赤字を受け、4月に発表した構造改革が収益に結び付く結果となった。

訂正:野村HD、4-6月期当期利益は前期比66倍の558億円 構造改革でV字回復

野村ホールディングス<8604.T>が31日発表した2019年4―6月期連結決算(米国会計基準)は、当期利益が前四半期比66倍の558億円となった。19年3月期(訂正)の大幅赤字を受け、4月に発表した構造改革が収益に結び付く結果となった。

今日の株式見通し=反落、FOMCの結果待ち 決算受け個別物色

きょうの東京株式市場で日経平均は反落となりそうだ。欧米の株価指数が下落した流れを引き継ぎ、東京市場も安く始まるとみられている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=26日

2.01%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日清製粉グループ本社 14.93 02 日産車体 16.86 03 岡部 18.60 04 キムラユニティー 19.87 05 フィールズ 21.52 06 BEENOS 23.73 07 アイカ工業 24.03 08 野村HLDG 24.25 09 スズキ 25.13 10 ジェイエフイーHLDG 25.14 11 グローブライド 25.24 12 ラクーンHLDG 26.45 13 TOA 26.47 14 オープンドア 26.76 15 杉本商事 27.20 (*):RSIが70以上...

野村、取締役選任議案を可決=株主総会

野村ホールディングスは24日、都内で開催した定時株主総会で取締役10人の選任議案を可決した。金融庁から業務改善命令を受けたことで、米議決権行使助言会社が永井浩二グループCEOの取締役再任に反対するよう推奨していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up