for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社

8604.T

現在値

481.90JPY

変化

-7.40(-1.51%)

出来高

17,333,100

本日のレンジ

477.00

 - 

487.10

52週レンジ

460.30

 - 

583.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
489.30
始値
485.00
出来高
17,333,100
3か月平均出来高
184.80
高値
487.10
安値
477.00
52週高値
583.50
52週安値
460.30
発行済株式数
3,003.86
時価総額
1,582,182.00
予想PER
7.81
配当利回り
4.50

次のエベント

Dividend For NMRH34.SA - 0.5601 BRL

適時開示

その他

Nomura Says Appoints Christopher Willcox, Head Of Wholesale Division And Executive Officer

Komainu Granted Initial Provisional Regulatory Approval To Operate In Dubai - Statement

Nomura Holdings Inc To Acquire Stake In Australian Natural Capital Manager New Forests

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社とは

野村ホールディングスは、同社及び連結子会社1285社により構成され、主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供する。【事業内容】具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営む。同社グループには、営業部門、アセット・マネジメント部門及びホールセール部門の3つの事業セグメントがある。営業部門は日本の個人顧客に対して投資顧問サービスを提供する。アセット・マネジメント部門は投資信託の開発と管理、投資顧問業務を行っている。ホールセール部門はグローバルベースで債券および持分証券、デリバティブおよび通貨の売買、並びに債務証券および株式証券の引受け、合併および買収及び財務アドバイスなどの投資銀行サービスの提供を行う。

業種

Investment Services

連絡先

Urban Net Otemachi Bldg.

2-2-2, Ote-machi

CHIYODA-KU, TKY

100-0004

Japan

+81.3.52551000

https://www.nomuraholdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Nagai

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Kentaro Okuda

Executive President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Takumi Kitamura

Chief Financial Officer, Executive Officer

Jonathan Lewis

Chief Administrative Officer, Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

Yosuke Inaida

Chief Compliance Officer, Executive Officer

統計

3.13 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

1.3K

2021

1.4K

2022

1.6K

2023(E)

1.4K
EPS (JPY)

2020

67.760

2021

50.110

2022

46.680

2023(E)

54.539
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.99
株価純資産倍率(四半期)
0.48
株価キャッシュフロー倍率
10.09
総負債/総資本(四半期)
960.98
長期負債/資本(四半期)
313.07
投資利益率(過去12カ月)
0.42
自己資本利益率(過去12カ月)
0.21

最新ニュース

最新ニュース

GSとモルガンS、投資家提起のアルケゴス関連訴訟で棄却請求

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ゴールドマン・サックス・グループ とモルガン・スタンレー は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが2021年3月に破綻する前に両社が行った「インサイダー」取引で被害を受けたとする投資家が起こした7件の訴訟について、米連邦地方裁判所に棄却するよう請求した。

再送野村HD、4─6月期純利益は97%減 株下落・金利上昇が逆風

野村ホールディングスが3日に発表した2022年4─6月期連結純利益(米国会計基準)は17億円(前年同期比97%減)と大きく落ち込んだ。株価下落や金利上昇が逆風となり、インベストメント・マネジメント部門の投資損益が悪化した。

野村HD、22年4─6月期純利益は96%減の17億円

野村ホールディングスが3日に発表した2022年4─6月期連結純利益(米国会計基準)は17億円(前年同期比96%減)になった。株価や金利が大きく変動する中、保有する有価証券に関連する評価損などが影響した。

アングル:日本企業の海外M&A、円安でも再加速へ コロナ禍で抑制

コロナ禍でペースが鈍っていた日本企業の海外M&A(企業の買収・合併)が再加速しそうだ。需要が細っていく国内市場を横目に海外に成長を求めるニーズは強く、水面下の案件が増加。金利上昇を受けて欧米企業の買収意欲が減ったこともあり、24年ぶりの円安も逆風とはなっていない。

巨額損失アルケゴスと創業者を元幹部が提訴、賞与5000万ドル未払いで

昨年3月に巨額損失事件を引き起こした米プライベートエクイティ会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡り、元マネジングディレクターが5日、5000万ドル相当の賞与未払いで同社と創業者ビル・フアン氏をニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁に訴えた。

三菱UFJ、野村HDのタイ証券子会社を212億円で買収

三菱UFJフィナンシャル・グループは30日、傘下のアユタヤ銀行を通じて、野村ホールディングスのタイの連結子会社を買収することで合意したと発表した。買収額は55億バーツ(約212億円)。経済成長が見込める東南アジアで銀行と証券を連携させ、事業拡大を図る。

コラム:テラとセルシウス、クラッシュが示すマネー動乱とその後=大槻奈那氏

今年に入り、投資詐欺事件が世界的に増加している。米国で2022年の第1四半期に発覚した投資詐欺は、コロナ勃発直前の2019年第4四半期比で12倍の67.2億ドルに膨れ上がった。

M&A手数料収入、2─3年で4割増の500億円に=大和証G社長

大和証券グループ本社の中田誠司社長は、企業買収・合併(M&A)の助言業務について、手数料収入を今後2―3年で500億円まで拡大させる考えを明らかにした。急ピッチな金利上昇や地政学リスクの高まりなどで市場に不透明感が増す中でも、中規模M&Aの需要は堅調という。

野村HD、25年3月期に3500億円以上目指す 3部門合計の税前利益

野村ホールディングスは17日、3部門合計の税前利益について、2025年3月期に3500―3900億円を目指すと発表した。22年3月期の2052億円から積み増す。

野村HD、25年3月期の3部門合計税前利益目標は3500―3900億円

野村ホールディングスは17日、2025年3月期の3部門合計の税前利益について、3500―3900億円を目標とする計画を発表した。

野村HD、暗号資産関連の子会社設立 22年後半に開業予定

野村ホールディングスは17日、暗号資産や非代替性トークン(NFT)などのサービスを提供するデジタル・アセット子会社を設立すると発表した。

ビットコイン、3万ドル回復 過去最長の7週連続下落の見込み

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは13日のアジア時間の取引で反発し3万ドルを回復した。だが週間ベースでは過去最長の7週連続下落となる見込みだ。

再送-野村、ビットコインデリバティブの提供開始

野村は13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの店頭デリバティブの提供を始めたと明らかにした。仮想通貨市場が混乱する中での開始となった。

ドイツ銀・野村などに逆転無罪、伊モンテ・パスキ銀巨額損失隠しで

イタリアの高等裁判所は6日、同国の銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(MPS)の巨額損失隠しにつながったデリバティブ(金融派生商品)取引を巡る控訴審で、13人の被告に加え、ドイツ銀行と野村ホールディングスに無罪を言い渡した。

アルケゴス創業者、米検察が詐欺罪などで起訴後に保釈

複数の大手金融機関に多額の損失をもたらし、昨年経営破綻した米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの創業者ビル・フアン被告が27日、詐欺罪などで起訴された後、裁判所に保釈が認められた。

26日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

26日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本鋳造 、自己保有株を除く発行済株式総数の7.3%にあたる37万5 000株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月28日から 7月27日。 ・アマノ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.35%にあたる100万 株、取得総額25億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月27日から8月 31日。 ・野村ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.7%にあ たる5000万株、取得総額300億円を上限とする...

野村HD、22年1―3月期純利益は310億円 米金利上昇など重し

野村ホールディングスが26日に発表した2022年1─3月期の連結決算(米国会計基準)では、純利益が310億円(前年同期は1554億円の赤字)だった。ホールセール部門は堅調に推移したものの、米国金利の上昇や地政学リスクの顕在化などで営業部門やインベストメント・マネジメント部門が低調だった。

野村HD、発行済み株式の1.5%・300億円上限に自社株買い

野村ホールディングスは26日、発行済み株式の1.50%に当たる5000万株、300億円を上限とする自己株式の取得を決議したと発表した。取得期間は5月17日から2023年3月31日。

野村HD、22年1―3月期純利益は310億円 前四半期比49%減

野村ホールディングスが26日に発表した2022年1─3月期の連結決算(米国会計基準)では、純利益が310億円(前年同期は1554億円の赤字)だった。前四半期比では49%減となった。

野村HD、税引き前利益に430億円計上 野村総研株の一部売却で

野村ホールディングスは23日、野村総合研究所株の一部売却で2022年3月期の税引き前当期純利益に約430億円を計上すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up