for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社

8604.T

現在値

555.30JPY

変化

-7.70(-1.37%)

出来高

13,251,500

本日のレンジ

553.60

 - 

565.00

52週レンジ

367.40

 - 

599.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
563.00
始値
561.20
出来高
13,251,500
3か月平均出来高
251.44
高値
565.00
安値
553.60
52週高値
599.00
52週安値
367.40
発行済株式数
2,797.80
時価総額
1,820,496.00
予想PER
5.45
配当利回り
4.44

次のエベント

Nomura Investor Confrence (Virtual)

適時開示

その他

Nomura Holdings To Retire Treasury Shares Worth 7.4% Of Outstanding Stock

Japan Financial Services Agency Orders Report From Nomura Securities On Leaked Client Information - Kyodo

BDO Unibank Says To Buy Out Nomura Stake In JV

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村ホールディングス株式会社とは

野村ホールディングスは、同社及び連結子会社1285社により構成され、主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、顧客に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供する。【事業内容】具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、自己資金投資業、アセット・マネジメント業およびその他の証券業ならびに金融業等を営む。同社グループには、営業部門、アセット・マネジメント部門及びホールセール部門の3つの事業セグメントがある。営業部門は日本の個人顧客に対して投資顧問サービスを提供する。アセット・マネジメント部門は投資信託の開発と管理、投資顧問業務を行っている。ホールセール部門はグローバルベースで債券および持分証券、デリバティブおよび通貨の売買、並びに債務証券および株式証券の引受け、合併および買収及び財務アドバイスなどの投資銀行サービスの提供を行う。

業種

Investment Services

連絡先

1-9-1, Nihombashi

CHUO-KU, TKY

103-8645

Japan

+81.3.52551000

https://www.nomuraholdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Nagai

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Kentaro Okuda

President, Group Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Takumi Kitamura

Chief Financial Officer, Executive Officer

Tomoyuki Teraguchi

Chief Compliance Officer, Executive Officer

Toshio Morita

Representative Executive Officer, Director

統計

2.78 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.5K

2019

1.1K

2020

1.3K

2021(E)

1.5K
EPS (JPY)

2018

63.130

2019

-29.900

2020

67.760

2021(E)

103.395
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.66
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
6.12
総負債/総資本(四半期)
993.70
長期負債/資本(四半期)
295.37
投資利益率(過去12カ月)
1.17
自己資本利益率(過去12カ月)
0.53

最新ニュース

最新ニュース

野村HD、アジア富裕層向け事業でプライベートバンカー20人採用

野村ホールディングスは海外での富裕層向け資産運用事業を拡大するため、ここ数カ月で、香港とシンガポールで20人超のプライベートバンカーと投資アドバイザーを採用した。

野村HDとスパークス、非上場企業に投資の上場投資法人設立で提携

野村ホールディングスとスパークス・グループは14日、非上場企業に投資する上場投資法人と資産運用会社の設立に向けた戦略的提携で合意したと発表した。個人を含む投資家の運用資産を非上場企業の成長資金として提供できる新しいプラットフォームの構築を目指す。

野村HDとスパークス、非上場企業に投資の上場投資法人設立で提携

野村ホールディングスとスパークス・グループは14日、非上場企業に投資する上場投資法人と資産運用会社の設立に向けた戦略的提携で合意したと発表した。投資家の運用資産を非上場企業の成長資金として提供できる新しいプラットフォームの構築を目指す。

ホットストック:野村HDが堅調に推移、連日の昨年来高値更新

野村ホールディングスが堅調に推移し、昨年来高値を連日更新している。証券株は比較的株価が出遅れているセクターとしてみられていたが、ここにきての活況相場が株価押し上げの要因になった。

野村証、営業専門職のFA廃止へ 導入20年で体制刷新=関係筋

野村証券は、成功報酬型の営業専門職「フィナンシャルアドバイザー」(FA)を来年度から廃止する。金融業界を取り巻く環境が変わる中、野村は昨年から営業体制を見直しており、一般の営業部員とFAとの垣根を取り払って部内の連携強化を図る。

銀行と証券の壁は「過剰な規制」、市場活性化を阻害=みずほ証社長

みずほ証券の飯田浩一社長はロイターとのインタビューで、銀行と証券会社との間で顧客情報の共有を制限するファイアーウォールは「過剰な規制」との認識を示した。政府内で議論が進む規制の在り方について、銀行グループに属さない独立系の証券会社からは規制緩和への慎重な声が出るが、飯田社長は「壁を取り払うことによって資本市場への流れを大きくできる」と語った。

独シルトロニック、台湾グローバルウェーハズによる買収協議が最終段階

ドイツのシリコンウエハーメーカー、シルトロニックは29日、台湾の環球晶円(グローバルウェーハズ)による買収協議が進んだ段階にあることを明らかにした。買収総額は37億5000万ユーロ(45億ドル)に上る。

焦点:ビットコイン、再び最高値圏 市場成熟でも決済利用遠く

代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が2017年に記録した過去最高値に迫りつつある。ビットコイン推進派の人々は、今回の上昇局面は、熱狂した個人投資家の関与が減っているので、かつてのような暴落が起きる公算は乏しいと期待している。しかし決済手段としてはまだほとんど使われず、金融市場全般に対する世界的な不透明感も広がっているため、ビットコインは安全な投資先とは到底言えない、とアナリストは警告する。

ANA、公募増資を来週にも決議へ 2000億円規模を想定=関係筋

ANAホールディングス<9202.T>は、公募増資で資金調達する方向で最終調整に入った。2000億円規模を想定しており、来週にも開く取締役会で決議する。複数の関係筋が20日、明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の長期化を見据え、手厚い財務基盤を整えるとともに、事業多角化の一部に充てる。

7&ⅰ、米コンビニ買収後にガソリンスタンド最大300店売却=関係筋

セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は、米石油精製会社マラソン・ペトロリアム<MPC.N>のコンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド「スピードウェイ」の買収完了後に、ガソリンスタンド最大300店の売却を検討している。複数の関係筋が明らかにした。

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・小松マテーレ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.7%にあたる75 万株、取得総額8億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月2日から20 21年3月31日。 ・メルコホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の10.77 %にあたる180万株、取得総額45億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 10月29日から2021年10月28日。  <自己株消却> ・野村ホールディングス 、発行済み株式総数の7.4%に相当する...

野村HD、7―9月連結純利益は前四半期比53%減 営業部門は好調

野村ホールディングス<8604.T>が28日発表した2020年7月―9月期の連結決算(米国会計基準)では、純利益が前四半期比53%減の676億円だった。過去最高水準の利益を計上した前四半期からは減益となったものの、営業部門や海外ビジネスは好調を維持した。

野村HD、7月―9月連結純利益は前四半期比53%減 営業部門は好調

野村ホールディングスが28日発表した2020年7月―9月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前四半期比53%減の676億円だった。過去最高水準の利益を計上した前四半期からは減益となったものの、営業部門、ホールセール部門は好調だった。

BRIEF-野村HD、発行済み株式の7.4%・2億6000万株の自己株消却へ 12月1日付

* 野村HD、発行済み株式の7.4%・2億6000万株の自己株消却へ * 消却予定日は12月1日

野村証、新入社員をコールセンターに配属 営業手法が変化=関係筋

野村ホールディングス<8604.T>傘下の野村証券は、来年度の新規採用者を原則1年間、コールセンターに配属する方針だ。足を使った対面の営業が同社の強みだったが、オンラインやコールセンターを通じた対応が増えており、新人の育成手法を変える必要があると判断した。

証券各社対応に追われる、東証の大規模システム障害で

東京証券取引所などが1日午前、システム障害で取引全面停止になった事態を受け、証券各社は対応に追われている。

野村証券、法人顧客275社の情報流出 ETF取引内容など

野村証券は10日、法人顧客275社の情報が日本インスティテューショナル証券(東京都港区)に流出したと発表した。上場投資信託(ETF)の取引内容や、野村とのやり取りなどが流出したが、さらなる外部流出は確認されていないとしている。

訂正-アングル:業績明暗に素直な株価反応、物色の二極化が鮮明に

企業の決算発表が本格化する中、これまでのところ株価反応は業績の明暗を素直に反映した動きとなっている。業績が悪くても先行きの回復期待で買われるという銘柄は乏しく、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化していれば売りが強まる状況だ。一方、業績堅調な銘柄には買いが集中。今後、物色の二極化が一段と鮮明になるとの見方が多い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。25日移動平均線(2万2519円93銭= 30日)が上値抵抗線として機能した。市場では「国内での新型コロナウイルス感染者の増加、相次ぐ低調 な企業決算を受け、日経平均は下値模索が続いている。積極的に買う材料にも乏しく、本格的な夏枯れ相場 に突入したようだ。当面は25日移動平均線を中心としたもみあいになる可能性が高い」(国内証券)との 声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色

<16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続落、東証マザーズ指数は反発となった。決算を 材料視した個別の物色が継続したほか、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、巣ごもり関連 への買いも目立った。 ジャスダック指数は0.69%安。日本マクドナルドホールディングス 、プロルート丸光<825 6.T>、クレオ が下落した。テラ 、出前館 、ストリームメディアコーポレーショ ン は上昇した。 マザーズ指数は1.26%高。プレシジョン・システム・サイエンス...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up