for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トレイダーズホールディングス株式会社

8704.T

現在値

105.00JPY

変化

-2.00(-1.87%)

出来高

4,098,400

本日のレンジ

105.00

 - 

111.00

52週レンジ

44.00

 - 

148.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
107.00
始値
110.00
出来高
4,098,400
3か月平均出来高
130.10
高値
111.00
安値
105.00
52週高値
148.00
52週安値
44.00
発行済株式数
145.79
時価総額
15,309.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Traders Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Traders Holdings to sell everybody's bitcoin for 265 mln yen

Traders Holdings unit to set up JV iWAVE.Next

Traders Holdings says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トレイダーズホールディングス株式会社とは

トレイダーズホールディングスグループは、インターネット取引による外国為替取引事業を主力事業とするトレイダーズ証券、システムトレード用ソフトの評価・販売及び投資助言業、アフィリエイトプログラムによる広告代理事業、ならびに同社グループの新規システム導入及び新規システム開発等の業務を営むトレイダーズフィナンシャルである。【事業内容】同社は、純粋持株会社として、これらの事業会社の経営支配及び経営管理を行う。外国為替取引事業においては、トレイダーズ証券は、第一種及び第二種金融商品取引業者として、外国通貨を対象とした金融デリバティブ商品を提供している。主として取扱う取引は外国為替証拠金取引(商品名:みんなのFX、みんなの365)及び外国為替オプション取引(商品名:みんなのバイナリー)である。当該事業の顧客は一般投資家及び外国為替証拠金取引の取扱い事業者であり、上記外国為替取引についてインターネットによるリアルタイムの為替レート配信及び受注を行い、24時間(週末ニューヨーク外国為替市場の終了時から翌週東京外国為替市場の開始時までを除く)取引可能な環境を提供する。トレイダーズ証券が行う外国為替証拠金取引は、主に当事者間の相対取引であるが、顧客との取引により生じたポジション(新規に建てた後、未決済の状態にある外国為替取引の持高をいう。以下同じ。)相当については随時、提携金融機関(以下、「カウンターパーティー」という。)との間でカバー取引(証券子会社が顧客取引の相手方となることによって生じた市場リスクを減殺するため、銀行等を相手方として行う反対売買を指す。以下同じ。)を行い、顧客との取引により生じる自己ポジションの為替変動リスクを回避する。また、トレイダーズ証券は外国為替証拠金取引及び外国為替オプション取引における顧客との取引勘定と自己資金による運用勘定を区分して管理し、分別管理対象となる顧客資産は、提携先信託銀行と信託契約を締結し信託口座において全額保全する。証券取引事業においては、トレイダーズ証券は、債券募集等の業務を行う。同社はまた、バイオマス発電設備等事業を行う。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

7F, Sumitomo Higashi-Shimbashi Bldg

3 Gokan, 1-10-14

Hamamatsu-cho

+81.3.43304700

http://www.tradershd.com

エグゼクティブリーダーシップ

Isao Kanamaru

President, President of Subsidiary, Representative Director

Jun Kato

Executive Officer, Director of Business Administration, Director

Masayuki Niizuma

Director

Masato Kawakami

Director

Akira Nakagawa

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
7.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.43
株価純資産倍率(四半期)
3.46
株価キャッシュフロー倍率
7.60
総負債/総資本(四半期)
45.15
長期負債/資本(四半期)
17.50
投資利益率(過去12カ月)
58.55
自己資本利益率(過去12カ月)
5.02

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上放れ鮮明にし新たな上昇ステージへ

追加関税発動の先送りはある程度想定されていたが、関税の引き下げまでは織り込まれておらず、市場 にとってポジティブサプライズとなった。英国総選挙で与党大勝の可能性が伝えられたことも先行き不透明 感の解消につながり、投資家心理を好転させた。日経平均は一時2万3998円99銭まで上昇し、201 8年10月4日以来の高値を付けた。 きょうは12月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値の 算出日で、市場筋の推計値によると2万3895円88銭だった。 TOPIXは1.66%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズが続落、値動き良い銘柄を集中的に物色

追加関税発動の先送りはある程度想定されていたが、関税の引き下げまでは織り込まれておらず、市場 にとってポジティブサプライズとなった。英国総選挙で与党大勝の可能性が伝えられたことも先行き不透明 感の解消につながり、投資家心理を好転させた。日経平均は一時2万3998円99銭まで上昇し、201 8年10月4日以来の高値を付けた。 きょうは12月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値の 算出日で、市場筋の推計値によると2万3895円88銭だった。 TOPIXは1.66%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、様子見ムード

<15:41> 日経平均・日足は「小陰線」、様子見ムード  日経平均・日足は短い上ヒゲとやや長い下ヒゲを伴う「小陰線」。米国が中国製品を対象に追加関税を 発動する期限が15日に迫り、様子見ムードが市場を支配している。25日移動平均線(2万3327円2 6銭=12日)を上回る水準で推移していることは安心材料だが、2万3500円を超えて上昇していくに はエネルギーが不足している。 75日移動平均線(2万2336円82銭=同)、200日移動平均線(2万1726円23銭=同) は上向きで、中長期的な上昇トレンドの継続が示唆されている。 <15:...

再送-〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は15日ぶり反落、大塚家具はストップ高比例配分

(見出しを修正しました。) [東京 12日 ロイター] - <15:31> ジャスダック指数は15日ぶり反落、大塚家具はストップ高比例配分  新興株市場では、日経ジャスダック平均が小幅に15日ぶり反落、東証マザーズ指数が続落した。市場 からは「ジャスダック指数は連騰に次ぐ連騰だったのでいつ反落してもおかしくなかった。目立った下げ材 料が出たわけではなく、(米国が対中追加関税を発動する期限の)15日を前に利益確定売りも出やすかっ た」(国内証券)との声も出ていた。 個別では、ヤマダ電機 による子会社化の報道が出た大塚家具 がストップ高比例配分...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回る

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回る 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万3015 円83銭=21日)をやや上回った。25日線や心理的節目の2万3000円を下回って取引を終えた場合 は値幅を伴って調整する可能性もあったが、同水準を維持できたことで一定の安心感を誘っている。 仮に25日線を明確に下抜けた場合は、チャート的に4月24日高値(2万2362円92銭)、9月 19日高値(2万2255円56銭)、10月15日高値(2万2219円63銭)などがいったんの下値...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は5日ぶり反落、値動きいい銘柄には物色

<15:39> マザーズ指数は5日ぶり反落、値動きいい銘柄には物色   新興株市場では、東証マザーズ指数は小幅に5日ぶり反落、日経ジャスダック平均が小幅に続落となっ た。市場からは「センチメントは良くなかったが、値動きのいい銘柄には個人投資家の買いも入った」(ス トラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場では、メルカリ 、サンバイオ など時価総額の高い銘柄が軟調。ジーエヌ アイグループ 、アンジェス なども売られた。すららネット 、シノプス な どが大幅高。手間いらず は買われた。 ジャスダック市場では、新都ホールディングス 、トレイダーズホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来

<17:36> 日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来 日銀は20日、ETF(上場投資信託)を703億円購入したと発表した。通常のE TF買いは11月に入って初めてで10月9日(704億円)以来となる。前場のTOP IX は前日比マイナス0.64%だった。 今月13日にはTOPIXが前場で同0.5%下落したが、ETF買いを見送ったこ とで、市場では「ステルス・テーパリング」に動き出したのではないかとの思惑が広がっ ていた。 <15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い 印象 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象 日経平均・日足は長い上ヒゲと短めの下をヒゲを伴う「小陰線」。バランスが悪く上値の重さを感じさ せる足を引いたほか、5日移動平均線(2万3260円57銭=20日)を割り込んだものの、下値の目安 として意識される14日の直近安値(2万3062円16銭)を維持したことで、心理的なサポートライン となる2万3000円近辺は底堅いとの印象を与えている。 今後は、右肩上がりで接近してきた25日移動平均線(2万2982円57銭=同)が支持線として機 能するか否かがポイント...

〔マーケットアイ〕株式:東証マザーズ指数4日続伸、MTGは売られる

<15:06> 東証マザーズ指数4日続伸、MTGは売られる 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は4日続伸、日経ジャスダック平均は小幅に4日ぶり反落と なった。市場からは「最近ようやく個人投資家の買いが戻ってきた印象だったが、きょうは日経平均が軟調 に推移し、新興株も買いづらい状況だった」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、MTG が年初来安値を更新した。19日、2019年9月期の連結当期損益が26 7億円の赤字になりそうだと発表し、嫌気された。固定資産の減損損失計上などにより、前回発表予想の8 5億円の赤字から大幅に赤字幅が拡大...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に

<16:12> 新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に 新興株式市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均は反発した。市場からは「日経平均と同様 に新興株式市場も堅調。為替の円高が和らいだことなどが市場に安心感を与えた」(ネット証券)との声が 出ていた。 マザーズ市場では、14日に好決算、株式分割、上方修正を発表したレアジョブ がストップ高 比例配分。ホープ が急伸して年初来高値を更新。メルカリ も買われた。一方、ジーエヌア イグループ は大幅安。MTG は一時ストップ安となった。 ジャスダック市場では、シンクレイヤ 、テクノホライゾン・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、市場エネルギー回復

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、市場エネルギー回復 日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万2847円83銭=15日終値 )が下値を支持した。東証1部の売買代金は3兆円を超え、市場のエネルギーは回復した 感もある。ただ足元の価格帯でもみ合いを続けた場合、25日移動平均線(2万2653 円58銭=同)とのデッドクロスが視野に入る。2万3000円台を早期に回復できるか が目先の相場の分岐点となりそうだ。 <15:44> 新興株市場はしっかり、値幅狙いの個人の買い目立つ 新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅狙いの個人の買い目立つ

<15:44> 新興株市場はしっかり、値幅狙いの個人の買い目立つ 新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。「個人 投資家の短期的な値幅狙いの売買が目立った」(国内証券)との声が出ていた。SAMU RAI&J PARTNERS 、エヌ・ピー・シー 、ALBERT<390 6.T>が堅調。CYBERDYNE 、そーせいグループ が小幅安。トレイ ダーズホールディングス が急落した。 <14:31> 日経平均は堅調維持、安倍政権支持率と短期筋の動きを注視 日経平均は堅調維持。2万2800円台後半で推移している。ドル...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線の下支え継続

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線の下支え継続 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。同値水準で3日連続陰 線が並んだ形であり、戻り待ちの売り圧力が強いことを示しているが、下値は引き続き5 日移動平均線(2万0118円70銭=14日)と25日移動平均線(2万0063円8 0銭=同)がサポートラインとして機能している。高値圏でのもち合いが継続し、方向感 を示すような足とはならなかった。チャート形状には煮詰まり感もあり、翌日以降大きく 振れた方向にトレンドを発生しやすい。 <15:05> 新興株は...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は小安い、ジャスダック平均は8日ぶり反落

<15:05> 新興株は小安い、ジャスダック平均は8日ぶり反落 新興株式市場は小安い。日経ジャスダック平均は8日ぶりに反落。東証マザーズ指数 は3日続落した。市場では「直近IPOのソウルドアウト が短期資金を集めた以 外は、総じて売買が盛り上がらない」(国内証券)との声が出ていた。個別ではケアネッ ト 、スタジオアタオ が高く、ラクオリア創薬 も買われた。半面 、農業総合研究所 が安く、免疫生物研究所 、トレイダーズホールディン グス も軟調だった。 <14:30> 日経平均は閑散小動き、後場の値幅は24円弱 日経平均は閑散小動き、2万...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線が下値支持

日経平均・日足は下ヒゲを伴う「小陰線」となった。連日の陰線で戻り待ちの売り圧力が強いことを示しているが、下値は5日移動平均線(2万0080円75銭=13日)と25日移動平均線(2万0059円58銭=同)が比較的強いサポートラインとして機能している。高値圏でのもち合い形状であり、方向感を示すような足ではない。5日線と25日線を割らずに踏み止まれば、再度6月20日に付けた年初来高値(2万0318円11銭)を試す展開が期待できる。逆に両線を下回ると失望感が強い。しばらくは終値と両平均線の位置関係を注視したい。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、ジャスダック平均は連日の高値更新

新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均は7日続伸し、連日で年初来高値を更新。東証マザーズ指数は続落した。市場では「主力株の一角に換金売りが出たものの、全体に底堅さは維持した」との声が出ている。スタジオアタオがストップ高。イハラサイエンス、免疫生物研究所も買われた。半面、サイバーステップ、アンジェスが安く、トレイダーズホールディングスもさえない。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日・25日線がゴールデンクロス

<15:24> 日経平均・日足は「小陽線」、5日・25日線がゴールデンクロス 日経平均・日足は「小陽線」となった。5日移動平均線(2万0056円25銭=1 1日終値)が25日移動平均線(2万0047円41銭=同)を上回り、ゴールデンクロ スに至った。終値がボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万0161円32銭=同) を上回ったのは6月29日以来となり、今月に入り初めて。 騰落レシオ(東証1部、25日平均)は6月22日以来の水準となる112%台後半 まで上昇したが、買われ過ぎを示す120%を下回ったまま。過熱感が強まっている訳で もなく...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、ジャスダック平均は年初来高値更新

<15:02> 新興株は堅調、ジャスダック平均は年初来高値更新 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が5日続伸し、7月4日に付けた年初来高 値を更新。東証マザーズ指数は3日続伸した。 市場では「ジャスダック市場のPER(株価収益率)は足元で17倍台。かつては1 9─20倍台の局面もあった。高値を更新したが、ジャスダックには人材関連をはじめ『 地に足を付けて稼ぐ』銘柄が多く、バリュエーションを無視して買われている訳でもない 」(岡三証券シニアストラテジストの小川佳紀氏)との声が出ている。 個別銘柄では、エン・ジャパン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線がクロス

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線がクロス 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「小陰線」。安寄り後に一段安となり、終値は4月後 半からの上昇相場でサポートラインとして機能していた25日移動平均線(2万0052 円30銭=6日)を割り込んだ。下降中の5日移動平均線(2万0039円45銭=同) と25日線はデッドクロスし、チャート形状の悪化は否めない。早期に両線を上回れない と6月20日高値(2万0318円11銭)が目先の天井となる可能性が高くなる。もっ とも、現時点で大きく崩れる兆候もなく、当面は2万円を挟んで上下300...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、特定の銘柄に資金集中

<15:03> 新興株式市場はまちまち、特定の銘柄に資金集中 新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均が小幅続伸、マザーズ指数は反落し た。インフォテリア の売買代金が900億円超となり、トヨタ を上回っ て全市場で2位の大商いだった。トレイダーズHD も400億円を超える活況だ った。市場では「特定の銘柄への極端な資金集中が目立った。相場の状況としてはあまり 良くない」(国内証券)との声が出ていた。その他ではインターネットインフィニティー が大幅高。半面、デジタルアドベンチャー は軟調だった。 <14:35> 日経平均は軟調もみ合...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up