for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

岡藤ホールディングス株式会社

8705.T

現在値

225.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

101.00

 - 

306.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
225.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
13.19
高値
--
安値
--
52週高値
306.00
52週安値
101.00
発行済株式数
10.72
時価総額
2,434.24
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Okato Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Okato Holdings issues new shares and distributes shares to Nissan Securities for 360 mln yen via private placement

Okato Holdings to form business and capital alliance with Nissan Securities

Okato Holdings announces resignation of chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

岡藤ホールディングス株式会社とは

岡藤ホールディングスは、同社及び連結子会社3社により構成され、商品取引関連事業、有価証券関連事業を主要な業務とし、顧客に対して総合的な投資・金融サービスを提供する。【事業内容】商品取引関連事業において、岡藤商事は、東京商品取引所における貴金属(金(標準取引、ミニ取引、限日取引)、銀、白金(標準取引、ミニ取引、限日取引)、パラジウム、金オプション)、アルミニウム、ゴム(RSS3号)、石油(ガソリン、灯油、軽油、原油)、中京石油(ガソリン、灯油)、農産物・砂糖(一般大豆、小豆、とうもろこし、粗糖)、大阪堂島商品取引所において農産物(米国産大豆、小豆、とうもろこし、米穀)、砂糖(粗糖)、農産物・飼料指数(国際穀物等指数)、水産物(冷凍えび)について受託業務を行う。有価証券関連事業では、子会社が金融商品取引法に基づき、有価証券の売買等及び売買等の取次ぎ等の業務を行う。

業種

Investment Services

連絡先

2-16-12, Shinkawa

CHUO-KU, TKY

104-0033

Japan

+81.3.55660415

https://www.okato-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takashi Ozaki

President, Representative Director

Takashi Sugimoto

Manager of Sales Strategy Office, President of Subsidiary, Director

Shinji Tachikawa

President of Subsidiary, Director

Junji Masuda

Executive Director

Shozo Furuta

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
28.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.85
株価純資産倍率(四半期)
0.72
株価キャッシュフロー倍率
22.96
総負債/総資本(四半期)
30.85
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
2.25
自己資本利益率(過去12カ月)
0.27

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える 日経平均・日足は上ヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「小陰線」。前日に続いて5日移動平均線(2 万2745円31銭=28日現在)に上値が抑えられる格好となり、重さを感じさせている。ただ、三角も ちあいを形成している動きに大きな変化はみられず、引き続き方向性を探っている様子だ。 6月8日の戻り高値2万3178円10銭と7月15日高値2万2965円56銭を結んだトレンドラ インが上値抵抗線として意識されており、本格的な戻りに転じるためには、これを大きくブレークする必要...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い

<15:10> 新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に5日ぶりに小反落、東証マザーズ指数は軟調だった。市 場では「値を消していた直近IPOで下げが一巡した銘柄を買う動きが活発化している」(国内証券)との 声が聞かれる。 マザーズ指数は10.73%安となった。弁護士ドットコム 、アンジェス 、Aimi ng などが売られたが、メルカリ が反発し、フィーチャ が買われた。 ジャスダック指数は0.34%高。テラ がストップ安となり、KeyHolder も 大幅安となった半面、ストリームメディアコーポレーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転

<16:40> 日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。5日移動平均線(2万2753円12銭=27日 )に上値を抑えられる形となったが、終値は25日移動平均線(2万2522円79銭=同)を上回り、 支持線として機能した。ただ、パラボリックは陰転しており、目先の調整局面入りも警戒される。反発時に は一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。 <15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも

<15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ指数は続落した。マザーズ市場 では、直近IPO銘柄が買い直された半面、バイオ関連が売られた。「個人投資家の元気はよく、押し目買 い意欲がみられる一方、物色する銘柄に手詰まり感も出ている」(SBI証券のシニア・マーケットアドバ イザー、雨宮京子氏)との声も出ていた。 マザーズ指数は1.79%安。メルカリ 、アンジェス 、そーせいグループ は 安い。Aiming は一時ストップ高を付けた後、売られた。コパ・コーポレーション...

ホットストック:商品先物取引関連が堅調、金価格上昇で取引活発化の思惑

商品先物取引関連株の一角が堅調。岡藤ホールディングスは一時10%超上昇し連日の年初来高値更新、豊商事は6.0%の上昇となっている。新型コロナウイルス感染第2波への懸念から、このところ「質への逃避」として金が買われている。金などの商品先物取引を手掛ける企業で取引が活発化するとの思惑から買いが入っている。フジトミもしっかり。

〔マーケットアイ〕株式:日足は「中陰線」、終値が5日移動平均線を6日ぶりに下回る

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日移動平均線を6日ぶりに下回る 日経平均・日足はほぼ「中陰線」。終値が5日移動平均(1万9238円22銭=13日)を6日ぶり に下回り、節目とみられている3月25日に付けた終値ベースの戻り高値(1万9546円63銭)から遠 のく格好となった。 市場では「日経平均は反落したものの、東証1部の売買代金は1.6兆円で売り圧力は弱い。3月25 日の高値を上回ると、投資家心理も上向きとなるだろう」(国内証券)との声が出ていた。 <15:50> 新興株市場は堅調、ジャスダックは6日続伸 直近IPO...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダックは6日続伸 直近IPOに物色

<15:50> 新興株市場は堅調、ジャスダックは6日続伸 直近IPOに物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は6日続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場では「個人投資 家の心理はそれほど悪くない。最近IPOした銘柄や材料のある銘柄など、買えるところに資金が入ってい る」との声が聞かれた。 ジャスダック市場では、第一商品 、岡藤ホールディングス などの商品先物取引関連が 買われたほか、10日に決算を発表した文教堂グループホールディングス はストップ高となった。 ワークマン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ 、サン電子 は売られた。...

ホットストック:商品先物関連が堅調、金価格上昇で取引活発化の思惑

商品先物関連が堅調。第一商品は一時16%超の上昇となっている。新型コロナウイルスの感染拡大でリスク回避姿勢が強まる中、「質への逃避」として金が買われ、相場が上昇している。金などの商品先物取引を手掛ける企業で取引が活発化するとの思惑から買いが入っている。フジトミや岡藤ホールディングスも大きく上昇している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、200日線下回る 騰落レシオは59%台

<16:14> 日経平均・日足は「中陰線」、200日線下回る 騰落レシオは59%台 日経平均・日足は「中陰線」。上ヒゲがほとんどない「陰の寄り付き坊主」に近い形状で、投資家の強 い失望感を表している。終値が200日移動平均線(2万2194円58銭=27日)を大きく下回ったこ とも相場の弱さを感じさせる。 ボリンジャーバンドのマイナス3シグマに沿う形で下落する可能性はあるものの、各種オシレーター系 指標は売られ過ぎを示唆。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は59%台に低下しており、目先は自律反 発のタイミングをうかがいながらの展開もあり得...

〔マーケットアイ〕株式:東証マザーズ指数は4%超安、4年ぶり安値水準

<15:50> 東証マザーズ指数は4%超安、4年ぶり安値水準  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は大幅に3日続落。ジャスダック指数は昨年 10月以来4カ月ぶり、マザーズ指数はは4%超下落し2016年2月以来4年ぶりの安値水準をそれぞれ 付けた。リスクオフムードが広がる中で買い意欲に乏しく、売りに押される展開となった。一方、市場から は「個人投資家の売買コストは低くなっている。うまくこなせている人もいるのではないか」(ネット系証 券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ザインエレクトロニクス が大幅反落。フューチャーベンチャーキャピ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る

<15:56> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。上ヒゲが実体と下ヒゲを合わせたものより長い「上影陰線」で、投資家 の失望感を表している。 いったん25日移動平均線(2万3555円55銭=21日)と75日移動平均線(2万3515円9 5銭=同)を突き抜けたが、その後、失速。終値は5日移動平均線(2万3396円73銭=21日)や一 目均衡表の雲下限を下回った。心理的節目の2万3000円を下回らなければ調整の範囲内との見方もある が、相場の弱さを意識させ、目先は弱含みの展開となる可能性がある。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入

<15:36> 新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「週末を控え て大型株に手を出しづらい中、材料のある小型株に短期資金が向かった」(ネット系証券)との声が出てい た。 ジャスダック市場では、ザインエレクトロニクス がストップ高比例配分。AI顔認証システム を用い、他人数の体温を非接触で検知できるソリューションを発売すると発表。新型コロナウイルス対策と して需要の高まりが期待された。 このほか、第一商品 が23%超の上昇。金相場の上昇にともない、...

ホットストック:商品先物関連が堅調、金価格上昇で取引活発化の思惑

商品先物関連が堅調。第一商品は一時18%超の上昇となっている。新型コロナウイルスの感染拡大に懸念がくすぶる中、「質への逃避」として金が買われ、相場が上昇している。金などの商品先物取引を手掛ける企業で取引が活発化するとの思惑から買いが入っている。フジトミや岡藤ホールディングスも上昇している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、たくり線引き目先底打ちの期待

<15:25> 日経平均・日足は「短陰線」、たくり線引き目先底打ちの期待 日経平均・日足は「短陰線」。非常に長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「たくり線」となり、目先底打ち との期待を抱かせている。75日移動平均線(2万2912円50銭=8日現在)に触れることなく切り返 した動きが注目される一方、一目均衡表の「雲」の上限値(2万3100円72銭=同)がサポートライン として意識された。 直近の半年間で、今回のような長い下ヒゲを引いた場合、例外なくその後は反転しているため、底打ち のサインとして信頼度が高い。ただ、上値にシコリを形成して重くなっているのも...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は上昇基調維持か、個人投資家の売買

<15:08> ジャスダック指数は上昇基調維持か、個人投資家の売買  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。下落したものの、ジャス ダック平均については上昇トレンドが維持されているとの見方が出ていた。「外部環境に左右されにくい小 型株が物色される地合い。値動きのいい銘柄に短期的な売買をする個人投資家の資金が向かった」(国内証 券)という。 ジャスダック市場では、アミファ 、ニューテック がストップ高比例配分。細谷火工 < 4274.T>、両毛システムズ 、ソレキア が一時ストップ高。第一商品 、岡藤ホール...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、3日ぶりに25日線回復

<15:33> 日経平均・日足は「小陽線」、3日ぶりに25日線回復 日経平均・日足は「小陽線」となった。25日移動平均線(2万2612円29銭= 21日)を終値は3営業日ぶりに明確に上回った。日足・一目均衡表の雲を上放れており 、地合いの改善が見込まれる。目先の抵抗線は1月高値と6月高値を結ぶトレンドライン (2万2933円33銭=21日)や節目の2万3000円で、これらを上回れば上昇に 弾みがつく。 <15:25> 新興株市場は堅調、マザーズ1%超高 IPO銘柄は好発進 新興株式市場は、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数が続伸した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ1%超高 IPO銘柄は好発進

<15:25> 新興株市場は堅調、マザーズ1%超高 IPO銘柄は好発進 新興株式市場は、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数が続伸した。マザーズの 上昇率は1%を超えた。上場2日目のログリー と、きょう上場したSIG<4386. T>の初値はいずれも公開価格を上回ったが、ログリーは売りに押され軟化。ZUU<4387. T>は初日値付かず、買い気配で終了した。市場では「局所的には物色意欲が感じられるが 、メルカリ の上場を機に個人投資家の資金が循環し、盛り上がっているという印 象は乏しい」(国内証券)との声が出ていた。 このほかKeyHolder...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線上回れず

<16:34> 日経平均・日足は「中陽線」、25日線上回れず 日経平均・日足は「中陽線」となった。25日移動平均線(2万2553円04銭= 4日)に接近したが上回れなかった。もっとも、25日線自体は上向きで、地合いは悪く ない。日足・一目均衡表の転換線(2万2440円69銭=同)を上抜けた。同基準線( 2万2491円02銭=同)に接近しており、これをしっかり上抜けるようなら上昇に弾 みがつきそうだ。下方向では、2万2300円台半ばを通る26週移動平均線がサポート になる。 <16:01> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズともに小幅下落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズともに小幅下落

<16:01> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズともに小幅下落 新興株市場は、日経ジャスダック平均が小幅反落、東証マザーズ指数が小幅続落した 。市場では「東証1部の中低位銘柄で商いができているものもあり、無理に新興株を手が けることはないという向きもいるのだろう」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、システムズ・デザイン などが一時ストップ高。スパンクリー トコーポレーション 、ジェイテックコーポレーション などがストップ高 比例配分となった。 一方、ジーンテクノサイエンス が年初来安値となったほか、岡藤ホールディ ングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物が大幅下落、欧州政治リスクを警戒 円高も重し

<17:35> 日経平均先物が大幅下落、欧州政治リスクを警戒 円高も重し 日経平均先物が現物終値に比べ一時300円超安となった。市場では「欧州の政治リ スクが警戒され、欧州の主要株価指数が大幅に下落しているほか、為替が円高方向に振れ ていることが重しとなっている」(国内証券)との声が聞かれる。為替は1ドル108円 半ば、1ユーロ125円前半に、いずれも下落した。 <16:36> 日経平均・日足は「下影陰線」、短期調整リスクくすぶる 日経平均・日足は「下影陰線」で弱い地合いを暗示する形状となった。終値で26週 移動平均線(2万2345円84...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up