for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社

8725.T

前日終値

3,535.00JPY

変化

50.00(+1.43%)

出来高

1,741,300

本日のレンジ

3,448.00

 - 

3,561.00

52週レンジ

3,001.00

 - 

3,692.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,485.00
始値
3,489.00
出来高
1,741,300
3か月平均出来高
26.98
高値
3,561.00
安値
3,448.00
52週高値
3,692.00
52週安値
3,001.00
発行済株式数
580.53
時価総額
2,067,622.00
予想PER
10.13
配当利回り
4.02

次のエベント

November 2019 MS&AD Insurance Group Holdings Inc Corporate Sales Release

適時開示

その他

MS&Ad Insurance Group Holdings Inc - To Buy Back Up To 1.39% Of Own Shares Worth 20 Billion Yen Through March 24

Fitch Says Typhoon Hagibis Is Likely To Be Earnings Event For Japan's Three Main Non-Life Insurance Groups, MS&AD, Sompo & Tokio Marine

MS&AD Insurance - Gross Loss From Typhoon Faxai Estimated Around 100 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社とは

MS&ADインシュアランスグループホールディングスグループは子会社191社、関連会社31社により構成される。【事業内容】同グループは、国内損害保険事業、国内生命保険事業、海外事業、金融サービス事業/リスク関連サービス事業に従事する。国内損害保険事業について、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険及び三井ダイレクト損害保険等が日本国内において損害保険事業を営む。国内生命保険事業について、三井住友海上あいおい生命保険及び三井住友海上プライマリー生命保険が日本国内において、生命保険事業を営む。海外事業について、日本国内においては国内損害保険子会社の海外部門が、諸外国においてはMS Amlin plcなどの海外現地法人及び国内損害保険子会社の海外支店が、海外事業を営を営む。金融サービス事業/リスク関連サービス事業の金融サービス事業は、国内損害保険子会社及び三井住友アセットマネジメント、三井住友海上キャピタルなどが、アセットマネジメント事業、金融保証事業、企業年金制度(401k)事業、代替的リスク移転(ART)事業、個人融資関連事業及びベンチャー・キャピタル事業などを営む。リスク関連サービス事業は、インターリスク総研、三井住友海上ケアネットなどが、リスクマネジメント事業、介護事業などを営む。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

Tokyo Sumitomo Twin Bldg. West Tower

2-27-2, Shinkawa

+81.3.51170270

https://www.ms-ad-hd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hisahito Suzuki

Chairman of the Board, Chairman of the Executive Board, Representative Director

Yasuyoshi Karasawa

President, Executive President, Chairman & Chairman of the Executive Board of Subsidiary, Representative Director

Shiro Fujii

Group Chief Financial Officer, Executive Vice President, Director

Shinichiro Funabiki

Group Chief Information Officer, Group Chief Information Security Officer, Executive Officer

Fumiaki Ohkawabata

Senior Managing Executive Officer, Group Chief Risk Officer

統計

2.08 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

5.3K

2018

5.2K

2019

5.5K

2020(E)

5.5K
EPS (JPY)

2017

350.940

2018

260.040

2019

328.720

2020(E)

344.026
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
0.73
株価キャッシュフロー倍率
7.38
総負債/総資本(四半期)
23.70
長期負債/資本(四半期)
23.70
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.90

最新ニュース

最新ニュース

大型台風で損保の保険金8000億円超に、保険料上げや準備金増で対応

大手損保3社によると、今年の台風15号、台風19号による2019年度の元受ベースの発生保険金は合計8688億円となった。19日、決算会見で各社の幹部が明らかにした。西日本豪雨などで1兆5000億円超に膨らんだ18年度には及ばないものの、各社は火災保険料の値上げや異常危険準備金の積み増しなどで自然災害リスクに備える方針を示した。

BRIEF-MS&AD:台風19号に伴う元受発生保険金、2300億円の見込み

* MS&AD:台風19号に伴う元受発生保険金、2300億円の見込み * MS&AD幹部:異常危険準備金、三井住友海上で300億円を今期中に追加積み立て *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 チムニー 02 ヴィンクス 03 MS&ADインシュアランスH D  

英アビバのアジア事業、日生・MS&ADなどが関心=関係筋

複数の関係筋によると、英保険会社アビバ<AV.L>のシンガポール、ベトナム事業に独アリアンツ<ALVG.DE>、日本生命保険、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>などが関心を示している。

EXCLUSIVE-英アビバのアジア事業、日生・MS&ADなどが関心=関係筋

複数の関係筋によると、英保険会社アビバのシンガポール、ベトナム事業に独アリアンツ、日本生命保険、MS&ADインシュアランスグループホールディングスなどが関心を示している。

MS&ADグループ、台風15号の損害推計額は1000億円規模

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは19日、台風15号の元受損害額はグループ合計で1000億円規模を見込んでいると発表した。17日時点の事故受付状況をもとに推計した金額で、今後の損害確認の進捗などによって増額する可能性があるという。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=11日

0.36%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 オービック 24.33 02 シーイーシー 24.49 03 ネットワンシステムズ 25.39 04 ワッツ 27.10 05 伊藤忠テクノソリューション 27.75 ズ 06 SCSK 28.82 07 ファイバーゲート 29.97 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=28日

RIC 銘柄名 01 日本アクア 02 巴コーポレーション 03 関電工 04 東洋水産 05 セック 06 PCI HLDG 07 エア・ウォーター 08 電通国際情報サービス 09 虹技 10 大紀アルミニウム工業所 11 大阪チタニウムテクノロジーズ 12 昭和電線HLDG 13 アーレスティ 14 イワキポンプ 15 ワイエイシイHLDG 16 トレックス・セミコンダクター 17 日本信号 18 日本電波工業 19 スタンレー電気 20 KYB 21 テイ・エス テック 22 コロワイド 23 共同印刷 24 菱電商事 25 タカキュー...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=23日

0.41%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 オービックビジネスコンサルタン 24.23 02 小野測器 25.13 03 中広 28.05 04 オープンドア 28.29 05 四電工 28.35 06 ビーロット 29.64 07 川田テクノロジーズ 29.81 08 サイバーコム 29.99 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

訂正:大手損保3社、今期は増益予想 異常災害へ備え強化

大手損保3社の2020年3月期の連結当期利益予想は、そろって増益となった。昨年に異常な風水害が続出したことを踏まえ、会見では、火災保険料の再値上げに前向きな発言が出た。SOMPOホールディングス<8630.T>は異常危険準備金の積み方を変更する。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=20日

3.97%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 廣済堂 21.93 02 信越化学工業 22.41 03 油研工業 22.66 04 安川電機 22.94 05 ウイン・パートナーズ 23.61 06 日置電機 23.68 07 東京エレクトロン 24.08 08 三益半導体工業 24.14 09 トレンドマイクロ 24.21 10 ローム 24.43 11 三井金属鉱業 24.47 12 じもとHLDG 25.04 13 住友化学 25.05 14 横河電機 25.16 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

MS&AD、1200万株・320億円を上限に自社株買い、発行株の2.06%

MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>は20日、1200万株(発行済み株式の2.06%)・取得総額320億円を上限とする自社株買いを決議したと発表した。取得期間は5月21日から9月20日まで。

シドニー株式市場・午前=反落、世界経済の減速懸念が重し

豪 日本時間11時22 前日比 % 始値 分 S&P/ASX200指数<.AX 6,117.500 - 13.100 - 0.21 6,130.600 JO> 前営業日終値 6,130.600 27日午前のシドニー株式市場の株価は反落し、5週間ぶりの安値水準に向かってい る。世界経済の減速懸念が広がる中、投資家のリスク選好意欲が後退した。 S&P/ASX200指数 は0108GMT(日本時間午前10時08分) 時点で、前日終値比24.7ポイント(0.4%)安の6105.9。 米債券市場では前週末、長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=6日

RIC 銘柄名 01 グリー 02 新明和工業 03 島忠  

アングル:相次ぐ災害で重要度増す再保険市場、損保各社の戦略分かれる

大規模な自然災害の続発で、大手損保各社にとって重要度が増している再保険市場を巡り、スタンスの違いが鮮明化してきた。投資マネーの流入で再保険ビジネスの事業環境が厳しくなったとして、東京海上ホールディングス<8766.T>が再保険専門会社を売却する一方、MS&ADホールディングス<8725.T>は再保険子会社を保有したまま事態の好転を待つ戦略だ。方向性の違いが、将来の収益格差につながる可能性が出てきた。

MS&AD、スイス再保険傘下のリアシュア社への出資比率を25%に引き上げ

MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>は20日、スイス再保険<SRENH.S>傘下の英リアシュア・ジャージャー・ワンの発行済み株式の10%を追加取得し、出資比率を25%に引き上げると発表した。

大手損保、通期予想で「明暗」 異常危険準備金や傘下企業の業績で

損害保険大手3社が19日発表した2019年3月期の連結通期利益見通しは、国内の大規模自然災害に備えて積み上げてきた「異常危険準備金」の残高やグループ傘下企業の収益の違いにより、明暗が分かれた。SOMPOホールディングス<8630.T>が利益見通しを下方修正した一方で、東京海上ホールディングス<8766.T>、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>は通期見通しを維持した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=13日

RIC 銘柄名 01 日揮 02 江崎グリコ 03 宮地エンジニアリンググループ 04 グッドコムアセット 05 フェイス 06 ニイタカ 07 キッセイ薬品工業 08 ソフトバンク・テクノロジー 09 コタ 10 OATアグリオ 11 サンコール 12 北越工業 13 TPR 14 三井E&S HLDG 15 山善 16 伊藤忠エネクス 17 MS&ADインシュアランスHD 18 シーイーシー 19 TKC  

デンソー、600万株・300億円上限に自己株取得

デンソーは31日、600万株(発行済み株式の0.76%)・300億円を上限とする自己株取得を決議したと発表した。取得期間は11月1日から2019年3月31日。このうち360万株は三井住友海上と東京海上日動火災が保有する普通株の公開買い付けで取得する予定としている。

焦点:生損保が国内回帰、金利1%以下の超長期債で消去法的運用

国内主要生損保の2018年度下期一般勘定運用計画がほぼ出そろった。目立ったのは、一部に国内回帰の動きが出てきたことだ。超長期国債の利回りは積極的運用のめどとされる1%に届いていないものの、日銀の政策修正もあって若干ながら上昇してきた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up