for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フジトミ

8740.T

現在値

382.00JPY

変化

43.00(+12.68%)

出来高

1,068,000

本日のレンジ

340.00

 - 

412.00

52週レンジ

168.00

 - 

459.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
339.00
始値
354.00
出来高
1,068,000
3か月平均出来高
6.58
高値
412.00
安値
340.00
52週高値
459.00
52週安値
168.00
発行済株式数
6.62
時価総額
2,620.52
予想PER
--
配当利回り
0.79

次のエベント

Dividend For 8740.T - 3.0000 JPY

適時開示

その他

Fujitomi sells Kanagawa-based property for 23.3 mln yen

Fujitomi to abolish part of business

Kobayashi Yoko unit to buy 94.7 pct stake in H.S. Life Small Amount&Short Time Insurance for 9.7 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フジトミとは

フジトミグループは、商品先物取引法に基づき設置された商品取引所が開設する商品市場に上場される各種の商品先物取引について、顧客の委託を受けて執行する業務(以下「受託業務」という。)及び自己の計算に基づき執行する業務(以下「自己売買業務」という。)を主業務とする投資サービス事業、及び、保険募集、不動産業などを主業務とする生活・環境事業を行う。【事業内容】投資サービス事業では、商品先物取引業について、同社は東京商品取引所において、農産物・砂糖市場で一般大豆、大豆、とうもろこしを、貴金属市場で金(標準取引、ミニ取引)、銀、白金(標準取引、ミニ取引)、及びパラジウムを、ゴム市場でRSS3号を、石油市場でガソリン、灯油、軽油と原油を、中京石油市場でガソリン、灯油をそれぞれ取引し、受託業務及び自己売買業務を行う。同事業がまた、金融商品仲介業務及び金地金販売を行う。生活・環境事業において、保険募集業務で生命保険募集業務及び損害保険代理店業務を行う。不動産業で不動産の賃貸及び不動産の販売を行う。その他で太陽光発電機及び発行ダイオード(LED)照明等の販売、映像コンテンツの配信等を行う。

連絡先

1-15-5, Kakigara-cho, Nihombashi

+81.3.45895500

https://www.fujitomi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hidemitsu Hosogane

President, Representative Director

Hiroshi Shimbori

Chief Director of Operation, Chief Director in charge of Administration in Main Invest Service Business Unit, Director of Accounting, Director

Ryusei Hosogane

Director

Hideki Yamashita

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.24
株価純資産倍率(四半期)
1.21
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-9.07
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.99

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る

<15:56> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。上ヒゲが実体と下ヒゲを合わせたものより長い「上影陰線」で、投資家 の失望感を表している。 いったん25日移動平均線(2万3555円55銭=21日)と75日移動平均線(2万3515円9 5銭=同)を突き抜けたが、その後、失速。終値は5日移動平均線(2万3396円73銭=21日)や一 目均衡表の雲下限を下回った。心理的節目の2万3000円を下回らなければ調整の範囲内との見方もある が、相場の弱さを意識させ、目先は弱含みの展開となる可能性がある。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入

<15:36> 新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「週末を控え て大型株に手を出しづらい中、材料のある小型株に短期資金が向かった」(ネット系証券)との声が出てい た。 ジャスダック市場では、ザインエレクトロニクス がストップ高比例配分。AI顔認証システム を用い、他人数の体温を非接触で検知できるソリューションを発売すると発表。新型コロナウイルス対策と して需要の高まりが期待された。 このほか、第一商品 が23%超の上昇。金相場の上昇にともない、...

ホットストック:商品先物関連が堅調、金価格上昇で取引活発化の思惑

商品先物関連が堅調。第一商品は一時18%超の上昇となっている。新型コロナウイルスの感染拡大に懸念がくすぶる中、「質への逃避」として金が買われ、相場が上昇している。金などの商品先物取引を手掛ける企業で取引が活発化するとの思惑から買いが入っている。フジトミや岡藤ホールディングスも上昇している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る

<15:49> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。買い勢力が強く、25日移動平均線(2万362 3円72銭=9日)を上回って取引を終えるとともに、12月30日と1月6日に空けたマド(2万336 5円36銭─2万3656円62銭)を埋めた。 下値は5日移動平均線(2万3476円37銭=同)がサポートとして機能しているが、昨年12月中 旬以降2万4000円近辺での上値の重さが意識されており、同水準が近づくにつれて売りに押される可能 性もあるという。 <15:10> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人の資金の回転効く

<15:10> 新興株市場は堅調、個人の資金の回転効く 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。中東情勢への懸念が後退 し、投資家心理が好転している。「個人投資家の資金も回転が利いており、小型株への物色が入りやすい状 況だ」(ネット系証券)という。 マザーズ市場では、スタジオアタオ 、サイバー・バズ が一時ストップ高。マクアケ < 4479.T>、AI inside も大幅高となった。一方、ランサーズ 、HPCシステムズ 、メルカリ などは売られた。 ジャスダック市場では、エムケイシステム が一時ストップ高...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、投資家の上昇期待

<15:22> 日経平均・日足は「中陽線」、投資家の上昇期待 日経平均・日足は「中陽線」。上ヒゲがほとんどなく「陽の大引け坊主」に近い形状で、投資家の上昇 期待感を表している。12月30日と1月6日に大きなマド(2万3365円36銭─2万3656円62 銭)を空けて下放れ下値模索への不安が生じたが、一目均衡表の「雲」の上限にタッチせずに反発したこと は、いったんの安心感を誘っている。市場からは「2万3000円を割り込まなければ上昇トレンドが継続 していると判断できる」(国内証券)との声が出ている。 <15:07> 新興株市場は堅調、個人...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人の買いが継続

<15:07> 新興株市場は堅調、個人の買いが継続  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発。ほぼ高値引けとなった。前日 は米国とイランの対立が懸念される中、中東情勢に左右されない小型の内需株が買われた。地合いは悪くな く、前日に続き年末にポジションを落とした個人投資家の資金が流入しているという。 マザーズ市場では、イノベーション 、サイバー・バズ がストップ高比例配分。AI  inside が大幅反発した。半面、ジーエヌアイグループ 、エヌ・ピー・シー <6255.T >は売られた。 ジャスダック市場では、フジトミ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up