for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京海上ホールディングス株式会社

8766.T

現在値

6,006.00JPY

変化

21.00(+0.35%)

出来高

1,712,100

本日のレンジ

5,979.00

 - 

6,043.00

52週レンジ

4,580.00

 - 

6,129.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,985.00
始値
5,985.00
出来高
1,712,100
3か月平均出来高
35.74
高値
6,043.00
安値
5,979.00
52週高値
6,129.00
52週安値
4,580.00
発行済株式数
693.37
時価総額
4,253,355.00
予想PER
12.85
配当利回り
3.85

次のエベント

Dividend For 8766.T - 107.5000 JPY

適時開示

その他

Tokio Marine Exec No Impact On Earnings From Greensill Collapse

S&P Global Ratings Tokio Marine Group's Financial Performance May Face Downside Risk In Fiscal 2021 Or Thereafter Due To Uncertainties Related To Greensill Capital Exposure

Fitch Says Typhoon Hagibis Is Likely To Be Earnings Event For Japan's Three Main Non-Life Insurance Groups, MS&AD, Sompo & Tokio Marine

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京海上ホールディングス株式会社とは

東京海上ホールディングスは、国内損害保険事業、国内生命保険事業、海外保険事業及び金融・一般事業を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを通じて事業を行う。国内損害保険事業は日本国内の損害保険引受業務及び資産運用業務等を行う。国内生命保険事業は、日本国内の生命保険引受業務及び資産運用業務等を行う。海外保険事業は、海外の保険引受業務及び資産運用業務等を行う。金融・一般事業は、投資顧問業、投資信託委託業、人材派遣業、不動産管理業、介護事業を中心に事業を行う。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

1-2-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-0005

Japan

+81.3.62123333

https://www.tokiomarinehd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsuyoshi Nagano

Chairman of the Board

Satoru Komiya

President, Group Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Takayuki Yuasa

Vice President, Executive Vice President, Group Chief Financial Officer, Representative Director

Shinichi Hirose

President of Subsidiary, Director

Akira Harashima

Senior Managing Director, Senior Managing Executive Officer, Co-Head of International Business, Representative Director

統計

2.00 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

5.5K

2020

5.5K

2021

5.5K

2022(E)

5.5K
EPS (JPY)

2019

383.016

2020

369.740

2021

232.130

2022(E)

465.897
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.78
株価純資産倍率(四半期)
1.08
株価キャッシュフロー倍率
11.79
総負債/総資本(四半期)
5.61
長期負債/資本(四半期)
5.61
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.87

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:東京海上HDが急騰、自社株買い手掛かりに年初来高値更新

東京海上ホールディングスが急騰し、3月9日に付けた年初来高値5746円を半年ぶりに更新した。午前9時05分現在、東証1部の値上がり率ランキングで第8位となっている。前日大引け後に、自社株買いを実施すると発表したことが手掛かり材料にされた。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・東京海上ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.1% にあたる750万株、取得総額300億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 9月14日から11月30日。 ・SYSホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.3%に あたる8000株、取得総額1200万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 9月14日から10月22日。 ・メディカル・データ・ビジョン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0. 51%にあたる...

焦点:五輪直前、決断迫られるスポンサー 無観客が現実味

東京五輪・パラリンピックの一部スポンサーが、大会運営側の判断を待たず、ブースなどの出展や接待プログラムの中止に動き出した。複数の関係者によると、開幕が直前に迫り、新型コロナウイルスの感染状況や世論の動向から独自に決めざるをえなくなりつつある。

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・東京海上ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.1% にあたる750万株、取得総額300億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 7月1日から8月31日。 ・CSSホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.92% にあたる10万株、取得総額2780万円を上限とする自社株買いを実施へ。6月29日 午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託 を行う。買い付け価格は6月28日終値...

アングル:気候変動の影響開示、日本の損保が先行 不確実性になお手探り

日本の損保大手MS&ADホールディングスとSOMPOホールディングスが、気候変動による将来の支払い保険金の変動見込みを8月にそれぞれ公表する。気温上昇などで自然災害が増え、企業もそのリスクを経営に織り込むことが求められる中、欧米の競合他社に先駆けて投資家に情報を開示する。しかし、災害予測の不確実性が高いことや、国連の機関で作られた計測モデルを問題視する声もあり、公表への動きはまだ鈍い。

再送-〔情報BOX〕主な企業のワクチン接種の取組状況

企業が新型コロナウイルスワクチンを従業員に接種する「職域接種」の受付が8日、始まった。政府は「最低1000人に2回、計2000回程度の接種を行うことを基本」として人数や期間の計画を提出するよう求めているが、大規模接種はほぼすべての企業にとって未経験の事態。開始まで2週間を切り、各社で「手探りの突貫工事」(製造業の総務担当者)が行われている。

UPDATE 1-グリーンシル破綻、今後の業績への影響は限定的=東京海上HD常務

東京海上ホールディングス(HD)の遠藤良成・常務取締役(グループ資産運用統括)は20日、経営破綻したグリーンシル・キャピタルの保険を引き受けていた問題で、今後の業績に与える影響は限定的との認識を改めて示した。

グリーンシル破綻による業績への影響ない=東京海上HD常務

東京海上ホールディングス(HD)の遠藤良成・常務取締役(グループ資産運用統括)は20日、経営破綻した英金融会社グリーンシル・キャピタルの保険を引き受けていた問題で、破綻による業績への影響はないと述べた。

東京海上HD、約198億円で米生保のSSL社を買収へ

東京海上ホールディングスは16日、米スタンダード・セキュリティー・ライフ・インシュアランス(SSL社、ニューヨーク州)を1億8000万ドル(約198億円)で買収する売買契約を締結したと発表した。2021年度第2・四半期中の買収完了を予定する。

ホットストック:保険株が下落、東京海上は3%超安 米SLR規制緩和延長見送りで

保険株が下げている。東京海上ホールディングスは3.7%安となり東証1部の値下がり率上位に入っているほか、SOMPOホールディングスは0.6%安となっている。

ノルドストリーム2、ベーカー・ヒューズなど18社が撤退=米文書

ロシア産天然ガスをドイツへ直送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」の建設作業を巡り、米石油サービス大手ベーカー・ヒューズ、保険大手アクサグループなど18社が関与をやめ、米政府の制裁対象から外れることになった。バイデン政権が先週、議会に送付した文書をロイターが入手して分かった。

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ツツミ 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.04%にあたる65万株 、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から202 2年2月14日。 ・エコス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.83%にあたる20万株 、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から2022 年2月14日。 ・太陽工機 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.35%にあたる20万 株、取得総額2億4000万円を上限とする...

ホットストック:東京海上HDがしっかり、商い膨らみ出遅れ修正の動き

東京海上ホールディングスがしっかり。金融株全般は相場がかさ上げとなる中で出遅れ感が強く、保険株の代表銘柄である同社も昨年2月6日のコロナショック前の高値6317円に距離を残しているが、ここにきて商いが膨らみ始め、修正高の動きが出始めた。

ホットストック:保険業が堅調、運用利回り上昇への期待で

保険株が堅調。T&Dホールディングス、第一生命ホールディングス、SOMPOホールディングス、東京海上ホールディングスなどが買われている。パウエルFRB議長の講演を通過し、米長期金利が上昇。保険業の運用利回りの上昇に対する期待が出ている。 午前10時12分現在、保険業は東証33業種の値上がり率1位となっている。

今日の株式見通し=前日終値近辺でもみあい、3連休控え様子見ムード

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、前日終値近辺でのもみあいが想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は続伸となったものの、日本では3連休を控えていることもあり積極的な売買は手控えられやすい。前日に続き薄商い相場になるとみられる。

米マイナーリーグの15チーム、保険会社を提訴 新型コロナ巡り

米プロ野球のマイナーリーグの15チームが23日、複数の保険会社を提訴した。新型コロナウイルスの流行を受けて試合の中止を余儀なくされ「壊滅的な損失」を被ったが、保険会社が事業中断保険の請求に応じないと訴えている。

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・国際紙パルプ商事 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.37%にあた る100万株、取得総額4億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月17日 から5月31日。 ・岡部 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.60%にあたる130万株 、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月17日から7月3 1日。 ・ロードスターキャピタル 、主要株主のRenren Lianhe Hol dingsから、相対取引で、自己保有株を除...

東京海上、ブラジルで住宅向け保険会社設立へ 大手銀と合弁

東京海上ホールディングスは7日、ブラジルの大手国有銀行、カイシャ銀行と住宅向け火災保険を引き受ける合弁会社を設立することで合意したと発表した。

大型台風で損保の保険金8000億円超に、保険料上げや準備金増で対応

大手損保3社によると、今年の台風15号、台風19号による2019年度の元受ベースの発生保険金は合計8688億円となった。19日、決算会見で各社の幹部が明らかにした。西日本豪雨などで1兆5000億円超に膨らんだ18年度には及ばないものの、各社は火災保険料の値上げや異常危険準備金の積み増しなどで自然災害リスクに備える方針を示した。

BRIEF-東京海上HD幹部:台風19号に伴う元受発生保険金、1200億円の見込み

* 東京海上HD幹部:台風19号に伴う元受発生保険金、1200億円の見込み * 東京海上HD:今年の自然災害、リスクモデル上は想定範囲内 再保険政策は大きく変更せず *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up