for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GFA株式会社

8783.T

現在値

205.00JPY

変化

-6.00(-2.84%)

出来高

503,800

本日のレンジ

203.00

 - 

209.00

52週レンジ

62.00

 - 

333.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
211.00
始値
208.00
出来高
503,800
3か月平均出来高
20.28
高値
209.00
安値
203.00
52週高値
333.00
52週安値
62.00
発行済株式数
11.85
時価総額
2,563.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 GFA Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

GFA to buy Sapporo-based property

GFA postpones transaction date of acquisition of Next Security

GFA fully acquires Next Security

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GFA株式会社とは

GFAは、不動産流動化・証券化に関するストラクチャリング業務を主要業務とするファイナンシャル・アドバイザリー事業、居住用不動産売買を営む不動産事業者向けに不動産担保融資を行う不動産担保ローン事業、及びファイナンシャル・アドバイザリー事業の強化拡充の一環として取り組むヘルスケア(医療・介護)事業を主たる事業とする金融サービス会社である。【事業内容】ファイナンシャル・アドバイザリー事業は不動産流動化・証券化に関するストラクチャリング業務、アドバイザリー業務、メンテナンス業務、不動産投資業務を含む。不動産流動化・証券化に関するストラクチャリング業務とは、不動産への投資や不動産の保有、又は不動産開発を行う顧客から案件を受託し、当該顧客のため、ノンリコース・ローン等を活用したストラクチャード・ファイナンスのスキーム(仕組み)を考案し組成する業務である。アドバイザリー業務は、不動産証券化に関するコンサルティング業務、不動産仲介業務、企業の資金調達支援、事業拡大等に関するコンサルティング業務を含む。メンテナンス業務は不動産流動化・証券化に関するストラクチャリング案件のクロージング後、顧客からの要請に応じて、同社は特別目的会社(SPC)から業務委託を受け、スキームのメンテナンスに係る事務を受託する。不動産投資業務とは、不動産に関する匿名組合出資及び社債の取得、ならびに不動産の売買等の投資を行う。

業種

Investment Services

連絡先

2F, Win Aoyama, 2-2-15, Minami-Aoyama

MINATO-KU, TKY

107-0062

Japan

+81.3.64329140

http://www.gfa.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Ryo Takagi

Executive President

Tomohisa Hirano

Executive Director

Koji Shintome

Executive Director

Tomoki Katada

Representative Director

Yukio Arai

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.07
株価純資産倍率(四半期)
1.69
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
78.55
長期負債/資本(四半期)
27.33
投資利益率(過去12カ月)
-21.96
自己資本利益率(過去12カ月)
-15.71

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線を下回り先安見込み

<17:11> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線を下回り先安見込み 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みを示している。終値は3日連 続で5日移動平均線(2万2235円36銭=1日)を下回った。市場では「降下トレンドに入りつつある 。当面は200日移動平均線(2万1864円92銭=1日)が下値支持線として意識されるだろう」(国 内証券)との声が出ていた。 <16:20> 新興株市場は軟調、マザーズは5日続落 直近IPO銘柄売られる 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は5日続落した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは5日続落 直近IPO銘柄売られる

<16:20> 新興株市場は軟調、マザーズは5日続落 直近IPO銘 柄売られる 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は5日続落した。後場の日経平均 の下落を受け、連れ安となった。直近まで買いが殺到していたIPO銘柄は、一部を除き大半が売られる展 開となった。 ジャスダック指数は0.78%安。テラ 、日本マクドナルドホールディングス 、上場 3日目のエブレン が下落、ANAP はストップ安比例配分となった。一方、ワークマン<7 564.T>、SAMURAI&J PARTNERS は上昇、アプライド はストップ高比例配...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も 日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陰線」。前日に下回った25日移動平均線(2万2397円04銭 =30日現在)を捉えながら、終値で上回ることができなかったほか、5日移動平均線(2万2317円8 7銭=同)もサポートし切れず、先行きに対して不安を感じさせる形となっている。 きょうの足は、大引けがほぼ「坊主」となった「トンカチ」のパターンで、これは相場の転換を暗示す る。振幅幅は大きくないため気迷いを示すとも言え、上下いずれか大きく振れた方向にトレンドが傾く可能 性...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、引き続きIPO銘柄に人気が集中

<15:15> 新興株市場は高安まちまち、引き続きIPO銘柄に人気が集中  新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均は4日ぶりに反発したが、東証マザーズ指数はとも に3日続落した。引き続きIPO銘柄に人気が集中。新規銘柄だけではなく、直近上場銘柄の中にも買いを 集める銘柄が目立った。 きょうマザーズに新規上場したグッドパッチ は、公募価格690円から大幅に気配を切り上げ 1587円買い気配で終了。一方、上場2日目となるジャスダック市場のエブレン は、公募価格1 350円い対して3.7倍の5000円で初値を付け、そのまま上値を追った...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線を下回る

<16:11> 日経平均・日足は「中陰線」、25日線を下回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」。下値サポートとして意識されていた25日移動平 均線(2万2356円36銭=29日)を下回り、短期的に下値が警戒される局面ではあるが、下には20 0日移動平均線(2万1849円50銭=同)が推移しており、大きく売り崩すのも難しい。 <15:57> 新興株市場は3日続落、IPO銘柄には物色   新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続落した。バイオ関連銘柄に利 益確定売りがみられるものの、引き続きIPO銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、IPO銘柄には物色

<15:57> 新興株市場は3日続落、IPO銘柄には物色   新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続落した。バイオ関連銘柄に利 益確定売りがみられるものの、引き続きIPO銘柄への物色がみられ、相場全体は崩れていない。ジャスダ ック市場に上場したエブレン は初日に値が付かず買い気配で終了。マザーズ市場で上場2日目のコ マースOneホールディングス は公開価格の4.4倍となる6970円で初値を付けた。 マザーズ指数は2.74%安。そーせいグループ 、アンジェス 、ジーエヌアイグルー プ など軟調。直近IPOのフィーチャ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け

<16:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万2221円27銭=2 5日)を上回ったものの、前日まで下値支持線として機能していた5日移動平均線(2万2451円84銭 =同)を下抜けた。75日移動平均線(2万0195円59銭=同)や200日移動平均線(2万1831 円66銭=同)は上向きを維持しているが、市場では「200日線の下抜けが視野に入ってきた。相場は全 体的に薄商いとなっていることもあり、夏枯れ相場が例年より早めに到来している可能性がある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、フィーチャは2日目も値付かず

<16:10> 新興株市場は軟調、フィーチャは2日目も値付かず 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「日経平均の下 落に伴い連れ安となったが、値動きのいいIPO銘柄はきょうも人気。IPOで一攫千金を狙った個人投資 家が物色している」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は0.43%安で取引を終了。オンコリスバイオファーマ 、AI inside 、ITbookホールディングス は下落。アンジェス 、そーせいグループ<4565. T>、前日新規上場したロコガイド などは買われた。 きょうは上場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、引き続き終値と5日線が絡み合う

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、引き続き終値と5日線が絡み合う 日経平均・日足は「小陽線」。上ヒゲややや長めの「上影陽線」で、前日の値幅レンジと大きく変わら ないことから気迷いを示している。終値が5日移動平均線(2万2461円90銭=22日現在)をやや下 回ったが、弱気に転じるまでには至らない。両者が絡み合った状態となっており、引き続きこれらの位置関 係がどうなるか注目されそうだ。 当面の上値の目安として意識されるのは、16日の戻り高値(2万2624円14銭)で、このままも たついた状況が続くと上値が重いとの印象が強くなる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、ワクチン関連株に人気が集中

<15:25> 新興株市場はしっかり、ワクチン関連株に人気が集中 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸。市場からは「ワクチン関 連など材料のある銘柄に人気が集中している。24日にIPOが控えており、それまでは好地合いが保たれ るのではないか」(国内証券)との指摘が出ていた。 マザーズ指数は1.28%高で取引を終了。オンコリスバイオファーマ 、アジャイルメディア ・ネットワーク がストップ高となったが、サイバーセキュリティクラウド 、アンジェス< 4563.T>は軟調に推移した。 ジャスダック指数は0.37...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上向いた5日線サポートで強い基調維持

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、上向いた5日線サポートで強い基調維持 日経平均・日足は「小陰線」。下ヒゲを伴うとともに寄り付きがほぼ「坊主」となるなど「カラカサ」 の形状で、依然として気迷いが強いことを示している。ただ、終値が上向いてきら5日移動平均線(2万2 280円63銭=19日現在)にサポートされる格好となり、強い基調を維持した印象だ。 気になるのは、16日の戻り高値(2万2624円14銭)を捉え切れなかったことだろう。これを上 回れば、2万3000円に再トライする絵づらとなるものの、届かずに下押してしまう場合、上値の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、テーマ性ある銘柄中心に循環物色

<15:10> 新興株市場はしっかり、テーマ性ある銘柄中心に循環物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸。市場からは「引き続きテ ーマ性のある銘柄を中心に循環物色が繰り広げられている。来週はIPOも控えているため、新興市場への 資金流入が続きそうだ」(国内証券)との指摘が出ていた。 マザーズ指数は0.97%高で取引を終了。サイバーセキュリティクラウド が大幅高となった ほか、ブランディングテクノロジー 、ITbookホールディングス などがストップ高だ ったが、アンジェス はさえない。 ジャスダック指数...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、過熱感はやや低下

日経平均・日足は「小陽線」。前日との組み合わせでは陰線を陽線が包む形となり、買いシグナルを示している。14連騰を映して主要な移動平均線はそれぞれ上向きの強気形状を維持している。短期のRSI(相対力指数)は引き続き買われ過ぎ圏内にある一方、25日移動平均線(2万0652円85銭=20日)との上方かい離率や騰落レシオ(東証1部、25日平均)は低下した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、中間決算本格化を前に大型株に関心シフト

新興株式市場は軟調だった。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。「来週から企業の中間決算の本格化を控えており、目先は大型株の決算に関心が向きやすい」(国内証券)との声が出ていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up