for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リログループ

8876.T

前日終値

2,504.00JPY

変化

-21.00(-0.83%)

出来高

1,038,700

本日のレンジ

2,499.00

 - 

2,578.00

52週レンジ

2,421.00

 - 

3,240.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,525.00
始値
2,525.00
出来高
1,038,700
3か月平均出来高
9.97
高値
2,578.00
安値
2,499.00
52週高値
3,240.00
52週安値
2,421.00
発行済株式数
149.31
時価総額
382,989.80
予想PER
25.71
配当利回り
1.04

次のエベント

Q2 2020 Relo Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Relo Group lowers conversion price for 2021 due euro-yen denominated convertible bonds to 3,315.9 yen per share

Relo Group to issue 2021 due euro-yen denominated convertible bonds with subscription warrants

Relo Group to buy 92.99 pct stake in US-based firm AIRINC for 2.13 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リログループとは

リログループ(旧名:リロ・ホールディング)は、同社を中心に、連結子会社30社および持分法適用関連会社5社により構成される。【事業内容】同社グループは、住宅分野とレジャー・ライフサポート分野の双方にまたがった企業福利厚生のアウトソーシングサービスを主力事業とし、その事業基盤を活かして賃貸管理事業やホテル運営事業なども展開している。国内事業は、借上社宅管理業務のフルアウトソーシングサービスリライアンス、物件検索等の転居支援サービスリロネットなど、企業の住宅に関する福利厚生のアウトソーシングサービスを総合的に提供している他、賃貸不動産の管理や仲介事業なども手掛けている。また、レジャー・ライフサポート分野において、「福利厚生倶楽部」に入会している顧客企業の従業員にレジャーや生活サポートなどの日常生活を豊かにするコンテンツを提供し、顧客企業の福利厚生制度をサポートしている他、提携企業の会員組織に対して顧客特典を提供する「クラブオフアライアンス」、福利厚生コンテンツの一部としてホテル運営や住まいの駆付けサービスなどを展開する。リロケーション・ジャパン、リロエステート、東都、ベスタスなどの会社を経由して事業を行っている。海外事業は、転勤者の留守宅を管理するリロケーションサービス、ビザの取得や海外引越の手配などを代行する海外赴任業務支援サービスに加えて、北米における赴任者向けサービスアパートメントの運営など、海外赴任や転勤において企業と従業員を支援するサービスを提供している。国内外でリロケーション・インターナショナル、REDAC, INC.などの会社を経由して事業を行っている。その他の事業は、ポイント制タイムシェアプログラム「ポイントバケーションリロ」の他、主力事業の基盤を活かし金融保険事業等を展開している。

業種

Real Estate Operations

連絡先

4-3-23, Shinjuku

+81.3.53128706

https://www.relo.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masanori Sasada

Chairman of the Board

Kenichi Nakamura

President, Representative Director

Takeshi Kawano

Chief Information Officer, Director

Yasushi Kadota

Senior Managing Director

Kenji Koshinaga

Managing Director

統計

2.43 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.2K

2018

0.2K

2019

0.3K

2020(E)

0.3K
EPS (JPY)

2017

61.470

2018

71.910

2019

87.200

2020(E)

97.406
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.49
株価純資産倍率(四半期)
7.42
株価キャッシュフロー倍率
25.17
総負債/総資本(四半期)
193.01
長期負債/資本(四半期)
77.14
投資利益率(過去12カ月)
14.34
自己資本利益率(過去12カ月)
7.62

最新ニュース

最新ニュース

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・泉州電業 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.48%に当たる1 5万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月6日から7月 31日。 ・リログループ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.16%に当たる 175万株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日か ら3月31日。 ・ユアテック 、自己保有株を除く発行済み株式総数の10.37%に当たる 825万株、取得総額69億9600万円を上限とする...

再送-〔アングル〕「働き方改革」が日本株の買い材料に、海外勢はサービス業に注目

日本の「働き方改革」を投資家も注目している。深刻化する人手不足を逆に好機として、労働時間短縮と業績改善の両立に期待が集まっている。特にサービス業は国際的にみて生産性が低いことから、改善余地が大きいとみる海外勢も多い。自動化や余暇消費、アウトソーシングの企業などへの物色も目立ってきた。

15日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

15日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・リログループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.6%にあたる9万 5500株、取得総額17億円を上限とする自社株買いを実施へ。3月16日午前8時4 5分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買 い付け価格は3月15日終値の1万7800円。 ・ギガプライズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.80%にあたる 1万株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月1日か ら9月30日。...

9日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

9日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西武ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.52%に あたる520万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2 月10日から3月24日。 ・テルモ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.03%にあたる1100 万株、取得総額500億円を上限とする自社株買いを実施へ。2月10日午前8時45分 の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買い付 け価格は2月9日終値の4020円。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up