for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ラ・アトレ

8885.T

現在値

1,004.00JPY

変化

-17.00(-1.67%)

出来高

68,700

本日のレンジ

990.00

 - 

1,039.00

52週レンジ

552.00

 - 

1,477.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,021.00
始値
1,014.00
出来高
68,700
3か月平均出来高
3.46
高値
1,039.00
安値
990.00
52週高値
1,477.00
52週安値
552.00
発行済株式数
5.27
時価総額
5,385.78
予想PER
--
配当利回り
4.90

次のエベント

L'attrait Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

L'attrait to sell Tokyo-based real estate unit

L'attrait sells Tokyo-based real estate property

L'attrait sells Tokyo-based property

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ラ・アトレとは

ラ・アトレの事業は、主に不動産販売事業、不動産管理事業及びその他事業の3つに大別する。【事業内容】不動産販売事業は、さらに新築不動産販売部門及び再生不動産販売部門の2部門に分けられる。新築不動産販売部門において行う業務は、新築マンション買取再販業務、デベロップメント業務、土地企画販売業務が中心になる。新築マンション買取再販業務は、他のデベロッパーが開発した物件について、立地、開発コンセプト、安全性、デザイン性、居住性、収益性などを検討した上で、同社が新築のまま買い取り販売するもので、近年「アウトレット・マンション」等と呼ばれるものである。デベロップメント業務の内容は、同社が土地を仕入れて、集合住宅並びに戸建住宅を開発、企画・設計、工事監理及び分譲するものである。同社は、土地の仕入れ、企画の立案、物件開発から販売までの全ての業務を行う。土地企画販売業務は、同社がデベロップメント業務において用地として検討する土地の中で、最終的に同社プロジェクト基準に達しなかったもの、比較的優良なものについて、同業他社に開発企画プランや一定の手続きを行ったうえで、土地と事業企画とをセットとして売却するプロジェクトである。再生不動産販売部門における業務は、戸別リノベーションマンション販売業務、1棟リノベーション分譲業務、インベストメントプロジェクト業務がある。戸別リノベーションマンション販売業務は、中古マンションを戸別に仕入れ、リニューアル(戸別リノベーション)するなどして販売するものであり、首都圏全域を対象地域とする。1棟リノベーション分譲業務は、企業所有の社員寮・社宅、首都圏の賃貸マンション等を対象として、建物1棟を購入する。不動産管理事業部門は、固定資産として保有する不動産の賃貸管理、販売用不動産として所有する転売前物件のテナント等の賃貸管理、オーナーから借り上げたマンションのサブリース、オーナーから管理委託を受けた賃貸管理代行に分かれる。その他事業として、損害保険の代理店業務、リフォーム業務、仲介業務等、他の事業から派生する事業等を行う。

連絡先

5F, Kokusai Hamamatsucho Bldg.

1-9-18, Kaigan

+81.3.54057300

http://www.lattrait.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Eiichi Wakita

President, Representative Director

Nobuya Jimi

Executive Officer, Director of Real Estate Revitalization Business, Director

Hiroshi Yao

Executive Officer, Director of Strategy Business, Director

Harushiro Hosokawa

Executive Officer, Director of Real Estate Development

Shinji Muto

Executive Officer, Director of Strategy Business

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
4.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.46
株価純資産倍率(四半期)
1.19
株価キャッシュフロー倍率
8.10
総負債/総資本(四半期)
366.27
長期負債/資本(四半期)
201.83
投資利益率(過去12カ月)
11.05
自己資本利益率(過去12カ月)
6.61

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強める

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強め る 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴うとともに寄り付きがほぼ「坊 主」となる「小陰線」。前日に続いて「コマ」の形状となる足を引き、 依然として気迷いが強い状況だ。5日移動平均線(2万3374円81 銭=11日現在)と25日移動平均線(2万3322円95銭=同)が 絡み合うなど、煮詰まり感を強めている。 翌日に上振れして11月26日に付けた年初来高値(2万3608 円06銭)に接近すると、チャートは「ペナントフラッグ」の色彩を色 濃くすることになりそうだ。煮詰まり具合から、上下...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は14日続伸 利益確定売りも

<15:22> ジャスダック指 数は14日続伸 利益確定売りも 新興株式市場はまちまち、日経ジャスダックは14日続伸し連日の 年初来高値更新、東証マザーズ指数は反落した。 きょう東証マザーズ市場に上場したマクアケ は公開価格を 74.83%上回る2710円で初値を形成し、2980円で引けた。 上場2日目のALiNKインターネット は公開価格の2.36 倍の4020円で初値を付け、その後も買われ4665円で取引を終え た。 市場からは「IPOや(セクターやテーマに関係ない)個別の銘柄 が幅広く物色された。ジャスダックは14日続伸ではあるものの...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、ジャスダックは13日続伸で連日の年初来高値更新

<16:08> 新興株式市場は堅調、ジャスダックは13日続伸で連日の年初来高値 更新 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は13日続伸し連日の年初来高値更新、東 証マザーズ指数も反発した。市場からは「今週は新規上場予定の銘柄が多数ある。また、 為替は安定しているものの、やや円高なので輸出関連株は買いにくい。新興株式市場への 資金流入が期待できる週」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではワークマン 、ラ・アトレ 、夢みつけ隊<2673. T>は上昇。ホロン 、日本マクドナルドホールディングス などは売られた 。 マザーズ市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up