for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グローム・ホールディングス株式会社

8938.T

現在値

844.00JPY

変化

57.00(+7.24%)

出来高

20,300

本日のレンジ

802.00

 - 

844.00

52週レンジ

700.00

 - 

1,295.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
787.00
始値
817.00
出来高
20,300
3か月平均出来高
0.22
高値
844.00
安値
802.00
52週高値
1,295.00
52週安値
700.00
発行済株式数
9.05
時価総額
6,788.25
予想PER
--
配当利回り
0.80

次のエベント

Dividend For 8938.T - 2.0000 JPY

適時開示

その他

LC Holdings to repurchase up to 20.95 pct shares

LC Holdings says change of president

LC Holdings Inc unit to acquire Saitama-based property

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グローム・ホールディングス株式会社とは

グローム・ホールディングス(旧名:LCホールディングス)は、東京都多摩北部・西部地域、埼玉県南部地域を中心に不動産賃貸関連事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントで構成される。不動産賃貸関連事業は、不動産賃貸業務、仲介業務、プロパティマネジメント業務等に関連する事業を行う。不動産ファンド事業は、アセットマネジメント業務、ファンドのアレジメント業務等に関連する事業を行う。病院関連事業は、病院の経営支援及び再生に関連する事業を行う。特別目的会社(SPC)関連事業は、SPCが保有する不動産の管理、運用及び売却に関連する事業を行う。また、クラウドファンディング事業等も行う。

業種

Real Estate Operations

連絡先

31F, Ark Mori Bldg., 1-12-32, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.55458101

https://glome-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hitoshi Miyashita

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Kazuhisa Hashimoto

Director

Kimiaki Yamaguchi

Director

Qing He

Independent Director

Zhuliang Xu

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
30.71
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.84
株価純資産倍率(四半期)
0.88
株価キャッシュフロー倍率
19.73
総負債/総資本(四半期)
3.94
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
2.96
自己資本利益率(過去12カ月)
2.72

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上ヒゲが25日移動平均線に接近

<15:54> 日経平均・日足は「小陽線」、上ヒゲが25日移動平均線に接近   日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となり、買い方の強さを表してい る。終値は2万6871円27銭。ローソク足の上ヒゲが25日移動平均線(2万697 1円97銭=27日)に接近しており、今後、上抜けられるかが焦点となりそうだ。 5日移動平均線(2万6386円07銭=同)は急カーブを伴った上昇基調となって おり、買いサインを示す形状となっている。 <15:33> 新興株市場はマザーズが3日続伸、IPO銘柄で物色活発 新興株市場は、マザーズ総合が前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが3日続伸、IPO銘柄で物色活発

<15:33> 新興株市場はマザーズが3日続伸、IPO銘柄で物色活発 新興株市場は、マザーズ総合が前営業日比0.36%高の674.10ポイントと3 日続伸した。米国の金融引き締め加速への過度な警戒感が和らいだことで、投資家心理が 改善し、新興株市場でも新規IPO銘柄を中心に物色が活発になった。 個別では、ビートレンド、サークレイス、フィーチャなど がしっかり。半面、グローム・ホールディングス、ステラファーマ、坪 田ラボなどは軟調に推移した。 きょうグロース市場に新規上場したイーディーピーは、公開価格を64%上 回る8200円で初値を付けた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線上回り上昇うかがう

<16:12> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線上回り上昇うかがう 日経平均・日足は実体部分が小さい「小陽線」となった。ほぼコマの形状だが、上ヒ ゲより下ヒゲが長く、底堅さをうかがわせる。このところ上値を抑えていた75日移動平 均線(MA、2万9101円04銭=14日)を終値で上回った。25営業日前が5月の 急落局面に接近し25日MAの上向きも視野に入り、地合いの好転も意識されそうだ。 <15:35> 新興市場はマザーズが6日続伸、ジャスダックは反発 新興株市場では、東証マザーズ指数が6日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した 。市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが6日続伸、ジャスダックは反発

<15:35> 新興市場はマザーズが6日続伸、ジャスダックは反発 新興株市場では、東証マザーズ指数が6日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した 。市場では「大型株の手掛かりに乏しい中で、個人投資家の物色が向かった」(国内証券 )との声が聞かれた。 マザーズ指数は前営業日比1.38%高。好決算が好感されたイトクロ が一 時ストップ高となったほか、Macbee Planet がストップ高比例配分 となった。一方、アールプランナー 、アスカネット などは売り優勢の展 開となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.48%高。第2・四半期の営業利益...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、マド下限に到達し戻りの正念場に

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、マド下限に到達し戻りの正念場に 日経平均・日足は下ヒゲ伴う大引けが「坊主」に近い「小陽線」。上値の目安として 意識されている1月27日と28日に空けたマド(2万8360円48銭─2万8542 円00銭)の下限値に到達し、ここからが戻りの正念場となりそうだ。マドを埋め切るよ うであれば、上値に対する期待が膨らむ一方、再び下押しすれば調整が長引くことになり そうだ。 当面は、このマドとの位置関係のほか、25日移動平均線(2万8022円74銭= 2日現在)が支持線として機能するか否かが注目される。この...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、好業績銘柄に対する関心高まる

<15:10> 新興株市場はしっかり、好業績銘柄に対する関心高まる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸した。 市場では「値幅取りの動きのほかに、1部市場と同様、好業績銘柄に対する関心が高まっ ている」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.82%高。個別では、ニッポン高度紙工業 、シンバイオ製薬 などが続騰したほか、ジオマテック も堅調。 半面、沢田ホールディングス がストップ安比例配分となったほか、ウエストホー ルディングス が軟調だった。 マザーズ指数は、前営業日比1...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、終値は25日線を上回る

<16:05> 日経平均・日足は「大陽線」、終値は25日線を上回る 日経平均・日足はごく短い上ヒゲを伴う「大陽線」。寄り付きの日経平均は小幅安となったものの、そ の後すぐに切り返しプラス圏に浮上、陽の寄り付き坊主となった。終値(2万8091円05銭=1日)は 25日移動平均線(2万7954円98銭=同)を上回る半面、5日移動平均線(2万8226円65銭= 同)は下回っており、上値追いには慎重だが底堅い展開が予想される。当面は2万8000円台での値固め の動きが継続しそうだ。 <15:50> 新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買われる

<15:50> 新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買わ れる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。大幅反発となった 日経平均に連れ高の展開となり、時価総額上位銘柄を中心に買い戻しが優勢となった。そのほか、ニッポン 高度紙工業 などの好決算や通期業績予想の上方修正を発表した銘柄も買われた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.50%高。個別では、シンバイオ製薬 、ニッポン高 度紙工業、ウエストホールディングス がしっかり。半面、ジオマテック 、グロームHL DG 、東洋合成工業 はさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維持

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維 持 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。前営業日に引いた「大陰線」 で感じさせた不安を後退させる格好となり、75日移動平均線(2万3127円56銭= 2日現在)を回復し、中長期的な上昇波動を維持したとの印象を与えた。 ただ、終値が25日移動平均線(2万3301円77銭=同)に、わずかながらでは あるが届かなかったことが、上値の重さを感じさせるところ。6月以降の4回の調整局面 では「大陰線」がダメ押しとなって反転した経緯があるだけに、今回も同様のパターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配

<15:30> 新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落し た。市場では「1部市場は急反発したものの、新興株はこれまでの下げによる亀裂が大き いことから、調整ムードが支配している」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.10%安。テクノホライゾン 、アク モス がストップ安となったほか、出前館 も軟調。半面、グロームHLD G がストップ高、テラ が大幅上昇した。 マザーズ指数は前営業日比1.35%安。直近IPOのカラダノート...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up