for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ASIAN STAR

8946.T

現在値

81.00JPY

変化

-3.00(-3.57%)

出来高

153,800

本日のレンジ

81.00

 - 

85.00

52週レンジ

81.00

 - 

116.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
84.00
始値
84.00
出来高
153,800
3か月平均出来高
8.05
高値
85.00
安値
81.00
52週高値
116.00
52週安値
81.00
発行済株式数
19.23
時価総額
1,621.89
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 8946.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Asian Star to set up investment unit

Asian Star to acquire Tokyo-based property

Asian Star to sell Tokyo-based real estate property

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ASIAN STARとは

ASIAN STARグループは、不動産販売、不動産管理を主たる業務とする。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。不動産販売事業は、新築戸建て、土地及び一棟売りを含む収益マンションの販売を行う。連結子会社を通して、収益マンション、居住用マンションの販売を行う。不動産管理事業は、賃貸管理業務を受託し、管理物件の入居者が退去する際には原状回復工事やバリューアップを目的としたリフォーム工事を受注する。不動産賃貸事業は、マンション、事務所及び駐車場等を所有又は賃借し、これらを賃貸又は転貸する。不動産仲介事業は、連結子会社とともに不動産売買及び不動産賃貸借に係る仲介事業を行う。

業種

Construction Services

連絡先

8F, Nissan Yokohama Bldg.

2-6-32, Takashima, Nishi-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-0011

Japan

+81.45.3242444

http://www.asian.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Wenwei Wu

Chairman of the Board

Shinobu Tanaka

Senior Managing Director

Ping Zhang

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.61
株価純資産倍率(四半期)
0.96
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
30.82
長期負債/資本(四半期)
23.30
投資利益率(過去12カ月)
-4.54
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.48

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇基調 5日線上回る

<15:59> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇基調 5日線上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。1日に下抜けた5日移動線(2万2969円41銭= 5日)を再び上回り、調整は短期間で終わったとの見方も出ている。25日移動平均線(2万2235円3 8銭=同)、75日移動平均線(2万1521円65銭=同)、200日移動平均線(2万1365円52 銭=同)はいずれも右肩上がりで、中期的な上昇トレンドの維持を示唆している。 年初来高値を更新し、水準的に高値警戒感も出やすいが、「トレンドが上向きで中長期の海外投資家の 買いが入ってくる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は上昇、中小型は出遅れとの指摘も

<15:11> 新興株市場は上昇、中小型は出遅れとの指摘も  新興株市場で、日経ジャスダック平均が3日続伸、東証マザーズ指数は小幅上昇となった。上昇したも のの、「動きのいい東証1部の大型株の方に資金が流れ、中小型株は出遅れている。マザーズ指数も900 ポイントを上抜けると動きが良くなりそうだ」(ストラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場では、セルソース がストップ高比例配分、Sansan が大幅反発。B ASE が大幅続伸。一方、EduLab がストップ安比例配分。ジャパンインベストメン トアドバイザー は軟調。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、調整局面入りも強い基調変わらず

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、調整局面入りも強い基調変わらず 日経平均・日足は、短いヒゲを伴う「中陽線」。新たにマド(2万2852円72銭─2万2875円 50銭)を空けて下押したほか、このところサポートラインとして意識されていた5日移動平均線(2万2 892円47銭=1日)を下回り、目先的に調整局面に入ったとの印象を与えている。ただ、今回の足は「 陽」の実体部分が長い上に、大引けがほぼ「坊主」で強めの足となり、強い基調に変化はみられない。 5日線を下回り調整色を強めた格好だが、一目均衡表の転換線(2万2733円16銭=1...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はもみあい、先駆した銘柄に利食い急ぐ

<15:15> 新興株市場はもみあい、先駆した銘柄に利食い急ぐ 新興株市場はもみあい。日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は前日比変わらずで終了し た。市場では「引き続き循環物色が繰り広げられる中、先駆した銘柄に利食いを急ぐ動きが見られる」(国 内証券)との指摘もある。 この日、マザーズ市場に新規上場したダブルエー は、公開価格4690円を0.21%下回る 4680円で初値を付け、その後、売りに押される展開になった。 個別銘柄では、VALUENEX がストップ高となったほか、UMNファーマ 、テク ノホライゾン・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線がサポート

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。下値を切り上げたものの、29日の直近高値(2万3 008円43銭)に届かず、慎重な様子がうかがえる。実際、今回引いた足は実体部分が短い「コマ」に準 じるもので、単独では気迷いがあることを示した。ただ、5日移動平均線(2万2882円27銭=31日 )にサポートされ、強い基調に変化は見られない。 上値の重さを若干感じさせながらも、依然としてオシレーター系指標などで高値警戒感が残っており、 目先的に休養しても不思議ではないだろう。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、マザーズ上場銘柄に「見直し買い余地」との声

<15:17> 新興株市場は反発、マザーズ上場銘柄に「見直し買い余地」との声  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。「きょうの新興株市場は 可もなく不可もなく、という相場だった。連日年初来高値を更新したジャスダック平均に比べ、マザーズ指 数の出遅れが目立つが、個人投資家の体感温度はまだ温まっていない分、マザース上場銘柄には見直し買い が入る余地もある」(ネット系証券)との声が聞かれた。 個別銘柄では、ASIAN STAR 、ログリー 、UMNファーマ などがス トップ高比例配分。オンキヨー 、クレオ も...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足は上ヒゲ、下ヒゲがと長く実体が短い形状。投資家の気迷い 心理を表している。10日移動平均線(2万1537円14銭=9日)は下支えとして意識されるが、終値 は2営業日連続で200日移動平均線線(2万1601円25銭=同)を下回っており、2万1500円─ 2万1800を中心にしたレンジから下放れする可能性も指摘されている。 <15:05> 新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も

<15:05> 新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。「長続きは しないものの、個別の中小型株には物色されているものもある。為替変動に関係のない銘柄も多く、東証1 部の大型株に比べれば手掛けやすい」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、シェアリングテクノロジー 、JIG─SAW が大幅安。Nuts<761 2.T>、ASIAN STAR 、エヌエフ回路設計ブロック なども売られた。半面、アクセ ルマーク がストップ高比例配分。SAMURAI&J PARTNERS...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:31> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足は上ひげがほとんどなく、投資家の失望感を表している。5 日移動平均線(2万1675円12銭=8日)が上値抵抗線となった。一方、下値は10日移動平均線(2 万1500円01銭=同)で支持された。 当面の上値は5月7日と8日に空けたマド上限値(2万1875円11銭)がめどとなる。マド埋めを 完了すれば2万2000円奪回も視野に入るが、そのためには売買代金が膨らむ必要がある。 <15:09> 新興株市場はまちまち、マザース指数は3日ぶり...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザース指数は3日ぶり反落

<15:09> 新興株市場はまちまち、マザース指数は3日ぶり反落 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は横ばい、東証マザーズ指数は3日ぶり反落した。市場 からは「直近IPO銘柄をみると高い銘柄と安い銘柄がだいたい半々。気迷いムードが強く、商いができる ものが物色されている」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄では、SAMURAI&J PARTN ERS がストップ高比例配分。半面、JIG─SAW はストップ安比例配分。アクセルマ ーク 、ASIAN STAR 、オンキヨー なども売られた。 東証マザーズ上場2日目のフィードフォース...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up