for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

京成電鉄株式会社

9009.T

現在値

5,713.00JPY

変化

157.00(+2.83%)

出来高

1,006,700

本日のレンジ

5,471.00

 - 

5,717.00

52週レンジ

3,390.00

 - 

5,717.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,556.00
始値
5,509.00
出来高
1,006,700
3か月平均出来高
12.51
高値
5,717.00
安値
5,471.00
52週高値
5,717.00
52週安値
3,390.00
発行済株式数
167.48
時価総額
957,916.60
予想PER
28.50
配当利回り
0.36

次のエベント

Keisei Electric Railway Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Keisei Electric Railway Co Ltd - To Buy Back Up To 1.09% Of Shares Worth 7.34 Billion Yen

Keisei Electric Railway Co: To Buy Back Up To 2.93% Own Shares Worth 18 Billion Yen

Keisei Electric Railway to issue unsecured corporate bonds worth 20 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

京成電鉄株式会社とは

京成電鉄グループは運輸業、流通業、不動産業、レジャー・サービス業、建設業及び他の事業を運営する日本会社である。【事業内容】同社は6つの事業を運営する。運輸事業は鉄道事業、バス事業及びタクシー事業を行う。流通事業はストア業、百貨店業、園芸植物卸売業、ショッピングセンター業を行う。不動産事業は不動産販売・賃貸・管理を行う。レジャー・サービス事業はテーマパーク事業、飲食・映画業、ホテル業、広告代理業、旅行業、清掃業を行う。建設事業は建設業を行う。その他の事業は鉄道車両整備業、自動車車体製造業、自動車教習所の経営等を行う。

業種

Misc. Transportation

連絡先

3-3-1, Yawata

ICHIKAWA-SHI, CHB

272-8510

Japan

+81.47.7127000

https://www.keisei.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshiya Kobayashi

President, Executive President, Representative Director

Takao Amano

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Development, Representative Director

Shokichi Kaneko

Managing Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Tsuguo Tanaka

Managing Executive Officer, Chief Director of Railway, President of Subsidiary, Director

Hideki Mochinaga

Executive Officer, Deputy Chief Director of Railway, Director of Safety Promotion in Main Railway Promotion Unit, Director

統計

3.00 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2021

0.2K

2022

0.2K

2023

0.3K

2024(E)

0.3K
EPS (JPY)

2021

-179.650

2022

-26.333

2023

161.720

2024(E)

191.903
株価売上高倍率(過去12カ月)
34.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.80
株価純資産倍率(四半期)
2.36
株価キャッシュフロー倍率
16.08
総負債/総資本(四半期)
91.11
長期負債/資本(四半期)
70.61
投資利益率(過去12カ月)
3.73
自己資本利益率(過去12カ月)
3.00

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は9日ぶり反落、連騰後の利益確定売り優勢 保険株は堅調

東京株式市場で日経平均は、前営業日比52円07銭安の2万8606円76銭と、9日ぶりに反落して取引を終えた。前日までに8連騰していたこともあり、利益確定目的の売りが優勢となった。米国株の動意に乏しく手掛かりを欠く中、相場に目立った方向感はみられなかったが、保険株は堅調に推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線は回復せず

<15:44> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線は回復せず 日経平均・日足は、上下ともに短いヒゲを伴う「小陽線」。値動きは小幅にとどまり 、相場の気迷いを暗示している。終値は2万7842円33銭だった。 5日移動平均線(2万7778円01銭=12日)は維持したが、25日線(2万7 929円55銭=同)は回復しなかった。はらみ線となり、短期調整も警戒される。 今日の取引では10日線(2万7871円13銭=同)が上値抵抗線として意識され 、同水準付近で上値が重くなった。目先は、同水準を上抜けられるかが注目されそうだ。 <15:10> 新興株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反落、様子見ムードで小動き

<15:10> 新興株はマザーズが小反落、様子見ムードで小動き 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.47%安の783.33ポイントと 小幅に反落した。東証グロース市場指数は同0.50%安の992.97ポイントだった 。米消費者物価指数(CPI)の公表や米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子 見ムードが広がり、小動きの展開が続いた。 個別では、Aiming、スパイダープラス、坪田ラボが 軟調に推移した。 半面、バンク・オブ・イノベーション、ANYCOLORが堅調。 Sun Asteriskは10%高と急反発した。同社は9日、...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、米イベントを前に戻り鈍い

<14:10>  後場の日経平均は下げ幅縮小、米イベントを前に戻り鈍い 後場の日経平均は、前引けの時点より下げ幅を縮小し前営業日比約50円安の2万7 800円台半ばで推移している。ただ、米国で重要イベントを控えていることから、前場 に続き投資家の様子見ムードは強く、戻りも鈍い。 SBI証券の浅井一郎シニアストラテジストは「後場も動きづらい展開が続くだろう 。材料がないことに加え、あす以降の米国の重要イベントを見極めたい投資家心理が働い ている」と話した。「為替が若干円安に振れていることはプラス材料」という。 個別では、レーザーテックが4...

午前の日経平均は反落、半導体安い 米イベント控え様子見も

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比79円89銭安の2万7821円12銭と反落した。前週末の米国市場で金融引き締めの長期化懸念から株安となったことが嫌気され、日本株も軟調な展開となった。半導体関連の下落が目立ち、指数を押し下げた。

〔マーケットアイ〕株式:下げ幅縮小、半導体株安が重し 輸出関連の一角は底堅い

<10:40> 下げ幅縮小、半導体株安が重し 輸出関連の一角は底堅い 日経平均は徐々に下げ幅を縮小し、前営業日比で70円ほど安い2万7800円台前 半での小幅な動きとなっている。 市場関係者によると「金利の先高観が意識されており、ハイテク関連、高PER(株 価収益率)の下落が日経平均の重しとなっている」(国内証券のストラテジスト)という 。 値がさの東京エレクトロンやファーストリテイリングへの売りが相 場の押し下げにつながっており、ソフトバンクグループとアドバンテスト<6857. T>も軟調で、4銘柄で約50円、指数を押し下げている。...

日経平均は反落スタート、米引き締め長期化への懸念が重し

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比159円91銭安の2万7741円10銭と、反落してスタートした。前週末の米国市場で、物価指標や景気指標が市場予想を上回ったことで金融引き締め長期化への懸念から株安となったことを嫌気し、売りが先行した。その後は下げ渋っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ワキタが買い優勢 トビラシステムズは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、ワキタが買い優勢 トビラシステムズは売り優勢   東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ワキタ 26% 1,47 1,47 1,47 1,17 0 0 0 0 2 東プレ 26% 1,46 1,46 1,46 1,16 9 8 9 9 3 T&D HLDG 25% 2,02 2,02 2,02 1,62 3 3 3 3 4 高砂熱学工業 23% 2,14 2,14 2,14 1,74...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目の転換線が上値抑える

<15:44> 日経平均・日足は「小陽線」、一目の転換線が上値抑える 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万6396円83銭。日足・一目均 衡表の転換線(2万6510円57銭=同)で上値を抑えられ、5日移動平均線(2万6 869円20銭=12日)に距離を残した。MACDはデッドクロス目前となっており、 下方向では4日に開けた窓(3日高値:2万6223円84銭)埋めが引き続き意識され そうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.46%安の713.58ポイントと、3日続落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し

<15:10> 新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.46%安の713.58ポイントと、3日続落 した。米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落し、重しになった。一方、 時間外取引の米株先物は堅調に推移し、投資家心理の支えになった。東証グロース市場指 数は前営業日比0.47%安の907.23ポイントだった。 ステムリムやJTOWERが大幅安。ウェルスナビは年初 来安値を更新した。一方、ANYCOLORやメドレーが大幅高。フリ ーは堅調だった。 <13:05> 後場の日経平均はもみ合...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、米株先物堅調が下支えに

<13:05> 後場の日経平均はもみ合い、米株先物堅調が下支えに 後場の日経平均はもみ合い。再び前日比プラスに浮上する場面もあるなど、前日終値 の水準を挟んでの往来相場となっている。上値では売られ下値では買いが入るといった動 きを繰り返しており、方向性を欠く状態には前場から変化がない。 市場では「米消費者物価指数(CPI)発表前の米株の動きが気になるが、現時点で は時間外取引で主要3指数の先物が堅調に推移しており、日本株の下支え要因にもなって いる」(国内証券・ストラテジスト)との声も聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は続落、方向性感...

午前の日経平均は続落、方向性感じられず小幅安でもみ合い

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比37円00銭安の2万6364円25銭と続落した。前日の米国株式市場でS&P総合500種とナスダック総合が下落した流れで売り優勢で始まったものの、方向性が感じられない動きとなった。一時的にプラスとなった後は小幅安の水準でもみ合いが続いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、徐々に模様眺めムードが広がる

<10:50> 日経平均はもみ合い、徐々に模様眺めムードが広がる 日経平均はもみ合い。一時的にプラスに浮上したものの再び小幅安の水準まで値を消 し、2万6300円台後半での動きとなっている。方向性が感じられず、徐々に模様眺め ムードが広がっている。 市場では「当面の関心事は13日の米消費者物価指数(CPI)の発表。これまで波 乱を生じさせた経緯があるイベントだけに、見極めたいとする投資家が多いようだ」(国 内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 <10:01> 日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり 日経平均はプラス圏に浮上し、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり

<10:01> 日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり 日経平均はプラス圏に浮上し、前営業日比約50円高の2万6400円台半ばで推移 している。全体的には弱い地合いの中、内需株がしっかりした値動き。個別では、朝方軟 調に推移していたソフトバンクグループがプラス転換し相場を支えているほか、 ファーストリテイリングも底堅い。 一方、市場関係者からは「債券市場が不安定で金利の高止まりが続く中、主要中銀の 金融引き締めへの警戒感は根強い」(国内証券・マーケットアナリスト)という。特に、 金利上昇に敏感で、需要の減退が見込まれる半導体関連株は...

寄り付きの日経平均は3日続落、半導体関連株に売り継続

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比48円03銭安の2万6353円22銭と、3日続落してスタートした。いったんプラス転換したものの、再びマイナス圏に沈んでいる。半導体関連株が引き続き軟調で、個別では東京エレクトロンが1.6%安、アドバンテストが1.2%安で推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オーバルは買い優勢 ヨータイは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、オーバルは買い優勢 ヨータイは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オーバル 13% 496 495 496 437 2 ディア・ライフ 11% 599 598 599 538 3 エーアイテイー 8% 1,55 1,55 1,55 1,43 5 4 5 3 4 萩原電気HLDG 8% 2,25 2,25 2,25 2,09 9 9 9 3 5 テスHLDG 8% 1,01...

27日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

27日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・京成電鉄 、子会社の新京成電鉄から、相対取引で、自己保有株を除く発行 済株式総数の1.09%にあたる185万8500株、取得総額73億4107万500 0円を上限とする自社株買いを実施へ。取得は9月27日。 ・TSON 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.3%にあたる2万株、 取得総額1020万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月28日午前8時45分の東 証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買い付け価 格は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7313円13銭で約2カ月ぶり 安値。支持線とみられた75日移動平均線(2万7514円83銭=21日)や200日 線(2万7395円88銭=同)を終値で下回った。200日線をこのまま割り込んだ場 合、調整が長期化する恐れがあり、7月20日に開けた窓(7月19日高値は2万704 3円58銭)埋めが意識されそうだ。 <15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し

<15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43%安の710.26ポイントと、大幅に3 日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比2.43%安の903.03ポイント。 米長期金利が上昇基調にある上、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を日本時 間の明日未明に控え、投資家の慎重姿勢が強まった。 フリーが大幅安となり、年初来安値を更新した。JTOWERやビ ジョナル、ANYCOLORも大幅安だった。一方、BuySell  Techは大幅高。インバウンドテックはストップ高で年初来高値...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声

<13:10> 後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声 後場に入り日経平均は軟調に推移し、前営業日比約350円安の2万7300円台半 ばとなっている。前場引けに比べて下げ幅を縮小しているものの、全体的に弱い地合いが 続いている。米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、明日の日銀の金融政策決定会合 などイベントを控え、「買い手不在の中、さえない展開となっている」(国内運用会社) との声が聞かれる。 主力株が前場に引き続き軟調に推移し、市場では、イベント前の調整に加えて「国内 でも消費者物価の上昇がみられる中、この先消費が冷...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up