for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士急行株式会社

9010.T

現在値

4,360.00JPY

変化

175.00(+4.18%)

出来高

164,000

本日のレンジ

4,175.00

 - 

4,370.00

52週レンジ

3,650.00

 - 

5,110.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,185.00
始値
4,255.00
出来高
164,000
3か月平均出来高
1.51
高値
4,370.00
安値
4,175.00
52週高値
5,110.00
52週安値
3,650.00
発行済株式数
53.10
時価総額
229,692.60
予想PER
111.50
配当利回り
0.24

次のエベント

Q2 2023 Fuji Kyuko Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Fuji Kyuko Co Ltd: Booked Special Loss Of 169.37 Million Yen Related To Removal Of Old Amusement Park Equipment

FUJI KYUKO raises year-end dividend forecast for FY 2016

FUJI KYUKO expects extraordinary loss for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士急行株式会社とは

富士急行グループは、主に運輸、不動産、レジャー・サービスなどに関係する事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通して運営する。運輸業は、鉄道、バス、ハイヤー・タクシー、船舶運送及び索道事業を行う。不動産業は不動産の売買・仲介斡旋、不動産賃貸及び別荘地管理事業を行う。レジャー・サービス業は、遊園地、ホテル、スキー場、ゴルフ場、アウトドア、飲食・物販及び旅行事業を行う。その他事業においては流通(百貨店業)、建設業に加え情報処理サービスやミネラルウォーター製造販売等の事業を行い、特に建設業の富士急建設はグループ各施設の建設や修繕等も行う。

業種

Recreational Activities

連絡先

5-2-1, Shin-Nishihara

FUJIYOSHIDA-SHI, YMN

403-0017

Japan

+81.55.5227112

https://www.fujikyu.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Koichiro Horiuchi

President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Masanori Hirose

Managing Director, Managing Executive Officer, Director of General Affairs, Manager of Audit Office

Yuji Maki

Executive Officer, Director of Sales

Mika Aikawa

Executive Officer, Director of Business Administration, Director

Hiroki Noda

Executive Officer, Manager of President Office, Director

統計

2.33 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

29.790

2021

-52.467

2022

7.089

2023(E)

27.943
株価売上高倍率(過去12カ月)
370.78
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.25
株価純資産倍率(四半期)
9.65
株価キャッシュフロー倍率
35.70
総負債/総資本(四半期)
271.68
長期負債/資本(四半期)
220.90
投資利益率(過去12カ月)
0.78
自己資本利益率(過去12カ月)
0.62

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防視野

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防 視野 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7567円65銭円。75日移動 平均線(2万7517円15銭=16日)がサポートとして機能した。一方、パラボリッ クが6営業日ぶりに陰転し、売りシグナルが点灯。日足・一目均衡表では雲の中に入った 。下押しが警戒され、200日移動平均線(2万7412円12銭=同)を巡る攻防も視 野に入ってきた。 <15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず

<15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の736.78ポイントと反落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.91%安の936.74ポイントだった。前日の米 国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落したほか、時間外取引の米株先物が 軟調に推移し、投資家心理の重しになった。 ビジョナルやフリーが大幅安だったほか、Appier Grou pも軟調だった。一方、ANYCOLORが年初来高値を更新。サンバ イオやM&A総合研究所は大幅高だった。 新規上場のeWeLL...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く

<13:45> 日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く 日経平均は前日比で300円程度安い水準での小動きを続けている。後場の値幅は5 0円程度にとどまり「3連休を控えた手控えムードが強まっている」(国内証券)という 。 時間外取引の米株先物やアジア株の軟調な値動きは投資家心理の重しになっている。 日経平均は、東京エレクトロン<8035.Tやファーストリテイリング、アドバンテ ストなどの下げが重しとなり、3銘柄で指数を115円ほど押し下げている。 TOPIXグロース指数は0.9%安、同バリュー指数は0.3%安で、グロース株 の下げが目立...

午前の日経平均は反落、米株安受け高PER銘柄中心に売り優勢

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比301円銭安の2万7574円58銭と、反落した。前日の米国株式市場が安かったことを受け、高PER銘柄を中心に売り優勢となった。明日からの3連休控えで徐々に見送りムードが広がっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下値模索、じり安歩調 米ナスダック安を警戒

<10:30> 日経平均は下値模索、じり安歩調 米ナスダック安を警戒 日経平均は下値を模索する展開。2万7500円台で推移し、一気に下げる雰囲気は 感じられないものの、徐々に下値を切り下げじり安歩調となっている。市場では「時間外 取引で米ナスダック先物が下落し、このままだと原指数が直近安値を割り込む可能性が高 くなる」(国内証券)との声が聞かれ、ナスダック安を警戒するムードが強い。 物色面では、半導体関連をはじめハイテク株が総じて軟調。高PER銘柄の苦戦が続 いているという。一方、米国の金融引き締め懸念を逆手に取って、銀行株は買い優勢で...

寄り付きの日経平均は反落、米国株式の下げを受け売り優勢

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比244円52銭安の2万7631円39銭と、反落してスタート。前日に米国株式市場が下落したことを受けて、売り優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、M&Aキャピタルは買い優勢 パーソルは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、M&Aキャピタルは買い優勢 パーソルは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気 終値 率 配 配 1 M&Aキャピタルパートナーズ <608 21% 4,100 4,100 4,100 3,400 0.T> 2 伊予銀行 15% 758 757 758 658 3 東京計器 15% 1,400 1,399 1,400 1,219 4 長谷川香料 13% 3,428 3,425 3,430 3,035...

ホットストック:京急・京阪HDなど年初来安値、電鉄株はコロナショック以降明暗分かれる

電鉄株がさえない。京浜急行電鉄、京阪ホールディングス、近鉄グループホールディングス、東武鉄道、名古屋鉄道は軒並み年初来安値を更新。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用が10都府県に拡大したことなどが嫌気されている。

情報BOX:イベント中止や休館を発表した主な日本企業・団体

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、イベントの中止や休館、対策などを発表した主な企業、団体は以下の通り。

今週の日本株は強もちあい、引き続き米中協議関連の行方を注視

今週の東京株式市場は、強もちあいが想定されている。米国株式市場が最高値を更新し堅調に推移する中で、売る材料が見当たらない。ただ、依然として米中通商協議に対する不安が残っている。国内外で相場を動かすような重要経済指標がなく、国内企業の決算発表も一巡したため、引き続き米中協議が注視されそうだ。

来週の日本株は材料難、米中協議関連のニュースに振れやすい

来週の東京株式市場は、米中通商協議の動向をにらみながら方向感を探るとみられている。国内外で相場を動かすような重要経済指標がなく、国内企業の決算発表も一巡している。米中協議に絡むヘッドラインで上下に振れる展開となりそうだ。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=18日

0.62%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 エニグモ 24.67 02 シーイーシー 24.74 03 ネオジャパン 25.21 04 メンバーズ 26.26 05 ラクスル 26.63 06 中国工業 27.26 07 シーアールイー 27.67 08 理想科学工業 29.15 09 Ubicom HLDG 29.22 10 ファインデックス 29.41 11 ポールトゥウィン・ピットク 29.57 ルー 12 イントラスト 29.64 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up