for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東日本旅客鉄道株式会社

9020.T

現在値

7,450.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

5,446.00

 - 

8,881.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,450.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
30.06
高値
--
安値
--
52週高値
8,881.00
52週安値
5,446.00
発行済株式数
377.24
時価総額
2,815,597.00
予想PER
-6.74
配当利回り
1.78

次のエベント

Full Year 2021 East Japan Railway Co Earnings Release

適時開示

その他

East Japan Railway To Lift Key Parts Of Holding Yard For Bullet Trains- Nikkei

East Japan Railway Faces Repair Bill If Flood-Damaged Bullet Trains Need To Be Replaced - Nikkei

East Japan Railway Co Says To Buy Back Up To 1.31 Percent Of Own Shares Worth 40 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東日本旅客鉄道株式会社とは

東日本旅客鉄道グループは、主に運輸事業、流通・サービス事業及び不動産・ホテル事業等を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。運輸事業は、鉄道事業を中心とした旅客運送事業のほか、旅行業、清掃整備業、駅業務運営業、設備保守業、鉄道車両製造事業及び鉄道車両メンテナンス事業等を行う。流通・サービス事業は、小売・飲食業、卸売業、貨物自動車運送事業及び広告代理業等の生活サービス事業を行う。不動産・ホテル事業は、ショッピングセンターの運営事業、オフィスビル等の貸付業及びホテル業等の生活サービス事業を行う。また、クレジットカード事業及び情報処理業等も行う。

業種

Railroads

連絡先

2-2-2, Yoyogi

SHIBUYA-KU, TKY

151-8578

Japan

+81.3.53341111

https://www.jreast.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tetsuro Tomita

Chairman of the Board

Yuji Fukasawa

President, Representative Director

Tadao Maekawa

Vice President, Chief Director of Railway Business, Representative Director

Fumihisa Nishino

Vice President, Representative Director

Ryoji Akaishi

Managing Director, Director of General Affairs & Legal Strategy

統計

2.75 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

3.0K

2019

3.0K

2020

2.9K

2021(E)

1.9K
EPS (JPY)

2018

749.200

2019

773.260

2020

524.910

2021(E)

-1,106.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.42
株価純資産倍率(四半期)
1.00
株価キャッシュフロー倍率
79.73
総負債/総資本(四半期)
135.05
長期負債/資本(四半期)
119.85
投資利益率(過去12カ月)
-4.95
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.05

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:鉄道株がしっかり、関西・中部での緊急事態宣言解除要請を好感

鉄道株がしっかり。西日本旅客鉄道(JR西)は2.4%高、東海旅客鉄道(JR東海)は1.7%高、東日本旅客鉄道(JR東)は1.7%高で推移している。大阪、兵庫、京都の関西3府県と愛知県の各知事が、政府に対し今月28日をめどに緊急事態宣言を解除するよう要請したことが材料視されている。

JAL・ANAが臨時便と座席増加、地震で東北新幹線一部運休

13日夜に発生した東北地方での地震を受け、日本航空(JAL)とANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は14日から15日にかけて、東北地方の空港を発着する区間で臨時便の運航や機材の大型化を決めた。今回の地震で東北新幹線の一部区間が運休となったことから、被災地域の交通インフラを確保する。

UPDATE 3-東北地方で震度6強の地震、各地で停電 東日本大震災の余震と気象庁 

気象庁によると、13日午後11時08分ごろ、東北地方で最大震度6強の地震があった。福島県の中通りと浜通り、宮城県南部で震度6強を観測したほか、宮城県北部、宮城県中部で震度6弱、福島県会津、栃木県北部、栃木県南部で震度5強を観測した。津波による被害の心配はないとしている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、終値は25日線を上回る

<16:05> 日経平均・日足は「大陽線」、終値は25日線を上回る 日経平均・日足はごく短い上ヒゲを伴う「大陽線」。寄り付きの日経平均は小幅安となったものの、そ の後すぐに切り返しプラス圏に浮上、陽の寄り付き坊主となった。終値(2万8091円05銭=1日)は 25日移動平均線(2万7954円98銭=同)を上回る半面、5日移動平均線(2万8226円65銭= 同)は下回っており、上値追いには慎重だが底堅い展開が予想される。当面は2万8000円台での値固め の動きが継続しそうだ。 <15:50> 新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買われる

<15:50> 新興株市場は反発、買い戻し優勢 好業績銘柄も買わ れる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。大幅反発となった 日経平均に連れ高の展開となり、時価総額上位銘柄を中心に買い戻しが優勢となった。そのほか、ニッポン 高度紙工業 などの好決算や通期業績予想の上方修正を発表した銘柄も買われた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.50%高。個別では、シンバイオ製薬 、ニッポン高 度紙工業、ウエストホールディングス がしっかり。半面、ジオマテック 、グロームHL DG 、東洋合成工業 はさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、400円超高 米株先物とアジア株が支え

<14:17> 日経平均は高値圏、400円超高 米株先物とアジア株が 支え 日経平均はしっかり。前営業日比400円ほど高い2万8000円台での推移となっている。時間外取 引でのS&P総合500種Eミニ先物 、ダウEミニ先物 などの米株先物が上げ幅を拡大す る展開となっていることや、ハンセン指数 などのアジア株がしっかりとした動きとなっていることが 支えとなっている。 市場では「先週の混乱から落ち着き、リスクを取る動きが再び出始めているようだ。米株先物の動きか ら、今夜の米国株の大幅反発を見込んで買い優勢となっている」(国内証券)との声が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅拡大、米株先物がプラス圏 警戒感和らぐ

<12:44> 日経平均は後場上げ幅拡大、米株先物がプラス圏 警戒感和らぐ 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大、前営業日比340円ほど高い2万8000円近辺で推移している 。市場からは「米株先物がプラス圏に浮上したことが支援材料となっているようだ。月末はポジションを取 りにくい投資家も多かったが、2月に入りマーケットの波乱も落ち着いたことで、警戒感が和らいでいるの ではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反発、波乱は脱却 割安感から押し目買いも 前場の東京株式市場で、日経平均は反発。前営業日比241円87...

前場の日経平均は反発、波乱は脱却 割安感から押し目買いも

前場の東京株式市場で、日経平均は反発。前営業日比241円87銭高の2万7905円26銭で午前の取引を終えた。寄り付きの日経平均は小幅安となったものの、その後すぐに切り返しプラス圏に浮上。

ホットストック:JR東は続落し4%超安、業績予想の下方修正を嫌気

東日本旅客鉄道は続落し4%超安で推移している。29日に、2021年3月期(20年4月―21年3月)の連結業績予想について、純損益を従来の4180億円の赤字から4500億円の赤字に下方修正したことが嫌気されている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた移動需要の大幅な減少を織り込んだという。

決算市場予測-東日本旅客鉄道:21年3月期の営業損益4386億円の赤字、会社予想は5000億円の赤字

・東日本旅客鉄道は29日、20年4─12月期実績と21年3月期通期の業績見通しを発表する。 ・IBESによるアナリスト12人のコンセンサス予想によると、21年3月期通期の連結営業損益予想の平均値は4386億円の赤字。 ・21年3月期の会社予想は5000億円の赤字。 ・前年の実績は3808億円。

展望2021:M&Aは再び増加見通し、「ポストコロナ」見据え加速

2021年のM&A(企業の合併・買収)は再び増加基調に転じる見通しだ。前年は新型コロナウイルスの影響で件数が減少したが、今年は「ポストコロナ」を見据え、消費構造の変化を捉えた事業の再編や異業種への進出が増えるとみられている。

空運、鉄道株が軟調、緊急事態宣言警戒でJALは3%超安

空運、鉄道株が軟調。4日に、菅義偉首相が東京都など1都3県の緊急事態宣言を週内にも発令する方向で検討していると伝わり、人の往来が停滞するとの懸念から日本航空は3%超安、ANAホールディングスは2%安で推移している。

ホットストック:鉄道、航空株がさえない 年末年始の外出自粛懸念で

鉄道、航空株がさえない。年末年始の帰省や外出を控える動きが広がるとの懸念から売りが先行している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、気迷い続く 終値は5日線下回る

<15:55> 日経平均・日足は「短陽線」、気迷い続く 終値は5日線下回る 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「短陽線」。実体部分が5円に満たない値 幅のため「同事線」に準じる。形状としては「上十字」で、気迷いを感じさせながらも、 下値抵抗力を示す足取りとなった。終値が5日移動平均線(2万6729円40銭=15 日現在)を下回ったものの、他に明確な方向性を示すサインは見当たらず、しばらくもみ あいが続くと想定することができる。 目先的に崩れる雰囲気は感じさせないながら、一進一退の状態を続けてきたことで、 上値の重さが徐々に強まってきた...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、IPOのスタメンが初値形成後に乱高下

<15:35> 新興株市場はさえない、IPOのスタメンが初値形成後に乱高下 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも反落し た。市場からは「今日からIPOラッシュが始まったが、当面の間、そちらに人気が吸い 取られる可能性がある」(国内証券)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したスタメンは、公開価格の2.23倍となる205 1円で初値を付けた後は乱高下し、大引けは1866円まで値を消した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%安。個別では、サンオータス や極東産機 がストップ高となったが、...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、FOMCを控えて見送りムードに

<14:30> 安値もみあい、FOMCを控えて見送りムードに 日経平均は安値もみあい。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているため、見 送りムードが強くなっている。後場に入ってからの日経平均は、上下の振れ幅は60円強 にすぎず「このところ人気だった銘柄にも利益確定を急ぐ売りが目立っている」(国内証 券)という。 <13:05> 日経平均は一時100円安、日銀はETF買い見送りか  後場の日経平均は下げ幅を拡大し、一時前営業日比106円28銭安の2万6626 円16銭で安値をつけた。その後は2万6600円台半ばでのもみあいとなっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時100円超安、日銀はETF買い見送りか

<13:05> 日経平均は一時100円安、日銀はETF買い見送りか  後場の日経平均は下げ幅を拡大し、一時前営業日比106円28銭安の2万6626 円16銭で安値をつけた。その後は2万6600円台半ばでのもみあいとなっている。 新しい材料はないものの、前場のTOPIXが0.48%安で取引を終えたことで、 日銀によるETF(上場投資信託)の買い入れが見送られるとの見方から、利益確定売り が優勢となっている。市場では、午前のTOPIXが前日終値から0.5%ほど下落する と日銀がETFの買い入れを行うとみられている。 市場では「きょうは米連邦公開市場委員会...

前場の日経平均は反落、感染拡大が重し FOMC控え様子見

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比83円61銭安の2万6648円83銭となり、反落した。前日の米国株市場がさえない展開となった流れを引き継ぎ、幅広い業種で売りが先行。

旅行関連株が軟調、GoTo事業の全国一斉停止を嫌気

旅行関連株がさえない。昨夜、菅義偉首相が12月28日から来年1月11日までGoToトラベル事業の全国一斉停止を表明したことが嫌気され、エアトリが5%安、エイチ・アイ・エスは4%安となっている。KNT─CTホールディングスは2%安で推移。

ホットストック:JR各社がさえない、感染者数の拡大傾向を嫌気

JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州のJR各社の株価がいずれもさえない。収益回復の材料となるGoToトラベルは継続の方向となっているものの、前日に新型コロナウイルスの感染者数が初の2000人超えとなるなど、拡大傾向にあることが嫌気された。先行き、移動制限の措置が実施されることが懸念されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up