for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東日本旅客鉄道株式会社

9020.T

現在値

6,970.00JPY

変化

-19.00(-0.27%)

出来高

1,866,300

本日のレンジ

6,936.00

 - 

7,080.00

52週レンジ

5,446.00

 - 

10,065.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,989.00
始値
6,950.00
出来高
1,866,300
3か月平均出来高
40.24
高値
7,080.00
安値
6,936.00
52週高値
10,065.00
52週安値
5,446.00
発行済株式数
377.24
時価総額
2,641,370.00
予想PER
-7.37
配当利回り
1.90

次のエベント

Q3 2021 East Japan Railway Co Earnings Release

適時開示

その他

East Japan Railway To Lift Key Parts Of Holding Yard For Bullet Trains- Nikkei

East Japan Railway Faces Repair Bill If Flood-Damaged Bullet Trains Need To Be Replaced - Nikkei

East Japan Railway Co Says To Buy Back Up To 1.31 Percent Of Own Shares Worth 40 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東日本旅客鉄道株式会社とは

東日本旅客鉄道グループは、主に運輸事業、流通・サービス事業及び不動産・ホテル事業等を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。運輸事業は、鉄道事業を中心とした旅客運送事業のほか、旅行業、清掃整備業、駅業務運営業、設備保守業、鉄道車両製造事業及び鉄道車両メンテナンス事業等を行う。流通・サービス事業は、小売・飲食業、卸売業、貨物自動車運送事業及び広告代理業等の生活サービス事業を行う。不動産・ホテル事業は、ショッピングセンターの運営事業、オフィスビル等の貸付業及びホテル業等の生活サービス事業を行う。また、クレジットカード事業及び情報処理業等も行う。

業種

Railroads

連絡先

2-2-2, Yoyogi

SHIBUYA-KU, TKY

151-8578

Japan

+81.3.53341111

https://www.jreast.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tetsuro Tomita

Chairman of the Board

Yuji Fukasawa

President, Representative Director

Masaki Ogata

Vice Chairman of the Board

Atsuko Ito

Executive Officer, Director of Finance

Tadao Maekawa

Vice President, Chief Director of Railway Business, Representative Director

統計

2.83 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

3.0K

2019

3.0K

2020

2.9K

2021(E)

2.0K
EPS (JPY)

2018

749.200

2019

773.260

2020

524.910

2021(E)

-946.002
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
0.93
株価キャッシュフロー倍率
21.90
総負債/総資本(四半期)
127.69
長期負債/資本(四半期)
111.88
投資利益率(過去12カ月)
-3.68
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.00

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:JR各社がさえない、感染者数の拡大傾向を嫌気

JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州のJR各社の株価がいずれもさえない。収益回復の材料となるGoToトラベルは継続の方向となっているものの、前日に新型コロナウイルスの感染者数が初の2000人超えとなるなど、拡大傾向にあることが嫌気された。先行き、移動制限の措置が実施されることが懸念されている。

16日の日経平均は急反騰、好調なGDPも株価押し上げ

東京株式市場で日経平均は急反騰。年初来高値を更新するとともに、前営業日比で500円を超える上昇となり、29年ぶりの2万6000円回復が意識される動きとなった。前週末の米国株式市場が上昇したほか、朝方に発表されたGDPが予想以上に好調だったことが株価を押し上げた。

日経平均は反落、感染拡大と高値警戒感から利益確定売り

東京株式市場で日経平均は、反落。新型コロナウイルスの国内感染者数が過去最多を記録したことを受け、経済活動への影響が大きくなるとの懸念が再燃したほか、前日まで急騰で高値警戒感が生じていることから利益確定売りが優勢となった。

ホットストック:JRなど電鉄株が総じて軟調、過去最多の感染者数を嫌気

電鉄株が総じて軟調。JR東日本などJR4社のほか、東武鉄道、近鉄グループホールディングスをはじめ大手私鉄株も売られている。12日の新型コロナウイルスの国内感染者数が過去最多となったことが嫌気された。

ホットストック:JR東とJR東海が軟調、業績不透明感を嫌気

東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道は軟調。業績の不透明感が嫌気され、ともに2%超安での推移となっている。

JR東、GoTo効果で旅客に戻り コスト削減で「来期黒字化へ」

東日本旅客鉄道(JR東)は28日、2021年3月期に連結営業損益が5000億円の赤字になるとの見通しを維持すると発表した。新型コロナウイルスの影響により、運輸事業を含めて全てのセグメントが影響を受けている。ただ、GoToトラベルの効果で足元の状況が改善しているほか、コスト削減も進め「来期は黒字化したい」(赤石良治常務)とした。

22日の日経平均は反落、円高が重し

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株式相場の下落を受けて朝方から幅広い業種で売りが先行、後場には一時200円を超えるマイナスとなった。日銀によるETF買いが行われたとの思惑から下げ幅は縮小したが、前日に比べてドル/円相場がやや円高に振れていることも相場の重しとなった。ただ、企業決算発表などを控え様子見気分も強く、全体としては方向感に欠けた。

必要な時期に躊躇なく経済への対応行う=補正・経済対策で官房長官

加藤勝信官房長官は21日午後の記者会見で、必要な時期に躊躇なく経済への対応を行うとの見解を示した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の堅さが共存

<16:23> 日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の 堅さが共存 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陽線」。日経平均は一時2万3700円を回復し 、2万3702円30銭で高値を付けた。ただ、9日の戻り高値(2万3725円58銭=9日)、19日 の高値(2万3707円16銭=19日)には届かず、上値の重さが意識されている。 終値は5日移動平均線(2万3559円10銭=21日現在)を上回った。当面は上値の重さと下値の 堅さが共存する展開となりそうだ。 <16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに

<16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反落となった。材料の ある個別銘柄の物色が中心となり、時価総額上位銘柄の一角は利益確定売りに押された。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.24%高。個別では、出前館 、アクサスホールディン グス が上昇、日本テレホン はストップ高比例配分。半面、ワークマン 、リバーエ レテック 、ウェッジホールディングス は下落。直近IPOのアースインフィニティ<7692. T>は連日のストップ安比例配分となった。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、米株先物が支え 為替は円高

<13:45> 日経平均はもみあい、米株先物が支え 為替は円高 日経平均は前営業日比100円ほど高い2万3600円台半ばでもみあい。時間外取引で米株先物が堅 調に推移していることが支えとなっている。ただ、値動きは乏しく、後場の値幅は上下約32円にとどまっ ている。 朝方105円半ばだったドル/円は円高基調で推移しており、午後1時45分現在、105.20円付 近。市場では「米株先物が上げ幅を拡大し、日経平均を下支えする格好となっているが、ドル/円はやや円 高。日経平均の上値を重くしている」(国内証券)との声が出ていた。 東証33業種では鉱業...

午前の日経平均は反発、2万3700円を戻りの壁として意識

21日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円86銭高の2万3676円90銭となり、反発した。前日の米国株式市場が上昇したほか、時間外取引で米株先物が堅調に推移していることから、終始買い優勢の展開となった。日経平均は2万3700円台にワンタッチした後は伸び悩み、この水準が戻りの壁として意識されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、景気敏感株が株価全体を支える格好に

<11:15> 日経平均は高値もみあい、景気敏感株が株価全体を支える格好に 日経平均は高値もみあい。JR東日本 、キヤノン など年初来安値を 付けている銘柄に、値ごろ感からの買いが流入。きょうはコロナ禍で売られた景気敏感株 のグループが株価全体を支える格好となっている。 一方、瞬間的に2万3700円を回復したものの「この水準は直近でも跳ね返された ように、かなり戻り売り圧力が強くなる。大きく突き抜けるには新たな材料がほしい」( 国内証券)という。 <10:09> 日経平均はプラス圏、GoToトラベル延長期待で空運業堅調 日経平均はプラス...

日経平均続伸、米大統領退院を好感 後場は膠着

東京株式市場で日経平均は続伸。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の退院が伝えられ、幅広い業種に買いが入った。昼休み中に公明党の山口那津男代表がGoToトラベルの延長に言及したことを受け、内需底上げ期待も相場全体を下支えした。ただ、トランプ大統領の容体やホワイトハウス内でのクラスター感染、米国の追加経済対策の動向など不透明感が残ることから、後場は積極的な取引はみられず、膠着状態が続いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、下値抵抗力を示唆

  <15:42> 日経平均・日足は「小陽線」、下値抵抗力を示唆 日経平均・日足は「小陽線」。終値が5日移動平均線(2万3229円20銭=6日 )を上回ったことが安心感を誘うほか、長い下ヒゲが下値抵抗力を感じさせる。上昇への 期待は残るものの、2万3500円台を上抜けしていくには強い買い材料が必要とみられ ている。 <15:26> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄の選別物色が活発 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸。マザーズ指 数は一時1269.10ポイントまで上昇し年初来高値を更新した。 市場からは「...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄の選別物色が活発

  <15:26> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄の選別物色が活発 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸。マザーズ指 数は一時1269.10ポイントまで上昇し年初来高値を更新した。 市場からは「直近IPO銘柄で選別物色が行われている可能性が高い。最近株価が大 きく上がった銘柄は利益確定売りが出て、目新しい銘柄に資金が流れているのではないか 」(証券ジャパン調査情報部長、大谷正之氏)との声が聞かれた。 マザーズ市場の上場3日目のタスキ は公開価格7.55倍の5060円で初 値をつけた後6060円まで上値を...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場小動き、買い一服しこう着状態続く 

<14:09> 日経平均は後場小動き、買い一服しこう着状態続く 日経平均は後場小動き。2万3400円台前半で推移している。トランプ米大統領の 退院報道を受け朝方は買い優勢だったが、買いが一服し後場はこう着状態が続いている。 ランチタイム中に公明党の山口那津男代表が政府与党連絡会議でGoToトラベルキャン ペーンの延長などに言及し、市場では「厳しい状況に置かれている観光業の下支えになっ ている側面も大きく、日本株相場を少なからず支えている可能性はある」(国内証券)と の声が聞かれた。 ただ、依然としてマーケットの注目は、トランプ大統領の体調...

前場の日経平均は続伸、米大統領退院を好感も商い細る

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比113銭77高の2万3425円91銭となり、続伸した。トランプ米大統領の退院が好感され、前日の米株高の流れが波及し朝方から買い優勢となったものの、商いが細るなど上値に対して慎重な様子もうかがえる。前場の東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

ホットストック:JR各社がいずれも反落、株価下降トレンド変わらず

JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州のJR各社がいずれも反落している。GoToトラベルの東京発着追加による旅客数増加の期待がはやされ追加後初の週末明けの前日は物色されたものの、収益環境の厳しさには変わりがなく株価の下降トレンドを止めるまでに至っていない。JR東日本は高寄りして始まりながら、その後は売りに押されている。

日経平均は反発、米大統領の症状回復好感・後半は模様眺め

東京株式市場で日経平均は、反発。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の退院報道が注目されるなど症状の回復期待を手掛かりに幅広く物色された。GoToトラベル・イートなどの対策効果による内需底上げ期待も株価を支える要因になっている。ただ、トランプ氏の容体を見極めたいとの見方や米国の追加経済対策に不透明感が残ることから、徐々に模様眺めムードが強まり後場は動きが乏しくなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up