for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東海旅客鉄道株式会社

9022.T

現在値

15,060.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

14,435.00

 - 

18,455.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
15,060.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
12.05
高値
--
安値
--
52週高値
18,455.00
52週安値
14,435.00
発行済株式数
196.80
時価総額
3,102,360.00
予想PER
-147.57
配当利回り
0.86

次のエベント

Q3 2022 Central Japan Railway Co Earnings Release

適時開示

その他

R&I affirms Central Japan Railway's rating at "AA" and says stable outlook -R&I

Central Japan Railway says change of president and chairman

R&I affirms Central Japan Railway's rating at "AA" and announces stable outlook-R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東海旅客鉄道株式会社とは

東海旅客鉄道グループは、主に鉄道サービスを提供する。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。運輸事業は、東海道新幹線及び東海地方の在来線における鉄道事業を行うほか、バス事業等を行う。流通事業は、JRセントラルタワーズ内で百貨店事業を営むほか、主に、車内・駅構内における物品販売等を行う。不動産事業は、駅ビル等の不動産賃貸事業のほか、不動産分譲事業を行う。また、ホテル業、旅行業、広告業、鉄道車両等の製造、各種設備の保守・検査・修繕及びその他事業も行う。

業種

Railroads

連絡先

JR Central Towers

1-1-4, Meieki, Nakamura-ku

NAGOYA-SHI, ACH

450-6101

Japan

+81.52.5642620

https://company.jr-central.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Koei Tsuge

Chairman of the Board, Representative Director

Shin Kaneko

President, Representative Director

Shunichi Kosuge

Vice President, Representative Director

Yoshiki Suyama

Vice President, Representative Director

Mamoru Tanaka

Vice President, Representative Director

統計

2.69 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.9K

2020

1.8K

2021

0.8K

2022(E)

1.0K
EPS (JPY)

2019

2,238.945

2020

2,027.860

2021

-1,025.460

2022(E)

-109.657
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.56
株価純資産倍率(四半期)
0.83
株価キャッシュフロー倍率
41.32
総負債/総資本(四半期)
138.06
長期負債/資本(四半期)
133.63
投資利益率(過去12カ月)
-1.48
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.36

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い改善への期待高まる

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。日足は長短移動平均線を全て突破しているほか、終値(2万9301円79銭=5日)は9月14日高値(3万0795円78銭)と11月16日高値(2万9960円93銭)を結んだトレンドライン(2万9300円)を上回り、地合い改善への期待が高まっている。ただ、200日移動平均線(2万8827円86銭=同)は再び下向きとなっており、値固め局面が長続きする可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ5%超安で20年5月以来の水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に3日続落し、日経ジャスダック平均は5日ぶりに反落した。東証マザーズ指数は5%超下げ、2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は終値近辺で小動き、値幅はわずか34円 様子見ムード

後場の日経平均は前日終値(2万9301円79銭=4日)近辺での小動きとなっている。値動きに乏しく、後場の値幅はわずか34円19銭。米国での連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12月14─15日開催分)の発表を前に、様子見ムードが強まっているという。

ホットストック:JRなど電鉄株がしっかり、オミクロン株への前向きな米高官発言を好感

JR東日本、JR東海などJR各社のほか、東武鉄道など電鉄株が総じてしっかり。前日の米国株式市場で、オミクロン株に対する当局の前向きな発言が好感され、景気敏感のバリュー株やレジャー株が物色されたが、日本株もそうした流れを受けている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:15> 日経平均・日足は「中陽線」、高値 引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「中陽線」。後場に上げ幅を拡大し高値引けと なり、形状は上昇期待感を示す「陽の大引け坊主」となった。終値(2万8029円57 銭=3日)は8営業日ぶりに5日移動平均線を回復し、来週以降はしっかりとした展開が 期待できそうだ。 <16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動 上値は重い

<16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過 ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値は重い。来週からはIPO ラッシュが始まり需給悪化が懸念されるため、楽観視はできない」(国内証券)との声が 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.95%高。GRCS 、プレミアアンチエイジ ング 、GMOフィナンシャルゲート などが買われたほか、サイエンスア ーツ はストップ高比例配分となった。リボミック 、JTOWER<4485...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行

<14:16> 日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行 日経平均は上げ幅を拡大し、一時216円95銭高の2万7970円32銭できょう の高値を付けた。オミクロン株が南アフリカで確認されたと伝わった前週末26日から前 日3日までの5営業日で、日経平均は1700円以上下落したこともあり、値ごろ感から 買いが先行する展開となっている。 市場では「特段な材料があるわけではないが、前場で2万7000円台での値固めを 確認してから、自律反発狙いの買いの勢いが増している」(運用会社)との声が聞かれる 。ただ、週末ということもあり...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも

<12:40> 日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも 日経平均は、前日終値を挟んだ一進一退を継続している。後場は、前引け時点より高 く始まり、一時プラス圏に再浮上した。 オミクロン株への警戒感が根強い中、米金融政策の先行きを見通す上で重要となる米 雇用統計の発表を控えており、午後は投資家の様子見姿勢が強まりやすいとみられている 。 米雇用統計を巡っては「市場予想から大きく乖離しないことが株式相場の安定にとっ て重要」(国内証券)とされる。市場予想より弱すぎれば、経済が弱いとしてネガティブ な反応になりやすく、強すぎればインフレ...

前場の日経平均は続落、値がさ株の下げが重し

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比61円03銭安の2万7692円34銭となり、続落した。朝方は米株高を好感して高く始まったが、値がさ株の下落が重しになり、その後は前日終値を挟んだ一進一退となった。

ホットストック:電鉄株が総じて軟調、オミクロン株への警戒感から

JR東日本、JR東海などJR各社をはじめ、東武鉄道、小田急電鉄、近鉄グループホールディングスといった電鉄株が総じて軟調となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り地合い軟化も

<16:28> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り地合い軟化も 日経平均・日足は「中陰線」となった。上下にヒゲを伴わない「陰線坊主」の形状と なったほか、5日移動平均線(2万9616円19銭=8日)を下回っており、地合いの 軟化がうかがわれる。一方、25日線(2万8784円80銭=同)は上向きを継続。さ らに下押しする場合、1日に開けた窓(10月29日高値2万9000円65銭)埋めが 、目先の下値めどになり得る。 <15:48> 新興市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落  新興株市場では、東証マザーズ指数が大幅反落となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落

<15:48> 新興市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落  新興株市場では、東証マザーズ指数が大幅反落となった。前営業日までの4日続伸を 経て、利益確定売りが優勢となった。日経ジャスダック平均は小幅続落した。 マザーズ総合は前営業日比2.39%安。アンジェス がストップ安となった ほか、メルカリ やJTOWER が安く、指数の重しとなった。一方、ア スタリスク やフーバーブレイン はストップ高だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.26%安。東洋合成工業 やワークマ ン が売られた一方、フルヤ金属 がストップ高となった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、ゼネコン株安でムード悪化も

<14:24> 日経平均は安値もみあい、ゼネコン株安でムード悪化も 日経平均は安値圏でもみあっている。大林組 が資材価格上昇や設計見直しな どで工事原価の低減が想定通り進まなかったとして利益予想の大幅下方修正を発表して急 落し、ほかの建設株でも売られる名柄が目立った。市場では「供給制約への警戒感がくす ぶる中、相場全体のムードが悪くなった」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:55> 後場寄り後の日経平均は小幅安、方向感を見出せず模様眺め 後場寄り付き後の日経平均は、前引けよりもやや安い水準で推移している。好決算銘 柄やリオープン(経済再開...

〔マーケットアイ〕株式:後場寄り後の日経平均は小幅安、方向感を見出せず模様眺め

<12:55> 後場寄り後の日経平均は小幅安、方向感を見出せず模様眺め 後場寄り付き後の日経平均は、前引けよりもやや安い水準で推移している。好決算銘 柄やリオープン(経済再開)関連銘柄には堅調な銘柄が目立つものの、全体的には動きが 鈍い状況。市場では「雇用統計発表後の米株上昇が安心感を与えたが、その後は時間外取 引で米株先物がマイナスとなるなど、方向感を見出しにくい。模様眺めムードが次第に強 くなってきた」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は小幅続落、米株先物安と上値の重さで見送り商状 前場の東京株式市場で、...

午前の日経平均は小幅続落、米株先物安と上値の重さで見送り商状

8日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比21円00銭安の2万9590円57銭と小幅続落した。前週末の米株上昇は支援材料になったものの、時間外取引で米株先物が軟化したことや、上値の重さが意識されて見送り商状となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線の攻防が焦点

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線の攻防が焦点 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。25日移動平均線(2万8 843円49銭=28日)や200日線(2万8834円59銭=同)を下回ったが、下 ヒゲが長めで、下げ渋りもうかがえる。目先は25日線、200日線を軸とした攻防が焦 点になりそうだ。目先の上値は20日の高値(2万9489円11銭)、下値は75日線 (2万8559円93銭=同)が意識される。 <15:38> 新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく

<15:38> 新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場では 「決算発表を控えた東証1部などの主要銘柄が手掛けにくい中、中小型株が物色された」 (国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.81%高。フリー やメルカリ の上昇 が全体を牽引した。グローバルウェイ は続騰。アスタリスク は高値圏で 推移し商いも膨らんだ。一方、ウェルスナビ やケアネット は軟調で、指 数の重しとなった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.17%高。東映アニメーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で小動き、リオープン銘柄に買いの動き

<13:50> 日経平均は徐々に持ち直し、リオープン銘柄に買いの動き 日経平均は、後場に入ってから徐々に持ち直している。朝方にさえない動きだったA NAホールディングス などの空運やJR東海 などの鉄道、エイチ・アイ ・エス など旅行関連といったリオープン(経済再開)銘柄の一角が、プラスに浮 上している。外食や百貨店も、買われている銘柄が目立つ。 もっとも、全般的には模様眺めのようだ。決算シーズンが本格化しており、市場では 「まずは、きょう発表するソニーグループ の数字を確認したい」(国内証券)と いった声が多く聞かれる。きょうはソニー...

JR東海、2期連続の最終赤字に コロナ禍長引き需要回復に遅れ

東海旅客鉄道(JR東海)は27日、2022年3月期の連結純損益が300億円の赤字になる見通しと発表した。想定していたよりも緊急事態宣言の期間が伸び、運輸収入の回復が遅れているため。150億円の黒字予想が一転し、2期連続の最終赤字を見込む。前年は2015億円の赤字だった。

今日の株式見通し=一進一退、選挙控え様子見 決算手掛かりに個別物色

きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開が想定される。衆院選を前に相場全体では模様眺めが強まりそうだとみられている。一方、国内企業の決算シーズンが始まっており、決算数字を手掛かりとした個別物色が広がりそうだという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up