for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社西武ホールディングス

9024.T

現在値

1,112.00JPY

変化

-1.00(-0.09%)

出来高

1,325,600

本日のレンジ

1,104.00

 - 

1,126.00

52週レンジ

901.00

 - 

1,984.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,113.00
始値
1,118.00
出来高
1,325,600
3か月平均出来高
32.48
高値
1,126.00
安値
1,104.00
52週高値
1,984.00
52週安値
901.00
発行済株式数
299.62
時価総額
359,690.80
予想PER
-8.35
配当利回り
1.35

次のエベント

Dividend For 9024.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Seibu Holdings Inc - Land Transportation Notice Regarding Issuance Of Preferred Shares By Consolidated Subsidiaries

Seibu Holdings Says To Buy Back Up To 2.71% Of Own Shares Worth 15 Billion Yen

Seibu Holdings Announces Completion Of Share Buyback Programme

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社西武ホールディングスとは

西武ホールディングスは、都市交通・沿線事業やホテル・レジャー事業、不動産事業、そして建設事業、ハワイ事業及びその他の事業を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントを通じて事業を展開する。都市交通・沿線事業は、鉄道業、バス業、沿線レジャー業、その他で構成される。ホテル・レジャー事業は、ホテル業(シティ)、ホテル業(リゾート)、ゴルフ場業、その他で構成される。不動産事業は、不動産賃貸業で構成され、東京ガーデンテラス紀尾井町を保有・運営する。建設事業は、建設業で構成され、土木工事(公共工事及び鉄道関連の工事など)、建築工事(マンション施工及び公共工事など)、リノベーション工事(ホテル・マンションなど)、戸建工事(主にデベロッパーからの受注)などを請け負う。ハワイ事業は、米国ハワイ州(オアフ島、ハワイ島)において、プリンスワイキキ、マウナケアビーチホテル、ウェスティンハプナビーチリゾート及び付設するゴルフコースの運営などを行う。その他、同社は伊豆・箱根エリアにおいて、鉄道旅客輸送、バス、タクシーの運行及びレジャー施設の運営、並びに埼玉西武ライオンズの運営を行う。

業種

Railroads

連絡先

1-16-15, Minami Ikebukuro

TOSHIMA-KU, TKY

171-0022

Japan

+81.3.67093100

https://www.seibuholdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takashi Goto

President, Executive President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Kimio Kitamura

Executive President & President of Subsidiary, Director

Masahiko Koyama

President & Executive President of Subsidiary, Director

Akihisa Uwano

Executive President & President of Subsidiary, Director

Kaoru Takahashi

Managing Executive Officer, Director

統計

3.00 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.5K

2019

0.6K

2020

0.6K

2021(E)

0.4K
EPS (JPY)

2018

136.670

2019

145.210

2020

15.180

2021(E)

-120.977
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.87
株価純資産倍率(四半期)
1.03
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
304.16
長期負債/資本(四半期)
248.81
投資利益率(過去12カ月)
-4.72
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.72

最新ニュース

最新ニュース

西武、優先株で800億円調達 4─9月期390億円の純損失

西武ホールディングスは12日、連結子会社が優先株発行で総額800億円を調達すると発表した。西武は2021年3月期の連結業績が630億円の純損失に転落する見通しで、財務基盤を強化する必要があると判断した。

西武HD、連結子会社が優先株発行で総額800億円調達

西武ホールディングスは12日、連結子会社が優先株発行で総額800億円を調達すると発表した。西武鉄道が700億円、プリンスホテルが100億円を調達する。いずれもみずほ銀行と日本政策投資銀行に割り当てる。

株式希薄化しない資本性資金調達、検討は事実=西武HD

西武ホールディングス<9024.T>は16日、子会社が優先株を発行すると報じられたことを受け、「当社株式の希薄化を伴わないグループとしての資本性資金の調達を検討しているのは事実だが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。

日経平均反落、ファーストリテ上昇で下げ渋る

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株式相場が下落したことを受け、日本株相場も軟調に推移し、1日を通してマイナス圏でもみ合う展開となった。前場中に、中国国家統計局が発表した9月の中国の卸売物価指数(PPI)、消費者物価指数(CPI)がいずれも市場予想を下回る結果となり、中国経済の回復鈍化懸念が強まった。一時、下げ幅が拡大する場面もあったが、売り一巡後は下げ幅が縮小し、前営業日比119円安で取引を終えた。

ホットストック:西武ホールディングスは一時6%超安、厳しい実態を嫌気

西武ホールディングスは後場急落。一時6.81%安となったが、その後は戻り歩調で1%超安での推移となっている。NHKが15日、西武ホールディングス子会社の西武鉄道とプリンスホテルが優先株を発行し、みずほ銀行と日本政策投資銀行から800億円の出資を受ける方向で最終調整していると報じたことが材料視された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、25日線近辺でのもみあい継続か

<16:15> 日経平均・日足は「十字線」、25日線近辺でのもみあい継続か 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「十字線」。厳密に言えば実体部分は「陰」ながら、値幅はわずか 約12円、単独では気迷いを示す足となった。終値は連日で25日移動平均線(2万3220円34銭)を 下回っており、買い圧力は強まりにくい。当面は25日線近辺でのもみあいが継続しそうだ。 <15:28> 新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに小反発した。市場では「日経 平均が2万3000円を割...

日経平均は反発、米株高を好感 配当権利取りも下支え

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場の上昇が好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当権利狙いの買いが活発化し、終始プラス圏での展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる

   <15:28> 新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに小反発した。市場では「日経 平均が2万3000円を割り込まず、高値圏でもみあうなど方向感を欠く展開となる中、値動きが軽い新興 株市場にマネーが流れている。特に、デジタル関連の中小型銘柄に人気が集まっている」(国内証券)との 声が聞かれる。 週明け28日は権利落ち日を前に一部に調整が入るとの見方もある。来週はrakumo やヘ ッドウォータース など注目が集まる企業の新規上場を控えており、「引き続き...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場小動き、材料少なく方向感欠く

<14:20> 日経平均は後場小動き、材料少なく方向感欠く 日経平均は後場小動き。2万3200円付近で推移している。午後2時現在の東証一 部売買代金は1兆4952億円と薄商い。市場では「テクニカル的には25日移動平均線 を意識した動きが続き、材料も乏しく方向感を欠いた展開となっている。昨日、一昨日と 日銀がETFを買い入れたことで需給に安心感もあり、権利付き最終日を控え午前中は権 利取りの動きが活発化したが、午後はその動きもなさそうだ」(国内証券)との声が聞か れる。 <13:18> 日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も

<13:18> 日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も 日経平均は前営業日比110円ほど高い2万3200円近辺でもみあいとなっている 。一時上げ幅を縮小し、66円84銭高の2万3154円66銭で安値をつけたが、その 後は戻り歩調となっている。 市場では「週末を控えたポジション調整で、手じまい売りが出ている。上海、ハンセ ンなどのアジア株がマイナス圏での推移となっていることも、上値を重くしている可能性 がある」(運用会社)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え 前場の東京株式市場で...

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当権利狙いの買いが活発化し、これらに支えられる格好で株価は終始堅調に推移した。

西武HDが急落、630億円の最終赤字転落へ 利用客減少

西武ホールディングス<9024.T>が急落。午前9時30分現在、東証1部で値下がり率第1位となっている。24日、2021年3月期の連結業績が630億円の最終赤字に転落する見通しだと発表したことが嫌気されている。

西武HD、21年3月期は最終赤字630億円に 鉄道・ホテルで客数減

西武ホールディングスは24日、2021年3月期の連結業績が630億円の最終赤字に転落する見通しだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道やバス、ホテルなど、同社が展開する事業で軒並み利用客が減少。経済活動は再開されたものの、感染予防を意識した生活様式が続き、本格的な回復は見込めないと想定した。

伊藤忠など、としまえん跡地に「ハリー・ポッター」施設建設へ

伊藤忠商事<8001.T>、ワーナー・ブラザーズ・スタジオツアーズ、ワーナー・ブラザーズ・ジャパン(東京都港区)、西武鉄道(埼玉県所沢市)などは18日、東京都練馬区の「としまえん」遊園地内の一部敷地で施設を共同開発する契約を締結したと発表した。2023年前半のオープンを目指す。

ホットストック:電鉄株が軟調、JR東など年初来安値 収益回復期待が薄れる

電鉄株が軟調。東日本旅客鉄道、九州旅客鉄道、西日本旅客鉄道などJR各社のほか、東急、西武ホールディングスが年初来安値を更新している。市場からは「今後、テレワークや通信教育などが定着することで、ヒトの流れがコロナ前に戻らない可能性がある。収益の回復期待が薄れてきた」(国内証券)との声が出ていた。

日経平均は3日ぶり小幅反発、上昇機運は盛り上がらず薄商い

東京株式市場で日経平均は小幅に3日ぶり反発。日本では23日から4連休、さらに翌週から4─6月期の決算発表が本格化するということもあり、動きづらいとの声が多数を占めた。後場には日銀ETF(上場投資信託)買いの観測はあったものの上昇機運は盛り上がらず、東証1部の売買代金も1兆6776億円と今年5番目の低水準にとどまった。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。    <自社株買い> ・DTS 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.16%にあたる53万5 000株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月1日から 6月12日。 ・杉村倉庫 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.49%にあたる8万株 、取得総額2700万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月1日から6月 19日。 ・平和不動産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.06%にあたる40 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買...

6日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

6日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西武ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.71%に あたる900万株、取得総額150億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2 月7日から3月24日。 ・ケーズホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.54% にあたる1000万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は2月7日から5月29日。 ・アルプス技研 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.39%にあたる5 0万株、取得総額12...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=22日

2.26%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 THEグローバル社 22.11 02 神奈川中央交通 23.18 03 日本ハム 23.62 04 東宝 24.44 05 サントリー食品インターナショナ 24.47 06 ラクト・ジャパン 24.53 07 アサヒグループHLDG 25.43 08 西武HLDG 25.60 09 ガンホー・オンライン 26.02 10 フジシールインターナショナル 26.11 11 JALUX 26.23 12 ジャパンフーズ 26.25 13 日本トリム 26.54 14 帝国繊維 26.73 15...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・小林産業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.9%にあたる50万株 、取得総額1億5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から 10月31日。 ・伯東 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.77%にあたる37万株、 取得総額4億5140万円を上限とする自社株買いを実施へ。3月1日午前8時45分の 東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買い付け 価格は2月28日終値の1220円。  <自己株消却...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up