for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

阪急阪神ホールディングス株式会社

9042.T

現在値

3,585.00JPY

変化

135.00(+3.91%)

出来高

591,000

本日のレンジ

3,515.00

 - 

3,600.00

52週レンジ

2,997.00

 - 

3,870.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,450.00
始値
3,520.00
出来高
591,000
3か月平均出来高
10.38
高値
3,600.00
安値
3,515.00
52週高値
3,870.00
52週安値
2,997.00
発行済株式数
240.95
時価総額
902,698.90
予想PER
62.59
配当利回り
1.41

次のエベント

Q1 2022 Hankyu Hanshin Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

R&I upgrades Hankyu Hanshin Holdings' rating to "A+" and says stable rating outlook-R&I

Hankyu Hanshin Holdings says reorganization of real estate business

R&I affirms Hankyu Hanshin Holdings rating at "A" and says stable outlook-R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

阪急阪神ホールディングス株式会社とは

阪急阪神ホールディングスは主に都市交通事業、不動産事業などの事業を行う。【事業内容】同社は6つの事業を運営する。都市交通事業は、鉄道事業、自動車事業、流通事業、広告事業及び都市交通その他事業を行う。不動産事業は、賃貸事業、分譲・その他事業を行う。エンタテインメント・コミュニケーション事業は、スポーツ事業、ステージ事業、コミュニケーションメディア事業とレジャーその他事業を行う。旅行事業は、旅行業を行う。国際輸送事業は、国際輸送業を行う。ホテル事業は、ホテル業を行う。同社はまた、建設・環境事業、人事・経理代行業、グループカード事業、グループ金融業を行う。

業種

Railroads

連絡先

1-16-1, Shibada, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-0012

Japan

+81.6.63735004

https://www.hankyu-hanshin.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuo Sumi

Chairman of the Board, Group Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Takehiro Sugiyama

President, President of Subsidiary, Representative Director

Naoya Araki

President of Subsidiary, Director

Masao Shin

Vice President, President of Subsidiary, Representative Director

Junichi Ohtsuka

Executive Officer

統計

2.80 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.8K

2020

0.8K

2021

0.6K

2022(E)

0.7K
EPS (JPY)

2019

266.860

2020

225.690

2021

-151.720

2022(E)

56.720
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.59
株価純資産倍率(四半期)
0.99
株価キャッシュフロー倍率
35.43
総負債/総資本(四半期)
122.59
長期負債/資本(四半期)
100.17
投資利益率(過去12カ月)
-1.62
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.35

最新ニュース

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 富士ピー・エス 02 J.フロント リテイリング 03 日清紡HLDG 04 ジューテックHLDG 05 ダイトウボウ 06 ノムラシステムコーポレーショ ン 07 日産化学 08 保土谷化学工業 09 三谷セキサン 10 日本製鋼所 11 CKD 12 電気興業 13 アイホン 14 東京産業 15 新光商事 16 商船三井 17 エムティーアイ  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=21日

RIC 銘柄名 01 東建コーポレーション 02 矢作建設工業 03 住友電設 04 日東富士製粉 05 江崎グリコ 06 第一屋製パン 07 ソリトンシステムズ 08 特種東海製紙 09 ダイセル 10 住友ベークライト 11 ハリマ化成グループ 12 日華化学 13 関西ペイント 14 東洋インキSC HLDG 15 コニカミノルタ 16 ポーラ・オルビスHLDG 17 ブリヂストン 18 藤倉コンポジット 19 フジミインコーポレーテッド 20 シモジマ 21 高速 22 マルカ 23 神鋼商事 24 新生銀行 25 ふくおかFG...

15日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

15日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本証券金融 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.1%にあたる10 0万株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月16日から2 020年3月23日。 ・KDDI 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.10%にあたる730 0万株、取得総額1500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月16日 から12月23日。 ・オプティマスグループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.88%に あたる10万株、取得総額1億...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値サポート

日経平均・日足は「小陰線」。寄り後に下振れたものの、5日移動平均線(2万0079円17銭=10日)がサポートになった。短期的な戻りの速さを考えれば当然の一服だが、東証1部の売買代金は2.3兆円に届かずエネルギー不足は否めない。心理的な節目の2万円で踏み止まれないと、再び昨年12月26日安値(1万8948円58銭)を試す展開もあり得る。一方、目先の上値は昨年12月3日の戻り高値(2万2698円79銭)から12月26日安値(1万8948円58銭)までの下げ幅に対する半値戻し(2万0823円69銭)がめどになる。

日経平均は4日ぶり反落、円高による企業収益への影響を懸念

東京株式市場で日経平均は4日ぶり反落した。為替が1ドル108円割れのドル安/円高に振れる中、企業収益に対する警戒感が高まった。前日まで3日続伸していたこともあり、利益確定売りが出やすかった。1月限日経平均オプションSQ(特別清算指数)算出をあすに控え、先物にポジション調整の動きも出たとみられている。下げ幅は一時300円を超えたが、日銀ETF(上場投信)買いの思惑が支えとなり、後場は安値圏でもみ合った。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、リバウンド一巡で利益確定売り

新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。市場では「流動性が高く値動きの良いバイオ株の一角に資金流入が継続しているものの、全体はリバウンドに一巡感があり利益確定売りに押された」(国内証券)との声が出ている。個別銘柄ではブライトパス・バイオがストップ高。オンコリスバイオファーマ、プリントネットも買われた。半面、サンバイオが安く、セリア、スタジオアタオもさえない。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調継続、電鉄株は軒並み高

<14:35> 日経平均は軟調継続、電鉄株は軒並み高 日経平均は軟調継続。2万0100円台で推移している。JR東日本 、阪急 阪神ホールディングス などの電鉄株が軒並み高。市場では「投資家のディフェン シブ志向が強い。日経平均にはリバウンド一巡感があり、ヘッジファンドによる下方への 仕掛け的な動きが懸念される」(国内証券)との声が出ている。 <13:26> 日経平均は安値圏でもみあい、円高・米株先物安など重し 日経平均は安値圏でもみあい、2万0100円台後半で推移している。ドル/円が1 07円後半から戻りが鈍いことや、米株先物がマイナス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、騰落レシオは1カ月ぶりに80%割れ

<15:34> 日経平均・日足は「小陽線」、騰落レシオは1カ月ぶりに80%割れ 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万1489円73銭=17日終値)を辛うじて上回 って取引を終えた。一目均衡表の転換線(2万1520円75銭=同)が上値を圧迫し、前週末の陰線には らむ形となった。一方、騰落レシオ(東証1部、25日平均)は79%台と、11月7日以来、1カ月ぶり に80%を下回った。「売られ過ぎ」圏内に入ったことで、下値の堅さを意識させる場面がみられそうだ。 ただ東証1部の売買代金は3カ月ぶりの低水準となっている。25日移動平均線(...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、ジャスダック年初来安値 マザーズ3%超す下落

<15:18> 新興株は軟調、ジャスダック年初来安値 マザーズは3%超す下落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落し、ともに安値引けとなった。ジ ャスダックは年初来安値を更新。マザーズの下げは3%を超えた。「東証1部は買い戻しの域を脱しきれず 、様子見ムードが強い。盛り上がりを欠く中で新興株は利益確定売りに押された」(国内証券)との声が出 ていた。 個別銘柄では札幌市の爆発事故との関連が報じられたAPAMAN が6%超安で終了。エムテ ィジェネックス 、モルフォ が大幅安。UUUM がしっかり。エニグモ 、 ジャストプランニング...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏維持、膠着感強く値幅出ず

<14:30> 日経平均はプラス圏維持、膠着感強く値幅出ず 日経平均はプラス圏を維持。2万1500円台前半での値動きを続けている。後場の日経平均の高安値 幅は約52円と膠着感が強く、東証1部の売買代金も午後2時30分時点で1兆5500億円強にとどまっ ている。「主要な投資家は様子見の状況。積極的には買い上がりにくい」(国内証券)との声が出ていた。 <13:15> 日経平均は一進一退、内需関連に物色 電鉄株が堅調  日経平均は一進一退、2万1500円台前半で推移している。海外投資家も早いところでは年末休暇に 入ったといい、買い戻しが一巡した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、内需関連に物色 電鉄株が堅調

<13:15> 日経平均は一進一退、内需関連に物色 電鉄株が堅調  日経平均は一進一退、2万1500円台前半で推移している。海外投資家も早いところでは年末休暇に 入ったといい、買い戻しが一巡した後は次の材料待ちで動意に乏しい。 個別では電鉄株が堅調。後場、京王電鉄 が5%超、阪急阪神ホールディングス が3% 超の上昇となっている。市場では「外部環境の影響を受けないような内需関連が物色されている」(国内証 券)との声が出ていた。 <11:42> 前場の日経平均は反発、売られ過ぎの反動で買い戻し 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比162...

ホットストック:関西銘柄が強含み、大阪万博の開催決定を材料視

2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定したことを受け、関西銘柄の一角が強含みで推移している。

ホットストック:南海電鉄が上げ幅拡大、関空早期復旧の期待で買い戻し

南海電気鉄道が上げ幅を拡大。西日本旅客鉄道がプラス圏で推移している。関西国際空港が台風21号の被害を受けたことを受け、旅客数の減少などの懸念から売られていたが、共同通信によると、関西エアポート幹部が7日、国際線について8日から一部運航を再開すると明らかにした。空港の早期復旧の期待から買い戻しが入った。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 リンクアンドモチベーション 02 すかいらーくHLDG 03 日本コークス工業 04 東京応化工業 05 インテージHLDG 06 テルモ 07 JCRファーマ 08 ワコム 09 イントラスト 10 メニコン 11 美津濃 12 東京急行電鉄 13 阪急阪神HLDG 14 東京放送HLDG  

日経平均は反落、下げ幅一時200円超 大阪地震で警戒感

東京株式市場で日経平均は反落した。米中間の貿易戦争への懸念に加え、近畿地方で寄り付き前に発生した最大震度6弱の地震が投資家心理を悪化させた。景気敏感株にとどまらず、内需セクターにも売り圧力が加わり、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。建設を除く32業種が値下がりした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値の25日線割れは回避

<15:20> 日経平均・日足は「小陰線」、終値の25日線割れは回避 日経平均・日足は上ヒゲがほとんどない「小陰線」となった。25日移動平均線(2 万2646円15銭=18日)を下回る場面があったが、終値での25日線割れは回避し た。東証1部の騰落レシオ(25日平均)は86%台と、3月9日以来、3カ月ぶりの水 準まで低下。80%を上回っており、売られ過ぎを示唆する水準ではないものの、大幅な 調整が続く局面では同レシオが下支え要因として意識されそうだ。短期的な上値のめどと して5日移動平均線(2万2823円08銭=同)が意識されやすい。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、心理悪化の個人投資家が投げ

<15:13> 新興株市場は軟調、心理悪化の個人投資家が投げ 新興株式市場では、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が反落。マザーズの下 落率は1%を超えた。貿易戦争の激化への懸念や大阪府北部を震源とする最大震度6弱の 地震発生を受け「個人投資家の投げが出た」(中堅証券)との声が出ていた。個別銘柄で はパルマ 、ヤマザキ が急伸。オリコン が堅調。AppBank が大幅安。エスケーエレクトロニクス 、フェローテックホールディング ス が売られた。 <14:19> 日経平均は軟調、地震受け企業の生産活動への影響を注視 日経平均は軟調。2...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、地震受け企業の生産活動への影響を注視

<14:19> 日経平均は軟調、地震受け企業の生産活動への影響を注視 日経平均は軟調。2万2600円台後半で推移している。東証33業種全てが値下が りしている。市場では「米中の通商問題を巡る景気敏感セクターの反応はやや過剰な感が あるが、関西での地震を受け、生産停止に追い込まれた企業も出ている。サプライチェー ンと経済全体に及ぼす影響への懸念が強まっている」(国内証券)との声が出ている。 <13:11> 日経平均は上値重い、地震後の慎重姿勢が継続 日経平均は2万2600円台前半で上値は重い。前引けに向けてやや持ち直す動きも みられたが、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、地震後の慎重姿勢が継続

<13:11> 日経平均は上値重い、地震後の慎重姿勢が継続 日経平均は2万2600円台前半で上値は重い。前引けに向けてやや持ち直す動きも みられたが、後場寄りからは再び下げ基調となった。地震後の慎重姿勢が継続し、一時2 万2601円13銭に下落した。その後の戻りは鈍い。 市場では「大規模地震の発生後は、時間の経過とともに確認される被害が増えて株価 の下げが深まる傾向がみられる。きょうの地震に関しても、被害の全容がみえるまで押し 目買いは入れにくい」(国内証券)との声が出ていた。 足元ではドル/円が円高気味に推移しているほか、米原油先物や...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up