for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤマトホールディングス株式会社

9064.T

現在値

2,173.00JPY

変化

-30.00(-1.36%)

出来高

1,362,000

本日のレンジ

2,172.00

 - 

2,229.00

52週レンジ

2,130.00

 - 

3,395.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,203.00
始値
2,216.00
出来高
1,362,000
3か月平均出来高
28.64
高値
2,229.00
安値
2,172.00
52週高値
3,395.00
52週安値
2,130.00
発行済株式数
366.49
時価総額
844,374.80
予想PER
14.18
配当利回り
2.12

次のエベント

Yamato Holdings Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Yamato Holdings: To Cancel Treasury Shares Worth 5.53% Of Outstanding Stock On Oct 13

Yamato Holdings Co Ltd - To Buy Back And Cancel Up To 8.88% Of Own Shares Worth 50 Billion Yen

Yamato No Longer Plans To Add 10,000 Contract Delivery Workers By End Of March - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤマトホールディングス株式会社とは

ヤマトホールディングスグループは、同社、子会社50社、関連会社20社により構成され、デリバリー事業、ビジネス(BIZ)-ロジ事業、ホームコンビニエンス事業、e-ビジネス事業、フィナンシャル事業、オートワークス事業を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営んでいる。【事業内容】デリバリー事業は、宅急便、クール宅急便、 宅急便タイムサービス、国際宅急便、ゴルフ・スキー・空港往復宅急便、超速宅急便、クロネコメール便、国内航空貨物輸送、時間便を提供する。BIZ-ロジ事業は、ロジスティクス、メディカル製品物流サービス、 メンテナンスサポートサービス、リコールサポートサービス、国際貨物一貫輸送サービス、海外生活支援サービスを提供する。ホームコンビニエンス事業は、家財・家電の集配・セッティングサービス提供、引越・生活関連サービス提供、物品販売事業を行う。e-ビジネス事業は、システムの開発、システムパッケージの販売、物流情報サービス提供、情報セキュリティサービス提供を行う。フィナンシャル事業は、宅急便コレクト、ネット総合決済サービス、企業間流通決済サービス、総合リースサービスを提供する。オートワークス事業は、車両整備事業、燃料販売、損害保険代理店業を行う。その他事業は、ジャスト・イン・タイム・ボックス(JITBOX)チャーター便、人材派遣事業、シェアードサービスを提供する。

業種

Air Courier

連絡先

2-16-10, Ginza

CHUO-KU, TKY

104-8125

Japan

+81.3.35414141

https://www.yamato-hd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masaki Yamauchi

Chairman of the Board

Yutaka Nagao

President, Executive President, Representative Director

Kenichi Shibasaki

Executive Vice President, Vice President, Representative Director

Shinji Makiura

Senior Managing Executive Officer

Tsutomu Sasaki

Senior Managing Executive Officer

統計

2.46 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

1.6K

2021

1.7K

2022

1.8K

2023(E)

1.8K
EPS (JPY)

2020

56.780

2021

151.550

2022

151.033

2023(E)

153.233
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.47
株価純資産倍率(四半期)
1.35
株価キャッシュフロー倍率
9.11
総負債/総資本(四半期)
7.77
長期負債/資本(四半期)
4.41
投資利益率(過去12カ月)
8.04
自己資本利益率(過去12カ月)
5.24

最新ニュース

最新ニュース

訂正--中国吉利集団と日系新興企業が電池で提携、日本で商用EVサービス

(会社側の訂正により、第1段落の「吉利汽車<0175.HK>グループ」を「吉利汽車<0175.HK>などを持つ浙江吉利控股集団(吉利集団)の子会社」に、第2段落の「吉利汽車」を「吉利集団傘下」にそれぞれ訂正します。)

ルネサスやトヨタ工場停止、村田製は深夜に火災 企業に地震の影響

宮城県と福島県で最大震度6強を観測した16日深夜の地震で、ルネサスエレクトロニクスやトヨタ自動車、村田製作所、ソニーグループといった主要メーカーの工場が稼働を停止するなど企業活動に影響が出ている。ヤマト運輸や佐川急便は、交通規制などで荷物の集配に遅れが生じる可能性があるとしている。

春闘回答、賃上げ3%台も 専門家は企業間格差を懸念

春闘の一斉回答日となった16日、日本製鉄やNECが3%台の賃上げで応じるなど、回答額の集計速報が7年ぶり高水準と好調な出足を見せた。自動車各社の満額回答などで勢いを得たかたちだが、専門家の間では企業間格差を懸念する声もある。

日経平均は続伸、米CPIや3連休を前に伸び悩み

東京株式市場で日経平均は続伸して取引を終えた。朝方に高く始まった後、いったん300円超高に上昇したが、米消費者物価指数(CPI)の発表や国内の3連休を前にして手仕舞い売りが強まり、伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を回復 1カ月ぶり

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7696円08銭。25日移動平均線(2万7625円78銭=10日)を回復した。25日線を上回るのは、取引時間中を含めれば1月18日以来、終値では1月12日以来で、約1カ月ぶりとなる。心理的節目2万8000円が視野に入ってきたが、昨年後半に支持線だった水準で、抵抗線への切り替わりも意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズ2%超高

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸した。米国市場でのグロース(成長)株高が、日本の新興株にも引き続き追い風となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、米ナスダック先物の小安い推移が重し

後場の日経平均は、前引けより小高い水準で伸び悩んでいる。米ナスダックの先物が時間外取引で小安く推移しており、相場の重しとなっている。

前場の日経平均は小幅続伸、米株高が支え 連休前に手仕舞いも

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比18円24銭高の2万7598円11銭と、小幅に続伸して午前の取引を終えた。朝方に高く始まった後、いったん300円超高に上昇したが、米消費者物価指数(CPI)の発表や国内の3連休を前に手仕舞い売りが強まり上げ幅を縮め、一時はマイナスとなった。 日経平均は、前日の米株高を好感して高く始まった後、上値を伸ばして一時、前営業日比300円83銭高の2万7880円70銭の高値を付けた。米ハイテク株高を受けて、半導体関連や電子部品の買い戻しが強まった。好決算を背景とした物色も相場を支えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、循環物色の様相 決算手掛かりの売買継続

日経平均は上げ幅を縮小している。高く始まったあと、上値を伸ばして一時、前営業日比300円83銭高の2万7880円70銭の高値をつけた。ただ、その後は上昇の勢いが鈍っている。米消費者物価指数(CPI)の発表や国内の3連休を前に「買いが一巡した後は、上値追いに慎重になりやすい」(国内証券)との見方が出ている。

9日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

9日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ヤマトホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.69% にあたる1000万株、取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は2月16日から5月31日。 ・凸版印刷 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.88%にあたる130 0万株、取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月10日か ら11月30日。 ・丸山製作所 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.86%にあたる13 万株、取得総額2億円を上限...

ヤマトとJAL、空輸で宅配便配送 ドライバー問題と貨物需要に対応

宅配便最大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスと日本航空(JAL)は21日、宅配便の国内物流網の強化に向けて、首都圏からの長距離輸送で貨物専用機の運航を2024年4月から始めると発表した。ヤマトグループが機体をリース導入し、JALグループが運航を担う。

決算市場予測-ヤマトホールディングス:22年3月期

・ヤマトホールディングスは12日、2022年3月期通期の業績予想と21年4月─9月期実績を発表する。 ・IBESがまとめたアナリスト12人のコンセンサス予想では、22年3月期通期の連結営業利益の平均値は989億円。 ・アナリスト6人による21年7―9月期営業利益予想は170億円。 ・22年3月期の会社予想は950億円。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域から下放れ

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域から下放れ 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。新たにマドを空けて下振れするとと もに、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで弱気に傾斜したものの、下げ渋る動き となったことで、ここで踏みとどまれるかどうかが注目される。 5月13日安値2万7385円03銭と6月21日安値2万7795円を結んだ下値 抵抗線である、2万8000円─2万8100円どころの水準をキープし反転した場合、 中長期的な三角もちあいを形成することになるため、当面は同水準が下値の目安として意 識...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、上場2日目のBCCが初値形成後に乱高下

<15:10> 新興株式市場は軟調、上場2日目のBCCが初値形成後に乱高下 新興株式市場は軟調な推移だった。東証マザーズ指数が小幅続落となった一方、日経 ジャスダック平均は小反落した。市場では「直近IPOが値幅取りの対象として日替わり で物色されている」(国内証券)との声が聞かれる。 前日にマザーズ市場に新規上場したBCC は上場2日目に公開価格の2.5 7倍となる3350円で初値を付けた後、上下に大きく値が振れる乱高下となった。 マザーズ総合は前営業日比0.60%安。アイドマ・ホールディングス がス トップ高となったほか、日本電解 が...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調に推移、ETF換金売りが上値圧迫要因に

(見出しの「EFT」を「ETF」に訂正します) [東京 7日 ロイター] - <14:25> 日経平均は軟調に推移、ETF換金売りが上値圧迫要因に 日経平均は軟調に推移。朝方に付けたきょうの安値には距離を残しており、大きく崩 れる気配は感じられず、もみあう商状となっている。市場では「週末までETFの分配金 を捻出するための換金売りが続くと警戒されており、これが上値圧迫要因になっている」 (東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれた。 <13:15> 後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し 後場...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し

<13:15> 後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し 後場の日経平均は前営業日比250円ほど安い2万8300円台後半で小動き。指数 寄与度の高いファーストリテイリング の下落や、アジア株の軟調な値動きが重し となっている。TOPIXは0.80%安の1938ポイント近辺。 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控え、様子見が強ま っている。テーパリング議論の具体的な内容に対する市場の関心は高い」(国内証券)と の声が聞かれる。 個別では、テルモ 、ヤマトホールディングス 、ミネベアミツミ<647 9...

前場の日経平均は反落、米ダウ安を嫌気 景気敏感株に売り先行

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比279円39銭安の2万8363円82銭と反落した。6日の米国株式市場でダウ工業株30種とS&P総合500種が下落した流れを引き継ぎ、景気敏感株を中心に売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、為替の円高も重しに

<10:14> 日経平均は安値もみあい、為替の円高も重しに 日経平均は安値圏でもみあっている。朝方の下落からは下げ幅をやや縮めている。為 替はドル/円が110円台半ばで推移しており「前日より円高気味に推移していることも 重しになっている」(国内証券)という。 ファーストリテイリング や東京エレクトロン 、信越化学工業<4063. T>など値がさ株の下げが日経平均の重しとなっている一方、オリンパス やヤマト ホールディングス の上昇が下支えする形となっている。 東証の業種別では精密機器、情報通信、陸運、サービスがプラス転換する一方、エネ...

ヤマトHDの今期、営業利益予想を上方修正、前年比8割増の820億円に

ヤマトホールディングスは29日、2021年3月期の連結営業利予想を前年比83.4%増の820億円に上方修正したと発表した。あらゆる産業で進む電子商取引(EC)化の流れに合わせ、EC配送ネットワークの構築や拡充など需要の変化に対応、前期実績を上回る見込みとしている。

JAL、余剰人員を外部に一時派遣・出向、KDDI受け入れ検討

日本航空(JAL)<9201.T>は30日、新型コロナウイルスの影響で大幅減便を余儀なくされた4月以降、希望する社員に対し、外部で働く機会を増やしていると明らかにした。雇用を維持しつつ、需要回復時には社員を職場に戻す態勢とし、コロナの収束に備える。候補として打診を受けたKDDI<9433.T>は、受け入れを検討していると明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up