for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

丸全昭和運輸株式会社

9068.T

現在値

3,205.00JPY

変化

15.00(+0.47%)

出来高

23,200

本日のレンジ

3,140.00

 - 

3,215.00

52週レンジ

2,815.00

 - 

3,890.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,190.00
始値
3,200.00
出来高
23,200
3か月平均出来高
0.77
高値
3,215.00
安値
3,140.00
52週高値
3,890.00
52週安値
2,815.00
発行済株式数
20.28
時価総額
66,682.55
予想PER
6.91
配当利回り
2.47

次のエベント

Dividend For 9068.T - 42.5000 JPY

適時開示

その他

Maruzen Showa Unyu to issue year-end dividend for FY 2015

Maruzen Showa Unyu announces retirement of chairman

Maruzen Showa Unyu acquires Nidec Logistics Corporation from Nidec Corporation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

丸全昭和運輸株式会社とは

丸全昭和運輸グループは、主に貨物自動車運送事業、港湾運送事業及び構内作業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。物流事業は、貨物自動車運送事業、利用運送事業(貨物自動車・鉄道・外航海運・内航海運・航空)、港湾運送事業(一般港湾運送・港湾荷役(船内、沿岸)・艀運送)、倉庫業、通関業、梱包業、海上運送事業、航空運送代理店業を行う。構内作業及び機械荷役事業は、工場構内での原料、製品、重量物、精密機械等の移送、組立、充填、構内倉庫への保管、入出荷作業とこれらに附帯する諸作業並びに機械の賃貸を行う。その他は、建設業、警備業、不動産業、保険代理業、自動車整備業等のサービスを提供する。

業種

Trucking

連絡先

2-15, Minaminaka-dori, Naka-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

231-8419

Japan

+81.45.6715713

https://www.maruzenshowa.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshiyuki Asai

President, Executive President, Representative Director

Hiroji Okada

Senior Managing Executive Officer, Representative Director

Yuichi Ando

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, Director

Kenichi Ishikawa

Managing Executive Officer, Director

Masahiro Nakamura

Managing Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Director

統計

Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

396.230

2021

332.730

2022

423.020

2023(E)

468.400
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.48
株価純資産倍率(四半期)
0.61
株価キャッシュフロー倍率
6.19
総負債/総資本(四半期)
30.01
長期負債/資本(四半期)
15.92
投資利益率(過去12カ月)
7.25
自己資本利益率(過去12カ月)
5.69

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、200日線が下値サポート

   <15:44> 日経平均・日足は「中陰線」、200日線が下値サポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となり、弱い相場を示している。 終値は2万7594円73銭だった。2万8000円を明確に上回ることができなかった 失望感でやや下押し圧力がかかりやすくなっているが、200日移動平均線(2万756 3円54銭=2日)が下値サポートラインとして機能している。 目先は200日線をしっかりキープできるかが焦点になりそうだ。仮に、200日線 を割り込んだ場合は「日経平均は2万7100―2万7200円程度まで下落する可能性 がある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規IPO銘柄に利益確定売り

   <15:21> 新興株はマザーズが反落、新規IPO銘柄に利益確定売り 新興株市場は、マザーズ総合が1.12%安の716.46ポイントと6営業日ぶり に反落して取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日1.12%安の910.96 ポイントで取引を終了。ドル/円の円高進行を嫌気して相場全体に売りが出る中、新興株 市場では新規IPO銘柄を中心に利益確定売りが広がった。 個別では、M&A総合研究所、サイジニア、モイなどが堅 調に推移した。半面、キャンバス、エアークローゼット、ワンダープラ ネットは軟調だった。 きょうスタンダード市場に新規上場...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、200日線が下値サポートラインに

(見出しを修正しました) [東京 2日 ロイター] - <14:20> 日経平均は下げ渋り、200日線が下値サポートラインに 日経平均は下げ渋り、前営業日比約370円安の2万7600円台前半で推移してい る。軟調地合いは継続しているが、下げ幅が拡大する雰囲気はみられない。テクニカル面 では200日移動平均線(2万7563円71銭=現在)が下値サポートラインとなって おり、「このまま同水準を維持できるか注目」(国内証券)との声が聞かれる。 相場全体では弱い地合いとなっているが、好業績を発表した銘柄は堅調に推移してい る。市場では「海外では...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、円高進行で海外勢の売りに警戒との声

<13:21> 後場の日経平均は軟調、円高進行で海外勢の売りに警戒との声 後場に入り、日経平均は軟調に推移している。前営業日比約420円安の2万750 0円台後半で小動きとなっている。前場に引き続き、相場全体に売りが出ているが、業種 別では、医薬品、機械、精密機器などの値下がり率が大きく、「為替感応度の高いセクタ ーが特に弱い」(国内証券)という。 足元のドル/円は130円台後半で一進一退。円高進行は一服しているものの、「ド ル/円が急速に円高に振れたことで海外勢の株売りが出やすくなるとの警戒感もあり、投 資家心理を冷やしている」(別の...

午前の日経平均は急反落、円高嫌気し輸出株中心に全面安商状に

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比443円94銭安の2万7549円41銭と、急反落した。外為市場でドル安/円高が進んだことを嫌気し、輸出関連株を中心に全面安商状。プライム市場の中で90%の銘柄が値下がりした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を拡大、再び200日移動平均線との攻防に

<11:05> 日経平均は下げ幅を拡大、再び200日移動平均線との攻防に 日経平均は下げ幅を拡大。前日比で400円を超す下げとなり、2万7500円台で 推移している。時価近辺に位置する200日移動平均線との攻防になってきた。 市場では「先週にひと息、入れた際にも200日平均線が下値支持線として機能し、 その後の反発につながった。今回もこれをキープできるかどうかが注目点になる」(国内 証券)との声が聞かれる。 物色面では、前日しっかりだったトヨタ自動車が反落。円高を反映して、輸 出関連株にさえない動きをする銘柄が増えている。 <10:05...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は大幅反落、急速なドル安/円高も圧迫要因に

<10:05> 日経平均は大幅反落、急速なドル安/円高も圧迫要因に 日経平均は急反落。前日比300円を超す下落となり、2万7600円台での動きと なっている。買い材料が見当たらない中、外為市場においてドル/円相場が130円台と 急速に円高に振れ、これも圧迫要因になった。 市場では「輸出型企業で円安を理由に決算が好調な銘柄が目立つ中、ここにきての円 高は明らかにマイナス材料になる。また、テクニカル的には2万8000円近辺が重いこ とが再確認され、ここを突破するには商いが膨らむ必要がありそうだ」(国内証券)との 声が聞かれる。 個別では、東京...

日経平均は反落、米株軟調受け売り優勢 上値の重さを意識

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比180円87銭安の2万7812円48銭と反落した。前日の米国株式市場が軟調だったことを受け、売り優勢で始まった。時間外取引で米株先物が小安く推移していることも圧迫要因になっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、フルサト・マルカは買い優勢 リズムは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、フルサト・マルカは買い優勢 リズムは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気配 終値 率 配 配 1 フルサト・マルカHLDG <7128.T 23% 3,705 3,705 3,705 3,005 > 2 オカムラ 22% 1,638 1,638 1,638 1,338 3 パルグループHLDG 22% 2,800 2,800 2,800 2,300 4 セントラル硝子 21% 3,990 3,990...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線が75日線を上抜け

<15:50> 日経平均・日足は「大陽線」、5日線が75日線を上抜け 日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「大陽線」となり、買い手の心理としては上昇 期待感を示している。終値は2万7680円26銭だった。 5日移動平均線(2万6910円51銭=20日)が、75日線(2万6846円9 9銭=同)を下から上へ突き抜け「ゴールデンクロス」となっているほか、一目均衡表の 「雲」を上抜け、相場が上昇局面に入ったサインを示している。 200日線(2万7611円91銭=同)がローソク足の実体部分に重なり、「目先 は抵抗線がない」(国内証券)との指摘もある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米金融引き締めへの警戒後退で

<15:31> 新興株はマザーズが続伸、米金融引き締めへの警戒後退で 新興株式市場は、マザーズ総合が1.71%高の695.27ポイントと続伸して 取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比1.72%高の883.22ポイント だった。米金融引き締めへの過度な警戒感が後退し、「投資家心理が改善したことで、引 き続きグロース(成長)株への買いが入っている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、モブキャストホールディングス、サイジニア、ジェイッ クがストップ高で取引を終えたほか、ウェルスナビが商いを伴って上昇 した。 半面、ナノキャリア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、約1カ月ぶり高水準 ハイテク株の買い戻し活発

<14:22> 日経平均は上げ幅拡大、約1カ月ぶり高水準 ハイテク株の買い戻 し活発 後場の日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日約680円高の2万7600円台半ばで 推移し、6月10日以来の高水準となっている。幅広い業種で買いが先行している状況は 前場と変わらず、東証33業種全ての業種が値上がりしている。 中でもハイテク株の買い戻しが活発で、日経平均を大きく押し上げる要因となってい る。市場では「米国のインフレ期待の上昇が一服していることに加え、米連邦準備理事会 (FRB)による過度な引き締めへの懸念が後退している点が、金利に敏感なハイテク...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は上値追い、中国株や米株先物堅調で安心感

<12:50> 後場の日経平均は上値追い、中国株や米株先物堅調で安心感 後場に入ってからの日経平均は上値追いの展開。前場の高値を上回り2万7600円 台で推移している。中国株が堅調なほか、時間外取引で米株先物がしっかりとなっている ことが安心感を与えているという。 物色面は、東京エレクトロン、ファーストリテイリングなど指数寄 与度が大きい銘柄がリードする展開。全面高商状には変化はない。 市場では「全体的に商いが膨らんでいる訳ではなく、こうした状況からも、真空地帯 を駆け上がっている様子がみられる」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:...

午前の日経平均は大幅続伸、全面高商状 節目更新で強気に傾斜

20日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比637円84銭高の2万7599円52銭と大幅続伸した。過度なインフレ懸念が後退していることに加え、注目の米企業決算が想定よりも悪くないことなどが手掛かりにされ、全面高商状となった。日経平均は、チャート上の強力な節目として意識されていた6月28日と7月11日に付けた2万7062円のダブルトップを更新。テクニカル面は一気に強気へと傾斜している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、200日移動平均線に急接近

<11:10> 日経平均は上値追い、200日移動平均線に急接近 日経平均は上値追いの展開。前日比で600円を超す上昇となっている。時価より上 値には200日移動平均線が位置しており、これに急接近した。市場では「200日線を 上回れば、さらに底入れ機運が高まる」(国内証券)という。 また、テクニカル面では、2万7062円のダブルトップを更新したことで、次の節 目は同じようにダブルトップを形成する2万8300円台が注目されている。「チャート 上は目先的に真空地帯となるため、2万8000円までの回復期待が大きくなった」(別 の国内証券)との声...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は500円超高に上げ幅拡大、「行き過ぎた悲観の修正」

<10:13> 日経平均は500円超高に上げ幅拡大、「行き過ぎた悲観の修正」 日経平均は高く寄り付いた後も上げ幅を拡大し、500円超高に上昇している。プラ イム市場の値上がり銘柄数は93%となっており、ほぼ全面高商状。東証33業種の全て が上昇し、値上がり率上位にはサービス業や電気機器、精密機器などが並んでいる。 日経平均は、6月13日に開けた窓(2万7389円30銭─2万7795円17銭 )に差し掛かっている。「真空地帯に当たり、窓の上限までは上昇しやすくなりそうだ」 (国内証券)との声が出ている。 前日の米株高は「複合的要因」(野村証券...

寄り付きの日経平均は続伸スタート、米株高を好感 ハイテク株が高い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比334円27銭高の2万7295円95銭と、続伸してスタートした。前日の米国市場での株高を好感する形となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日本化薬が買い優勢 魚力は売り優勢 

<08:28> 寄り前の板状況、日本化薬が買い優勢 魚力は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 日本化薬 27% 1,41 1,41 1,41 1,11 5 5 5 5 2 大東建託 25% 15,1 15,1 15,1 12,1 40 40 40 40 3 リオン 21% 2,83 2,83 2,83 2,33 3 2 3 7 4 椿本チエイン 21% 3,70 3,70 3,70 3,06 5...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線上抜けならず 25日線は維持

   <15:38> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線上抜けならず 25日線は維持 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6781円68銭。75日移動平 均線(2万6800円99銭=27日)を終値では上回れなかった。日足・一目均衡表で はわずかに雲領域(上限:2万6789円77銭=同)につかまった。一方、ローソク足 の上下のヒゲはほぼ同じ長さで、気迷いがうかがえる。25日線(2万6686円36銭 =同)を維持しており、下値の堅さも意識される。 <15:05> 新興株はマザーズが小幅反落、大型高配当株に資金移動の見方も 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅反落、大型高配当株に資金移動の見方も

   <15:05> 新興株はマザーズが小幅反落、大型高配当株に資金移動の見方も 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.33%安の645.11ポイントと 小幅に反落した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダックは大幅高となったが 、日本の新興株はさえない動きとなった。市場では「大型の高配当銘柄に資金が移動して いる可能性がある」(国内証券)との見方が出ていた。 フリーが年初来安値を更新したほか、JTOWER、データホライ ゾンがさえない動きとなり、指数の重しになった。一方、FRONTEO<2158. T>やウェルスナビ、エクサウィザーズ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up