for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

神奈川中央交通株式会社

9081.T

現在値

3,455.00JPY

変化

65.00(+1.92%)

出来高

44,700

本日のレンジ

3,350.00

 - 

3,470.00

52週レンジ

3,200.00

 - 

3,775.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,390.00
始値
3,435.00
出来高
44,700
3か月平均出来高
0.25
高値
3,470.00
安値
3,350.00
52週高値
3,775.00
52週安値
3,200.00
発行済株式数
12.27
時価総額
42,714.00
予想PER
--
配当利回り
1.18

次のエベント

Dividend For 9081.T - 20.0000 JPY

適時開示

その他

Kanagawa Chuo Kotsu announces president and chairman change

Kanagawa Chuo Kotsu raises year-end dividend forecast for FY 2016

Kanagawa Chuo Kotsu raises consolidated mid-year and full-year outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

神奈川中央交通株式会社とは

神奈川中央交通グループは、交通事業を行う。【事業内容】一般旅客自動車運送事業は、湘南神奈交バス、津久井神奈交バス、横浜神奈交バス、相模神奈交バス、藤沢神奈交バスが乗合業を、神奈中観光が貸切業を、相模中央交通、神奈中ハイヤー、湘南相中、海老名相中、厚木相中、神奈中サガミタクシー、神奈中ハイヤー横浜、二宮神奈中ハイヤー、神奈中タクシーホールディングスが乗用業をそれぞれ行う。不動産事業においては、分譲業を、相模中央交通、神中興業が賃貸業をそれぞれ行う。自動車販売事業においては、神奈川三菱ふそう自動車販売、神奈中相模ヤナセが自動車販売事業を行う。レジャー・スポーツ事業においてはクリエイトL&Sがゴルフ場業、スポーツ施設業及び温浴業を行う。その他の事業として、神奈中商事が流通事業を、神奈中システムプランが飲食・娯楽業を、グランドホテル神奈中がホテル業を、神中興業が自動車整備業を、アドベル、横浜車輌工業、神奈中情報システム、横浜ビルシステム、神奈中アカウンティングサービス、大山観光電鉄、小田急保険サービス、朋栄がその他をそれぞれ行う。

業種

Misc. Transportation

連絡先

6-18, Yaezaki-cho

HIRATSUKA-SHI, KNG

254-0811

Japan

+81.46.3228800

http://www.kanachu.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasunori Hori

President, Executive President, Representative Director

Yoshihiro Fukuhara

President of Subsidiary, Director

Shigehiro Kaneko

Senior Managing Executive Officer, Director

Yoshiyuki Ohki

Senior Managing Executive Officer, Director of General Affairs, Director

Masayuki Imai

Managing Executive Officer, Director of Business Strategy, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
15.12
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.43
株価純資産倍率(四半期)
0.84
株価キャッシュフロー倍率
4.51
総負債/総資本(四半期)
104.85
長期負債/資本(四半期)
82.28
投資利益率(過去12カ月)
2.63
自己資本利益率(過去12カ月)
1.95

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線は下落基調に

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線は下落基調に 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陽線」。買い手の心理としては、上昇期 待感の中、気迷いを示唆している。終値は2万6153円81銭となり、節目の2万60 00円を維持して取引を終えた。 ただ、ローソク足は5日移動平均線(2万6467円31銭=4日)を大きく下回っ ている上、5日線は下落基調となっている。一目均衡表では薄い雲がローソク足の上に位 置しており、弱気相場が続ていることを示している。 <15:20> 新興株市場はマザーズが反発、直近IPO銘柄はさえない 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが反発、直近IPO銘柄はさえない

<15:20> 新興株市場はマザーズが反発、直近IPO銘柄はさえない 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.21%高の654.10ポイントと 反発した。直近IPO銘柄では利益確定売りが優勢となった一方、グロース系銘柄は堅調 に推移した。グロース指数は同1.14%高の832.69ポイントだった。 個別では、ウェッジホールディングス、スパイダープラスがストッ プ高となったほか、メドレックスが堅調に推移した。半面、イーディーピー<779 4.T>、M&A総合研究所、東京通信などは値下がりした。 <13:59> 日経平均はもみ合い、様子見姿勢強...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、様子見姿勢強まる

<13:59> 日経平均はもみ合い、様子見姿勢強まる 日経平均は大きな値動きはみられず、前営業日比約140円高の2万6000円付近 でもみ合う展開が続いている。この日は独立記念日で米国市場が休場となるため、「徐々 に様子見姿勢が広がっており、値動きに乏しい」(国内運用会社)との声が聞かれた。 今週は米国で雇用統計や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨など、重要な経 済指標などの公表が相次ぐため、「積極的に買い上がっていく状況ではなく、週前半は方 向感のない動きになるのではないか」(国内証券)との見方もあった。 東証プライム市場の騰落数...

再送-〔マーケットアイ〕株式:後場に入ってからも高値もみあい、方向感乏しく一進一退

(誤字を修正しました) [東京 4日 ロイター] - <12:45> 後場に入ってからも高値もみあい、方向感乏しく一進一退 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万6100円前後の水準で推移して いる。方向感に乏しい状態が続き一進一退。主力銘柄が総じてしっかりとなる一方、前週 末に下落した三菱商事など商社株が反発した。 市場では「下値では買いニーズがあることが、きょうの前場で確認されたが、今晩の 米株市場が休場となるため仕掛けにくく、徐々に模様眺めとなっている」(国内証券)と の声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は反発...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 下値では買いが流入

4日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比149円45銭高の2万6085円07銭と、反発した。前週末の米国株式市場の上昇を好感した格好となっている。中盤に伸び悩む場面があったものの、下値では値ごろ感からの買いが流入。終始堅調な地合いを維持した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は盛り返す、2万6000円以下は底堅い印象に

<10:55> 日経平均は盛り返す、2万6000円以下は底堅い印象に 日経平均は盛り返す動きとなっている。再び2万6000円を割り込む動きになった ものの、下値では買いが入るようになっており「大台を下回る水準まで下がると底堅くな る印象がある」(国内証券)という。前日比小幅高まで値を消したが、マイナスに沈むこ とはなかった。 今晩の米国株式市場が休場であるため、方向性に乏しい状況となっているが、2万6 000円以下では割安感から買い向かう動きが生じるとの見方が出ていた。      <09:56> 日経平均は上げ幅縮小、米株先物の軟調な値動...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、米株先物の軟調な値動きが重しに

     <09:56> 日経平均は上げ幅縮小、米株先物の軟調な値動きが重しに 日経平均は上げ幅を縮小している。時間外取引の米株先物が朝方に比べ下げ幅を拡大 して投資家心理の重しになり、利益確定や戻り待ちの売りが日経平均の上値を抑えている 。 寄り付きから心理的節目2万6000円を回復した後も上値を伸ばし、一時300円 超高となったが「買い上がる材料に乏しい中では、自律反発の範囲内」(国内証券)との 受け止めが聞かれた。 東証33業種では、値上がりは電気・ガス業や卸売業、サービス業など29業種で、 値下がりは保険業や海運業、石油・石炭製品...

寄り付きの日経平均は反発スタート、米株高を好感 KDDIは大幅安

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比151円16銭高の2万6086円78銭と、反発してスタートした。前週末の米株高を好感する形となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、秋田銀行が買い優勢 KDDIは売り優勢

<08:26> 寄り前の板状況、秋田銀行が買い優勢 KDDIは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 秋田銀行 24% 2,04 2,04 2,04 1,64 5 5 5 5 2 トーカイ 24% 2,05 2,05 2,05 1,65 1 1 1 1 3 グローリー 24% 2,57 2,57 2,57 2,07 0 0 0 0 4 理想科学工業 23% 2,68 2,68 2,68 2,18 5 5...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up