for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社商船三井

9104.T

前日終値

3,015.00JPY

変化

62.00(+2.10%)

出来高

1,029,100

本日のレンジ

2,933.00

 - 

3,040.00

52週レンジ

2,163.00

 - 

3,050.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,953.00
始値
2,950.00
出来高
1,029,100
3か月平均出来高
24.60
高値
3,040.00
安値
2,933.00
52週高値
3,050.00
52週安値
2,163.00
発行済株式数
119.59
時価総額
360,076.40
予想PER
8.59
配当利回り
1.51

次のエベント

Q2 2020 Mitsui OSK Lines Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Russia's Novatek signs agreement with Mitsui O.S.K. Lines and JBIC

Mitsui O.S.K. Lines Will More Than Double Its Fleet Of LNG Regasification Ships - Nikkei

Mitsui Osk Lines To Introduce A Coal Carrier With Expanded Capacity As Early As 2021 - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社商船三井とは

商船三井グループは、海運業を中心に事業を展開する。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントを運営する。ドライバルク船事業は、ドライバルク船(火力発電用の石炭を輸送する石炭船を除く)を保有、運航し、海上貨物輸送を行う。エネルギー輸送事業は火力発電用の石炭を輸送する石炭船、油送船、海洋事業・液化天然ガス(LNG)船等の不定期専用船を保有、運航し、世界的な規模で海上貨物輸送を行う。製品輸送事業は、コンテナ船事業及び自動車船・フェリー・内航RORO船事業を含む。コンテナ船事業は、コンテナ船の保有、運航、コンテナターミナルの運営を行う。同社は航空・海上フォワーディング、陸上輸送、倉庫保管、重量物輸送等のロジスティクス事業も行う。自動車船・フェリー・内航RORO船事業は、自動車専用船を保有、運航する。また、同社はフェリーを運航し、旅客並びに貨物輸送を行う。関連事業は、不動産事業を行うほか、関係会社を通じて、客船事業、曳船業、商社事業(燃料・舶用資材・機械販売等)、人材派遣業などを営む。その他事業は、同社グループのコストセンターとして、油送船とLNG船を除く船舶の船舶管理業、グループの資金調達等の金融業、情報サービス業、経理代行業、海事コンサルティング業などを営む。

業種

Water Transportation

連絡先

Shosen Mitsui Bldg., 2-1-1, Toranomon

+81.3.35877026

http://www.mol.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Koichi Muto

Chairman of the Board, Chairman of the Executive Boards, Representative Director

Junichiro Ikeda

President, Executive President, Representative Director

Takeshi Hashimoto

Executive Vice President, Chief Director of Energy Transport Sales, Representative Director

Shizuo Takahashi

Executive Vice President, Representative Director

Akihiko Ono

Senior Managing Executive Officer, Deputy Chief Director of Safety Operations, Deputy Chief Director of Product Transport Sales, Director

統計

2.00 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.5K

2018

1.7K

2019

1.2K

2020(E)

1.2K
EPS (JPY)

2017

44.000

2018

-396.160

2019

224.720

2020(E)

347.338
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.30
株価純資産倍率(四半期)
0.69
株価キャッシュフロー倍率
2.62
総負債/総資本(四半期)
211.15
長期負債/資本(四半期)
157.13
投資利益率(過去12カ月)
3.11
自己資本利益率(過去12カ月)
2.24

最新ニュース

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=4日

2.73%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日本たばこ産業 22.94 02 日産化学 23.52 03 CE HLDG 24.11 04 前田工繊 24.34 05 近鉄百貨店 24.98 06 ミニストップ 25.01 07 ジャストシステム 25.28 08 竹本容器 25.33 09 ダイセキ環境ソリューシ 25.38 ョン 10 大分銀行 25.78 11 ソニーフィナンシャルH 26.34 LDG 12 ジェイリース 26.36 13 ツツミ 26.52 14 インテリジェント ウェ 26.64 イブ 15 ヤマハ 26.75...

日経平均は小反発、薄商い続く 円高一服は支え

日経平均は小反発。米中貿易摩擦への懸念が残る中で続落スタートとなったが、ドル/円のじり高を眺めて下げ幅を縮小、プラス転換した。上海株をはじめとするアジア主要株が落ち着いた動きだったことも安心材料となった。米国株市場の動向を見極めたいという向きが多く、様子見ムードも強かった。東証1部売買代金は1兆3874億円にとどまり、前日に次ぐ今年2番目の低水準となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「十字線」、投資家は気迷い

<15:51> 日経平均・日足はほぼ「十字線」、投資家は気迷い  日経平均・日足はほぼ「十字線」。ローソク足は上ヒゲが長く、投資家の気迷いを表している。上向き の5日移動平均線(2万0544円20銭=2日)がサポートとして意識される一方、右肩下がりの25日 移動平均線(2万0747円64銭=同)が上値を圧迫してきた。このところ2万0700円前半から半ば で伸び悩んでおり、同水準を一気に抜け切れなければ、底堅いながらも上値は重い展開になるとみられてい る。 <15:26> 新興株式市場は堅調、サンバイオは大幅続伸 新興株市場は堅調。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、サンバイオは大幅続伸

<15:26> 新興株式市場は堅調、サンバイオは大幅続伸 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズはともに続伸した。1日に米中が相互に追加 の制裁関税を発動し、貿易摩擦への懸念が強まったことで、内需株の多い新興株に買いが入った。 マザーズ市場ではサンバイオ が大幅続伸。同社は8月30日、外傷性脳損傷を対象にした再生 細胞薬「SB623」の試験結果を米国防総省が開催したシンポジウムで公表したと発表。負傷軍人の治療 など国防総省固有の需要取り込みに対する期待から買いが先行した。このほかイノベーション が反 発。一方、SHIFT...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、金利・為替の先行き不透明で買いづらさ

<14:22> 日経平均は膠着、金利・為替の先行き不透明で買いづらさ 日経平均は2万0600円台前半で膠着。市場からは「ここ数週間の日経平均には割安感があり、そこ を拾う動きはみられるものの、2万1000円近辺まで上昇するわけでもない。金利や、米中貿易摩擦によ る為替の動向に先行き不透明感があり、日本株を買いづらくしている」(国内証券)との声が出ていた。 <13:26> 日経平均は安値圏で小動き、朝方売られた銘柄に買い戻し 日経平均は安値圏で小動き、2万0600円台前半で推移している。「米中追加関税発動の影響が懸念 されたが、先週TOPIX...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で小動き、朝方売られた銘柄に買い戻し

<13:26> 日経平均は安値圏で小動き、朝方売られた銘柄に買い戻し 日経平均は安値圏で小動き、2万0600円台前半で推移している。「米中追加関税発動の影響が懸念 されたが、先週TOPIXが直近高値をつけた地合いの強さは維持している。為替も1ドル106円前半と それほど円高が進んでおらず、朝方売られた輸出関連株などが下値で買い戻されている」(国内証券)との 声が出ていた。 <11:35> 前場の日経平均は反落、小幅安水準の狭いレンジで推移 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比50円38銭安の2万0653円99銭となり、反落し た。...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反落、小幅安水準の狭いレンジで推移

<11:35> 前場の日経平均は反落、小幅安水準の狭いレンジで推移 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比50円38銭安の2万0653円99 銭となり、反落した。朝方は、米中の追加関税発動を受け、売り優勢で始まったものの、 その後は今晩の米国市場がレーバー・デーで休場となることから様子見ムードが広がり、 前週末に比べて小幅安の水準で推移。方向感に乏しい動きとなり、前場の日経平均は上下 に53円27銭と狭いレンジの振れ幅にとどまった。 米国と中国は1日、互いの輸入品に対する追加関税を発動したものの、トランプ大統 領は記者団に対して、中国...

ホットストック:海運株がしっかり、バルチック指数上昇を好感

日本郵船、商船三井、川崎汽船など海運株がしっかり。このところのバルチック海運指数の上昇を好感し、買い先行となっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 富士ピー・エス 02 J.フロント リテイリング 03 日清紡HLDG 04 ジューテックHLDG 05 ダイトウボウ 06 ノムラシステムコーポレーショ ン 07 日産化学 08 保土谷化学工業 09 三谷セキサン 10 日本製鋼所 11 CKD 12 電気興業 13 アイホン 14 東京産業 15 新光商事 16 商船三井 17 エムティーアイ  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=12日

RIC 銘柄名 01 ホットランド 02 TOWA 03 スズキ  

ホットストック:海運株が業種別トップ、バルチック指数の上昇止まらず

商船三井や川崎汽船、日本郵船など海運株が上昇している。日本株全体としては円高懸念などで欧米株と比べて相対的に伸び悩んでいるが、東証業種別指数で海運は約2.1%の上昇(午前10時47分時点)と33業種中トップになっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=27日

0.87%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 東邦瓦斯 26.19 02 BEENOS 26.33 03 日本新薬 26.86 04 サイゼリヤ 26.93 05 科研製薬 27.00 06 ショーエイコーポレーション 27.00 07 オエノンHLDG 27.35 08 コムチュア 27.50 09 カルビー 28.91 10 神奈川中央交通 28.96 11 CARTA HLDG 28.96 12 新京成電鉄 29.34 13 三重交通グループHLDG 29.46 14 寿スピリッツ 29.54 15 キングジム 29.66 (*...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=3日

RIC 銘柄名 01 片倉工業 02 ZOZO 03 GMOクラウド 04 東京応化工業 05 スカラ 06 日亜鋼業 07 アマダHLDG 08 タツモ 09 千代田化工建設 10 IDEC 11 船井電機 12 島根銀行 13 市光工業 14 尾家産業 15 ドウシシャ 16 凸版印刷 17 ピジョン 18 長瀬産業 19 東京エレクトロン 20 正栄食品工業 21 タカキュー 22 井筒屋 23 Olympicグループ 24 山陽電気鉄道 25 商船三井 26 ソフトバンクグループ  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=21日

4.69%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 宮越HLDG 19.65 02 Hamee 20.28 03 東洋エンジニアリング 22.33 04 ショーワ 23.56 05 インプレスHLDG 23.64 06 ポプラ 23.89 07 加藤産業 24.25 08 アルフレッサHLDG 24.31 09 セレス 24.43 10 三栄建築設計 24.43 11 スノーピーク 24.53 12 商船三井 24.67 13 ファンケル 24.95 14 愛知時計電機 25.19 15 日東製網 25.44 (*):RSIが70以上、または...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 ジャパンフーズ 02 永谷園HLDG 03 飯田グループHLDG 04 アステラス製薬 05 ID HLDG 06 星光PMC 07 コスモエネルギーHLDG 08 三協立山 09 OKK 10 岡谷電機産業 11 ヘリオス テクノ HLDG 12 スズデン 13 西松屋チェーン 14 リョーサン 15 九州リースサービス 16 京浜急行電鉄 17 セイノーHLDG 18 ANA HLDG 19 東京瓦斯 20 東邦瓦斯  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 三重交通グループHLDG 02 トーカロ 03 ケイアイスター不動産 04 アジアパイルHLDG 05 津田駒工業 06 日本マイクロニクス 07 ローム 08 アルヒ 09 東京センチュリー 10 商船三井 11 レノバ  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 関西ペイント 02 東洋製罐グループHLDG 03 OSJB HLDG 04 コナミHLDG  

商船三井、独LNG基地に参画へ 独ユニパーと合意締結

独エネルギー会社ユニパー<UN01.DE>は17日、国内に液化天然ガス(LNG)輸入基地を建設する計画について、商船三井<9104.T>に基地の所有・運営を委託することで合意したと明らかにした。

ホットストック:郵船など海運株が堅調、バルチック海運指数が急伸

商船三井や川崎汽船、日本郵船が買われ、業種別指数の海運が2%を超す上昇となっている。26日にバルチック海運指数は7%超高と急伸した。このところの原油相場の下落による燃料コスト負担低減への期待も海運株の支援材料となっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=6日

RIC 銘柄名 01 石油資源開発 02 東急建設 03 ヤマウラ 04 オプトHLDG 05 日清食品HLDG 06 トヨタ紡織 07 UKCHLDG 08 デリカフーズHLDG 09 メディアドゥHLDG 10 特種東海製紙 11 オープンドア 12 レンゴー 13 ザ・パック 14 セントラル硝子 15 ステラ ケミファ 16 大日精化工業 17 第一三共 18 品川リフラクトリーズ 19 大平洋金属 20 岡部 21 三浦工業 22 DMG森精機 23 ホシザキ 24 コンドーテック 25 ハウス オブ ローゼ 26 ネットワンシステムズ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up