for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

明治海運株式会社

9115.T

現在値

891.00JPY

変化

-19.00(-2.09%)

出来高

332,900

本日のレンジ

886.00

 - 

902.00

52週レンジ

608.00

 - 

1,614.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
910.00
始値
896.00
出来高
332,900
3か月平均出来高
12.84
高値
902.00
安値
886.00
52週高値
1,614.00
52週安値
608.00
発行済株式数
33.67
時価総額
32,760.00
予想PER
--
配当利回り
0.55

次のエベント

Q2 2023 Meiji Shipping Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

MEIJI SHIPPING expects extraordinary profit for Q4 of FY 2016 and lowers consolidated full-year outlook for FY 2016

MEIJI SHIPPING expects extraordinary loss for FY 2016; revises consolidated full-year outlook and year-end dividend forecast for FY 2016

MEIJI SHIPPING expects extraordinary loss for Q3 of FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

明治海運株式会社とは

明治海運グループは外航海運業を中心に事業を展開する。【事業内容】3つの事業セグメントにより構成される。外航海運業においては、同社は、タンカー・自動車専用船及びバルカー等の不定期船を保有する船舶オーナー会社を海外に擁し、貸船料収入を収受する船舶貸渡業を柱として海運に係る事業を行う。ホテル関連事業においては、現在国内各所でホテル及びゴルフ場を所有し、それぞれのサービスを提供する。不動産賃貸業においては、主に所有ビルを事務所用物件としてテナントに賃貸する不動産貸事業を中心とし、持分法適用会社にて不動産斡旋・仲介業務、ビルの総合運営管理を行う。

業種

Water Transportation

連絡先

32, Akashi-machi, Chuo-ku

KOBE-SHI, HYG

650-0037

Japan

+81.78.3313701

http://www.meiji-shipping.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuya Uchida

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Takaya Uchida

President, Chief Operating Officer, Representative Director

Jun Ushijima

Vice President, Representative Director

Nobuo Tsuchiya

Senior Managing Director, President of Subsidiary

Hitoshi Fujikawa

Managing Director, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
8.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.68
株価純資産倍率(四半期)
1.13
株価キャッシュフロー倍率
1.46
総負債/総資本(四半期)
658.13
長期負債/資本(四半期)
543.03
投資利益率(過去12カ月)
4.03
自己資本利益率(過去12カ月)
2.94

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は続落、利益確定売り優勢に 中国株安も重し

東京株式市場で日経平均は続落した。先高観は引き続き強いものの、急ピッチの上昇を経た過熱感から、引き続き利益確定売りが優勢となった。中国株が軟調に推移したことも相場の重しとなった。

ホットストック:海運株に引き続き商い集中、郵船は利益確定売りで反落

海運株が引き続き商いを集めている。相場全体の地合いが悪化する中で「値動きが軽い海運株に短期回転を狙った個人投資家の資金が向かっている」(国内証券)という。ただ、日本郵船が反落するなど大手は利益確定売りが先行している。

ホットストック:中小型海運株が人気化、明治海運と共栄タンカーが値上がり率上位

中小型海運株が人気化している。午前9時30分現在、東証1部市場の値上がり率ランキングで明治海運が第1位、共栄タンカーが第2位。そのほか、NSユナイテッド海運、飯野海運などもしっかり。

ホットストック:川崎汽船が続伸、上場修正を好感 海運株は全面高商状

川崎汽船が続伸し連日の年初来高値更新となっている。前日に業績見通しの上方修正を発表したことが好感された。海運業界では21日に商船三井も上方修正が発表したが、相次ぐ業界の好材料に日本郵船、商船三井、明治海運、飯野海運、共栄タンカーなどが買われ全面高商状となっている。

日経平均は3日続伸、米株高を好感 決算控え様子見ムード

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。前週末7日の米国株式市場は、米雇用統計が市場予想を下回ったことから金融緩和が長期化するとの思惑が支えとなり、主要3指数が上昇。日本株もこの流れを引き継ぐ展開となった。日経平均は寄り付き後マイナス圏に転落する場面もみられたが、すぐに切り返し、前場では一時前営業日比327円を超える上昇となった。後場ではファーストリテイリングの軟化が重しとなり、上げ幅を縮小。今週は主要企業の決算発表がピークを迎えることから、徐々に様子見ムードが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲ伴い上昇転換示す

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲ伴い上昇転換示す 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陽線」。上昇への転換を示唆している。25日移動平均線(1 万8751円92銭=22日)は上向きで短期的な上昇トレンドを維持しているほか、下値支持線としても 意識された。 日足一目均衡表の雲下限や5日移動平均線(1万9455円06銭=22日)に上値を抑えられる形が 継続しており、上値の重い展開が想定される。 <15:59> マザーズ・ジャスダックともに続落、原油安で流れ悪化 新興株市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ・ジャスダックともに続落、原油安で流れ悪化

<15:59> マザーズ・ジャスダックともに続落、原油安で流れ悪化 新興株市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに続落した。市場では「先週は小型株 が強く、個人の資金が向かっていたが、米株安や原油を受け流れが悪化。撤収する動きとなっている」(国 内証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は1.99%安。サイバーセキュリティクラウド はストップ安比例配分。松屋ア ールアンドディ 、サーバーワークス 、メルカリ フリー も軟調だった。一 方、アンジェス 、弁護士ドットコム 、NexTone 、マクアケ は買わ れた ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、1万8900円台後半 米株先物は軟化

<13:56> 日経平均は安値圏でもみあい、1万8900円台後 半 米株先物は軟化 日経平均は安値圏でもみあい、1万8900円台後半での推移となっている。市場からは「米株先物に 連動する動きとなっている。日銀のETF(上場投資信託)買いは入ったと思われるが、影響は限定的。し ばらくは米株先物の動向や原油に関するニュースに左右される相場となるだろう」(国内証券)との声が出 ていた。 <11:46> 前場の日経平均は続落、一時400円超安 売り一巡後は下げ渋り  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比230円45銭安の1万9050円33...

日経平均は続落、一時400円超安 売り一巡後は下げ渋り

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比230円45銭安の1万9050円33銭となり、続落した。原油安や前日の米国安などを嫌気し、主力株を中心に幅広く売られた。一時は節目の1万9000円を割り込み、下げ幅も400円超に拡大したが、その後は下げ渋った。

ホットストック:タンカー関連が大幅続伸、原油の洋上備蓄需要の思惑で

共栄タンカー、明治海運が大幅続伸。午前9時21分現在、東証1部で値上がり率上位となっている。原油価格の下落で引き続きタンカー市況の上昇に対する思惑が出ている。飯野海運も買われている。

日経平均は続落、原油暴落で不透明感 個別には買いも

東京株式市場で日経平均株価は続落。オーバーナイトの原油先物暴落と米株安が嫌気され、朝方から軟調に推移した。朝方に売りが一巡した後は下げ渋り、しばらくマイナス圏でもみあいとなったが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の健康状態に関する思惑が出て、午後は下げ幅を拡大する展開となった。新型コロナウイルスに関するニュースが出た個別銘柄は物色された。

ホットストック:明治海がストップ高、タンカー市況上昇への思惑で

タンカー関連が高い。明治海運は一時25%超高、共栄タンカーは一時16%超高とストップ高となっている。東証1部で値上がり率1、2位。原油価格の急落により、タンカー市況の上昇に対する思惑が出ているという。飯野海運も買われている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up