for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本航空株式会社

9201.T

現在値

2,599.00JPY

変化

-97.00(-3.60%)

出来高

14,210,700

本日のレンジ

2,568.00

 - 

2,629.00

52週レンジ

1,801.00

 - 

2,857.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,696.00
始値
2,596.00
出来高
14,210,700
3か月平均出来高
75.71
高値
2,629.00
安値
2,568.00
52週高値
2,857.00
52週安値
1,801.00
発行済株式数
437.01
時価総額
1,136,136.00
予想PER
27.07
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 9201.T - 20.0000 JPY

適時開示

その他

All Nippon Airways, Japan Airlines To Source SAF From Raven - Nikkei

Japan Airlines: To Resume Flights From Beijing To Narita From Sept Following Recent Relaxation Of China's Restrictions

JAL Exec: Current 7Th Wave Of Covid-19 Outbreak In Japan Has Not Had Notable Impact On International Flight Demand

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本航空株式会社とは

日本航空グループは、主に航空事業を展開する。【事業内容】国際・国内旅客と貨物を対象とする定期及び不定期航空運送事業、航空機使用事業、並びに空港旅客サービス、グランドハンドリング、整備、貨物、旅客販売及び空港周辺事業などのその他附帯する又は関連する事業を行う。また、航空運送を利用した旅行の企画販売、航空座席の販売、手荷物宅配、システム開発・運用、旅行業向け予約発券システムの提供、クレジットカード事業などの旅行企画販売事業も行う。

業種

Airline

連絡先

19F, NRE Tennozu Bldg.

2-4-11, Higashi-Shinagawa

SHINAGAWA-KU, TKY

140-8637

Japan

+81.3.54605747

https://www.jal.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshiharu Ueki

Chairman of the Board

Yuji Akasaka

Executive President, Representative Director

Hideki Kikuyama

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Finance and Accounting, Representative Director

Yuichiro Kido

Director of Finance

Shinichiro Shimizu

Executive Vice President, Representative Director

統計

2.14 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

1.4K

2021

0.5K

2022

0.7K

2023(E)

1.4K
EPS (JPY)

2020

155.660

2021

-764.990

2022

-406.290

2023(E)

103.558
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.95
株価純資産倍率(四半期)
1.44
株価キャッシュフロー倍率
8.57
総負債/総資本(四半期)
113.16
長期負債/資本(四半期)
100.42
投資利益率(過去12カ月)
-1.93
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.47

最新ニュース

最新ニュース

JAL、今期最終黒字250億円に下方修正 期末配当は20円予定

日本航空(JAL)は2日、2023年3月期通期の連結業績予想(国際会計基準)を下方修正した。純損益は250億円の黒字(前期は1775億円の赤字)となる見通しで、従来予想の450億円の黒字から200億円引き下げる。費用削減は着実に進んでいるが、国内旅客収入などの下振れが響く。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線がゆるやかに上昇

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陽線」となった。買い手の心理としては、様子見姿勢の強さを示している。終値は2万7433円40銭。25日移動平均線(2万6492円71銭=30日)がゆるやかに上昇しており、今後もこの流れを維持できるかが焦点となる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米ハイテク株高を好感

新興株式市場は、マザーズ総合は前営業日比0.36%高の773.76ポイントと、反発した。東証グロース市場指数は同0.28%高の980.85ポイントだった。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小幅安で軟調、円高進行が重しに

後場に入り日経平均は小幅安と、軟調な展開となっている。前場では130円台前半で推移していたドル/円相場が、129円台前半まで下落しており、「急速な円高進行が重しとなっているようだ」(国内運用会社・チーフマーケットストラテジスト)との声が聞かれる。

午前の日経平均は続伸、FOMCや企業決算にらみ値幅は限定

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比91円19銭高の2万7473円75銭と、続伸した。前週末の米株高を好感し、日本株は底堅い展開となった。ただ、心理的節目の2万7500円が近づくと上値の重さも意識された。米連邦公開市場委員会(FOMC)や日米の企業決算発表を控え、内容を見極めたいとの思惑もあり、値幅は130円程度にとどまった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高で小動き、リオープン関連はしっかり

日経平均は小幅高で小動きの展開で、前営業日比約20円高の2万7400円近辺で推移している。上げ幅は一時、100円を超える場面もあったが、心理的節目の2万7500円が近付くと上値の重さが意識されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値で25日線を回復

<15:33> 日経平均・日足は「中陽線」、終値で25日線を回復 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「陽の大引け坊主」の形の「中陽線」となった 。買い手の心理としては強い上昇期待感を示している。終値は2万6553円53銭。 終値で25日移動平均線(2万6498円69銭=20日)を回復しており、底堅さ もみられた。市場では「テクニカル面では、来週まで日経平均は2万6200円から2万 6900円のレンジ内で収まりそうだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれ、 米連邦公開市場委員会(FOMC)が重なる1月30日週に、上下どちらに向かうかが...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、投資家心理上向き買い優勢

<15:09> 新興株はマザーズが3日続伸、投資家心理上向き買い優勢 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.20%高の753.59ポイントと 3日続伸した。東証グロース市場指数は同1.25%高の955.20ポイントだった。 為替の円安進行などで投資家心理が上向き、新興株市場でも主力株に買いが入った。 米金融政策の長期化で米景気減速懸念がくすぶる中、市場では「グローバル景気の影響を 受けにくい内需向けの銘柄に買いが入っているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、東京通信が13%高と大幅上昇したほか、ELEMENTS<524...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はしっかり、空運株が一段高 人流回復の期待で

<13:36> 後場の日経平均はしっかり、空運株が一段高 人流回復の期待で 後場に入り、日経平均はしっかりの展開となっている。前場引け時点から上げ幅を拡 大し、前営業日比約90円高の2万6500円近辺で推移している。米株先物やアジア株 がプラス圏で推移しているほか、前場に比べて為替が円安方向に振れており、支援材料と なっている。 業種別では空運業が値上がり率トップで、一段高となっている。昼休み時間中、岸田 文雄首相が新型コロナの感染症法上の位置づけについて、今春にも季節性インフルエンザ と同じ「5類」とする方向で専門家に議論を要請することを...

訂正-午前の日経平均は小反発、材料難でもみ合い

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比6円71銭高の2万6411円94銭と小反発(訂正)した。為替が対ドルで若干円安に振れたことが支えとなったものの、特段の材料がない中で、前日の終値を挟み一進一退の値動きを続けた。

ホットストック:インバウンド関連がしっかり、中国の春節やコロナ5類移行を好感

インバウンド(訪日外国人)関連銘柄がしっかりと推移している。藤田観光が2.4%高、日本航空が2.2%高、マツキヨココカラ&カンパニーが2.8%高と堅調に推移している。中国で春節(旧正月)を控えていることや、政府が新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて、季節性インフルエンザと同じ「5類」へ引き下げる意向を固めたと伝わったことが材料視されている。

JALとANA、SAFで伊藤忠らと合意 2025年以降に調達

伊藤忠商事は17日、米再生航空燃料(SAF)製造のレイヴェン(ワイオミング州)と共に、SAFの供給について日本航空、全日本空輸と合意し、覚書を締結したと発表した。航空業界では2050年の脱炭素に向けてSAFの利用を加速させている。

中国からの水際対策強化「影響は軽微」=ANAHD・JAL両社長

ANAホールディングス(ANAHD)の芝田浩二社長は5日、新型コロナウイルスの感染者が増えている中国からの渡航者に対する日本政府の水際対策強化について、中国からの旅客数は「上期(2023年4─9月期)中に戻ってこない前提で計画を立てている」として大きな影響はないとの見方を示した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で回復 8営業日ぶり

   <15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で回復 8営業日ぶり 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6447円87銭。5日移動平均 線(2万6392円92銭=27日)を終値で8営業日ぶりに回復した。一方、ローソク 足は安値引けで形状は良くない。3月9日安値2万4681円74銭と10月3日安値2 万5621円96銭を結ぶトレンドラインが心理的節目2万6000円付近を通っており 、これを維持して値固めを進めるかが目先の焦点。 <15:40> 新興株市場はマザーズが9日ぶり反発、ELEMENTSは初値上 回る 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが9日ぶり反発、ELEMENTSは初値上回る

<15:40> 新興株市場はマザーズが9日ぶり反発、ELEMENTSは初値上 回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比2.16%高の720.03ポイントと 反発した。前日まで8営業日続落しており、買い戻しが入った。東証グロース市場指数は 同2.24%高の914.10ポイントだった。 きょうスタンダード市場に上場したELEMENTSの初値は公開価格を9 5%上回る312円となり、これを上回る392円で取引を終えた。同じくBTM<5247. T>の初値は公開価格を41.2%上回る2118円で、その後1850円で取引を終えた 。 ビジョナル...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は上げ幅縮小、ファストリが指数押し上げ

<13:18>  後場の日経平均は上げ幅縮小、ファストリが指数押し上げ 後場の日経平均は、前引けの時点より上げ幅を縮小し、前営業日比約60円高の2万 6400円台後半で推移している。値がさ株がしっかりで、指数を支えているが、上値は 重い。 今晩は米国で10月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数や12月の ダラス連銀製造業活動、リッチモンド連銀製造業景気指数の発表を控えている。市場関係 者は「通常は日本株に大きな影響を与える統計ではないが、商いが薄い中での発表なので 、(明日以降)相場が上下する可能性もある」(国内証券のストラテジスト...

午前の日経平均は続伸、内需株が堅調 買い一巡後は小動き

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比137円60銭高の2万6543円47銭と続伸した。個別材料を手掛かりにした物色や米株先物の堅調な動きを背景に底堅く、特に内需株が相場を支えた。ただ、新規材料が乏しく買い一巡後は伸び悩み、前引けにかけては小幅高の水準で小動きとなった。

ホットストック:インバウンド関連株が堅調、中国の新型コロナ規制緩和を好感

インバウンド関連銘柄が堅調に推移している。東海旅客鉄道が1.9%高、西日本旅客鉄道が2.8%高、日本航空が2.8%高、ANAホールディングスが1.9%高、資生堂が4.6%高となっている。中国国家衛生健康委員会が、入国時の隔離義務を来年1月8日に解除すると26日に発表し、材料視されている。2020年以来厳しい入国制限が敷かれてきたが、緩和に動き始めた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、スローストキャスティクスがゴールデンクロス

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、スローストキャスティクスがゴール デンクロス 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6507円87銭。下影陰線とな り、上値は重いものの、買い方の抵抗も示唆される。スローストキャスティクスが売られ 過ぎ圏でゴールデンクロスし、反発への期待をつなぐ。下方向では3月安値と10月安値 を結ぶトレンドラインが心理的節目2万6000円付近を通っており、引き続き支持線と して意識される。 <15:53> 新興株はマザーズが6日続落、上場2日目のサンクゼール大幅高 新興株式市場は、マザーズ総合は0....

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが6日続落、上場2日目のサンクゼール大幅高

<15:53> 新興株はマザーズが6日続落、上場2日目のサンクゼール大幅高 新興株式市場は、マザーズ総合は0.02%安の721.69ポイントと、6日続落 した。東証グロース市場指数は前営業日比0.19%安の915.48ポイントだった。   個別では、上場2日目のサンクゼールが前日比16.24%高と商いを伴っ て大幅上昇したほか、noteがストップ高となった。 半面、 アイズ、インターファクトリー、フーディソンは 軟調に推移した。 新規上場のコーチ・エィは公開価格を35.8%上回る2500円で初値を 付け、一時2569円まで上昇。終値は初値...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up