for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,229.00JPY

変化

-21.50(-0.96%)

出来高

2,113,200

本日のレンジ

2,218.00

 - 

2,283.50

52週レンジ

2,060.00

 - 

3,864.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,250.50
始値
2,272.50
出来高
2,113,200
3か月平均出来高
81.60
高値
2,283.50
安値
2,218.00
52週高値
3,864.00
52週安値
2,060.00
発行済株式数
334.55
時価総額
784,295.60
予想PER
-3.35
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2021 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

ANA Exec: Expect Travel Demand To Gradually Recover At End-FY2021/22 For Domestic Routes, End-FY2023/24 For Intl Routes

All Nippon Airways Will Delay Delivery Of Aircraft, Says President & CEO Shinya Katanozaka - Nikkei

Japan's ANA Holdings Revises FY2019/20 Net Profit Forecast To 27 Billion Yen From 94 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは航空事業等を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67351001

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuji Hirako

President of Subsidiary, Director

Toyoyuki Nagamine

Executive Vice President, Representative Director

Yutaka Ito

Managing Executive Officer, Director

統計

3.30 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.0K

2019

2.1K

2020

2.0K

2021(E)

1.2K
EPS (JPY)

2018

417.820

2019

331.040

2020

82.660

2021(E)

-673.199
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
0.78
株価キャッシュフロー倍率
16.52
総負債/総資本(四半期)
140.42
長期負債/資本(四半期)
117.94
投資利益率(過去12カ月)
-4.40
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.44

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は続伸、米株高や円安が支援 決算発表銘柄の物色活発化

東京株式市場で日経平均株価は続伸。前日の米国株が上昇したことやドル/円が円安方向に振れたことに支援され、朝方から幅広い業種で買いが先行した。個別ではキッコーマン<2801.T>やスズキ<7269.T>、旭化成<3407.T>が上昇するなど、決算発表を手掛かりにした物色が目立った。

ANA、8―9月国際線は計画比9割減 出入国規制や需要減少で

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は4日、8月―9月の国際線について、当初の運航計画比89%を減便・運休すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う出入国規制や検疫体制、需要減少などを踏まえ判断した。

航空各社、お盆期間の国内線予約数は4―6割減 ANAは過去最低

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)や日本航空<9201.T>(JAL)など航空各社が31日、お盆期間中(8月7日―16日)の予約数を発表した。新型コロナ感染者数が再増加する中、各社の予約数は前年同期を大幅に下回っており、ANAは国内線、国際線ともに過去最低を記録した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。25日移動平均線(2万2519円93銭= 30日)が上値抵抗線として機能した。市場では「国内での新型コロナウイルス感染者の増加、相次ぐ低調 な企業決算を受け、日経平均は下値模索が続いている。積極的に買う材料にも乏しく、本格的な夏枯れ相場 に突入したようだ。当面は25日移動平均線を中心としたもみあいになる可能性が高い」(国内証券)との 声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色

<16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続落、東証マザーズ指数は反発となった。決算を 材料視した個別の物色が継続したほか、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、巣ごもり関連 への買いも目立った。 ジャスダック指数は0.69%安。日本マクドナルドホールディングス 、プロルート丸光<825 6.T>、クレオ が下落した。テラ 、出前館 、ストリームメディアコーポレーショ ン は上昇した。 マザーズ指数は1.26%高。プレシジョン・システム・サイエンス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、都内飲食店への営業時間短縮要請の報道に反応

<13:00> 日経平均はマイナス圏、都内飲食店への営業時間短 縮要請の報道に反応 日経平均は後場マイナス圏に転落、一時前営業日比43円57銭安となった。その後は20円ほど安い 2万2300円台後半での推移となっている。ランチタイム中に東京都が新型コロナウイルスの感染防止策 として、都内の飲食店とカラオケ店に再び営業時間の短縮を要請する方向で調整していることが分かったと 日経新聞が報じたことが嫌気されているという。 市場では「オーバーナイトの米国株式市場は上昇したものの、米株先物はマイナス圏で推移しているほ か、国内での新型コロナの感染者数...

日経平均は小反発、決算手掛かりに個別物色

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円18銭高の2万2408円29銭となり、小反発した。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数が揃って上昇した流れを引き継ぎ、高く始まった後、プラス圏でもみあいが続いた。前日に4─6月期の好決算を発表したエムスリー<2413.T>が買われる一方、今期業績予想を下方修正した花王<4452.T>が売られるなど、決算内容を手掛かりにした個別物色の展開となっている。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は小反発、決算手掛かりに個別物色

<11:48> 前場の日経平均は小反発、決算手掛かりに個別物色  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円18銭高の2万2408円29銭となり、小反発 した。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数が揃って上昇した流れを引き継ぎ、高く始まった後、プラ ス圏でもみあいが続いた。前日に4─6月期の好決算を発表したエムスリー が買われる一方、今期 業績予想を下方修正した花王 が売られるなど、決算内容を手掛かりにした個別物色の展開となって いる。 決算発表銘柄は、内容の強弱に素直に反応している。市場からは「エムスリーとソフトバンクグループ...

ホットストック:ANAは反発、決算通過で短期的な買い戻し

ANAホールディングスは反発。29日に発表した2020年4―6月期連結決算は純損益が1088億円の赤字(前年同期は114億円の黒字)だったが、コスト削減や事業構造改革を進めると強調したことなどが評価されているもよう。

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は反発スタート、決算内容で物色面に明暗

(見出しの「続伸」を「反発」に訂正します) [東京 30日 ロイター] - <09:05> 日経平均は反発(訂正)スタート、決算内容で物色面に明暗 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比92円13銭高の2万2489円 24銭となり、反発してスタート。前日の米国株式市場が堅調だったことが好感された。 野村ホールディングス が買い気配で始まる一方で、花王 が売り気配とな るなど、発表された決算の内容で物色面で明暗が分かれている。 <08:45> 寄り前の板状況、ソフトバンクGなどが買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ...

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ソフトバンクGなどが買い優勢

<08:45> 寄り前の板状況、ソフトバンクGなどが買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ な どのほか、ソフトバンクグループ 、指数寄与度の大きいファーストリテイリング が買い優勢。キヤノン 、ソニー は売り買い交錯となっている。 前日に決算を発表した銘柄では、三越伊勢丹ホールディングス が若干の売り 優勢、ANAホールディングス 、三井住友フィナンシャルグループ が売 り買い交錯、野村ホールディングス が買い優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下...

ANA、今年度の業績予想再び見送り 4—6月期は最終赤字1088億円

ANAホールディングス<9202.T>が29日発表した2020年4―6月期連結決算は、純損益が1088億円の赤字(前年同期は114億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客需要が急減した。21年3月期(今期)の連結業績予想・配当予想の公表は、5月の前期決算発表時に続いて再び見送った。感染拡大の影響を合理的に算定することが困難なため。

ANAHD、今期業績・配当予想見送り 4—6月期は1088億円の最終赤字

ANAホールディングスは29日、2020年4―6月期の連結純損益が1088億円の赤字(前年同期は114億円の黒字)だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で旅客需要が急減したため。21年3月期(今期)の連結業績予想、配当予想の公表は見送った。感染拡大の影響を合理的に算定することが困難なため。

今日の株式見通し=続落、米株安・円高を嫌気 個別では決算を材料視

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場の反落に加え、外為市場ではドル安/円高が進んでいることもあり、総じて軟調な展開となりそうだ。個別では、前日に市場予想を下回る業績見通しを発表した銘柄を中心に売りが加速するとみられる。

UPDATE 1-今日の株式見通し=続落、米株安・円高を嫌気 個別では決算を材料視

(内容を追加して更新します。) [東京 29日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   22657.38 24115.95 16358.19               -58.47 2020年1月17 2020年3月19   日 日 シカゴ日経平均先物9 22515(円建て 月限 ) きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落が想定されている。オーバーナイトの 米国株式市場の反落に加え、外為市場ではドル安/円高が進んでいることもあり、総じて 軟調な展開となりそうだ。個別では、前日に...

ホットストック:ANAがさえない、追加減便の発表受け下押す

ANAホールディングスがさえない。傘下の全日本空輸(ANA)が27日に8月の国内線において37路線・2717便を追加減便すると発表。前週末に減便を発表した日本航空も27日に売り優勢となったのと同様、下押しを余儀なくされている。

ANA、8月国内線を再度減便 感染者の再増加で予約伸び悩む

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は27日、8月の国内線において37路線・2717便を追加減便すると発表した。新型コロナウイルス感染者が再び増加していることを受け、予約数が伸び悩んでいるため。同月の運航数は当初の運航計画に対して77%となる。

ボックス圏で推移、決算発表を注視し方向性を探る=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、日経平均で2万2000円台前半から後半にかけてのボックス圏で推移すると予想されている。新型コロナウイルスに対する警戒感は残りながらも、これから明らかになる決算発表に対する期待が大きく、強弱感が対立しそうだ。連休中に下落した米国株式の動きを織り込んだ後は、決算発表を注視しながら方向性を探る動きになるとみられる。

強含みの展開に、決算発表見ながら2万3000円にトライ=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、強含みの展開が想定されている。新型コロナウイルスに対する警戒感は残りながらも、これから明らかになる決算発表で業績回復期待を織り込む期待が大きく、日経平均は上値の目安として意識されている2万3000円をトライすることになりそうだ。今晩の海外市場の動向や4連休中の内外の出来事を株価に反映して始まり、中盤から終盤にかけては国内で始まる決算発表が注目されることになる。

JAL、21年度の新卒採用見送りへ 内定者は予定通り採用

日本航空<9201.T>(JAL)は21日、2021年度の新卒採用を見合わせる方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空需要が激減しており、新卒採用を再開することは難しいと判断した。ただ、正式には確定しておらず、国際線の需要回復次第では採用を行うこともあるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up