for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,459.50JPY

変化

24.50(+1.01%)

出来高

3,441,400

本日のレンジ

2,396.50

 - 

2,461.50

52週レンジ

2,104.00

 - 

2,936.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,435.00
始値
2,429.50
出来高
3,441,400
3か月平均出来高
106.32
高値
2,461.50
安値
2,396.50
52週高値
2,936.50
52週安値
2,104.00
発行済株式数
470.35
時価総額
1,191,120.00
予想PER
-2.19
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2021 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan's Ana Says Non-Airline Business Sales To Reach 400 Billion Yen In 5 Years

ANA Holdings CFO: Kept FY Forecasts Unchanged Due To Bigger-Than-Planned Cost Cuts, Strong International Freight Demand

ANA Holdings Inc - Announcement Regarding Number Of Shares To Be Issued Under Third-Party Allotment

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67351001

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Representative Director

Yuji Hirako

President of Subsidiary, Director

Yutaka Ito

Executive Vice President, Representative Director

Naoto Takada

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

3.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.0K

2019

2.1K

2020

2.0K

2021(E)

0.8K
EPS (JPY)

2018

417.820

2019

331.040

2020

82.660

2021(E)

-1,112.467
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.30
株価純資産倍率(四半期)
1.08
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
160.53
長期負債/資本(四半期)
143.01
投資利益率(過去12カ月)
-15.25
自己資本利益率(過去12カ月)
-12.33

最新ニュース

最新ニュース

ANA、ビジネスジェット事業強化 23年に売上10億円目指す

ANAホールディングスは9日、ビジネスジェット(BJ)事業で2023年に売上高10億円を目指すと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、旅客需要の本格回復の時期が見えにくい中、傘下の全日本空輸、格安航空会社ピーチ・アビエーションに続く新たな収益機会として位置づけ、事業拡大を狙う。

ANA、コロナ検査・ワクチン接種履歴のデジタル証明実験実施

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は29日、渡航者の新型コロナウイルス検査の結果やワクチン接種の履歴を示す世界共通のデジタル証明書「コモンパス」の実証実験を実施した。国内外で感染の再拡大が続く中、スマートフォン(スマホ)のアプリを使った証明書で渡航者の安全な往来や手続きの効率化に役立てる。

ANA、5年後に非航空収入4000億円計画 22年度にもアプリ立ち上げ

ANAホールディングスは26日、マイレージ会員約3700万人の顧客基盤を活用した旅行、金融など非航空事業の収入を5年後に4000億円に増やす計画を明らかにした。新型コロナウイルス発生前から倍増を目指す。早ければ2022年度に「ANAスーパーアプリ」を立ち上げ、ANA独自の経済圏の創出を図る。コロナの感染拡大が続き、航空事業の早期回復が期待しにくい中、非航空事業を航空事業と並ぶ収益の柱に育てる狙いだ。

コラム:日本経済、ワクチンで「逃げ切り」の現実味 夏場に失速リスク

新型コロナウイルスは今なお感染収束のめどが立たず、大手企業が資産売却に踏み切るなど、日本経済の体力を確実に奪っている。ワクチンの普及とともに夏までに感染者が減り、夏休みの旅行需要とともに消費は盛り返すとの期待が聞かれるが、接種が主要7カ国(G7)で最も遅れている日本では、懸念される感染第4波の時期や規模のコントロールが難しい。夏までに「逃げ切れる」との思惑とは裏腹に、夏場に失速するリスクも浮上する。

ANA、5年後に非航空事業の売上高4000億円と倍増を計画

ANAホールディングスは26日、マイレージ会員の顧客基盤を生かした旅行、販売、金融、地方創生など非航空事業の売上高について5年後に4000億円を計画すると明らかにした。新型コロナウイルス前の通常時と比べて倍増を目指す。新型コロナ感染拡大が続き、航空事業の早期回復が期待しにくい中、航空事業への依存を減らし、第2の柱として非航空事業での収益拡大を狙う。

ANA、GW期間の国内線は87%運航 前年の15%から持ち直し

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は25日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の国内線について、当初の運航計画の87%に当たる4793便を運航すると発表した。需要の高い沖縄路線を中心に37便の臨時便も運航する。 ANA広報担当者によると、国内の需要喚起事業「GoToトラベル」の開始などにより、今後運航便を増やす可能性もあるという。 昨年のGW期間中の運航率は、当初の計画に対して15%にとどまっていた。

ホットストック:JALとANAが大幅続落、欧州の感染者数拡大を嫌気

日本航空、ANAホールディングスが大幅続落。午前9時20分現在、東証33業種で空運株は値下がり率ランキングで第1位となっている。

ホットストック:空運株は軟調、JALは3%超安 材料出尽くしで利益確定先行

空運株がさえない。東証33業種では空運業が値下がり率トップに入っており、日本航空は3.5%安、ANAホールディングスは2.4%安となっている。首都圏の1都3県で緊急事態宣言が解除され、空の便の予約数は回復しつつあるが、「材料出尽くしで利益確定売りが先行している」(国内証券)という。

ホットストック:空運株が上昇、首都圏の緊急事態宣言解除が支援材料に

空運株が上昇。日本航空は1.3%高、ANAホールディングスは1.6%高で推移している。米長期金利の上昇でバリュー株で物色が広がっているほか、首都圏1都3県で緊急事態宣言が正式に21日に解除されることも好材料となり買いが入っている。

ホットストック:空運株がしっかり、ワクチン普及で経済正常化の期待

空運株がしっかり。日本航空、ANAホールディングスともに続伸し3%超高で推移している。東証33業種中、空運業は値上がり率第2位。特段、目新しい材料は出ていないものの、「ワクチン普及の加速による経済回復の期待が高まっており、物色が活発になっている」(国内証券)という。

ANAとJAL、4月の国内線運航率60%台へ 3月の49%から回復

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は11日、4月1日─28日までの国内線の運航計画を発表した。新型コロナウイルス流行前の2020年度事業計画に比べ、運航率はANAが62%、JALが65%となる見通し。3月は両社とも49%だったが、緊急事態宣言の解除を前提とした旅客需要の回復を見込む。

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサイバー攻撃

全日本空輸(ANA)は6日、マイレージ会員の氏名など約100万人分の情報が流出したと発表した。ANAが所属する航空連合の一部加盟社が使っていた予約システム会社が、サイバー攻撃を受けたため。ANAは同システムを使っていないが、この一部加盟社と共有していた情報が漏洩した。

日経平均は4日ぶり反発、買い戻し優勢 東京エレクは上場来高値

東京株式市場で日経平均は4営業日ぶりに反発した。前週末19日の米国株式市場は横ばいの動きとなったが、日本株は買い戻す動きが加速し、一時前営業日比440円21銭高の3万0458円13銭で高値を付けた。ただ、明日は天皇誕生日の祝日で休場となるため、後半は見送りムードに支配された。個別では、東京エレクトロンが商いを集めて大幅反発し、上場来高値を更新した。 

ユナイテッド、ボーイング777の運航一部停止 エンジン故障で

米ユナイテッド航空は21日、同社が運航するボーイング777型機が20日にエンジンの故障で緊急着陸したことを受け、同じエンジンを搭載する同型機全24機の運航を停止すると発表した。

ANAとJALの32機運航停止、米で損傷の同系エンジン搭載

国土交通省は21日夜、米国で発生したユナイテッド航空ボーイング777型機のエンジン損傷を受け、対策の必要性の有無を検討する間、同系列のエンジン(プラット・アンド・ホイットニー社のPW4000系列)を搭載した旅客機の運航停止を日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)に指示したと発表した。

JALとANAに一部ボーイング機の運航停止指示、米機損傷で=国交省

国土交通省は21日夜、米国で発生したユナイテッド航空ボーイング777型機のエンジン損傷を受け、日本航空と全日本空輸に対し、対策の必要性の有無を検討する間、同系列のエンジンを搭載した航空機の運航停止を指示したと発表した。対象は日航13機、全日空19機。

JAL・ANAが2%高、ワクチン接種開始で期待感

空運株はしっかり。日本航空、ANAホールディングスともに2%超高の推移となっており、東証33業種では空運業が値上がり率トップ。国内での新型コロナウイルスワクチンの接種が17日に始まったことを受け、全面的な経済活動再開への期待から買いが先行している。

全日空、ミャンマーから日本への便を19日のみ運行

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は17日、クーデター以降止めていたミャンマーから日本への便を19日のみ運航すると発表した。1日に国軍が政権を掌握してから空港が閉鎖されていたが、パスポートと搭乗券を提示すれば旅客の立ち入りが可能になった。

JAL・ANAが臨時便と座席増加、地震で東北新幹線一部運休

13日夜に発生した東北地方での地震を受け、日本航空(JAL)とANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は14日から15日にかけて、東北地方の空港を発着する区間で臨時便の運航や機材の大型化を決めた。今回の地震で東北新幹線の一部区間が運休となったことから、被災地域の交通インフラを確保する。

ANAがミャンマー線欠航、まず来週まで 国軍が空港閉鎖

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は2日、今週と来週のミャンマー線(成田─ヤンゴン)を欠航することを明らかにした。政権を掌握したミャンマー国軍が、国内の全空港を4月30日まで閉鎖すると決めたため。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up