for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,671.00JPY

変化

-55.00(-2.02%)

出来高

7,026,200

本日のレンジ

2,639.00

 - 

2,739.00

52週レンジ

2,060.00

 - 

3,864.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,726.00
始値
2,728.00
出来高
7,026,200
3か月平均出来高
82.34
高値
2,739.00
安値
2,639.00
52週高値
3,864.00
52週安値
2,060.00
発行済株式数
334.52
時価総額
950,006.60
予想PER
-95.03
配当利回り
--

次のエベント

ANA Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

All Nippon Airways Will Delay Delivery Of Aircraft, Says President & CEO Shinya Katanozaka - Nikkei

Japan's ANA Holdings Revises FY2019/20 Net Profit Forecast To 27 Billion Yen From 94 Billion Yen

Japan's ANA Holdings To Request Government Guarantee For Part Of 1.3 Trillion Yen Co Is Seeking In Credit Lines

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは航空事業等を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuji Hirako

President of Subsidiary, Director

Toyoyuki Nagamine

Executive Vice President, Representative Director

Yutaka Ito

Managing Executive Officer, Director

統計

3.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.0K

2019

2.1K

2020

2.0K

2021(E)

1.7K
EPS (JPY)

2018

417.820

2019

331.040

2020

82.660

2021(E)

-92.857
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.48
株価純資産倍率(四半期)
0.86
株価キャッシュフロー倍率
4.62
総負債/総資本(四半期)
79.44
長期負債/資本(四半期)
69.23
投資利益率(過去12カ月)
1.29
自己資本利益率(過去12カ月)
0.99

最新ニュース

最新ニュース

航空各社、需要回復にらみ機内消毒など強化 乗客の不安軽減狙う

社会・経済活動再開による旅客需要回復に備え、航空各社は新型コロナウイルス感染防止策を強化している。日本航空<9201.T>や全日本空輸などを持つANAホールディングス<9202.T>は機内消毒を徹底。乗客にマスク着用も求め、ANAでは着けない乗客の搭乗を断る場合もある。密になりがちな機内における乗客の不安を和らげ、需要取り戻しを図る。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地大

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地大 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」となる「中陽線」。新たに大きめのマド( 2万0741円65銭─2万0918円11銭)を空けて上放れる格好となったほか、約2か月半ぶりに心 理的な節目である2万1000円を回復した。短期的には高値警戒感が生じるところだが、勢いの強さを感 じさせており、上値余地が大きいとの印象を与えている。一目均衡表で、遅行線が「雲」領域を抜け出しつ つあり、さらに強気に傾斜しそうだ状況だ。 当面の目標として意識されるのは、200...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、出遅れ銘柄の水準訂正が目立つ

<15:10> 新興株はまちまち、出遅れ銘柄の水準訂正が目立つ 新興株市場は、日経ジャスダック平均は8日続伸する一方、東証マザーズ指数は反落するなどまちまち となった。経済活動の再開に対する期待感から、新型コロナウイルスの影響が大きいとみられ、これまでの 相場で買われていなかった出遅れ銘柄の水準訂正が目立っている。 ジャスダック指数は0.32%高。ヤマックス がストップ高比例配分となったほか、小僧寿し 、鴨川グランドホテル 、ユーラシア旅行社 、伊豆シャボテンリゾート な ど低位株が物色されたが、ワークマン はさえない。 マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、出遅れ株の循環物色に

<14:15> 日経平均は堅調持続、出遅れ株の循環物色に 日経平均は堅調持続。2万1200円台で推移している。市場では「電鉄など人の動きに関係する銘柄 の水準訂正が起きている。出遅れ株を循環物色している格好となり、この動きが一巡するまでは上値余地が ありそうだ」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)との声が出ていた。 <11:38> 前場の日経平均は続伸、2万1000円台回復 空運・陸運など高い  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比455円39銭高の2万1197円04銭となり、続伸 した。緊急事態宣言の全面解除や大規模な経済対策...

日経平均は続伸、2万1000円台回復 空運・陸運など高い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比455円39銭高の2万1197円04銭となり、続伸した。緊急事態宣言の全面解除や大規模な経済対策への期待が支援材料となった。朝方から幅広い銘柄が買われ2万1000円台を回復、その後も一段高となった。業種別では空運や陸運などが高い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、一時400円高 買い戻し入りやすい水準

<10:28> 日経平均は上げ幅拡大、一時400円高 買い戻し入りやすい水準 日経平均は一時400円超に上げ幅を拡大し、2万1100円台半ばまで上昇した。緊急事態宣言の全 面解除や、政府の第2次補正予算への期待などが支援材料となっているもよう。市場からは「節目とみられ ていた2万1000円を上抜け、買い戻しが入りやすい水準となっている」(国内証券)との指摘が出てい た。 一方、この上昇については「強すぎる印象。経済活動再開の動きは好感されるが、回復スピードが分か らない」(同)として一段の上値追いに慎重な声も聞かれた。 <09:45> ...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万1000円台回復、3月6日以来 地合いが好転

(見出しの余分な語句を削除します) [東京 26日 ロイター] - <09:45> 日経平均は2万1000円台回復、 3月6日以来 地合いが好転 日経平均は2万1000円台を回復し、3月6日以来の高水準となっている。市場か らは「欧州株が戻り高値を更新し、米株先物は上昇。原油価格も回復し、国内では緊急事 態宣言が解除されるなど、地合いが好転している。第2波、米中対立、大統領選挙といっ たリスクは引き続き警戒されてはいるものの、きょうはとりあえず買わざるを得ない」( 国内証券)との声が出ていた。 <09:10> 日経平均は続伸で始まる、空運株...

ホットストック:空運株は大幅高、緊急事態宣言解除を好感

日本航空、ANAホールディングスは大幅高。東証33業種では空運株が値上がり率トップとなっている。緊急事態宣言が全国で解除されたことを受け、経済活動再開への期待が高まり空運株に買い戻しが入っている。旅客輸送サービスは新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国の入国制限や外出自粛の影響により、2月以降旅客需要が急減している。市場からは「新型コロナ以降一番低迷していたところに買い戻しが入っている。第2波は依然として警戒されているが、とりあえず今は移動制限解除への期待が先行して買われている」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は続伸で始まる、空運株は大幅高

<09:05> 日経平均は続伸で始まる、空運株は大幅高 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比186円31銭高の2万0927 円96銭となり、続伸した。S&P総合500種Eミニ先物 、ダウEミニ先物<1Y Mcv1>などの米株先物がプラス圏で推移していることや、安倍晋三首相が25日に全国で の緊急事態宣言の解除を決定したと述べたことが好感されている。 個別では、日本航空 、ANAホールディングス が大幅高となってい る。 <08:47> 寄り前の板状況、ほぼ全面的に買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、...

ANA、6月の国内線70%を減便 搭乗客にはマスク着用要請

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は21日、6月の国内線について1万5963便を減便・運休すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減退に対応するため。同月の減便数は、当初の運航計画に対し約70%となる。同月の国際線に関しては、91%を減便・運休する。

ANAHD、21年度入社の採用活動を一時中断 事業計画策定できず

ANAホールディングス(ANAHD)<9202.T>は8日、同グループの2021年度入社に向けた採用活動を一時中断すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で国内外の移動需要が急激に減退しており、今後の事業計画を策定するのが困難なため。同グループが採用活動を一時中断するのは、今回が初めて。

ANAHD、21年度入社に向けた採用活動を一時中断

ANAホールディングスは8日、同グループの2021年度入社に向けた採用活動を一時中断すると発表した。

日経平均は反発、米株先物にらみ 半導体・電子部品など堅調

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株市場でダウとS&P500が下落し、朝方は軟調な滑り出しとなった。その後、米株先物の堅調な動きを眺めてプラス転換し、後場は上げ幅を100円超に拡大する場面もあったが、日本独自で積極的な買い材料も見当たらず、伸び悩んだ。

ANA、今期業績予想は算定困難 新型コロナで1—3月期は最大の赤字

全日本空輸など航空会社を傘下に持つANAホールディングス<9202.T>は28日、2021年3月期(今期)の連結業績予想、配当予想を未定と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため各国の入国制限や国内の外出自粛要請がなされており、航空需要が急減。今後も厳しい事業環境が続くとみており業績への悪影響は必至だが、「終息時期が不明な現段階で業績見通しを合理的に算定することは困難」とした。   

BRIEF-ANA取締役:資金繰り全く問題ない、トータルで9500億円の手当てのめどつく

* ANA取締役:資金繰り全く問題ない、トータルで9500億円の手当のめどつく * ANA取締役:業績予想、今年8月末までに終息・9月以降は5―7割程度の需要回復前提に保守的に見つもる方針 * ANA取締役:一時帰休制度の利用、現時点でグループ22社の2.8万人が取得予定 * ANA取締役:一時帰休の対象、5月末に計35社4.2万人に広げる計画 * ANA取締役:人件費で300億円、緊急対策で100億円など計1000億円規模のコスト削減を実施 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

ANAHD、今期業績予想・配当は未定 新型コロナで算定困難

ANAホールディングスは28日、2021年3月期の連結業績予想、配当予想を未定と発表した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、各国の入国制限、国内の外出自粛や海外への渡航制限が実施されており、今後も厳しい事業環境が続く見込みで、業績への悪影響は必至だが、「終息時期が不明な現段階で業績見通しを合理的に算定することは困難」としている。

今日の株式見通し=一進一退、米株高を好感 上値は戻り売り

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は一進一退の動きが予想されている。前日の米国株高を好感して上昇しそうだが、節目の2万円が近づくと戻り待ちの売りが出て上値が抑えられそうだ。日本は休日前ということもあり午後にかけて手仕舞い売りも出るとみられ、最終的にマイナス圏で取引を終える可能性もある。

下値模索か、GW前で手仕舞い売り=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は下値を模索する展開が予想されている。ゴールデンウィーク(GW)休暇を控えていることもあり、大口取引は手控えられ、薄商いとなる可能性が高い。日銀政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)、企業決算など重要イベントが目白押しとなっているものの、東京株式市場では手仕舞い売り圧力が優勢となるという。新型コロナウイルスへの警戒感も引き続き強く、日経平均は1万9000円割れが視野に入るとの見方が多い。

ANA、GW期間の国内線予約は9割以上減 国内減便踏まえ

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は24日、ゴールデンウィーク(GW)期間(4月29日ー5月6日)の国内線予約数について、前年同期間比91.6%減になると明らかにした。22日の時点では、89.1%減としていた。23日に、同期間中の国内線の減便・運休を発表したことを踏まえ、予約数がさらに低下した。

下値模索か、GW前で手仕舞い売り=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は下値を模索する展開が予想されている。ゴールデンウィーク(GW)休暇を控えていることもあり、大口取引は手控えられ、薄商いとなる可能性が高い。日銀政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)、企業決算など重要イベントが目白押しとなっているものの、東京株式市場では手仕舞い売り圧力が優勢となるという。新型コロナウイルスへの警戒感も引き続き強く、日経平均は1万9000円割れが視野に入るとの見方が多い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up