for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,643.00JPY

変化

52.50(+2.03%)

出来高

3,830,800

本日のレンジ

2,599.00

 - 

2,645.50

52週レンジ

2,120.00

 - 

2,951.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,590.50
始値
2,614.00
出来高
3,830,800
3か月平均出来高
79.23
高値
2,645.50
安値
2,599.00
52週高値
2,951.00
52週安値
2,120.00
発行済株式数
470.34
時価総額
1,279,988.00
予想PER
-12.42
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan's ANA Says Secured More Moderna COVID-19 Vaccines To Replace Suspended Supply

Japan's Ana Says Non-Airline Business Sales To Reach 400 Billion Yen In 5 Years

ANA Holdings CFO: Kept FY Forecasts Unchanged Due To Bigger-Than-Planned Cost Cuts, Strong International Freight Demand

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ichiro Fukuzawa

Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer, Director

Yuji Hirako

President and Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

Tatsuhiko Mitsukura

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

3.09 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.1K

2020

2.0K

2021

0.7K

2022(E)

1.2K
EPS (JPY)

2019

331.040

2020

82.660

2021

-1,082.040

2022(E)

-212.865
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.59
株価純資産倍率(四半期)
1.47
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
196.11
長期負債/資本(四半期)
176.14
投資利益率(過去12カ月)
-14.28
自己資本利益率(過去12カ月)
-11.55

最新ニュース

最新ニュース

アジア太平洋航空協会、2050年までのCO2排出実質ゼロを表明

アジア太平洋航空協会(AAPA)は13日、加盟企業が二酸化炭素(CO2)の排出を2050年までに実質ゼロにする方針を示したと表明した。

JAL、「守りと攻め」の3000億円調達、コロナ長期化対応と成長投資

日本航空(JAL)は10日、総額約3000億円を調達すると正式発表した。劣後ローンで最大2000億円を調達し、劣後債1000億円程度を発行する。旅客需要の低迷が続く中、新型コロナウイルス感染拡大の影響長期化に備えるほか、成長投資や有利子負債の返済資金などにも充てる。

電鉄など運輸株が総じて軟調、陸運業は値下がり率トップに

電鉄株、空運株など運輸株が総じて軟調となっている。午前10時10分現在、東証33業種の値下がり率ランキングで陸運業と空運業が値下がり率第1、2位を占めている。個別の値下がり率上位にも、小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、南海電気鉄道などがランクイン。JR東日本やANAホールディングスもさえない。

ANA、あすから接種再開 モデルナ製ワクチンを新たに調達

ANAホールディングスは27日、モデルナ製のコロナワクチンを新たに調達し、あす28日から職域接種を再開すると明らかにした。同社は手元のワクチンすべてが異物混入の報告があった製造ロット番号だったため、26日と27日の接種を見合わせていた。

ANAが26日のワクチン職域接種取りやめ、JALも一部中止

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは26日、この日の米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの職域接種を中止すると明らかにした。手元にあるワクチンすべてが異物混入の報告があった製造ロット番号のため。日本航空ではワクチンの一部が当該ロット番号であることから一部社員への接種を取り止める。

再送-UPDATE 4-モデルナ製ワクチン、日本国内で接種中止の動き 「健康被害の報告なし」

厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、未使用の状態での異物混入が複数の接種施設から報告されたとして、約163万回分の接種を見合わせると発表した。日本航空(JAL)など一部の企業は、同日の職域接種を取りやめるとしている。加藤勝信官房長官によると、これまでに「健康被害の報告はない」という。

BRIEF-ANA、26日のワクチン職域接種取りやめ

* ANA、異物混入見つかったロット番号のモデルナ製ワクチン約4700回分は使用済み 健康被害の報告なし * ANA、26日の職域接種はすべて取りやめ *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

ANA、4─6月期の純損益は511億円の赤字 通期黒字予想は維持

ANAホールディングスが30日発表した2021年4─6月期の連結決算によると、純損益は511億円の赤字だった。旅客需要は前年から持ち直しつつあるものの、新型コロナウイルスの感染拡大が収束せず、低迷が続いた。貨物の好調などが寄与し、赤字額は前年同期(1088億円の赤字)からは半減した。22年3月期の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

BRIEF-ANAHD専務:8月以降の国内線予約、若干ながら増加傾向

ANAホールディングスの福沢一郎専務執行役員は30日、決算会見で以下の通り述べた。 * ANAHD専務:8月以降の国内線予約は低下せず、むしろ若干ながら増加傾向 * ANAHD専務:外部環境は注視続けるが、状況は最悪期を脱しつつある * ANAHD専務:4─6月期国際線貨物収入は四半期ベース過去最高、少なくとも今年度末まで勢い続く * ANAHD専務:羽田─富山線のダイヤ見直しを検討している *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

ANA、4─6月期純損益は511億円の赤字 今期予想は据え置き

全日本空輸などを傘下に持つANAホールディングスが30日発表した2021年4─6月期の連結決算によると、純損益は511億円の赤字(前年同期は1088億円の赤字)だったと発表した。22年3月期の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

アングル:決算本格化、「第2の安川」探し活発 進捗率で物色も

4―6月期の決算発表シーズンを控え、市場では安川電機に続く好業績株を探す動きが活発化している。世界的な景気回復の波に乗り、通期予想が市場の期待を上回れば好感され、早期の業績上方修正に企業が慎重だとしても、進捗率が高ければ市場が業績上振れを織り込む可能性もある。

ANA、分身ロボで「瞬間移動」サービス今秋開始 来年に海外展開

ANAホールディングスとグループのベンチャー企業アバターイン(東京・中央)は15日、分身(アバター)ロボットの遠隔操作で、美術館などの施設に実際いるような体験ができるサービス「アバターイン」を今秋から始めると発表した。航空事業はコロナ禍で打撃を受けており、それに次ぐ柱としたい非航空事業を強化する狙いがある。

ホットストック:経済回復期待銘柄が下落、緊急事態宣言での夏季需要減を警戒

東京都に緊急事態宣言が発令される見通しとなる中で、空運やレジャーなど新型コロナウイルス禍からの経済の回復期待銘柄が売られている。市場では「宣言期間が8月22日までと長く、夏季休暇の需要減への警戒感が出ているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

ホットストック:経済正常化期待の銘柄群が安い、感染再拡大を警戒

新型コロナウイルスワクチンの接種進展による経済正常化への期待で買われた銘柄群が安い。国内でのコロナ感染者数の下げ止まりが意識される中で「国内の感染拡大『第5波』への警戒感が高まっている」(国内証券)という。

28日の日経平均は反落、今年5番目の薄商い

東京株式市場で日経平均は反落。目立った材料が見当たらず、週明けということもあって終始模様眺めとなった。東証1部の売買代金は2兆円を割り、今年5番目の薄商いとなった。

インタビュー:新燃料SAF安定供給で新たな提携模索、国に支援も要請=ANA執行役員

ANAホールディングスの宮田千夏子執行役員はロイターとのインタビューで、2050年のカーボンニュートラル実現のため、持続可能な航空機用燃料(SAF)の安定供給で新たな提携を模索する意向を示した。日本政府にはSAFの普及に向け、補助金を含めた支援も求めているという。

日経平均は続伸、ハイテク株高 無難なFOMCの先読みも

東京株式市場で、日経平均は続伸した。前日の米国株式市場でのハイテク株高の流れを受けて、半導体や電子部品が広く物色された。15─16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中で、早期のテーパリング(緩和縮小)への警戒感は根強いものの、無難な結果を先読みする動きもあったと見られている。

JALとANA、14日からワクチン前倒し接種 国際線乗務員優先

新型コロナウイルスワクチンの職域接種について、日本航空(JAL)とANAホールディングス傘下の全日本空輸が14日から実施できるよう準備していることが分かった。

再送-〔情報BOX〕主な企業のワクチン接種の取組状況

企業が新型コロナウイルスワクチンを従業員に接種する「職域接種」の受付が8日、始まった。政府は「最低1000人に2回、計2000回程度の接種を行うことを基本」として人数や期間の計画を提出するよう求めているが、大規模接種はほぼすべての企業にとって未経験の事態。開始まで2週間を切り、各社で「手探りの突貫工事」(製造業の総務担当者)が行われている。

日経平均は反落、「コロナ後」にらむ物色も

東京株式市場で日経平均は反落した。米国での重要イベントや週末のメジャーSQ(特別清算指数)算出を控える中で、続伸した後に軟化する展開となり、明確な方向感は出なかった。半導体関連などハイテク株がさえなかった一方、空運や陸運、百貨店、旅行などの銘柄群が「コロナ後」の回復期待から物色された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up