for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,483.00JPY

変化

-49.00(-1.94%)

出来高

17,317,300

本日のレンジ

2,424.50

 - 

2,594.00

52週レンジ

2,060.00

 - 

3,773.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,532.00
始値
2,533.00
出来高
17,317,300
3か月平均出来高
51.02
高値
2,594.00
安値
2,424.50
52週高値
3,773.00
52週安値
2,060.00
発行済株式数
334.55
時価総額
882,397.90
予想PER
-2.31
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

KDDI Willing To Accept Temporary Transfer Of Workers From ANA, JAL - Kyodo, Citing President KDDI's President

ANA Holdings To Reduce Number Of Large Aircraft Used By Half - Kyodo

ANA Holdings Says This FY Forecast Is Undecided

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは航空事業等を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67351001

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Representative Director

Yuji Hirako

President of Subsidiary, Director

Yutaka Ito

Executive Vice President, Representative Director

Naoto Takada

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

3.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.0K

2019

2.1K

2020

2.0K

2021(E)

0.9K
EPS (JPY)

2018

417.820

2019

331.040

2020

82.660

2021(E)

-1,096.265
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.73
株価純資産倍率(四半期)
0.96
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
148.62
長期負債/資本(四半期)
126.82
投資利益率(過去12カ月)
-10.42
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.15

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式日経平均・日足は「大陽線」、5日線上回り目先は上昇サイン

日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「大陽線」。陽の寄り付き坊主となり、強い買いの線を表すことから、市場心理としては買いの姿勢が持続されることが多いとされる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、感染再拡大でデジタル関連株買われる

新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均が大幅反発となった流れで、新興株市場もしっかりした動きとなった。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、マザーズ市場では再びデジタル関連銘柄への買いが集まっているようだ」(国内証券)との意見が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場高値圏でもみあい、GoTo見直しの影響は限定的

日経平均は後場高値圏でもみあい、前営業日比630円ほど高い2万6100円台後半で推移している。市場からは「2万6000円台を回復し、利益確定売りが先行してもおかしくない水準だ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅拡大、海外投資家の買いが押し上げとの見方

日経平均は後場上げ幅を拡大、前営業日比700円ほど高い2万6200円台前半で推移している。コロナワクチン開発の明るいニュースや、米次期財務長官にイエレン前FRB議長が起用されるとの報道を背景に、「2万6000円を回復し、今年のレンジをはるかに超えている水準なので、新規の買いや買い戻しが入ったのではないか。海外投資家からの買いが入っているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

前場の日経平均は4日ぶり急反発、17日のバブル後高値を更新

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比669円27銭高の2万6196円64銭となり、4日ぶりに急反発。17日に付けたバブル崩壊後高値2万6057円3銭を更新した。取引時間中として1991年5月以来の高水準となっている。

ホットストック:ANAがさえない、公募増資報道受け希薄化懸念生じる

ANAホールディングスがさえない。公募増資をする方向と報じられ、それを受けて株式の希薄化懸念が生じたから、高寄りした後は軟調に推移している。

様々な資本施策を検討、現時点で決定した事実ない=一部報道でANA

ANAホールディングスは24日、公募増資に関する一部報道について、「さまざまな資本施策の検討を行っているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。

ANA、公募増資を来週にも決議へ 2000億円規模を想定=関係筋

ANAホールディングス<9202.T>は、公募増資で資金調達する方向で最終調整に入った。2000億円規模を想定しており、来週にも開く取締役会で決議する。複数の関係筋が20日、明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の長期化を見据え、手厚い財務基盤を整えるとともに、事業多角化の一部に充てる。

ANA、22年度も新卒採用を縮小 客室乗務員と地上職は中止

ANAホールディングス<9202.T>は17日、2022年度に入社するグループ全体の新卒採用者数を大幅に縮小すると発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず先行きが不透明なためで、客室乗務員と空港の地上職員の新卒採用を中止する。新卒採用の大幅縮小は2年連続。

ホットストック:ANA・JALは3%超高、ワクチン期待で

空運株はしっかり。午前9時30分現在、ANAホールディングス、日本航空はともに3%超高となっており、東証33業種では空運業が値上がり率トップ。バイオ医薬大手の米モデルナは16日、新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)で94.5%の効果が確認されたとする暫定結果を発表。これを受け、全面的な経済活動再開への期待から空運株にも資金が向かっている。

JAL、冬の賞与0.5カ月分を労組提示 特別手当一律10万円も支給

日本航空(JAL)<9201.T>は12日、今冬の賞与(ボーナス)に相当する一時金について、基本給の0.5カ月分とする方針を労働組合に伝えたと明らかにした。一時金とは別に、緩和措置として従業員1人当たり一律10万円の特別手当も支給する。特別手当は「(相対的に給与の低い)若い従業員に配慮した」(広報担当者)という。

ANAが年末年始に国内線の臨時便運航、JALも運航便数が改善傾向

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は10日、年末年始期間(12月25日─1月5日)に帰省や観光を目的とした旅客需要が高まると想定し、羽田─那覇線など国内線の一部路線で臨時便を運航すると発表した。期間中の運航便数は当初計画に対して1%増となる。日本航空(JAL)<9201.T>も年末年始の運航便数は改善傾向にある。

金融市場はワクチン期待で様相変化、日経平均続伸・マザーズ急落

金融市場は、新型コロナウイルスのワクチン開発に期待が高まる中、様相が大きく変化してきた。経済活動再開が早まるとの見方から、運輸株などが主導し日経平均が続伸する一方、巣ごもり需要減退懸念からマザーズが急落している。

ホットストック:ANA・JALが16%超高、ワクチン期待で空運株にも買い

空運株が急騰。ANAホールディングス、日本航空はともに16%を超す上昇となっている。午前9時30分現在、東証33業種では空運業が値上がり率トップ。

JAL、余剰人員を外部に一時派遣・出向、KDDI受け入れ検討

日本航空(JAL)<9201.T>は30日、新型コロナウイルスの影響で大幅減便を余儀なくされた4月以降、希望する社員に対し、外部で働く機会を増やしていると明らかにした。雇用を維持しつつ、需要回復時には社員を職場に戻す態勢とし、コロナの収束に備える。候補として打診を受けたKDDI<9433.T>は、受け入れを検討していると明らかにした。

三菱重がジェット旅客機事業凍結、開発費大幅抑制 納期も未定に

三菱重工業<7011.T>は30日、国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット」(旧MRJ)の事業を凍結すると正式発表した。開発が遅れていたところに新型コロナウイルスが直撃し、顧客である航空会社の業績が悪化、受注は当面見込めないと判断した。開発費は来年度からの3年間累計で200億円とし、過去3年間(3700億円)の20分の1近くに圧縮する。納期も新たに設定しない。開発はいったん止めるが、旅客需要の本格的な回復を24年前後と想定し、再開に向けた事業環境の整備に取り組む。

JAL、余剰人員を外部に一時派遣・出向、最大約500人の日も

日本航空(JAL)は30日、新型コロナウイルスの影響で大幅減便を余儀なくされた4月以降、希望する社員に対し、外部企業への派遣などの形で働く機会を増やしていると明らかにした。同社によれば、派遣・出向・業務委託などを通じて企業や官公庁など10以上が受け入れている。期間は1日から数日、数カ月単位、最長2年までとさまざまなケースがあり、グループ全体で約500人に上る日もあるという。

焦点:コロナで視界不良の地方路線、「雪国空港」に重い試練

秋田市から北東へ60キロ、北秋田市にある大館能代空港は10月になっても利用者の回復が鈍い。新型コロナウイルスの感染拡大で大幅に減った旅客需要は、政府の観光支援策で全国的にはいくぶん戻りつつあるが、ここは今も利用者が前年の7─8割減と厳しい状況が続いている。

訂正:国交省が航空業界の支援策、下期も空港使用料を猶予

国土交通省は28日、新型コロナウイルス感染拡大で経営が悪化する国内航空各社に対し、下期の空港使用料を猶予することなどを盛り込んだ支援策を発表した。

ANA、全日空マイルでピーチ利用可能に 貨物でも連携強化

全日本空輸の親会社、ANAホールディングス<9202.T>は28日、全日空のマイルを傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の航空券購入などに使えるポイントと交換できるようにすると正式発表した。ピーチが全日空との共同運航で貨物事業に参入することも同時に正式発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up