for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,506.50JPY

変化

22.00(+0.89%)

出来高

3,169,400

本日のレンジ

2,467.00

 - 

2,517.00

52週レンジ

2,150.00

 - 

2,974.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,484.50
始値
2,481.00
出来高
3,169,400
3か月平均出来高
73.57
高値
2,517.00
安値
2,467.00
52週高値
2,974.00
52週安値
2,150.00
発行済株式数
470.34
時価総額
1,203,227.00
予想PER
62.02
配当利回り
--

次のエベント

ANA Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

ANA Holdings To Forecast FY2022/23 Operating Profit Of About 50 Billion Yen Due To Recovering In Domestic Flights - Nikkei

ANA CEO: Expect Company to return to profit within FY2023

Japan's ANA appoints Koji Shibata as group CEO from April 1

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinya Katanozaka

Chairman of the Board, Representative Director

Koji Shibata

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuji Hirako

Vice Chairman of the Board

Kimihiro Nakahori

Group Chief Financial Officer, Senior Executive Officer, Manager of Group Accounting and Finance Office

Yoshiharu Naoki

Senior Executive Officer, Group Chief Human Resource Officer

統計

2.83 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.0K

2021

0.7K

2022

1.0K

2023(E)

1.5K
EPS (JPY)

2020

82.660

2021

-1,082.040

2022

-305.370

2023(E)

40.058
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.18
株価純資産倍率(四半期)
1.47
株価キャッシュフロー倍率
69.22
総負債/総資本(四半期)
219.52
長期負債/資本(四半期)
189.80
投資利益率(過去12カ月)
-5.45
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.43

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線に抑えられる

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、75日 線に抑えられる 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6818円 53銭。前営業日に続き、5日移動平均線(2万6668円79銭=2日)を上回ってい るものの、75日移動平均線(2万7014円47銭=同)に上値を抑えられた。引き継 ぎ、2万7000円を意識した値固めの展開となりそうだ。 <15:45> マザーズ3日続落、地合い悪化 個別では物色の動きも 新興株式市場は、マザーズ総合が3日続落した。市場では「地合い悪化で投げ売りせ ざるを得ない。ただ、個別では決算...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ3日続落、地合い悪化 個別では物色の動きも

<15:45> マザーズ3日続落、地合い悪化 個別 では物色の動きも 新興株式市場は、マザーズ総合が3日続落した。市場では「地合い悪化で投げ売りせ ざるを得ない。ただ、個別では決算を材料視した物色の動きもみられる」(国内証券)と の声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.37%安の691.84ポイント。個別では、フリー 、ビジョナル、アンジェスが軟調。半面、先週末に決算を発表 したメルカリは5%超高。マクアケ、アズームもしっかりだ った。 <13:30> 後場の日経平均は下げ幅を縮小、円安や米株先物が支え 後場の日経平均は下げ幅を縮小...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅を縮小、円安や米株先物が支え

<13:30> 後場の日経平均は下げ幅を縮小、円 安や米株先物が支え 後場の日経平均は下げ幅を縮小している。足元の株価は前営業日比20円ほど安い2 万6800円台前半。時間外取引の米株先物の底堅い値動きや為替の円安基調が支えとな っている。 市場では「連休の谷間で動きづらいが、個別では前週末に好決算を発表した銘柄もし っかり買われており、地合いは悪くない」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆9682億9600万円。 東証33業種では、海運業、空運業、ゴム製品、ガラス・土石製品などの19業種...

前場の日経平均は反落、FOMC控え様子見 好決算銘柄を物色

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比143円30銭安の2万6704円60銭と、反落した。大型連休の谷間である上、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることから様子見気分が強い。ただ、好決算を発表した銘柄の上昇が目立ち、株価全般の下支え要因となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、FOMCを控え徐々に模様眺めに

<10:35> 日経平均は弱もちあい、FOMCを控え徐々に模様眺めに 日経平均は弱もちあい。3連休前で、休み中に米連邦公開市場委員会(FOMC)が 開催されることから、積極的なポジションを取りづらく、徐々に模様眺めとなってきた。 市場では「ただの連休ではなく、イベントを控えているため、自然と見送り色が強く なる。ただ、好決算の銘柄が目立っており、下値を売り叩く雰囲気にはならない」(国内 証券)との声が聞かれる。 日経平均は朝高の後、利益確定売りが優勢となって一時は前日比200円を超す下落 となったものの、その後は引き戻して一進一退の展開...

寄り付きの日経平均は小幅続伸、連休谷間で見送り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比3円20銭高の2万6851円10銭と、小幅続伸してスタート。大型連休の谷間とあって見送りムードが強い中、好決算銘柄が物色されている。

ホットストック:ANAが堅調、3年ぶりの黒字転換見通しを好感

ANAホールディングスが堅調な展開となっている。同社は4月28日、2023年3月期(今期)の連結純損益が210億円の黒字になる見通しと発表。3年ぶりに黒字転換を見込んでいることが好感された。

ANA、今期純損益210億円の黒字転換へ 国内線回復と貨物寄与

ANAホールディングスは28日、2023年3月期の連結純損益が210億円の黒字になる見通しと発表した。前期は新型コロナウイルス禍の影響で旅客需要が落ち込み、1436億円の赤字だった。今期は国内線を中心に旅客需要が回復するほか、国際貨物の好調も続くとみて、3年ぶりの黒字転換を見込む。

ANAの今期営業益500億円、黒字転換へ 国内線回復と貨物寄与

ANAホールディングスは28日、2023年3月期の連結営業損益について500億円の黒字になる見通しと発表した。国内線の旅客需要が回復するとみているほか、貨物需要も旺盛で、3年ぶりの黒字転換を見込む。

ANAの23年3月期、500億円の営業黒字転換予想 国内線回復で=日経

日本経済新聞は27日夜、ANAホールディングスが2023年3月期の連結営業損益について500億円前後の黒字(前期推定は1750億円の赤字)を見込んでいると報じた。

ホットストック:空運業は値下がり率トップ、ANAの下方修正を嫌気

ANAホールディングスは大幅に反落し前営業日比3%超安の2400円近辺を推移している。日本航空も連れ安の展開となり、足元の株価は2%超安。東証33業種では空運業が値下がりトップとなっている。前週末の22日に2022年3月期通期の連結業績予想の下方修正を発表し、嫌気されている。

ANA、通期業績見通しを下方修正 コロナで旅客需要低迷

ANAホールディングスは22日、22年3月期の連結最終損益を1450億円の赤字に下方修正すると発表した。従来予想は1000億円の損失だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、旅客需要が当初の想定を大きく下回った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線回復し反騰に期待

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、25日線回復し反騰に期待 日経平均・日足は「大陽線」となった。終値は2万7171円00銭で、前日に5日 移動平均線(2万6831円56銭=14日)を上回ったのに続き、25日線(2万70 36円26銭=同)もあっさり上抜き、反騰に転じたとの期待を抱かせている。 さらに、一目均衡表の「雲」領域を上に突き抜けるなど、好材料がそろっており、さ らなる戻りが期待できる状況となってきた。当面の注目点としては、75日線(2万72 91円14銭=同)を上回るかどうかが注目されよう。 <15:05> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ指数が小反落、直近IPOで値幅取りの動き

<15:05> 新興株市場はマザーズ指数が小反落、直近IPOで値幅取りの動き 新興株市場では、東証マザーズ指数が小反落した。前日の自律的な切り返しから、全 体的には一転して利益確定売りが先行。その中で、市場では「直近IPOで値幅を取ろう とする動きが目立つ」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.43%安。直近IPOのサークレイス、セカ ンドサイトアナリティカがストップ高となり、JTOWERが堅調だっ た。半面、メルカリ、フリー、メドレーなどがさえない。 <14:20> 日経平均は高値もみあい、上値に対し慎重な動き続...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、上値に対し慎重な動き続く

<14:20> 日経平均は高値もみあい、上値に対し慎重な動き続く 日経平均は高値もみあい。後場に入ってからは模様眺めムードが支配している。いっ たん割り込んだ25日移動平均線を回復したことで安心感が生じたものの、「まだ自律反 発の域は出ていない。直近の急落ではシコリ感も生じていたため、上値に対して慎重な動 きが続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。 <13:05> 後場の日経平均は2万7100円台で小動き、売買低調で薄商い 後場の日経平均は2万7100円台で小動き。値動きに乏しく、後場の日経平均の値 幅は上下約55円にとどまっている...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は2万7100円台で小動き、売買低調で薄商い

<13:05> 後場の日経平均は2万7199円 台で小動き、売買低調で薄商い 後場の日経平均は2万7100円台で小動き。値動きに乏しく、後場の日経平均の値 幅は上下約55円にとどまっている。市場では「イースター休暇を控えているので、積極 的な売買は手控えられ薄商い」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆3859億1900万円。東証3 3業種では、空運業、鉱業、非鉄金属、海運業などの29業種が値上がり、水産・農林業 、サービス業、銀行業などの4業種が値下がりしている。 <11:50> 前場の日経平均...

前場の日経平均は続伸、米金利低下でハイテク株に買い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比339円01銭高の2万7182円50銭と続伸した。前日の米長期金利低下や米ハイテク株高を好感した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、300円超高 外部環境が良好

<11:18> 日経平均は上値追い、300円超高 外部環境が良好 日経平均は上値追いの展開で、前営業日比300円超高の2万7100円台後半で取 引されている。時間外取引での米株先物、アジア株の堅調な値動きが支えになっていると いう。 市場では「前日の日経平均は自律反発の部分が大きく、本格的な上昇ではなかった。 きょうは米株の織り込みが反映され、回復基調の兆しが見えてきたところ」(国内証券) との声が聞かれる。 東証33業種では、空運業、鉱業、非鉄金属、陸運業などの30業種が値上がり、保 険業、銀行業、水産・農林業の3業種が値下がりとなっている...

ホットストック:空運株や旅行関連株がしっかり、米市場の流れを引き継ぐ

空運株や旅行関連株が堅調。日本航空、ANAホールディングスはともに大幅に上昇し、空運業は東証33業種の値上がり率第トップとなっている。日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、エイチ・アイ・エス、オープンドアなどの旅行関連株もしっかり。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時300円超高、非製造業の一角がしっかりで相場底上げ

<10:05> 日経平均は一時300円超高、非製造業の一角がしっかりで相場底上 げ 日経平均は上げ幅を拡大し、一時328円31銭高の2万7171円80銭に上昇し た。足元では、やや伸び悩んでいる。市場では「ハイテク株やグロース(成長)株の買い 戻しに加え、小売りなど非製造業も買われ、相場を底上げした」(国内証券)との声が聞 かれる。 ANAホールディングスなどの空運株や、エイチ・アイ・エスなど の旅行関連がしっかり。米市場ではデルタ航空が、旺盛な旅行需要を背景に今四 半期の黒字化の見込みを示し、買われていた。 日経平均へのプラス寄与では...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up