for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,390.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

2,120.00

 - 

2,974.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,390.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
112.36
高値
--
安値
--
52週高値
2,974.00
52週安値
2,120.00
発行済株式数
470.34
時価総額
1,157,220.00
予想PER
-11.66
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

ANA Holdings Expected To Book Operating Loss Of Roughly 110 Bln Yen For April-Sept Half - Nikkei

Japan's ANA Says Secured More Moderna COVID-19 Vaccines To Replace Suspended Supply

Japan's Ana Says Non-Airline Business Sales To Reach 400 Billion Yen In 5 Years

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ichiro Fukuzawa

Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer, Director

Yuji Hirako

President and Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

Tatsuhiko Mitsukura

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

3.09 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.1K

2020

2.0K

2021

0.7K

2022(E)

1.1K
EPS (JPY)

2019

331.040

2020

82.660

2021

-1,082.040

2022(E)

-197.326
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.33
株価純資産倍率(四半期)
1.41
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
204.68
長期負債/資本(四半期)
174.85
投資利益率(過去12カ月)
-13.56
自己資本利益率(過去12カ月)
-10.79

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:旅行関連銘柄はしっかり、米株市場の流れ引き継ぐ

旅行関連など、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きかったリオープン(経済再開)銘柄はしっかり。日本航空、ANAホールディングスは2%超高となり空運業は東証33業種で値上がり率トップとなっている。旅行比較サイトなどを運営するオープンドア、エアトリも大幅高。旅行代理店のエイチ・アイ・エス、KNT─CTホールディングスは2%超高での推移となっている。

全日空とJAL、日本到着便の予約再開 4日午前零時から=関係者

全日本空輸と日本航空が、4日午前零時から日本到着便の新規予約を再開することが分かった。事情を知る複数の業界関係者が明らかにした。政府は新型コロナウイルスの新たな変異株の出現を受けて航空各社に年末まで一律の予約停止を要請したが、帰国需要を勘案して方針を撤回していた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:15> 日経平均・日足は「中陽線」、高値 引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「中陽線」。後場に上げ幅を拡大し高値引けと なり、形状は上昇期待感を示す「陽の大引け坊主」となった。終値(2万8029円57 銭=3日)は8営業日ぶりに5日移動平均線を回復し、来週以降はしっかりとした展開が 期待できそうだ。 <16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動 上値は重い

<16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過 ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値は重い。来週からはIPO ラッシュが始まり需給悪化が懸念されるため、楽観視はできない」(国内証券)との声が 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.95%高。GRCS 、プレミアアンチエイジ ング 、GMOフィナンシャルゲート などが買われたほか、サイエンスア ーツ はストップ高比例配分となった。リボミック 、JTOWER<4485...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行

<14:16> 日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行 日経平均は上げ幅を拡大し、一時216円95銭高の2万7970円32銭できょう の高値を付けた。オミクロン株が南アフリカで確認されたと伝わった前週末26日から前 日3日までの5営業日で、日経平均は1700円以上下落したこともあり、値ごろ感から 買いが先行する展開となっている。 市場では「特段な材料があるわけではないが、前場で2万7000円台での値固めを 確認してから、自律反発狙いの買いの勢いが増している」(運用会社)との声が聞かれる 。ただ、週末ということもあり...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも

<12:40> 日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも 日経平均は、前日終値を挟んだ一進一退を継続している。後場は、前引け時点より高 く始まり、一時プラス圏に再浮上した。 オミクロン株への警戒感が根強い中、米金融政策の先行きを見通す上で重要となる米 雇用統計の発表を控えており、午後は投資家の様子見姿勢が強まりやすいとみられている 。 米雇用統計を巡っては「市場予想から大きく乖離しないことが株式相場の安定にとっ て重要」(国内証券)とされる。市場予想より弱すぎれば、経済が弱いとしてネガティブ な反応になりやすく、強すぎればインフレ...

前場の日経平均は続落、値がさ株の下げが重し

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比61円03銭安の2万7692円34銭となり、続落した。朝方は米株高を好感して高く始まったが、値がさ株の下落が重しになり、その後は前日終値を挟んだ一進一退となった。

国際線の予約再開へ、航空各社が準備に苦慮 政府の一律停止撤回で

政府が日本到着便の新規予約の一律停止要請を撤回したものの、詳細な指示が正式に出ておらず航空各社が対応に苦慮している。

日本政府、到着便の一律予約停止を撤回 帰国需要に配慮

政府は2日、航空各社に要請した日本到着便の新規予約の一律停止を取りやめた。海外にいる日本人の帰国需要に配慮し、入国者の少ない日は日本人の予約を受け付けることを検討する。航空会社は予約の一部再開に動き出した。

JALとANA株が大幅反落、日本到着の国際線予約停止を嫌気

東京株式市場で、日本航空とANAホールディングスが大幅に反落している。国土交通省が1日までに、国内外の航空会社に日本到着便の新規予約停止を要請したことが手掛かりとなっている。世界的にオミクロン株の感染が広がり始めたことを受けた対応で、業績圧迫のリスクを警戒する売りが先行した。

世界の航空会社、オミクロン株で影響再び 予約停止懸念も

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」の感染が世界各地で確認される中、航空会社は運航スケジュールの急な調整や国内市場への依存拡大を余儀なくされるといった事態に再び直面する可能性がある。

日本到着の国際線予約停止、オミクロン株国内で2例目の感染確認

国土交通省は1日までに、国内外の航空会社に日本到着便の新規予約停止を要請した。日本航空<9201.T>とANAホールディングス<9202.T>はこの要請を受けて、日本に到着する国際線の新規予約を停止。世界的にオミクロン株の感染が広がり始めたことを受けた対応で、日本国内ではこの日、2人目の感染が確認された。

ANAとJAL、12月末まで国際線の新規予約停止 国交省要請で

ANAホールディングスと日本航空は1日、12月末までの国際線の新規予約の受付を停止したと明らかにした。新型コロナウイルスの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染拡大に対する水際対策を強化するとして、国土交通省が航空会社に要請したことを受けた措置。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、ボリンジャーでは反発マグマも

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、ボリンジャーでは反発マグマも 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。上ヒゲが長く、売り圧力の 強さをうかがわせる。日足・一目均衡表の雲の下限(2万8867円96銭=29日)や 主要な移動平均線からの下方乖離を拡大。パラボリックは26日に陰転しており、地合い は良くない。一方、ボリンジャーバンドでは、マイナス2シグマ(2万8476円31銭 =同)を下回り、反発のマグマがたまってきている。 <15:40> 新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に

<15:40> 新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が4日続落した。市場では 「市場のボラティリティーが高く、値幅の出やすい新興株に投資家は神経質になった」( 国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.91%安。FRONTEO がストップ安とな ったほか、フリー 、そーせいグループ などの下げが指数の重しとなった 一方、Appier Group はしっかり。リボミック はストップ 高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.40%安。シンバイオ...

日経平均は新型コロナ変異株への警戒で続落、円高も重し

東京株式市場で日経平均は続落した。南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の感染拡大が引き続き警戒された。日経平均は一時プラスに浮上したが、午後には再び軟調となって下げ幅を拡大した。為替が円高寄りに推移したことも重しとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はきょうの安値を更新、「リスクオフムード変わらず」

<13:54> 日経平均はきょうの安値を更新、「リスクオフムード変わらず」 日経平均は上値が重い。後場に入って、前引け時点に比べ次第に下げ幅を広げ、朝方 につけたきょうの安値を更新した。その後、安値圏でもみあっている 米株主要3指数の先物はいずれも堅調だが、ドル/円は引き続き円高寄りの動きとな っており、日本株の上値を抑えている。市場では「午前には短期筋の買いで持ち直す場面 があったが、全体のリスクオフのムードは変わっていない」(国内証券)との声が聞かれ た。 <12:45> 後場寄りの日経平均は軟調、戻り売り警戒する動き 後場寄りの日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:後場寄りの日経平均は軟調、戻り売り警戒する動き

<12:45> 後場寄りの日経平均は軟調、戻り売り警戒する動き 後場寄りの日経平均は軟調で、再び下げ幅を広げている。半導体関連株は買い優勢と なっているが、主力銘柄にはさえない展開が目立つ。市場では「急な下げによって上値で 取り残された買い建て玉が多いとみられるため、戻り売りを警戒する動きとなっているよ うだ」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は小幅続落、オミクロン株警戒も下げ渋り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円13銭安の2万8746円49銭 となり、小幅続落した。南アフリカで確認された新型コロナウイルス...

前場の日経平均は小幅続落、オミクロン株警戒も下げ渋り

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円13銭安の2万8746円49銭となり、小幅続落した。南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異株オミクロン株」が引き続き警戒されているものの、売り一巡後は下げ渋り、日経平均は一時プラスに浮上する場面もあった。

〔マーケットアイ〕株式:経平均・日足は「小陽線」、「カブセ線」の形状に

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、「 カブセ線」の形状に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。実体部分が約29円とわずかで、気 迷いを示す形状となった。前日の「大陰線」に対して売りサインとなる「カブセ線」の形 状にもなっており、目先的に調整に入るとの印象を与えている。5日移動平均線(2万9 584円12銭=同)は上値抵抗線として機能しており、短期調整が視野に入る。 <16:00> 新興市場は続落、利益確定売りが優勢 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。市場で は「朝方は米ナスダック高を...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up