for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,771.00JPY

変化

8.50(+0.31%)

出来高

3,090,800

本日のレンジ

2,747.00

 - 

2,785.00

52週レンジ

2,150.00

 - 

2,918.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,762.50
始値
2,755.00
出来高
3,090,800
3か月平均出来高
66.76
高値
2,785.00
安値
2,747.00
52週高値
2,918.00
52週安値
2,150.00
発行済株式数
470.34
時価総額
1,341,009.00
予想PER
64.06
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2023 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Ana Group CFO: Reservations For Domestic Flights On Upward Trend But Pace Has Slowed Due To COVID-19 Outbreak

Japan's ANA To Target Annual Operating Profit Of Record 200 Billion Yen Within 5 Years As Part Of Mid-Term Plan - Jiji

ANA Holdings To Forecast FY2022/23 Operating Profit Of About 50 Billion Yen Due To Recovering In Domestic Flights - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinya Katanozaka

Chairman of the Board, Chairman of Board of Directors, Representative Director

Koji Shibata

President, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuji Hirako

Vice Chairman of the Board

Kimihiro Nakahori

Group Chief Financial Officer, Senior Executive Officer, Manager of Group Accounting and Finance Office

Shinichi Inoue

President of Subsidiary, Director

統計

2.92 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.0K

2021

0.7K

2022

1.0K

2023(E)

1.7K
EPS (JPY)

2020

82.660

2021

-1,082.040

2022

-305.370

2023(E)

75.853
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.14
株価純資産倍率(四半期)
1.58
株価キャッシュフロー倍率
19.99
総負債/総資本(四半期)
209.13
長期負債/資本(四半期)
180.08
投資利益率(過去12カ月)
-3.58
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.79

最新ニュース

最新ニュース

ANA、冬の一時金3年ぶり支給 月例賃金2カ月分を労組に提案

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は5日、2022年度の冬の一時金について、新型コロナウイルス感染拡大前の水準である月例賃金2カ月分とする方針を労働組合に提案した。併せて、業績連動型の一時金を最大1カ月分にすることも提案した。同社の広報担当者が明らかにした。冬の一時金支給は3年ぶり。

ANA、「サメ肌」機体で燃費改善 全機導入で燃油費年80億円減へ

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は3日、機体の空気抵抗を抑えられるサメ肌状の表面を施したフィルムを使い、脱炭素化と燃費改善に向けた取り組みを行うと発表した。フィルムはニコンが技術協力した。まずは2機で試験的にフィルムを装着し、約3年かけて機体の空気抵抗低減や二酸化炭素(CO2)排出量、耐久性などを検証後、全機材への導入を目指す。

ANA、ハワイ路線で増便 出入国規制緩和など踏まえ

全日本空輸(ANA)は28日、ハワイ路線について成田=ホノルル線を12月1日から週5往復に増便し、2023年3月6日から毎日運航すると発表した。羽田=ホノルルは10月30日からの週7往復を継続する。また、成田=バンクーバー線は10月30日から毎日運航とする。

ANAとJAL、水際緩和にらみ国際線予約増 ビザ免除・個人旅行解禁で

新型コロナウイルスの水際対策が本格的に緩和されるのを前に、国内航空会社の国際線予約数が増えている。緩和報道が出始めた8月下旬ごろから上向き、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)ともに増加基調にある。22日には岸田文雄首相が10月11日から制限を大幅に緩和する方針を正式に表明。円安で訪日客の回復が見込まれる中、記者団の取材に応じたANAの井上慎一社長はさらなる需要拡大に期待を示した。

インタビュー:円安で訪日客増に期待、水際緩和なら「爆発的に復活」=ピーチ社長

ANAホールディングス傘下の格安航空会社ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の森健明社長は22日、ロイターのインタビューで、円安が追い風となる中でインバウンド(訪日客)が「爆発的に復活」すると述べ、新型コロナウイルスの水際対策のさらなる緩和に期待を示した。円安が逆風となる日本発のアウトバウンドも、競合より割安な運賃を維持することで需要の取り込みは可能とした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、ほぼ十字線で様子見

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、ほぼ十字線で様子見 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7875円91 銭。日足・一目均衡表の転換線(2万7964円23銭=15日)で上値を抑えられた。 ローソク足はほぼ十字線の形状で、様子見姿勢の強さが示唆された。目先のサポートとし ては、心理的節目2万7500円や75日移動平均線(2万7515円68銭=同)が見 込まれる。 <15:08> 新興株はマザーズが反発、決算手掛かりの物色目立つ 新興株式市場は、マザーズ総合は0.93%高の751.08ポイントと、反発した...

日経平均は小幅反発、米株高が支援 米引き締め警戒はくすぶる

東京株式市場で日経平均は、前営業日比57円29銭高の2万7875円91銭と、小幅に反発して取引を終えた。米国株式市場が上昇したことを好感し、前日の大幅安からの自律反発を期待した買いが入った。ただ、米国の利上げとそれに伴う景気悪化懸念は根強く、上値追いには慎重だった。 日経平均は小高く寄り付いた後も底堅い動きだった。米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことによる過度な警戒感はひとまず和らいだ。一時マイナスに沈む場面もあったが、短時間でプラスに切り返した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、決算手掛かりの物色目立つ

<15:08> 新興株はマザーズが反発、決算手掛かりの物色目立つ 新興株式市場は、マザーズ総合は0.93%高の751.08ポイントと、反発した 。東証グロース市場指数は前営業日比0.93%高の955.02ポイント。決算を手掛 かりにした値動きが目立った。 ビジョナルやINTLOOP、ANYCOLORはストッ プ高水準で取引を終えた。一方、ワンダープラネットが大幅安。イメージ・マジ ック、デリバリーコンサルティングは軟調だった。 <13:30> 日経平均は伸び悩み、輸出関連に手掛けにくさ レートチェックを 警戒 日経平均は、午後に入って引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、輸出関連に手掛けにくさ レートチェックを警戒

<13:30> 日経平均は伸び悩み、輸出関連に手掛けにくさ レートチェックを 警戒 日経平均は、午後に入って引き続き伸び悩んでいる。足元では約60円高の2万78 00円台後半で、前引け時点より、やや上げ幅を縮めている。 来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に見送りムードとなる中、政府・日銀 のレートチェックによる円高への警戒感がくすぶり「自動車や電機など輸出関連株は手掛 けにくさが意識されている」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、空運や陸運、旅行関連が引き続き堅調。きょうから18日まで「東京ゲームシ ョウ2022」が開催され、...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 上値には慎重

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比127円58銭高の2万7946円20銭と、反発した。前日の米国株式市場が上昇したことを好感したが、引き続き米利上げに対する警戒感が強く、上値に慎重な様子がうかがえる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はじり高歩調、引き続き上値に対して慎重な様子

<11:05> 日経平均はじり高歩調、引き続き上値に対して慎重な様子 日経平均はじり高歩調となっている。2万7900円台に乗せてきた。とりわけ目新 しい材料がない中、前日の反動も手伝って堅調に推移している。 ただ、前日の下げ幅を考慮すると、反発力が乏しい。市場では「米金融引き締めが警 戒されており、引き続き上値に対して慎重な様子だ。米連邦公開市場委員会(FOMC) を通過するまで一進一退となるのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 <10:05> 日経平均は小幅高でもみ合い、反発力が鈍く薄商いの状態続く 日経平均は小幅高の水準でもみ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高でもみ合い、反発力が鈍く薄商いの状態続く

<10:05> 日経平均は小幅高でもみ合い、反発力が鈍く薄商いの状態続く 日経平均は小幅高の水準でもみ合い。大きく下げた後の反動もあって、買い優勢で始 まったものの、米金融引き締めに対する警戒感は依然として強いため、全体的に反発力は 鈍い。薄商いの状態が続いている。 市場では「大きな材料が出ない限り、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで は閑散相場が続くのではないか」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、時間外取引で米株先物は主要3指数とも堅調に推移。これも株価を下支えする 要因になっているという。 <09:05> 日経平均は反発...

JALとANA株が新高値、リオープン期待の大きさを象徴

15日の東京株式市場で、日本航空(JAL)、ANAホールディングスが上値を追い、いずれも年初来高値を更新した。前日の波乱局面でも両社は逆行高を演じており、市場におけるリオープン(経済再開)期待の大きさを象徴する動きという。このほか、リオープン関連でJR東日本などの電鉄株や高島屋などの百貨店株も高い。

寄り付きの日経平均は反発、米株堅調を好感 投資家は慎重姿勢か

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比55円34銭高の2万7873円96銭と、反発してスタート。前日の米国株式市場が堅調だったことを好感した。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは不安定な状態が続くとみられることから、投資家の慎重な姿勢が見受けられ、全体的に反発力は弱い。

今日の株式見通し=反発、米株切り返しを好感 戻りは限定的か

今日の東京株式市場で日経平均株価は、反発が想定されている。前日の米国株式市場が、悪化した地合いを断ち切り切り返しに転じたことが好感されそうだ。日本経済は極端なリセッションにはならないとの見方も出ており、押し目買いが入るとみられる。ただ、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは不安定な状態が続きそうなことから、戻りは限定的となる可能性が高い。

日経平均は3日続伸、グロース株が上昇けん引 利益確定売りも

東京株式市場で日経平均は、前営業日比327円36銭高の2万8542円11銭と、3日続伸して取引を終えた。前週末の米株高を好感し、物色が広がった。グロース(成長)株の上昇が目立ち、値がさ株の上げが指数押し上昇に寄与した。急ピッチな上昇への警戒感もあり、利益確定売りが上値を抑えた。

ホットストック:リオープン関連株がしっかり、JAL3%高 水際対策緩和報道を好感

リオープン(経済再開)関連銘柄がしっかりとなっている。日本航空は3%高、ANAホールディングスは2%高と、いずれも商いを伴って上昇している。松屋は6%高、三越伊勢丹ホールディングスは3%高と、百貨店株も堅調に推移している。政府が10月までをメドに、新型コロナウイルスの水際対策で導入している1日あたりの入国者数の上限を撤廃する調整に入ったと日本経済新聞が11日に報じ、好感されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期間で200日線回復し底入れ感

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、短期間で200日線回復し底入れ感 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万8065円28銭。ローソク足の 上下のヒゲはわずかで強気サインの「丸坊主」に近い形状となった。5日線(2万767 8円51銭=8日)を9営業日ぶりに上回ったほか、前日に下回っていた200日移動平 均線(2万7458円54銭=同)も短期間で回復し、底入れ感を強めた。200日線は サポートを継続。目先のレジスタンスは25日線(2万8258円43銭=同)。 <15:26> 新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色

<15:26> 新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色 新興株式市場は、マザーズ総合が0.95%高の723.83ポイントと反発した。 東証グロース市場指数は前営業日比0.95%高の920.36ポイントだった。 前日の米国市場でナスダック総合が大幅高となり、グロース(成長)株が物色された 。もっとも、日経平均が大幅高となる中で「投資家の関心は大型株に向かった」(国内証 券)とみられ、指数の上昇は限られた。 ティーケーピーやライフネット生命保険が大幅高となり、年初来高 値を更新。Appier Groupも買われた。一方、中国・武漢で発見...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅ながら後場一段高、下値切り上がりを意識

<14:20> 日経平均は小幅ながら後場一段高、下値切り上がりを意識 日経平均は小幅ながら後場一段高となり、600超高に上昇した。時間外取引の米株 先物は小幅高で推移し、投資家心理を支えている。 欧州中央銀行(ECB)理事会やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を 前に「戻り待ちの売りが見込まれる水準でもあり、いったん上昇一服となりやすい」(国 内証券)との声が聞かれる。 一方、前日には強力なサポートとみられた200日移動平均線を下回ったものの短期 間で回復したことで「下値が切り上がってきている印象で、心理的な安心感も支えになっ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up