for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

現在値

2,918.00JPY

変化

-2.50(-0.09%)

出来高

2,717,800

本日のレンジ

2,869.50

 - 

2,919.00

52週レンジ

2,150.00

 - 

3,022.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,920.50
始値
2,886.50
出来高
2,717,800
3か月平均出来高
85.04
高値
2,919.00
安値
2,869.50
52週高値
3,022.00
52週安値
2,150.00
発行済株式数
470.33
時価総額
1,396,703.00
予想PER
33.46
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2023 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan's Skymark Airlines To Relist On Dec 14 - Nikkei

Japan's Skymark Airlines Inc Has Applied For Tokyo Stock Exchange Re-Listing - Nikkei

Ana Group CFO: Reservations For Domestic Flights On Upward Trend But Pace Has Slowed Due To COVID-19 Outbreak

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは主に航空事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。顧客に対する空港での各種サービス提供、電話による予約案内の役務提供等を行う。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。主に航空券と宿泊等を素材とした商品開発及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。また、ビル管理、人材派遣等の事業を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7133

Japan

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinya Katanozaka

Chairman of the Board, Chairman of Board of Directors, Representative Director

Koji Shibata

President, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuji Hirako

Vice Chairman of the Board

Kimihiro Nakahori

Group Chief Financial Officer, Senior Executive Officer, Manager of Group Accounting and Finance Office

Shinichi Inoue

President of Subsidiary, Director

統計

2.85 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.0K

2021

0.7K

2022

1.0K

2023(E)

1.7K
EPS (JPY)

2020

82.660

2021

-1,082.040

2022

-305.370

2023(E)

88.037
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
1.61
株価キャッシュフロー倍率
10.62
総負債/総資本(四半期)
194.92
長期負債/資本(四半期)
174.26
投資利益率(過去12カ月)
-0.99
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.77

最新ニュース

最新ニュース

ANA、客室乗務員の採用再開 旅客需要回復対応で500人規模

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は、客室乗務員の採用を4年ぶりに再開する。2023年度入社の経験者採用と、2024年度入社の新卒採用の合計で500人規模となる見通し。

ピーチ、航空機受領の遅れで92便欠航 年末年始の予定便

ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は30日、新たな機材の受領に遅れが出ているとして、年末年始に運航を予定していた便のうち、92便を欠航とすると発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線回復ならず 底堅さも継続

   <16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線回復ならず 底堅さも継続 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万8027円84銭。5日移動平均 線(2万8194円51銭=29日)を終値で回復できなかったが、ローソク足の下ヒゲ は長めで、買い方の抵抗もうかがえる。主要な移動平均線の多くが上向きを維持し、底堅 さへの期待をつなぐ。 下押しする場合、25日線(2万7751円70銭=同)や75日線(2万7655 円87銭=同)のほか、週足の13、26、52週線が集まる2万7400―2万750 0円が目先の下値めどになりそうだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、米長期金利上昇一服で「資金流入」

   <15:35> 新興株はマザーズが4日続伸、米長期金利上昇一服で「資金流入」 新興株式市場は、マザーズ総合は0.26%高の803.32ポイントと、4日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比0.25%高の1021.10ポイントだった 。米長期金利の上昇が一服する中、「中小型株に資金が入ってきているようだ」(国内証 券のストラテジスト)との声が聞かれた。 そーせいグループが大幅高のほか、ビジョナルが堅調だった。Bu ySell Techは取引時間中の年初来高値を更新した。一方、ケアネット やウェルスナビが大幅安。FRONTEOはさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も

   <13:35> 日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も 日経平均は午後もマイナス圏での推移となっているが、前引け時点により徐々に下げ 幅を縮小している。 中国当局がコロナ防疫措置についての記者会見を開く予定で、「ゼロコロナ規制の緩 和への思惑もありそうだ」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。 値がさの半導体関連や電子部品の下落が重しの一方、ANAホールディングス<9202. T>など空運やJR東海などの陸運、百貨店などインバウンド関連がしっかりとな っている。 <11:47> 前場の日経平均は3日続落...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る

  <15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 日経平均・日足は上に長く下に短いヒゲを伴う「上影陰線」の形の「小陰線」だった 。買い手の心理としては失望感を示している。終値は2万7930円57銭。ローソク足 は5日移動平均線(2万8035円22銭=17日)を下回り、弱気相場を暗示している 。 主要な短期の移動平均線は依然として上を向いているものの、75日線(2万763 8円17銭=同)、200日線(2万7156円24銭=同)はいずれも横ばいに転じて いる。目先の日経平均は節目の2万8000円の攻防となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.13%安の790.39ポイントと 小幅に反落した。東証グロース市場指数は同0.12%安の1003.68ポイントだっ た。新規IPO銘柄での利益確定売りが重しとなった。一方、米長期金利の低下を好感し てグロース(成長)株は底堅く推移した。 個別では、坪田ラボ、pluszeroがストップ高で取引を終え たほか、マイクロ波化学が堅調に推移した。 半面、POPER、ジーエヌアイグループ、リンカーズは さえない。 <13:56> 後場の...

アングル:リオープン銘柄に選別色、インバウンド「依存度」で明暗

新型コロナウイルスを巡る政府の規制緩和を背景に、東京株式市場では空運株や旅行関連株などの物色が活発になっている。国内の人流回復で恩恵を受ける企業は業績・株価ともに好調だ。一方で、水際対策が本格緩和されたものの中国人観光客の戻りは鈍く、インバウンド消費に依存する企業は苦戦を強いられている。「経済再開(リオープン)」関連銘柄に跛行色がみられる状況で、相場全体の押し上げ効果は持続力が不透明との見方が多い。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄

<13:56> 後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約110円安の2万 7900円台前半で推移している。前場に続き半導体関連株が軟調で相場の重しとなって いる一方、リオープン(経済再開)関連銘柄はしっかり。 市場は「米物価統計の公表を経て次の材料を待っている状況」(国内証券・ストラテ ジスト)で、目先の日経平均は節目の2万8000円を挟んで一進一退の値動きが続きや すいという。 東証33業種では、陸運業、空運業、不動産業など21業種が値上がり。非鉄金属、 電気機器、卸売業...

午前の日経平均は反落、米株安が重しに 年末商戦への警戒くすぶる

17日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比112円72銭安の2万7915円58銭と反落した。米小売大手が見通しを引き下げ、年末商戦期を前に小売業界を巡る懸念が高まって米国市場で株安となったことが重しとなった。米ハイテク株安を受けて、半導体関連株は軟調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線が75日線を上抜け

<15:33> 日経平均・日足は「大陽線」、5日線が25日線を上抜け 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。買い意欲が非常に強 いことを表している。終値は2万8263円57銭。ローソク足が主要な移動平均線の上 に位置しており、強気相場を示している。 5日移動平均線(2万7765円17銭=11日)が75日線(2万7624円47 銭=同)を下から上に突き抜け、「ゴールデンクロス」となった。 市場では「当面はネガティブ材料が出たとしても、25日移動平均線(2万7228 円13銭=同)が下値サポートラインとして意識されそうだ...

日経平均は急反発、米CPI後の株高を好感 グロース株が上昇牽引

東京株式市場で日経平均は、前営業日比817円47銭高の2万8263円57銭と、急反発した。米国市場でインフレの伸び鈍化を示す消費者物価指数(CPI)が発表され、長期金利低下・株高となったことを好感し、買いが優勢となった。心理的節目2万8000円を約2カ月ぶりに回復し、900円近く上昇する場面もあった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米CPI後の米金利低下で買い優勢

<15:22> 新興株はマザーズが反発、米CPI後の米金利低下で買い優勢 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比3.41%高の760.52ポイントと 反発した。東証グロース市場指数は同3.31%高の966.51ポイントだった。米消 費者物価指数(CPI)の公表後、米長期金利が低下したことを好感し、新興株市場でも 買い優勢となった。 一方で、「足元の米長期金利は低下しているものの、今後も高水準で米金利が推移す ることは変わらないため、新興株の上昇の勢いは限定的」(国内証券)との意見も聞かれ た。 個別では、ココナラ、JTOWER、ウェルスナビ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米CPI後の取引は一巡

<13:40> 日経平均は小動き、米CPI後の取引は一巡 後場の日経平均は小動きとなっている。米消費者物価指数(CPI)を受けた取引は 午前中で一巡したとみられ、週末でもあり午後は模様眺めになりやすいという。 米CPIが市場予想を下回ったことでインフレに対する過度な警戒感が和らいだ一方 、単月のCPIだけでは判断できないとの慎重な見方も根強く、株式は「どんどん上値を 追う様子ではない」(国内運用会社のストラテジスト)との声が聞かれる。 前引け時点からは、精密機器や非鉄金属が上げ幅を拡げている一方、空運業が下げ幅 を拡大している。 <11...

午前の日経平均は急反発、米インフレ鈍化を好感 グロース株高い

11日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比754円65銭高の2万8200円75銭と、急反発した。インフレの伸び鈍化を示す消費者物価指数(CPI)の発表を受けて米株高となった流れを引き継いで買いが先行し、心理的節目2万8000円を9月14日以来2カ月ぶりに回復した。

ANAHD、通期予想を上方修正 水際対策緩和で国際線回復

ANAホールディングスは31日、2023年3月通期の連結業績見通しを上方修正し、純利益を従来予想のほぼ倍となる400億円に引き上げた。日本政府の水際対策緩和で国際線の旅客需要が回復していることを織り込んだ。貨物事業も引き続き堅調なほか、航空機の資産売却益や為替差益なども想定を上回る。

ANAHD、通期予想を上方修正 水際対策緩和で国際線が回復

ANAホールディングスは31日、2023年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。純損益は400億円の黒字(前年は1436億円の赤字)となる見通し。水際対策の緩和により国際線で旅客需要が想定以上に回復するほか貨物も堅調に推移しており、従来予想の210億円の黒字から上振れる。3年ぶりに黒字転換する見込み。

日経平均は反発、米株高が支え 中国新体制への警戒感も

東京株式市場で日経平均は、前営業日比84円32銭高の2万6974円90銭と、反発して取引を終えた。前週末の米国市場で米国の金融引き締めに対する過度な懸念が和らいで株価が急反発した流れを引き継いだ。一方、中国の新体制による政治・経済政策など不透明要因が警戒され、買い一巡後は上げ幅を縮小して伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、節目の2万7000円維持

<15:44> 日経平均・日足は「小陽線」、節目の2万7000円維持 日経平均・日足は上と下に長いヒゲを伴う「小陽線」となり、「陽のコマ」の形にな った。買い手の心理としては、上昇期待感の中、気迷いを示唆している。終値は2万70 06円96銭。 心理的節目の2万7000円をキープして取引を終えたことから、安心感も意識され やすいという。ただ、200日移動平均線(2万7238円76銭=20日)や75日線 (2万7479円06銭=同)が引き続き上値抵抗線となりそうだ。 また、「9月の米雇用統計後に付けた2万7399円19銭が当面の上値メドとして...

日経平均は反落、半導体関連株など軟調 後場は下げ幅縮小

東京株式市場で日経平均は、前営業日比250円42銭安の2万7006円96銭と、反落して取引を終えた。前日の米株安を嫌気し、日経平均は軟調な展開となった。米長期金利が高水準で推移する中、半導体関連株やグロース(成長)株の売りが目立った。ただ、後場に入り、中国が入国者の隔離期間短縮を検討しているとの報道が伝わると、徐々に下げ幅は縮まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up