for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社

9202.T

前日終値

3,742.00JPY

変化

21.00(+0.56%)

出来高

141,200

本日のレンジ

3,728.00

 - 

3,744.00

52週レンジ

3,497.00

 - 

4,173.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,721.00
始値
3,735.00
出来高
141,200
3か月平均出来高
19.45
高値
3,744.00
安値
3,728.00
52週高値
4,173.00
52週安値
3,497.00
発行済株式数
334.64
時価総額
1,283,520.00
予想PER
11.57
配当利回り
2.04

次のエベント

Q2 2020 ANA Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan's ANA Holdings reports lower cargo demand in June quarter due to US-China trade issues

Wirecard Wins Contract From Japan's ANA

Japan's ANA Announces Capital, Strategic Tie-Up With Philippines' Pal Holdings

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANAホールディングス株式会社とは

ANAホールディングスは航空事業等を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを運営する。航空事業は旅客、貨物等の国内線及び国際線の定期・不定期の航空運送を行う。航空関連事業は、空港ハンドリング、整備など航空輸送に付随するサービスを提供する。旅行事業は旅行商品開発及び販売を中心に、パッケージ旅行商品等の企画及び販売を行う。商社事業は、主に航空関連資材等の輸出入及び店舗・通信販売等を行う。

業種

Airline

連絡先

Shiodome-City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

+81.3.67355555

https://www.ana.co.jp/group/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Ito

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Shinya Katanozaka

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Osamu Shinobe

Vice Chairman of the Board

Yuji Hirako

President of Subsidiary, Director

Toyoyuki Nagamine

Executive Vice President, Representative Director

統計

3.11 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.8K

2018

2.0K

2019

2.1K

2020(E)

2.1K
EPS (JPY)

2017

282.300

2018

417.820

2019

331.040

2020(E)

318.212
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
1.14
株価キャッシュフロー倍率
4.66
総負債/総資本(四半期)
74.96
長期負債/資本(四半期)
66.98
投資利益率(過去12カ月)
5.44
自己資本利益率(過去12カ月)
4.03

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:台風19号、各社の対応

首都圏全域と静岡県の一部の在来線は12日午前9時以降、順次運転を取りやめ。東北・山形・秋田・北陸・上越の各新幹線は、12日午前11時以降に出発する列車から本数を減らし、その後運休。

台風19号、12日に首都圏へ 鉄道・航空便は一部運休・百貨店も休業

大型で非常に強い台風19号が、12日から13日にかけて首都圏を直撃する見通し。気象庁は「大雨特別警報」を発表する可能性があるとして、厳重な警戒を呼びかけた。鉄道各社の計画運休や航空便の欠航、百貨店の臨時休業などが既に決まっている。台風に備えて食料品を買い込む動きもみられ、店頭では一部商品が既に品薄になっている。

台風19号、12日に首都圏直撃か 東京ー名古屋間の新幹線は終日運休

気象庁によると、大型で非常に強い台風19号が、12日から13日にかけて首都圏を直撃する見通し。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=12日

0.41%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 綿半HLDG 21.70 02 GMOペイメントゲートウェ 23.13 イ 03 光通信 24.70 04 日立物流 26.78 05 フューチャー 28.06 06 テクマトリックス 28.26 07 JCRファーマ 29.22 08 インテリジェント ウェイブ 29.82 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

羽田国際線増便は9カ国・地域に配分、来年3月就航

国土交通省は2日、東京五輪・パラリンピックを控えて来年3月から1日50便増える羽田空港の国際線発着枠について、中国、ロシア、オーストラリアなど9カ国・地域に配分すると発表した。日本の航空会社では、ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)に13.5便、日本航空(JAL)<9201.T>に11.5便を割り当てる。

羽田空港、増便は9カ国・地域 来年3月就航 発着枠見直し

国土交通省は2日、東京五輪・パラリンピックを控えて来年3月から1日50便増える羽田空港の国際線発着枠について、中国、ロシア、オーストラリアなどの国・地域に配分すると発表した。米国路線には24便割り当てることを既に発表済みで、増便される9就航国・地域が明らかになった。

ピーチ・アビエーション、日韓結ぶ3路線を運休へ

格安航空会社のピーチ・アビエーションが、日本と韓国を結ぶ3路線を運休することが30日、分かった。ウォン安と韓国経済の低迷が理由という。

ANA、4―6月期国際貨物18%減収 米中貿易摩擦や中国経済減速

ANAホールディングス<9202.T>が30日発表した2019年4―6月期連結決算は、売上高が前年同期比3.2%増の5005億円で同期として過去最高となった。ゴールデンウィーク(GW)の10連休に伴う旅客需要拡大が寄与した。一方、米中貿易摩擦や中国経済の減速により、国際線貨物は18.3%の減収だった。

主要決算銘柄/リフィニティブ予想

30日に決算が発表される主な上場企業のリフィニティブアナリスト予想コンセンサスは以下の通り。(29日時点) 銘柄 決算期 利益(億円) アナリス データ ト(人) ソニー 20年3月期 8301(営業) 23 reuters://realtime/ric=6758.T/verb=CompanyData 任天堂 20年3月期 3234(営業) 20 reuters://realtime/ric=7974.T/verb=CompanyData 三菱電機 20年3月期 3075(営業) 19 reuters://realtime/ric=6503...

三菱重、ボンバルディア小型機「CRJ」事業を約590億円で買収へ

三菱重工業<7011.T>は、カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>から同社の小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。買収額は約5億5000万ドル(約590億円)で、三菱重は2億ドル(約210億円)の債務も引き受ける。買収手続きは2020年上半期に完了する見通し。両社が25日に発表した。

FAA、米航空会社による一部イラン領空の飛行を禁止

米連邦航空局(FAA)は20日、米航空会社に対し、イラン領空のうちホルムズ海峡およびオマーン湾の上空の飛行を禁止する緊急命令を発表した。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=19日

0.67%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 スシローグローバルHLDG 20.84 02 東リ 24.77 03 ハイマックス 26.08 04 Cominix 26.91 05 巴川製紙所 27.11 06 サイゼリヤ 27.81 07 シスメックス 29.06 08 CARTA HLDG 29.20 09 ジェイリース 29.30 10 ジンズ 29.36 11 アグロ カネショウ 29.43 12 王将フードサービス 29.68 13 ANA HLDG 29.96 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

737MAX発注変更なし、安全確認大前提で=ANAHD執行役員

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス<9202.T>の福澤一郎執行役員は26日の決算会見で、インドネシアとエチオピアで墜落事故を起こした米ボーイング<BA.N>社製「737MAX」シリーズ旅客機の発注計画ついて、「安全の確認が大前提」とした上で、現時点では「変わっていない」と述べた。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 ジャパンフーズ 02 永谷園HLDG 03 飯田グループHLDG 04 アステラス製薬 05 ID HLDG 06 星光PMC 07 コスモエネルギーHLDG 08 三協立山 09 OKK 10 岡谷電機産業 11 ヘリオス テクノ HLDG 12 スズデン 13 西松屋チェーン 14 リョーサン 15 九州リースサービス 16 京浜急行電鉄 17 セイノーHLDG 18 ANA HLDG 19 東京瓦斯 20 東邦瓦斯  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=22日

1.96%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ツカモトコーポレーション 18.88 02 TIS 19.30 03 JMS 22.82 04 ANA HLDG 23.94 05 アツギ 24.06 06 アコム 24.39 07 ネオス 24.55 08 トナミHLDG 25.48 09 サンコール 25.99 10 フジオフードシステム 26.55 11 エーアイテイー 26.68 12 高島 26.72 13 ファルテック 26.74 14 トレジャー・ファクトリー 26.86 15 オリックス 27.08 (*):RSIが70以上...

リンクトインでの国内転職先、アマゾンなど外資系ITが人気

ビジネス向け交流サイト(SNS)の米リンクトインは3日、同社サイト上における日本国内での転職先人気企業ランキングを発表した。首位がアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、グーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>が2位となり、外資系IT企業に対する関心の高さを示した。

航空業界、気候変動対策が不十分=投資家グループ

大手機関投資家が参加する低炭素経済推進イニシアチブ「トランシジョン・パスウェイ・イニシアティブ(TPI)」は、航空会社の地球温暖化対策が不十分だとの報告書をまとめた。航空業界は世界の温室効果ガス排出の2%を占めており、気候変動リスクの管理を強化すべきだとしている。

GW10連休の予約状況「非常に出足良い」=全日空社長

ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸の平子裕志社長は26日、本社での定例会見で、新天皇即位に伴い10連休となる2019年のゴールデン・ウィーク(GW)の予約状況について「非常に出足が良い」と指摘。今年のGWは旅行需要を「確実に押し上げている」として、需要の取り込みに意欲を示した。

ANA、フィリピン航空と資本提携 9.5%出資で取締役も派遣

ANAホールディングス<9202.T>は29日、フィリピン航空の親会社PALホールディングス<PAL.PS>と資本提携すると発表した。PALの株式9.5%を9500万ドル(約105億円)で取得する。両社はすでに業務提携しており、出資によって関係の強化を図り、旺盛な日本とフィリピン間の航空需要を取り込む狙い。

ANA、通期営業利益「上方修正の可能性、極めて高い」=HD幹部

ANAホールディングス<9202.T>の福澤一郎執行役員は29日、国土交通省での2018年4―12月期(第3・四半期)決算会見で、19年3月期通期の営業利益は「上方修正になる可能性が極めて高い」との見通しを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up