for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社TBSホールディングス

9401.T

現在値

1,520.00JPY

変化

-14.00(-0.91%)

出来高

199,600

本日のレンジ

1,518.00

 - 

1,529.00

52週レンジ

1,456.00

 - 

2,012.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,534.00
始値
1,524.00
出来高
199,600
3か月平均出来高
5.67
高値
1,529.00
安値
1,518.00
52週高値
2,012.00
52週安値
1,456.00
発行済株式数
168.75
時価総額
260,132.00
予想PER
9.99
配当利回り
2.77

次のエベント

Q3 2023 TBS Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Tokyo Broadcasting System Holdings says merger between units

Tokyo Broadcasting System Holdings to set up program production unit and visual culture unit

Tokyo Broadcasting System Holdings says change of chairman and president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社TBSホールディングスとは

TBSホールディングス(旧名:東京放送ホールディングス)は、テレビ・ラジオの放送及び映像・音声ソフト等の制作・販売、文化事業、不動産賃貸業を主に、これらに附帯する保守、サービス等を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて運営する。メディア・コンテンツ事業は、放送、番組制作、映像技術、美術制作、コンピュータグラフィックス、音声技術、照明技術、カメラ取材、有線テレビ放送(CATV)投資、映像投資、調査・研究等を行う放送関連事業、及び映像・音声ソフト制作・販売・配信事業、各種催物、番組販売、ビデオソフト制作・販売、アニメの企画・制作、音楽ソフト企画・制作等を行う各種催物、ビデオソフト等の企画・制作事業、CS事業を含む。ライフスタイル事業は、通信販売、雑貨小売、化粧品製造・販売等を行う。不動産・その他事業は、不動産賃貸・保守及びサービス事業、スタジオ管理、冷暖房管理、駐車場管理、機材リース、保険代理、不動産賃貸を行う。

業種

Broadcasting & Cable TV

連絡先

5-3-6, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-8006

Japan

+81.3.37461111

http://www.tbsholdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinji Takeda

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Takashi Sasaki

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Hideki Isano

Group Senior Executive Officer, President of Subsidiary

Mikio Kokubu

Group Senior Executive Officer

Ken Sonoda

Group Senior Executive Officer

統計

3.20 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.4K

2021

0.3K

2022

0.4K

2023(E)

0.4K
EPS (JPY)

2020

173.280

2021

164.320

2022

187.350

2023(E)

151.756
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.71
株価純資産倍率(四半期)
0.35
株価キャッシュフロー倍率
5.66
総負債/総資本(四半期)
3.46
長期負債/資本(四半期)
3.25
投資利益率(過去12カ月)
3.06
自己資本利益率(過去12カ月)
2.81

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万6491円97銭。日足・一目均 衡表の雲(下限:2万6502円51銭)で頭を抑えられた形となる。ただ、雲領域は薄 く(上限:2万6510円28銭)、ローソク足の上ヒゲはわずかながら上抜けた。5日 移動平均線(2万6166円06銭=24日)を4日連続で上回る良好な基調を維持して おり、雲を上抜ければ75日線(2万6830円72銭=同)が視野に入ってきそうだ。 <15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高

<15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.68%高の671.67ポイントと 大幅に続伸した。米長期金利が低下基調にあり、前日の米市場ではハイテク株比率の高い ナスダック総合が上昇しており、投資家心理を支援した。 値がさのメルカリや、ビジョナル、フリーなどの上昇が牽 引した。一方、モダリスやキャンバス、サインドはさえなかっ た。 グロース市場に新規上場したマイクロ波化学の初値は公開価格を9%下回る 550円となった。その後は切り返し、ストップ高水準の650円で取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援

<14:28> 日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援 日経平均は上げ幅を拡大している。足元では前営業日比340円ほど高い2万650 0円前半。多くの業種が前引け時点に比べて高くなっている。「先物の買いが午後に入っ て増えている印象」(国内証券)という。 時間外取引の米株先物が後場の時間帯に上値を伸ばしており、投資家心理を支援して いる。「今晩の米株高を期待する買いが入っているようだ」(別の国内証券)との声が聞 かれた。前引け時点から下げているのは銀行、鉱業、石油・石炭製品。 東証33業種では、値上がりはサービス業や化学工業、海運業...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり

<13:01> 後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり 後場に入り日経平均は上げ幅を拡大し、日中高値を更新している。前営業日比約25 0円高で、2万6400円台前半で推移。米株先物はプラス圏で推移し、しっかりした値 動きとなっている。 前場に引き続き半導体関連株が底堅く、相場を押し上げている。業種別ではサービス 業が堅調。東証33業種では、値上がり率トップとなっている。 市場では「日本の場合はコロナ禍からの回復が遅れていた分、サービス業関連の上昇 期待は十分にある。サービス関連の銘柄は割安なものも多く、買いが集まっているようだ...

午前の日経平均は続伸、半導体関連株に買い戻し

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比190円99銭高の2万6362円24銭と、続伸した。寄り付きから底堅く推移し、徐々に上げ幅を拡大。米長期金利の低下基調を受けて、半導体関連などの値がさ株が買われたほか、グロース株の一角が堅調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し

<11:12> 日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約210円高の2万6300円台後半で推移 している。半導体関連の値がさ株が引き続き堅調で、相場を押し上げている。 東京エレクトロン、アドバンテストはそれぞれ2%高。市場では、 「米金利の低下基調に加え、インテルのCEO(最高経営責任者)が半導体の供給不足は 少なくとも2024年まで続くと話したことが材料視され、半導体関連株に買い戻しが入 っているようだ」(国内証券)との声が出ている。 東証33業種では、サービス業、精密機器、化学工業など...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引

<10:05> 日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引 日経平均は上値追い。2万6300円前後で推移している。とりわけ戻す理由が見当 たらず、自律反発との見方が出ていた。東京エレクトロンなど半導体関連株など 指数寄与度が大きい銘柄がけん引する格好。その一方で、景気敏感セクターに下げる銘柄 が目立つ。 市場では「半導体関連株が上げをリードしているが、これらは直近の相場で売り込ま れただけに、自律反発の色彩が強い。大引けまでこの動きがもつかどうかが注目されそう だ」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声も聞かれた...

寄り付きの日経平均は続伸、高寄り後は一進一退 物色面も高安まちまち

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円42銭と、続伸してスタート。米株高を好感して始まった格好だが、すぐにマイナスに転じた後は一進一退の動きになるなど方向感を欠いている。物色面でも、バリュー系銘柄、グロース株のいずれも高安まちまちで、特徴が見当たらない。週末とあって模様眺めとなり、全体的に小動きになるとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 C&FロジHLDG 27% 1,295 1,294 1,295 1,021 2 SCSK 23% 2,690 2,690 2,690 2,190 3 淀川製鋼所 23% 2,693 2,693 2,693 2,193 4 ダブル・スコープ 22% 2,184 2,184 2,184 1,784 5 パーソル...

10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。 <自社株買い> ・加藤産業 、公開買い付けにより、自己保有株を除く発行済株式総数の2. 96%にあたる102万4100株の自社株買いを実施へ。買い付け価格は1株当たり2 934円で、諸費用を含めた総額は30億2670万9400円。取得期間は2月14日 から3月14日。 ・ストライダーズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.18%にあたる 10万株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月14 日から5月13日。 ・セコム 、自己保有株を...

6日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

6日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西武ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.71%に あたる900万株、取得総額150億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2 月7日から3月24日。 ・ケーズホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.54% にあたる1000万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は2月7日から5月29日。 ・アルプス技研 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.39%にあたる5 0万株、取得総額12...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up