for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社

9432.T

現在値

3,867.00JPY

変化

-3.00(-0.08%)

出来高

4,222,100

本日のレンジ

3,837.00

 - 

3,875.00

52週レンジ

3,050.00

 - 

4,055.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,870.00
始値
3,860.00
出来高
4,222,100
3か月平均出来高
105.18
高値
3,875.00
安値
3,837.00
52週高値
4,055.00
52週安値
3,050.00
発行済株式数
3,541.43
時価総額
14,006,320.00
予想PER
11.23
配当利回り
2.97

次のエベント

Nippon Telegraph and Telephone Corp IR Day (Japanese)

適時開示

その他

NTT Corp - Bought Back 92,925,400 Own Shares Via ToSTNeT-3 On Thursday

NTT Corp - To Buy Back 103,172,500 Own Shares Via Tostnet-3 On Thursday Morning Before Market Opens

Japan's NTT: To Buy Back Up To 3.11% Of Own Shares Worth 400 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社とは

日本電信電話グループは地域通信事業、長距離・国際通信事業、移動通信事業およびデータ通信事業を主な事業内容とする。【事業内容】5つの事業セグメントを運営する。移動通信事業は、携帯電話事業及びそれに関連する事業を展開する。地域通信事業については、国内電気通信事業における県内通信サービスの提供及びそれに附帯する事業を主な事業内容とする。長距離・国際通信事業は、国内電気通信事業における県間通信サービス、国際通信事業、ソリューション事業及びそれに関連する事業を行う。データ通信事業は、ネットワークシステムサービス、システムインテグレーション等の事業を主な事業内容とする。その他の事業には、日本電信電話の事業及び不動産事業、金融事業、電力事業、システム開発事業、先端技術開発事業等が含まれる。

業種

Communications Services

連絡先

East Tower

Otemachi First Square, 1-5-1, Ote-machi

CHIYODA-KU, TKY

100-8116

Japan

+81.3.68385111

https://www.ntt.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Jun Sawada

Chairman of the Board, Representative Director

Akira Shimada

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Takashi Hiroi

Vice President, Chief Financial Officer, Chief Human Resource Officer, Executive Vice President, Chief Compliance Officer, Representative Director

Katsuhiko Kawazoe

Vice President, Executive Vice President, Chief Technology Officer, Chief Information Officer, Chief Digital Officer, Representative Director

Akiko Kudo

Executive Officer, Manager of New Business Promotion Office, Director

統計

1.94 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

11.9K

2021

11.9K

2022

12.2K

2023(E)

12.6K
EPS (JPY)

2020

231.209

2021

248.150

2022

329.290

2023(E)

346.691
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.14
株価純資産倍率(四半期)
1.61
株価キャッシュフロー倍率
4.90
総負債/総資本(四半期)
103.69
長期負債/資本(四半期)
77.36
投資利益率(過去12カ月)
7.98
自己資本利益率(過去12カ月)
5.43

最新ニュース

最新ニュース

再送-財務省、政府保有のNTT株を3600億円で売却 保有義務は維持

財務省は14日、政府保有のNTT株を同社の自社株買いに応じる形で売却すると発表した。売却総額は約3602億円で、財務省によると、売却に伴う同社株の保有比率は33.33%(現在は35.99%)に低下するが、3分の1超の保有義務分は維持する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、25日線下回る 31営業日ぶり

<15:45> 日経平均・日足は「大陰線」、25日線下回る 31営業日ぶり 日経平均・日足は「大陰線」となった。2万7878円96銭で取引を終えた。大き く窓を開けて下落し、25日移動平均線(2万8245円48銭=29日)を終値で7月 13日以来31営業日ぶりに下回った。25日線は、わずかながら下向きに転じた。 日足・一目均衡表では基準線(2万8373円93銭=同)に対し、上方向から転換 線(2万8505円45銭=同)が急接近しており、デッドクロスに注意が必要。下方向 では、200日線(2万7526円69銭=同)でサポートされるかが目先...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが急反落、米引き締め継続への警戒感が重し

<15:05> 新興株はマザーズが急反落、米引き締め継続への警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合は2.22%安の727.22ポイントと、急反落し た。東証グロース市場指数は前営業日比2.22%安の924.72ポイントだった。 注目されたパウエルFRB議長の講演を受けて、金融引き締め継続への思惑から前週 末の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅安となっており、東京市場で もグロース(成長)株に対する投資家心理が悪化した。 ジーエヌアイグループやビジョナル、ウェルスナビが大幅 安となり、指数の重しになった。一方、FinatextHLDG...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は底ばい、持ち直しは限定的 慎重姿勢根強く

<13:25> 日経平均は底ばい、持ち直しは限定的 慎重姿勢根強く 日経平均は底ばいを継続している。市場では「ジャクソンホール会合の織り込みはひ とまず進んだようだ」(国内証券)との声が聞かれる。一方、時間外取引の米株先物の軟 調な値動きが引き続き相場の重しとなり、持ち直しの動きは限定的となっている。「ここ までは国内やアジア勢の反応であって、海外勢の動きも見極めたい」(国内運用会社)と 慎重な見方は根強い。 指数寄与度の大きな銘柄では、東京エレクトロンやファーストリテイリング ソフトバンクグループは、前引け時点から大きな値動きはみられない...

日経平均は反落、手掛かり材料に欠き「月曜ボケ」商状に

東京株式市場で日経平均は反落した。前週末比89円63銭安の2万7279円80前で大引けとなった。 前週末の米国株式市場が休場だったこともあって、手掛かり材料に欠く状態となり、総じて動きに乏しい典型的な「月曜ボケ」商状。材料面では引き続き上海の規制解除が注目されたほか、国内では伝えられた「骨太の方針」の一部を材料視する動きがあったものの、相場全体を押し上げるまで至っていない。

BRIEF-NTT、発行済み株式の3.11%・4000億円を上限に自社株買いを決議

* NTT、発行済み株式の3.11%・4000億円を上限に自社株買いを決議 * 取得期間は5月13日から2023年3月31日。

NTT、海外事業を再編 NTTデータへ追加出資

NTTは9日、海外事業を再編すると発表した。海外でデータセンター事業などを手掛ける100%子会社のNTTリミテッドをNTTデータの傘下に移管し、データの海外事業と統合する。同時にデータ株を2%強追加取得し、連携を強化する。

BRIEF-NTT、海外事業を再編 NTTデータへ追加出資

* NTT、海外事業を再編 NTTデータへ追加出資 * NTT社長:NTTデータ、上場は続けたい * NTT社長:市場にTOB期待あったと見受けられるが、重大なことを場中に発表するのはあり得ない *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

NTT、6000万株・1000億円上限にNTTデータ株を市場買い付け

NTTは9日、NTTデータの株式を追加取得すると発表した。6000万株、1000億円を上限に市場で買い付ける。NTTデータとの連携を強化するとしている。

ホットストック:NTTデータ一転マイナス、NTTによる完全子会社化などの思惑後退

NTTデータは、NTTとの海外事業再編について発表した後、急速に上げ幅を縮小し、マイナス圏に沈んだ。午前中には、同社とNTTとが午後に記者会見すると発表し、思惑から一時17%超高の2885円に急進する場面があったが一転、一時4%超安となった。足元では、下げ幅を縮小している。

NTTデータは急伸し14%超高、午後に会見で思惑強まる

NTTデータは急伸し、前営業日比14%超高の2800円近辺を推移している。一時、17%超高の2885円で高値をつける場面があった。午前9時15分頃、同社とNTTが午後1時から記者会見を行うと発表し、思惑が強まっている。NTTの澤田純社長とNTTデータの本間洋社長が出席する。NTTは反落し、現在0.50%超安の3835円近辺を推移している。

NTTとNTTデータ、午後1時から記者会見 両社長が出席

NTTとNTTデータは9日午後1時から記者会見を行う。NTTの澤田純社長とNTTデータの本間洋社長が出席する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、調整局面入りか

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、調 整局面入りか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6590円78 銭。5日移動平均線(2万7093円90銭=25日)から大きく下抜ける格好となった 。終値は長短移動平均線全てを下抜けており、調整局面の様相を強くしている。 <15:20> 新興株はマザーズが8日続落、米金利上昇で売り広がる 新興株はマザーズ総合が前営業日比1.23%安の694.33ポイントとなり、8 日続落した。市場では「金利上昇は今後も続くとの見方があり、投げ売りされている状態 」(国内証券)との...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが8日続落、米金利上昇で売り広がる

<15:20> 新興株はマザーズが8日続落、米金利上昇で売り広がる 新興株はマザーズ総合が前営業日比1.23%安の694.33ポイントとなり、8 日続落した。市場では「金利上昇は今後も続くとの見方があり、投げ売りされている状態 」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、メルカリが2.3%安と連日の年初来安値更新となった。ライフ ネット生命保険、ジーエヌアイグループ、ティーケーピーも売 られた。HENNGE、セルソースは買われた。 <14:30> 日経平均は前場レンジ内で一進一退、連休前の地合い意識 日経平均は前営業日比450円ほど安い...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前場レンジ内で一進一退、連休前の地合い意識

<14:30> 日経平均は前場レンジ内で一進一 退、連休前の地合い意識 日経平均は前営業日比450円ほど安い2万6600円台半ば。前場レンジ内(2万 6487円─2万6764円)での一進一退の値動きとなっている。市場では「ゴールデ ンウィーク前で地合いは崩れやすく、ポジションを取りづらい」(国内証券)との声が聞 かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆8480億5500万円と 低調。東証33業種では、水産・農林業を除く31業種が値下がり。鉱業、海運業、非鉄 金属、空運業、機械などが値下がり上位となっている。   ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、米大手ハイテク決算を前に手掛けにくさも

   <13:05> 日経平均は下げ渋り、米大手ハイテク決算を前に手掛けにくさも 日経平均は後場に入って、前引け時点より下げ幅を縮めて始まり、下げ渋っている。 ただ、持ち直しの動きは鈍く、引き続き上値は重い。上海市のロックダウン(都市封鎖) が長引いている中国株やWTI原油先物が軟調となっており「景気減速への警戒感が重し になっている」(国内証券)との見方が出ている。 今週は、5月3─4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)にかけて当局者の発言が 規制される「ブラックアウト」期間となる。一方、米グーグルの持ち株会社アルファベッ トやマイクロソフト...

午前の日経平均は大幅に続落、米金融引き締めへの警戒感が重し

25日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比526円56銭安の2万6578円70銭と大幅に続落した。前週末の米株安を嫌気する形で朝方に安く始まった後、安値圏でのもみあいが続いた。米国の金融引き締めへの警戒感がくすぶり、相場の重しとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、売り圧力に抑えられる

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。終値は2万7821円43銭。実体部分は値幅がわずか11円46銭の「陽」となったものの、売り圧力に上値を抑えられる格好となった。終値は200日移動平均線(2万8255円12銭=31日)、5日移動平均線(2万8038円97銭=同)から下振れており、弱気サインを示している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小じっかり、底打ち期待が継続

新興株式市場は小じっかり。東証マザーズ指数がわずかに3日続伸し、日経ジャスダック平均が小幅に反発した。市場では「米ナスダック安が重しとなり大型株中心に売られたが、小型株はしっかり。このところの底打ちムードが継続している」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、上値追いづらいとの声

日経平均は前営業日比150円ほど安い2万7800円台後半でのもみあいとなっている。値動きに乏しく、後場の日経平均の値幅は上下112円にとどまっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up