for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社

9432.T

現在値

2,811.50JPY

変化

35.50(+1.28%)

出来高

3,116,100

本日のレンジ

2,785.00

 - 

2,822.00

52週レンジ

2,264.00

 - 

2,908.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,776.00
始値
2,785.00
出来高
3,116,100
3か月平均出来高
76.71
高値
2,822.00
安値
2,785.00
52週高値
2,908.00
52週安値
2,264.00
発行済株式数
3,635.23
時価総額
10,967,070.00
予想PER
--
配当利回り
3.38

次のエベント

Dividend For 9432.T - 47.5000 JPY

適時開示

その他

Here Technologies Says Mitsubishi, Nippon Telegraph And Telephone To Buy 30% Stake In Company

NTT, Mitsubishi Team Up On Artificial Intelligence-Powered Food Logistics Industry - Nikkei

NTT Says To Conduct 2-For-1 Stock Split

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社とは

日本電信電話グループは地域通信事業、長距離・国際通信事業、移動通信事業およびデータ通信事業を主な事業内容としている。【事業内容】同社は5つの事業を運営する。地域通信事業については、国内電気通信事業における県内通信サービスの提供及びそれに附帯する事業を主な事業内容としている。長距離・国際通信事業は、国内電気通信事業における県間通信サービス、国際通信事業、ソリューション事業及びそれに関連する事業を行う。移動通信事業は、携帯電話事業及びそれに関連する事業を展開している。データ通信事業は、ネットワークシステムサービス、システムインテグレーション等の事業を主な事業内容としている。その他の事業には、日本電信電話の事業及び不動産事業、金融事業、建築・電力事業、システム開発事業、先端技術開発事業等が含まれている。

連絡先

East Tower

Otemachi First Square, 1-5-1, Ote-machi

+81.3.68385111

https://www.ntt.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiromichi Shinohara

Chairman of the Board

Jun Sawada

President, President of Subsidiary, Representative Director

Motoyuki Ii

Vice President, Representative Director

Akira Shimada

Vice President, Representative Director

Hiroki Kuriyama

Managing Director, Manager of New Business Promotion Office

統計

2.00 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

11.4K

2018

11.8K

2019

11.9K

2020(E)

11.9K
EPS (JPY)

2017

195.470

2018

227.890

2019

220.125

2020(E)

231.931
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.92
株価純資産倍率(四半期)
1.12
株価キャッシュフロー倍率
4.28
総負債/総資本(四半期)
62.02
長期負債/資本(四半期)
35.73
投資利益率(過去12カ月)
7.68
自己資本利益率(過去12カ月)
5.04

最新ニュース

最新ニュース

37.5度以上は「お引き取り願います」、日本企業が感染対策に本腰

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が国内で広がりを見せる中、日本企業の対策が本格化してきた。テレワークによる在宅勤務やフレックスタイムでの時差出勤などで人混みを避ける手法が主流だが、サーモグラフィーで計測した来客の体温が一定以上の場合、オフィスへの入室を控えるよう要請する徹底した企業もある。

ホットストック:テレワーク関連が堅調、新型肺炎への対応で思惑

テレワーク関連銘柄の一角が堅調。サイボウズ、アセンテックは昨年来高値を更新している。国内で新型肺炎の感染が拡大しつつあり、人の動きが制限されたり、企業が在宅勤務を促したりする動きが出そうだとの思惑が出ている。ソリトンシステムズ、ブイキューブなども買われている。

NTT、グループ各社にテレワーク呼びかけ 新型肺炎の国内拡大受け

NTT<9432.T>は国内での新型肺炎の感染拡大への対策として、グループ各社に17日以降のテレワークや時差出勤の取り組み強化を呼びかけた。通勤時の人混みでの感染を防ぐ考え。

景気は五輪にかけ底堅いと日本の財界首脳、地政学リスクに警戒

日本の経済界首脳は2020年の国内景気について、東京五輪・パラリンピックにかけて底堅いと見る一方、地政学リスクを警戒する。緊迫化する中東情勢、香港、米大統領選がリスク要因だと、経済三団体の会合に集まった財界人は身構える。

三菱商事とNTTがデジタルで提携、電子地図の蘭ヒア株3割取得へ

三菱商事<8058.T>とNTT<9432.T>は20日、デジタル地図大手の蘭ヒア・テクノロジーズの株式の3割を取得すると発表した。同日に業務提携で合意した産業向けデジタルトランスメーション(DX)の取り組みでの中核技術と位置付ける。

三菱商事とNTT、デジタル地図大手の蘭ヒア株3割取得へ

三菱商事とNTTは20日、デジタル地図大手の蘭ヒア・テクノロジーズ株式の3割を取得すると発表した。産業向けデジタルトランスメーション(DX)の取り組みの中核技術と位置付ける。

NTTと米マイクロソフトがデジタルサービスで戦略提携、次世代技術の研究でも

NTTと米マイクロソフト(MS)は10日、デジタルソリューション分野での戦略的提携で合意したと発表した。互いの技術を持ち寄ったサービスを開発・提供するほか、相互に送客しあうことでビジネスの拡大を図る。

日経平均は大幅反発、円安基調と中国経済指標を好感

東京株式市場で日経平均は大幅反発。前週末の米国株式市場はさえなかったものの、為替の円安基調や中国の堅調な経済指標が好感され、輸出関連株中心に幅広く物色された。終値ベースでは11月12日に付けた年初来高値2万3520円01銭を上回った。商いはやや細り、東証1部の売買代金は4日連続の2兆円割れとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線上回り年初来高値に接近

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線上回り年初来高値に接近 日経平均・日足は、短い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」となった「中陽線」。 前日の「陰の陰はらみ」で感じさせた不安を一掃した格好。いったん下回った5日移動平 均線(2万3408円73銭=2日現在)を上回るとともに上値を切り上げて、11月2 6日に付けた年初来高値2万3608円06銭に接近してきた。 強い基調を示しており年初来高値更新への期待が膨らむが、これを抜けた場合、当面 、目立ったチャートの節目が見当たらないことから、2万4000円に向けて上昇波動を 鮮明にする...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、東証マザーズ指数は反落

<15:20> 新興株市場は高安まちまち、東証マザーズ指数は反落 新興株市場は、高安まちまち。日経ジャスダック平均は続伸したものの、東証マザー ズ指数は反落した。市場では「値動きの良い銘柄には引き続き資金が集まっているが、主 力銘柄が活況となっていることで、1部市場に資金がシフトしているようでもある」(国 内証券)との声も聞かれる。 マザーズ市場では、トゥエンティーフォーセブン 、トゥエンティーフォーセ ブン などが買われたが、Welby はさえない。 ジャスダック市場では、エスエルディー 、トミタ電機 、ウチダエス コ がストップ高となり...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、任天堂やソニーなどが年初来高値更新

(検索コードを修正しました) [東京 2日 ロイター] - <14:24> 日経平均は膠着、任天堂やソニーなどが年初来高値更新 日経平均は2万3500円台前半で膠着状態。市場は「これだけ上がっても、大きな 売りには出ないのがきょうの特徴。今はもう一段上がるかどうか様子見になっているので はないか」(東海東京調査センター・シニアエクイティマーケットアナリストの仙石誠氏 )という。「想定以上に強く、アジア株の中でも一段高。今週は機関投資家が中間配当を 再投資に回すとされていることも影響しているのではないか」(同)との指摘もあった。 きょうは...

5日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

5日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・九州旅客鉄道 、自己保有株を除く発行済株式総数の2%にあたる320万 株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月6日から2 020年3月31日。 ・船井総研ホールディングス 、公開買い付けにより、自己保有株を除く発行 済株式総数の1.38%にあたる69万6100株の自社株買いを実施へ。買い付け価格 は1株当たり2155円で、諸費用を含めた総額は15億2309万5500円。取得期 間は11月6日から12月3日。 ・シグマクシス...

NTT、12月31日の株主に1対2の株式分割へ 株主にdポイントも

NTT<9432.T>は5日、投資家層の拡大を目指し、12月31日の株主に対し、2020年1月1日付で1対2の株式分割を実施すると発表した。期末配当予想は従来の95円を47.5円に修正するため、実質的な配当予想の変更はない。

NTT、12月31日の株主に1対2の株式分割へ 株主にdポイントも

NTTは5日、投資家層の拡大を目指し、12月31日の株主に対し、2020年1月1日付で1対2の株式分割を実施すると発表した。期末配当予想は従来の95円を47.5円に修正するため、実質的な配当予想の変更はない。

東京自動車ショーに危機感、多業界連携で100万人来場目標=自工会会長

日本自動車工業会(自工会)は26日、10月に開催する東京モーターショーの詳細を発表した。豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は会見で、従来の展示型から体感型へ転換し、自動車以外の業界とも連携して「車に限らず、皆がわくわくするような未来の生活を見せられるようにしたい」と述べた。年々減少する来場者数は「あえて100万人」を目標に掲げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、買い勢力は弱体化

<15:37> 日経平均・日足は「十字線」、買い勢力は弱体化 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。買い勢力の弱体化を示唆している。短期 RSI(相対力指数)は上がり過ぎ圏内、騰落レシオ(東証1部、25日平均)は139%台と高値圏に上 昇していることを考えれば、調整があってもおかしくはない。 一方、25日移動平均線や75日移動平均線は上向きで、上昇トレンドは維持している。これまで下値 支持線として機能していた5日移動平均線(2万2036円88銭=24日)を下回った場合でも、下押し 圧力は強まりにくく、7月25日高値(2...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック平均は12日続伸

<15:06> 新興株市場は堅調、ジャスダック平均は12日続伸  新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は12日続伸、東証マザーズ指数は3日続伸となった。「東 証1部の大型株がいいところまで上昇してきたので、中小型株や出遅れ気味だった新興株などへの物色が広 がっている」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、ビリングシステム がストップ高比例配分となったほか、直近IPOのサイバー・バ ズ が大幅高。そーせいグループ やラクオリア創薬 も買われた。 半面、バンク・ オブ・イノベーション 、サンバイオ などは軟調。セプテーニ・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅縮小、材料難で様子見ムード

<13:50> 日経平均は後場上げ幅縮小、材料難で様子見ムード 日経平均は後場上げ幅を縮小し、2万2100円付近で推移している。市場からは「 上値が重く伸び悩んでいるが、先週の短期的な過熱感を踏まえると、十分持ちこたえてい る。今週は需給要因以外は材料が少ないため、あまり積極的な買いは見られない」(運用 会社)との声が出ていた。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、強い基調維持も警戒感から伸び悩む   前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円68銭高の2万2131円77 銭となり、続伸した。手掛かり材料難となる中で全般は強い基調...

前場の日経平均は続伸、強い基調維持も警戒感から伸び悩む

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円68銭高の2万2131円77銭となり、続伸した。手掛かり材料難となる中で全般は強い基調を維持したものの、高値警戒感から伸び悩んでいる。配当権利取り最終売買日を26日に控えているため売りにくいとの指摘もあるなど、当面は9月中間決算期末をにらんで、需給要因で動くとみる関係者が多い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、配当再投資の思惑で先物に買い

<10:26> 日経平均は上げ幅拡大、配当再投資の思惑で先物に買い 日経平均は上げ幅を拡大し、2万2100円台半ばで推移している。市場からは「今 週木曜日は配当権利付最終日。再投資の先物買いが入るため、その思惑で買われている可 能性が高い」(国内証券)との声が出ていた。「株価は上昇しているものの、今は需給で 買われている状況。今は先物が買われて、配当権利落ち後に現物が売られる可能性がある 」(同)との声も出ていた。 <09:05> 寄り付きの日経平均は小幅続伸、前週までの好地合いを引き継ぐ 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up