for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社

9432.T

現在値

3,161.00JPY

変化

23.00(+0.73%)

出来高

2,802,600

本日のレンジ

3,158.00

 - 

3,195.00

52週レンジ

2,195.50

 - 

3,293.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,138.00
始値
3,173.00
出来高
2,802,600
3か月平均出来高
108.15
高値
3,195.00
安値
3,158.00
52週高値
3,293.00
52週安値
2,195.50
発行済株式数
3,622.00
時価総額
12,135,350.00
予想PER
10.06
配当利回り
3.38

次のエベント

Q2 2022 Nippon Telegraph and Telephone Corp Earnings Release

適時開示

その他

Japan's NTT To Issue 300 Billion Yen Green Bond -Nikkei

Agthia Announces Five-Year Growth And Expansion Strategy

NTT Plans Record $4.7 Billion Bond Float To Fund Docomo Takeover- Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電信電話株式会社とは

日本電信電話グループは地域通信事業、長距離・国際通信事業、移動通信事業およびデータ通信事業を主な事業内容とする。【事業内容】5つの事業セグメントを運営する。移動通信事業は、携帯電話事業及びそれに関連する事業を展開する。地域通信事業については、国内電気通信事業における県内通信サービスの提供及びそれに附帯する事業を主な事業内容とする。長距離・国際通信事業は、国内電気通信事業における県間通信サービス、国際通信事業、ソリューション事業及びそれに関連する事業を行う。データ通信事業は、ネットワークシステムサービス、システムインテグレーション等の事業を主な事業内容とする。その他の事業には、日本電信電話の事業及び不動産事業、金融事業、電力事業、システム開発事業、先端技術開発事業等が含まれる。

業種

Communications Services

連絡先

East Tower

Otemachi First Square, 1-5-1, Ote-machi

CHIYODA-KU, TKY

100-8116

Japan

+81.3.68385111

https://www.ntt.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiromichi Shinohara

Chairman of the Board

Jun Sawada

President, Executive President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Akira Shimada

Chief Financial Officer, Chief Human Resource Officer, Executive Vice President, Chief Compliance Officer, Vice President, Representative Director

Naoki Shibutani

Executive Vice President, Vice President, Chief Technology Officer, Chief Information Officer, Chief Digital Officer, Representative Director

Katsuhiko Kawazoe

Managing Executive Officer, Manager of Research Planning

統計

2.17 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

11.9K

2020

11.9K

2021

11.9K

2022(E)

12.1K
EPS (JPY)

2019

220.125

2020

231.209

2021

248.150

2022(E)

309.268
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
1.46
株価キャッシュフロー倍率
4.57
総負債/総資本(四半期)
114.62
長期負債/資本(四半期)
64.02
投資利益率(過去12カ月)
7.68
自己資本利益率(過去12カ月)
4.89

最新ニュース

最新ニュース

ドコモ通信障害、サーバー切り替え失敗が発端 影響全国に

NTTドコモの田村穂積副社長は15日午後に会見し、けさにかけて発生した携帯電話サービスの通信障害は、サーバー切替工事の失敗が発端だったと明らかにした。月内に作業手順の見直しなどを進め、再発防止に努めると謝罪した。

NTTドコモ、通信障害を謝罪 サーバー切り替え工事で不具合

NTTドコモの田村穂積副社長は15日午後、前日に発生した携帯電話サービスの通信障害について謝罪した。タクシーや自動販売機などに組み込まれた通信サービスのサーバー切り替え工事で不具合が発生したため、元のサーバーに戻そうとしたところ音声通話とパケット通信で利用しづらい事象が発生したという。

TSMCの国内工場新設、経済安保上の意義あり歓迎=官房長官

松野博一官房長官は15日の閣議後会見で、世界最大の半導体受託生産企業である台湾積体電路製造(TSMC)が日本に工場を新設すると表明したことについて、経済安全保障上の意義もあり、政府として歓迎していると述べた。サプライチェーンの効率化や産業競争力強化のため、国内に先端半導体の製造基盤を持つことは重要だとの認識も示した。

BRIEF-松野官房長官:NTTドコモの大規模障害は大変遺憾

* 松野官房長官:TSMCの日本国内工場、経済安全保障上意義があるもので歓迎 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

NTT、環境債3000億円発行 5G投資など加速

NTTは5日、グリーンボンド(環境債)を発行すると発表した。発行総額は3000億円程度となる見通しで、グループの5G投資などを加速させる。

NTTが3000億円の環境債発行へ、世界最大規模=関係筋

NTTは5日、環境に配慮した事業に資金使途を限る「グリーンボンド(環境債)」を発行する方針を固めた。関係者によると、発行額は3000億円程度で、環境債の発行額としては世界最大規模になる見通しだという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、9月の上昇を半値押し

<16:26> 日経平均・日足は「大陰線」、9月の上昇を半値押し 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」となった。200日移動平均線(2万 8669円98銭=1日)にサポートされており、引き続き目先の下値支持線と意識され る。 一方、8月20日安値(2万6954円81銭)から9月14日高値(3万0795 円78銭)の半値押し水準(2万8875円29銭)を下回った。「半値押しは全値押し 」の相場格言もあり、上昇トレンドの持続力が試されそうだ。 <15:40> 新興市場はマザーズが続伸、個人投資家は「買い優勢」の声 新興株市場はまちまちとなった...

日経平均は大幅続落、海外リスクを警戒 政治期待の上昇を消す

東京株式市場で日経平均は、大幅続落した。前日の米国株式市場の下げを嫌気して幅広く売られ、ほぼ全面安商状となった。取引時間中としては9月3日以来となる2万9000円割れとなり、菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を表明して以降の上昇分を消した。

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、個人投資家は「買い優勢」の声

<15:40> 新興市場はマザーズが続伸、個人投資家は「買い優勢」の声 新興株市場はまちまちとなった。東証マザーズ指数が続伸した一方、日経ジャスダッ ク平均が4日続落した。市場では「全般的に個人投資家は押し目買いが優勢だった」(国 内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.31%高。メルカリ やジーエヌアイグループ の上昇が指数を押し上げた。一方、GMOフィナンシャルゲート やフォ ースタートアップス の下げが目立った。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.69%安。かんなん丸 がストップ高 だった一方、山大 はさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、一時700円超安 任天堂5万円割れ

<13:16> 日経平均は下げ幅拡大、一時700円超安 任天堂5万円割れ 日経平均は後場に入ってからも下げ幅を拡大している。前営業日比で一時700円超 安となった。米株価指数先物は上値の重い推移が続いており、市場では「米株先がさらに 軟化するようなら、日本株も下押しされやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 きょうから日経平均に採用された3銘柄はいずれも下落。任天堂 は一時8% を超える大幅安となり、20年8月以来約1年1カ月ぶりに5万円を割り込む場面もあっ た。キーエンス は一時3%超安、村田製作所 は一時6%超安となってい る。 <...

午前の日経平均は大幅続落、米株安嫌気し2万9000円割れ

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比590円83銭安の2万8861円83銭となり、大幅続落した。前日の米国株式市場の下げを嫌気して幅広く売られ、ほぼ全面安商状となっている。日経平均は、取引時間中としては9月3日以来となる2万9000円割れとなった。

NTT、2040年度に温室効果ガス排出ゼロ目指す

NTTは28日、2040年度までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする目標を発表した。2030年度までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で80%削減する。

10日の日経平均は続伸、一時2万8000円台回復

東京株式市場で日経平均は続伸した。米雇用統計を消化した後の米株価が底堅く推移したことを受け、一時2万8000円台を回復した。ただ、その後は戻り待ちの売りに押されて急速に上げ幅を縮小し、もみあいに移行した。

ホットストック:NTTがしっかり、自社株買いの発表を材料視

NTTがしっかり。6日の決算発表では、2022年3月期通期見通しについて、営業利益予想1兆7300億円(前年比3.5%増)を据え置いたものの、同時に自社株買いを発表したことが材料視された。

6日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

6日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本電信電話 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.76%にあたる1 億株、取得総額2500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月10日か ら2022年3月31日。 ・三愛石油 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.72%にあたる50万 株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月10日から202 2年3月31日。 ・天馬 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.27%にあたる75万株、 取得総額20億円を上限とする...

BRIEF-NTT、発行済み株式の2.76%・2500億円を上限に自社株買いを決議

* NTT、発行済み株式の2.76%・2500億円を上限に自社株買いを決議 * 取得期間は8月10日から2022年3月31日まで

再送-〔情報BOX〕主な企業のワクチン接種の取組状況

企業が新型コロナウイルスワクチンを従業員に接種する「職域接種」の受付が8日、始まった。政府は「最低1000人に2回、計2000回程度の接種を行うことを基本」として人数や期間の計画を提出するよう求めているが、大規模接種はほぼすべての企業にとって未経験の事態。開始まで2週間を切り、各社で「手探りの突貫工事」(製造業の総務担当者)が行われている。

お知らせ-重複記事を削除します

STORY_NUMBER: L3N2NM22L STORY_DATE: 04/06/2021 STORY_TIME: 0743 GMT

焦点:「漂流」する五輪スポンサー、開幕50日前でも視界不良

「技術力」や「おもてなし」──東京五輪・パラリンピックは日本が自国を世界にアピールする絶好の機会になるはずだった。それが新型コロナウイルスの感染拡大で大会の規模縮小は確実、開催すら危ぶまれる事態となり、目算は狂った。

NTTドコモのd払いが復旧、「引き続きシステムを監視」

NTTドコモは1日、決済サービス「d払い」で一部サービスが利用できない不具合が発生した問題について、1日午後10時32分ごろに復旧したと発表した。アプリを起動した際、ネットワーク接続ができなかったり、バーコードが表示されない不具合が発生していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up