for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KDDI株式会社

9433.T

現在値

2,990.50JPY

変化

-38.50(-1.27%)

出来高

5,536,500

本日のレンジ

2,978.00

 - 

3,036.00

52週レンジ

2,604.00

 - 

3,451.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,029.00
始値
3,024.00
出来高
5,536,500
3か月平均出来高
156.45
高値
3,036.00
安値
2,978.00
52週高値
3,451.00
52週安値
2,604.00
発行済株式数
2,300.06
時価総額
6,890,649.00
予想PER
10.69
配当利回り
4.01

次のエベント

Q3 2021 KDDI Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nokia Completes 5G Core Standalone Network Trial With Japan's KDDI

Nokia Secures KDDI 5G Deal

KDDI To Buy Back Up To 3.1% Of Shares Worth 150 Billion Yen Through Dec 23

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KDDI株式会社とは

KDDIグループは、電気通信事業を主な事業とする。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを通じて事業を行う。パーソナルセグメントは、国内における個人の顧客を対象とした、モバイル通信サービス、スマートフォン・タブレット等の端末機器販売、ファイバー・トゥ・ザ・ホーム(FTTH)サービス、ケーブルテレビ(CATV)サービスのほか、通信以外の事業として物販、エネルギー、教育事業などを行う。ライフデザインセグメントは、コマース事業、金融事業、決済サービス、映像・音楽・情報配信等のコンテンツサービスの提供を行う。ビジネスセグメントは、国内における法人の顧客を対象とした、モバイル・固定通信サービス及び端末機器販売や、ネットワーク・アプリケーション・クラウド型サービス等のソリューションサービスの提供を行う。グローバルセグメントは、海外における個人の顧客を対象としたモバイル通信サービスや法人の顧客を対象としたデータセンター等の情報通信技術(ICT)ソリューションサービスを提供する。そのほか、同社は設備の建設及び保守、情報通信技術の研究及び開発も行う。

業種

Communications Services

連絡先

Garden Air Tower

3-10-10, Iidabashi

CHIYODA-KU, TKY

102-8460

Japan

+81.3.33470077

https://www.kddi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Takashi Tanaka

Chairman of the Board, Representative Director

Makoto Takahashi

President, Chief Senior Director of External Affairs & Communication, Representative Director

Shinichi Muramoto

Executive Vice President, Chief Senior Director of Corporate, Representative Director

Takashi Shoji

Executive Vice President, Chief Director of Personal Business, Representative Director

Hiroomi Kira

Executive Vice President

統計

2.17 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

5.0K

2019

5.1K

2020

5.2K

2021(E)

5.3K
EPS (JPY)

2018

235.540

2019

259.100

2020

275.690

2021(E)

283.697
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.32
株価純資産倍率(四半期)
1.49
株価キャッシュフロー倍率
4.85
総負債/総資本(四半期)
35.36
長期負債/資本(四半期)
30.38
投資利益率(過去12カ月)
11.66
自己資本利益率(過去12カ月)
7.54

最新ニュース

最新ニュース

ドコモ新料金プラン、公正競争のきっかけに=武田総務相

武田良太総務相は4日の閣議後会見で、前日にNTTドコモが発表した新料金プランについて「公正な競争を導く大きなきっかけとして期待している」と述べ、他の通信会社の今後の取り組みにも期待を示した。

楽天株が6%超安、NTTドコモの新料金プラン発表を嫌気

楽天は大幅反落し6%超安での推移となっている。午前10時15分現在、東証1部の値下がり率第8位。NTTドコモが3日、携帯電話の新料金プランを発表したことなどが嫌気されている。

ドコモ、月2980円の新プラン 月内に現行料金の値下げも発表へ

NTTドコモは3日、携帯電話のデータ通信20ギガバイト(GB)で月額2980円とする新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。10月に発表したKDDIやソフトバンクの20GBの新プランより安い価格設定とした。2021年3月に提供を開始する。

ドコモ、月2980円の新プラン発表 KDDIやソフトバンクより安く

NTTドコモは3日、携帯電話のデータ通信20ギガバイト(GB)で月額2980円とする新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。10月に発表したKDDIやソフトバンクの20GBの新プランより安い価格設定とした。2021年3月に提供を開始する。

ドコモが携帯料金の値下げ検討、割安ブランドも新設=報道

国内メディアは、NTTドコモが携帯電話料金を引き下げる方向で検討に入ったと報じた。使ったデータ量に応じて課金する体系に改める。月30ギガバイトを使用した場合、現在の固定料金7150円よりも安くなると、日本経済新聞などは伝えている。

NTTドコモ「検討しているのは事実」、携帯値下げ報道で

NTTドコモは30日、携帯料金の値下げや廉価ブランド導入に関する一部報道を受けて「様々な検討をしているのは事実」とのコメントを発表した。報道は正式な発表ではなく、決定したものはないとしている。

携帯大手の「囲い込み」状況をモニタリング調査=武田総務相

武田良太総務相は27日の閣議後会見で、大手通信会社の携帯電話利用者がグループ内のメインブランドから格安ブランドに移る際に多くの手続きや手数料といった「囲い込み目的のハードル」があるとして、各社の対応を毎月モニタリング調査すると明らかにした。「消費者庁と連携し、自由な選択を阻害する制度にはしっかり指導していきたい」としている。

総務省が通信の競争環境を議論、NTTのドコモ完全子会社化受け

総務省は20日、NTTによるNTTドコモの完全子会社化を踏まえ、通信会社の公正競争確保に向けて必要な方策を検討する会議を開催すると発表した。年度内の取りまとめを目指す。NTTによるドコモの完全子会社化に対しては、KDDIなどの競合他社が懸念を表明している。固定通信と移動通信の各市場の変化や、移動通信分野での競争の進展、グローバル競争の激化などの環境変化を踏まえ、議論を進める。NTTのグループ経営強化による市場への影響も検討事項とする。必要に応じて制度改正も検討する。第1回会合は12月3日に開催の予定。NTTが16日まで実施した株式公開買...

NTTのドコモTOB成立、完全子会社へ

NTTは17日、NTTドコモ株の公開買付(TOB)が成立したと発表した。NTTのドコモ株保有比率は91.46%に高まった。残る株式はTOB価格で株式売渡請求する。一連の手続きを経てドコモはNTTの完全子会社となり、ドコモ株は上場廃止となる。

楽天、20年1―9月期の営業損益は605億円の赤字 モバイルが赤字拡大

楽天<4755.T>は12日、2020年1ー9月期の連結営業損益(国際会計基準)が605億円の赤字だったと発表した。先行投資が継続するモバイル事業の赤字幅が前年同期から拡大した。巣ごもり消費の拡大でオンラインショッピングの需要が高水準だった一方、インターネット旅行予約サービスなどの取扱高が減少した。前年同期は1129億円の営業黒字だった。

ドコモ完全子会社化で意見書、KDDIなど28社「競争を阻害」

KDDI<9433.T>とソフトバンク<9434.T>、楽天<4755.T>傘下の楽天モバイルなど通信事業を手掛ける28社は11日、NTT<9432.T>によるNTTドコモ<9437.T>の完全子会社化について、公正な競争が阻害されるとの意見書を総務相に提出した。他に9社が趣旨に賛同している。

ドコモ完全子会社化で意見書、KDDIなど28社「競争を阻害」

KDDIとソフトバンク、楽天傘下の楽天モバイルなど通信事業を手掛ける28社は11日、NTTによるNTTドコモの完全子会社化について、公正な競争が阻害されるとの意見書を総務相に提出した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維持

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維 持 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。前営業日に引いた「大陰線」 で感じさせた不安を後退させる格好となり、75日移動平均線(2万3127円56銭= 2日現在)を回復し、中長期的な上昇波動を維持したとの印象を与えた。 ただ、終値が25日移動平均線(2万3301円77銭=同)に、わずかながらでは あるが届かなかったことが、上値の重さを感じさせるところ。6月以降の4回の調整局面 では「大陰線」がダメ押しとなって反転した経緯があるだけに、今回も同様のパターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配

<15:30> 新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落し た。市場では「1部市場は急反発したものの、新興株はこれまでの下げによる亀裂が大き いことから、調整ムードが支配している」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.10%安。テクノホライゾン 、アク モス がストップ安となったほか、出前館 も軟調。半面、グロームHLD G がストップ高、テラ が大幅上昇した。 マザーズ指数は前営業日比1.35%安。直近IPOのカラダノート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はこう着状態、2万3300円前後で推移

<14:25> 日経平均はこう着状態、2万3300円前後で推移 日経平均はこう着状態となっている。2万3300円前後で推移。立ち会い中に上方 修正を発表した銘柄が反応する程度で、全体としては売り買いとも手控えムードが強い。 市場関係者によると「買い戻しが一巡した後、本来なら売り仕掛けが入りそうなところだ が、大イベントを控えた休日前とあって、動きが止まっている」(国内証券)という。 <13:15> 日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万3200円台後半で一進一退とな っている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに

<13:15> 日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万3200円台後半で一進一退とな っている。市場では「米大統領選挙を目前に控え、売り買いともに止まった格好。明日は 休日であることも模様眺め気分を誘っており、後場は目立った動きがなさそうだ」(国内 証券)との声が聞かれた。 <11:52> 前場の日経平均は反発、300円超高 買い戻しの動きが加速 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比326円29銭高の2万3303円4 2銭となり、反発した。30日の日経平均が大幅安となったことを...

前場の日経平均は反発、300円超高 買い戻しの動きが加速

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比326円29銭高の2万3303円42銭となり、反発した。30日の日経平均が大幅安となったことを受け、きょうはいったん買い戻しの動きが優勢となり、一時前営業日比393円78銭高の2万3370円91銭で高値を付けた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円超高、押し目買い入り徐々に上値追い

<10:08> 日経平均は300円超高、押し目買い入 り徐々に上値追い 日経平均はじり高の展開。前営業日比300円ほど高い2万3200円台後半での推 移となっている。市場では「コロナの感染再拡大による欧米での株安は、30日時点での 米株先物の動きで織り込み済み。きょうは押し目買いで上値を追う展開となっている」( 国内証券)との声が出ていた。 個別では、KDDI 、リクルートホールディングス 、ダイキン工業 、信越化学工業 がしっかり。日経平均を約73円押し上げている。 <09:06> 寄り付きの日経平均は反発、自律反発を狙った買いが優勢...

ホットストック:KDDIが買い気配、トヨタのと提携関係強化を材料視

KDDIが買い気配。午前9時現在、差し引き約50万株の買い超過となっている。同社とトヨタ自動車は10月30日、提携関係を強化するため、新たな業務資本提携に合意したと発表。これが材料視された。トヨタも堅調な始まりとなっている。

JAL、余剰人員を外部に一時派遣・出向、KDDI受け入れ検討

日本航空(JAL)<9201.T>は30日、新型コロナウイルスの影響で大幅減便を余儀なくされた4月以降、希望する社員に対し、外部で働く機会を増やしていると明らかにした。雇用を維持しつつ、需要回復時には社員を職場に戻す態勢とし、コロナの収束に備える。候補として打診を受けたKDDI<9433.T>は、受け入れを検討していると明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up