for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク株式会社

9434.T

現在値

--

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

--

 - 

--

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
--
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
147.09
高値
--
安値
--
52週高値
--
52週安値
--
発行済株式数
4,766.68
時価総額
7,037,104.00
予想PER
13.86
配当利回り
5.44

次のエベント

Q3 2020 SoftBank Corp Earnings Release

適時開示

その他

SoftBank's Z Holdings And Line To Announce Their Merger Plan On Monday - Nikkei

Japanese Telco SoftBank Corp Planning First Bond Sale Since IPO -BBG

Softbank Corp CEO says needs to hire, not restructure, at WeWork Japan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク株式会社とは

ソフトバンクグループは、主にコンシューマ事業、法人事業及び流通事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。コンシューマ事業は、個人顧客を対象に、移動通信サービス及びブロードバンドサービスの提供を行う。移動通信サービスについては、「SoftBank」、「Y!mobile」及び「LINEモバイル」ブランドの移動通信サービスの提供、並びに携帯・タブレット等のモバイル端末の販売を行う。ブロードバンドサービスについては、「SoftBank 光」を始めとするインターネットサービスの提供及び関連する宅内機器の販売・レンタルを行う。法人事業は、法人顧客を対象に、移動通信サービス、音声・固定電話サービス、データ伝送・専用サービス、通信事業者及び一般事業者向けの電気通信コンサルティング・工事、電気通信設備の賃貸・保守、ハウジング、データセンター事業、通信機器の販売・レンタル等の事業を行う。流通事業は、主に法人顧客向けの情報通信技術(ICT)、クラウド、モノのインターネット(IoT)ソリューション等に対応したハードウエア、ソフトウエア、サービス等の商材、個人顧客向けのモバイルアクセサリー、IoTプロダクト等の商材を提供する。また、決済代行サービス、スマートフォン専業証券事業、パブリッククラウドサービスの設計・開発事業、オンラインビジネスのソリューション及びサービスの提供、デジタルメディア・デジタルコンテンツの企画・制作等も行う。

業種

Communications Services

連絡先

Tokyo Shiodome Bldg.

1-9-1, Higashi-Shimbashi

+81.3.53513491

https://www.softbank.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board

Ken Miyauchi

Executive President, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Kazuhiko Fujihara

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Director

Yasuyuki Imai

Executive Vice President, Chief Operating Officer, Representative Director

Jun Shimba

Executive Vice President, Chief Operating Officer, President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

統計

2.31 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

3.7K

2020(E)

4.8K
EPS (JPY)

2019

89.990

2020(E)

106.033
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.63
株価純資産倍率(四半期)
6.39
株価キャッシュフロー倍率
6.80
総負債/総資本(四半期)
431.18
長期負債/資本(四半期)
278.97
投資利益率(過去12カ月)
11.98
自己資本利益率(過去12カ月)
6.66

最新ニュース

最新ニュース

ソフトバンクG、伊債権回収大手への出資比率が低下

イタリアの債権回収最大手ドゥバリュー<DOVA.MI>に対するソフトバンクグループ<9984.T>の株式保有比率が、43.9%から26.9%に低下した。同行の浮動株が増加し、9.4%をヘッジファンドのEJFインベストメンツが握った。イタリアの監督当局が7日、明らかにした。

展望2020:変わるか日本の通信業界、楽天の本格参入に各社警戒

通信業界では2020年を前に、楽天<4755.T>が春にも自社でインフラをもつMNO(携帯電話事業者)としてのサービスを本格的に開始することへの警戒感がくすぶっている。格安料金とともに、電子商取引(EC)などの巨大な経済圏との組み合わせでユーザーの囲い込みを進めるとみられるためだ。一方、来春から商用化が始まる5G(第5世代移動通信)の一般消費者への普及はまだ先で、まず産業分野が先行しそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は「小陰線」。下ヒゲのない「大引け坊主」で、5日移動平均線(2万3823円21 銭=25日)に上値を抑えられた。 25日移動平均線(2万3536円28銭=25日)は上昇トレンドの継続を示唆しているものの、次 の下値の目安となる12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を明確に割り込んだ場 合は調整が長引く可能性も生じそうだ。 <15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛

<15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。マザーズ指数は1%超の 上昇。市場からは「日経平均は高値圏にあり、国内個人投資家も資金の回転が利いている。好材料が出た中 小型株などへの物色意欲は旺盛だ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ市場では、サンバイオ 、Sansan 、JTOWER が堅調。エ ヌ・ピー・シー が一時ストップ高となった。 本日マザーズ市場に新規上場したWDBココ 、AI inside はともに買い気配 の中、初日値付かずで終了...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はじり安、買い手不在 個別物色

<13:52> 日経平均はじり安、買い手不在 個別物色 日経平均はじり安。2万3700円後半と、きょうの安値圏となっている。海外投資 家がクリスマス休暇に入っており、商いが細っている。「買い手不在の中、利益確定売り が優勢」(国内証券)だという。 全体の動きは鈍いものの、前日に好決算を発表したストライク が一時ストッ プ高となるなど、材料がある銘柄は物色されている。 <11:45> 前場の日経平均は反落、クリスマス休暇で薄商い 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比23円86銭安の2万3806円72 銭となり、反落した。25日の米国株式市場...

前場の日経平均は反落、クリスマス休暇で薄商い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比23円86銭安の2万3806円72銭となり、反落した。25日の米国株式市場は休場となるため、東京株式市場でも見送りムードが続いた。前引け段階の東証1部の売買代金は5103億4100万円。前日に記録した今年最低の1兆2861億円を下回るペースで推移している。

ヤフーとLINEの経営統合で最終合意、ソフトバンクが主導権

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とソフトバンク<9434.T>、SNSサービスのLINE<3938.T>とその親会社のネイバー<035420.KS>は23日、ヤフーとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。新たに設立する合弁会社の取締役の過半数はソフトバンク側となり、主導権を握る。

ZホールディングスとLINE、経営統合で最終合意

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とSNSサービスのLINEは23日、経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。

ハンドルのない自動運転車、米当局が公道走行めぐり近く判断

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)の当局者は、ハンドルなどドライバーによる制御機能を持たないい自動運転車の公道走行の実現を求めていた米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の嘆願書について、近く決定を下す見通しであると述べた。ロイターの取材に答えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、2万4000円は重い印象

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、2万4000円は重い印象 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。前日に年初来高値を更新しなが らも「カラカサ」を引いたことで、不安を感じさせたが、定石通り下押す格好となった。 2万4000円を超えた水準は重いとの印象を強くしている。 ただ、高値警戒感が生じていることを踏まえれば、この程度の押しは許容範囲である ため、強い基調を変化させるまでには至っていない。当面のは5日移動平均線(2万38 80円16銭=18日現在)を維持できるかどうかが注目されるこれをブレークしなけれ ば、再び上昇指向...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマイナス、IPO銘柄中心に物色

<15:20> 新興株はマイナス、IPO銘柄中心に物色 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズともに反落した。市場からは 「日経平均が高所恐怖症な分、新興株がにぎわった。出来高の多い銘柄に資金が動くと同 時に、直近のIPO銘柄も買われた。値動きの良い銘柄に短期筋の投資家が買いを入れる 動きはしばらく続くだろう」(証券ジャパン・調査情報部長の大谷正之氏)との声が出て いた。 ジャスダック市場ではワークマン 、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所< 4576.T>、大塚家具 は売られ、ホーブ 、多摩川ホールディングス<6838.T...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、海外勢の買い期待できず見送り

<14:35> 日経平均は安値もみあい、海外勢の買い期待でき ず見送り 日経平均は安値もみあい。2万3900円台前半まで値を消した後 は一進一退となっている。市場では「全体の伸びが止まったことで、利 益確定売りが先行している。クリスマス休暇に入る海外勢の資金流入が 目先は期待できないことも見送りの要因になっているようだ」(国内証 券)との声が聞かれた。 <13:38> 日経平均は下げ幅広げる、香港・上海はマイナス 転換 日経平均は後場寄りで下げ幅を広げた後は膠着、2万3900円台 半ばで推移している。為替は円高基調で推移、香港ハンセン指数...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅広げる、香港・上海はマイナス転換

<13:38> 日経平均は下げ幅広げる、香港・上海はマイナス 転換 日経平均は後場寄りで下げ幅を広げた後は膠着、2万3900円台 半ばで推移している。為替は円高基調で推移、香港ハンセン指数 や上海総合指数 をはじめとするアジア株もマイナス転換し、日 経平均もさえない動きとなっている。 <11:35> 前場の日経平均は反落、高値警戒感で利益確定売 り先行 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比86円15銭安の2 万3979円97銭となり、反落した。17日の米国株式市場は、米中 通商合意に向けた協議の進展などに支援され、小幅に上昇し最高値...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反落、高値警戒感で利益確定売り先行

<11:35> 前場の日経平均 は反落、高値警戒感で利益確定売り先行 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比86円15銭安の2 万3979円97銭となり、反落した。17日の米国株式市場は、米中 通商合意に向けた協議の進展などに支援され、小幅に上昇し最高値を更 新したものの、日経平均は前日に年初来高値を更新した後で高値警戒感 があり、利益確定売りが先行した。 日経平均は反落してスタート。利益確定売りに押され下げ幅を拡大 した後は2万4000円近辺での一進一退となった。前場後半ではドル /円が円高基調で推移し、日経平均も連動する形で売られた...

コラム:求む、ソフトバンク分割に立ち上がるアクティビスト

孫正義氏率いるソフトバンクグループ<9984.T>の株価は、各事業の価値の合計よりも大幅に低く評価されている。資金力と気骨のあるアクティビスト(物言う投資家)にとっては、一世一代の勝負を賭けるべき標的かもしれない。

独デリバリー・ヒーロー、韓国食品配達ウーワを40億ドルで買収へ

ドイツの食品配達サービス企業デリバリー・ヒーローは、韓国の同業ウーワ・ブラザーズを40億ドルで買収することで合意した。ウーワ・ブラザーズが13日、明らかにした。

ソフトバンク出資のワンコネクト、米IPOで評価額低下へ=関係筋

中国・平安保険<2318.HK>傘下のフィンテック事業会社で、ソフトバンクグループ<9984.T>が出資するワンコネクト・ファイナンシャル・テクノロジー<OCFT.K>は、米国市場での新規株式公開(IPO)で、評価額が落ち込む見通しだ。

スプリント「事業苦戦」と強調、Tモバイルとの合併巡る訴訟審理開始

米国で複数の州が携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>と同業スプリント<S.N>の合併阻止を求めて起こした訴訟の審理が9日、ニューヨーク州のマンハッタン連邦地方裁判所で始まった。

ソフトバンクと東大が連携、AI研究所開設と研究成果事業化で

ソフトバンク<9434.T>と東京大学は6日、AI(人工知能)を研究する「Beyond(ビヨンド)AI 研究所」の開設と研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を締結したと発表した。ソフトバンクとグループ会社は、研究に必要な活動資金や設備などを提供するため、事業益による還元分を含め、10年間で約200億円を投資する予定。

ソフトバンクと東大が協定締結、AI研究所開設と研究成果の事業化で

ソフトバンクと東京大学は6日、AI(人工知能)に関する研究所の開設、研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を締結したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up