for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク株式会社

9434.T

現在値

1,484.50JPY

変化

-8.50(-0.57%)

出来高

1,958,100

本日のレンジ

1,482.50

 - 

1,492.50

52週レンジ

1,410.50

 - 

1,561.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,493.00
始値
1,489.50
出来高
1,958,100
3か月平均出来高
141.53
高値
1,492.50
安値
1,482.50
52週高値
1,561.00
52週安値
1,410.50
発行済株式数
4,726.60
時価総額
7,147,208.00
予想PER
13.31
配当利回り
5.76

次のエベント

Q3 2023 SoftBank Corp Earnings Release

適時開示

その他

Big Health Raises $75 Million In Series C Funding Led By Softbank Vision Fund 2

Cloudbeds Raises $150M In Funding To Support Rapid Company Growth

Aerovironment - On May 29 Entered Into An Amendment To Design And Development Agreement With Hapsmobile

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク株式会社とは

ソフトバンクグループは、主にコンシューマ事業、法人事業及び流通事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。コンシューマ事業は、個人顧客を対象に、移動通信サービス及びブロードバンドサービスの提供を行う。移動通信サービスについては、「SoftBank」、「Y!mobile」及び「LINEモバイル」ブランドの移動通信サービスの提供、並びに携帯・タブレット等のモバイル端末の販売を行う。ブロードバンドサービスについては、「SoftBank 光」を始めとするインターネットサービスの提供及び関連する宅内機器の販売・レンタルを行う。法人事業は、法人顧客を対象に、移動通信サービス、音声・固定電話サービス、データ伝送・専用サービス、通信事業者及び一般事業者向けの電気通信コンサルティング・工事、電気通信設備の賃貸・保守、ハウジング、データセンター事業、通信機器の販売・レンタル等の事業を行う。流通事業は、主に法人顧客向けの情報通信技術(ICT)、クラウド、モノのインターネット(IoT)ソリューション等に対応したハードウエア、ソフトウエア、サービス等の商材、個人顧客向けのモバイルアクセサリー、IoTプロダクト等の商材を提供する。また、決済代行サービス、スマートフォン専業証券事業、パブリッククラウドサービスの設計・開発事業、オンラインビジネスのソリューション及びサービスの提供、デジタルメディア・デジタルコンテンツの企画・制作等も行う。

業種

Communications Services

連絡先

1-7-1, Kaigan

MINATO-KU, TKY

105-7529

Japan

+81.3.68892000

https://www.softbank.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Ken Miyauchi

Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiary, Representative Director

Junichi Miyakawa

Executive President, Chief Executive Officer, President & CEO of Subsidiary, Representative Director

Kazuhiko Fujihara

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Director

Takashi Naito

Executive Officer, Chief Director of Main Finance & Accounting Unit

Kentaro Kawabe

President & Co-Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

2.57 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

4.9K

2021

5.2K

2022

5.7K

2023(E)

5.9K
EPS (JPY)

2020

99.270

2021

103.850

2022

110.132

2023(E)

113.057
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.24
株価純資産倍率(四半期)
3.90
株価キャッシュフロー倍率
5.81
総負債/総資本(四半期)
338.76
長期負債/資本(四半期)
224.09
投資利益率(過去12カ月)
8.14
自己資本利益率(過去12カ月)
3.99

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値で2万6000円維持も弱気相場継続

<15:56> 日経平均・日足は「小陽線」、終値で2万6000円維持も弱気相場継 続 日経平均・日足は、上に短く下に長いヒゲを伴う「下影陽線」に近い「小陽線」とな った。終値は2万6093円67銭だった。 終値は節目の2万6000円を上回ったものの、ローソク足は5日移動平均線(2万 6304円63銭=29日)からやや距離がある下方向に位置しており、弱い地合いが続 いていることを示している。 市場では「目先の日経平均は9月30日の終値(2万5937円21銭)をキープで きるかが注目される」(国内証券)との声が聞かれた。また、来年1月半ばまでに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、売られ過ぎの反動で買い戻し優勢

<15:25> 新興株はマザーズが反発、売られ過ぎの反動で買い戻し優勢 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.37%高の720.88ポイントと 反発した。東証グロース市場指数は同1.43%高の914.91ポイントだった。新興 株市場はここ2週間ほど下落基調が続いており、「売られ過ぎた反動できょうは買いが優 勢になったようだ」(国内運用会社)との声が聞かれた。ただ、地合いが好転したわけで はなく「売られ過ぎた銘柄に買い戻しが入っている状況」(同)だという。 個別では、BTM、ELEMENTSがストップ高で取引を終えた ほか、バンク・オブ・イノベーション...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、売り一巡も方向感乏しい

<14:14> 後場の日経平均は小動き、売り一巡も方向感乏しい 後場の日経平均は前場引け時点より下げ幅を縮小し、前営業日比約280円安の2万 6000円台後半で推移している。売りは一服したものの、大納会を控えて様子見ムード の投資家が多く、明確な方向感はみられていない。 業種別では、水産・農林業や精密機器がプラス転換した一方、鉱業やゴム製品などは 引き続き軟調に推移している。 市場では、大納会前で投資家はどちらか一方向にポジションを傾けづらいとの指摘が 聞かれた。また、「来年1月は第1週の営業日が3日しかなく、投資家が本格的にスタン ス...

午前の日経平均は続落、10月3日以来の安値 米株安が重し

29日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比341円74銭安の2万5998円76銭と続落した。前日の米国市場で主要3指数が下落した流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄が売られた。日経平均の下げ幅は一時、前日比約380円を超え、10月3日以来、約3カ月ぶりに節目の2万6000円を割り込んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、2万6000円割れ 日米金利高が重し

<10:41> 日経平均は下げ幅拡大、2万6000円割れ 日米金利高が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約350円安の2万5900円後半で推移し ている。節目の2万6000円を割り込み、一時370円ほど安い2万5965円まで下 落した。値がさのファーストリテイリングやソフトバンクグループが引 き続き重く、この2銘柄で約80円、日経平均を押し下げている。 市場関係者からは「日米の長期金利上昇が相場の重しとなっている」(国内証券のス トラテジスト)との声も聞かれた。前日の円債市場では、超長期金利が上昇。20年債は 1.27%台と、2015...

寄り付きの日経平均は続落、値がさ株が指数押し下げ

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比265円60銭安の2万6074円90銭と、続落してスタートした。その後も下げ幅を広げ、280円超安となっている。前日の米株安につられ、日本株市場でも幅広い業種で売りが先行している。特に値がさ株の下落が指数を押し下げており、個別では、値がさのファーストリテイリングやソフトバンク、東京エレクトロンなどが安い。

日経平均は小幅続伸、インバウンドが堅調 代金2日連続2兆円割れ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比42円00銭高の2万6447円87銭と小幅に続伸して取引を終えた。 米株先物の上昇や中国のコロナ規制緩和の動きが好感され、インバウンド関連銘柄を中心に買いが入った。値がさ株の一角も好調で指数を押し上げた。全般的には薄商いで、売買代金は2日連続で2兆円を下回った。

中国アリババ、英アームの最先端半導体設計を入手できず=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は14日、中国のアリババ・グループ・ホールディングが、一部の最先端の半導体設計を入手できない状況にあると報じた。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、ソフトバンクGが一段高

   <14:00>  後場の日経平均は下げ幅縮小、ソフトバンクGが一段高 後場の日経平均は、前引けの時点より下げ幅を縮小し前営業日比約140円安の2万 7500円台半ばで推移している。「足元で米国株の先物が下げ幅を縮小していているこ とが好感されているのではないか」(国内運用会社のストラテジスト)とのみられている 。 中国の衛生当局は日本時間の午後4時から、ゼロコロナ政策に関する記者会見を発表 する。ただ、「ゼロコロナ政策を一気に解除することは難しい。日本株市場ではあまり材 料視されていない」(同)という。 個別では、値がさ株のソフトバンクグループ...

ラピダス、ベルギー半導体研究機関と連携 研究開発を加速

国産の次世代半導体量産化へ向けトヨタ自動車やソニーなど8社が参画する半導体メーカー「Rapidus(ラピダス)」は6日、ベルギーの半導体国際研究機関「imec(アイメック)」と最先端半導体技術の長期的で持続可能な協力に向けた覚書を締結した。次世代半導体の製造に不可欠な技術に強みがある研究機関と連携し、開発を加速する。

インテルに特許侵害評決、9.49億ドル支払い命令 控訴の方針

[15日 ロイター] - 米テキサス州の連邦地裁は15日、インテルがVLSIテクノロジーのコンピューター用半導体に関する特許を侵害したとして、9億4880万ドルの支払いを命じる陪審評決を出した。

次世代半導体量産へ、トヨタやソニーなど出資企業に政府が700億円

政府は11日、次世代半導体の設計・製造基盤確立に向けた新戦略を発表し、トヨタ自動車やNTT、ソニーグループ、NECなどが出資して設立した「Rapidus」に700億円の研究開発予算を出すことを明らかにした。

アームのロンドン上場要請計画、承知せず=英首相報道官

ジョンソン英首相の報道官は22日、英政府が新法を使ってソフトバンクグループに傘下の英半導体設計会社・アームをロンドンに上場するよう促すと報じられたことについて「そのような計画は承知していない」と述べた。

KKR傘下の旧日立系半導体装置メーカー、6月にも東証上場へ=関係者

米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が、傘下の旧日立系半導体製造装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京都千代田区)を6月にも東証プライム市場へ上場させる方向で調整していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ドコモなど通信障害、福島や宮城 地震と停電で

NTTドコモとKDDIは17日、福島県沖で発生した地震と停電の影響で、福島県内の一部で通信障害が発生していると発表した。ソフトバンクは福島県内に加え、宮城県の一部でもサービスが利用しづらい状態になっているという。

バルミューダ、スマホ価格を7万8000円に 同社初の製品値下げ

バルミューダは10日、5Gスマートフォン「バルミューダフォン」のSIMフリーモデルの価格を7万8000円(税込み)に改定すると発表した。従来価格は10万4800円だった。同社が製品の値下げを行うのは初めて。 10日からオンラインストアやブランドショップなどで新価格で販売する。バルミューダは昨年11月からスマホ販売を始めているが、一部で価格が高すぎるという声があった。通信事業者として取り扱うソフトバンクがこれまでに値下げ販売しており、その販売実績などを踏まえて判断したという。  バルミューダは22年12月期の業績予想で、売上高約184億円...

ソフトバンクG、中国のコロナワクチン開発企業へ出資協議

中国でメッセンジャーRNA(mRNA)技術を用いた新型コロナウイルスワクチンを開発している新興バイオ医薬品企業、艾博生物科技(江蘇省蘇州市)は、3億─4億ドルの資金調達に向けてソフトバンクグループ(G)などの投資家と協議している。複数の関係筋が26日までに明らかにした。

英、エヌビディアのアーム買収巡り詳細調査へ

米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計大手アーム買収計画を巡り、英政府は6カ月にわたる詳細な調査を行うよう命じた。同買収計画に新たなハードルが生じた。

バルミューダがスマホ公表、寺尾社長「画一性と大型化」に違和感

新興家電メーカーのバルミューダは16日、5Gスマートフォン「バルミューダフォン」を公表した。サイズは4.9インチと小型で、表面も含めて水平面がない形状とした。寺尾玄社長は説明会で、スマホ市場に参入した動機として、既存の製品は「あまりにも画一的で、ほとんど同じに見える」と指摘したほか、画面が大型化する傾向にも違和感を示した

英モリソンズ株主、CD&Rによる買収案を承認 約100億ドル

英大手スーパーマーケットチェーンのモリソンズの株主は19日、米プライベートエクイティ(PE)のクレイトン・ドゥビリエ・アンド・ライス(CD&R)による70億ポンド(97億ドル)での買収案を承認した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up