for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社

9501.T

現在値

336.00JPY

変化

-3.00(-0.88%)

出来高

2,758,000

本日のレンジ

335.00

 - 

340.00

52週レンジ

266.00

 - 

444.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
339.00
始値
337.00
出来高
2,758,000
3か月平均出来高
287.75
高値
340.00
安値
335.00
52週高値
444.00
52週安値
266.00
発行済株式数
1,602.19
時価総額
535,136.80
予想PER
6.76
配当利回り
--

次のエベント

Tokyo Electric Power Company Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Japan Post Holdings, Tepco Form Strategic Tie-Up To Promote Carbon Neutrality

Tokyo Electric Power President: Will Aim To Compensate Appropriately If Reputational Damage Occurs

TEPCO Chairman Takashi Kawamura To Step Down - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社とは

東京電力ホールディングスは、電気事業を中心とする事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。ホールディングス事業は、経営サポート、各基幹事業会社への共通サービスの提供、水力発電による電力の販売、原子力発電等を行う。フュエル&パワー事業は、火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資を行う。パワーグリッド事業は、送電・変電・配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全を行う。エナジーパートナー事業は、顧客の要望に沿ったトータルソリューションの提案・サービスの提供及び電源調達を行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-1-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-8560

Japan

+81.3.63731111

https://www.tepco.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shoei Utsuda

Independent Chairman of the Board of Directors

Tomoaki Kobayakawa

Executive President, Representative Executive Officer, Manager of Nuclear Reform Special Taskforce, Director

Seiji Moriya

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Seiichi Fubasami

Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Mitsushi Saiki

Executive Vice President

統計

4.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

6.3K

2020

6.2K

2021

5.9K

2022(E)

5.7K
EPS (JPY)

2019

145.060

2020

31.650

2021

112.900

2022(E)

50.875
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.09
株価純資産倍率(四半期)
0.25
株価キャッシュフロー倍率
0.90
総負債/総資本(四半期)
157.81
長期負債/資本(四半期)
80.89
投資利益率(過去12カ月)
2.24
自己資本利益率(過去12カ月)
1.51

最新ニュース

最新ニュース

三菱ケミHD、小林会長が退任へ 政井日銀委員を社外取候補に

三菱ケミカルホールディングスは19日、小林喜光会長が  6月24日付で退任する人事を発表した。取締役は続ける。小林氏は東京電力ホールディングス会長に就任する予定。

福島原発の処理水放出、韓国漁業団体が日本を提訴=聯合ニュース

日本政府が福島第1原発の処理水海洋放出を決定したことを巡り、韓国・済州島の漁業団体が13日、日本政府を済州地裁に提訴した。聯合ニュースが報じた。

日本郵政と東電が戦略的提携、脱炭素で 郵便局に太陽光発電導入

日本郵政は23日、東京電力ホールディングスと脱炭素に向けた戦略的提携を締結したと発表した。政府が気候変動問題への取り組みを促す中、同社も郵便局などにおける太陽光発電の導入などを進める。

福島原発処理水の海洋放出、地元の声聞き風評対策に万全=官房長官

加藤勝信官房長官は16日午前の閣議後会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について、地元の声に耳を傾けながら、財源を確保しつつ、風評被害対策に万全を期す考えを示した。

中国、日本大使呼び抗議 福島処理水放出

中国外務省は15日、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び、日本政府が決定した福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出に厳重に抗議したことを明らかにした。

福島原発処理水の海洋放出、きょう閣僚会議を開催した=官房長官

加藤勝信官房長官は16日午前の閣議後会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について、風評被害への対策などを議論する関係閣僚会議の初会合を同日開催したと発表した。

中国、福島処理水放出で食の安全性への影響など検証へ

中国商務省は15日、福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出が食品や農産品の安全性や通商に及ぼす影響を検証する方針を示した。高峰報道官が定例会見で述べた。

処理水放出でIAEA専門家派遣を要請、夏にも=官房長官

加藤勝信官房長官は15日午前の定例会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について、梶山弘志経済産業相が13日に国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長に対して、専門家の派遣を要請したと明らかにした。早ければ夏にも派遣され、放出設備の確認や放出後の海洋環境の確認などを調査するという。

外資による重要企業買収、外為法で厳正に審査=東芝で官房長官

加藤勝信官房長官は14日午前の会見で、東芝に対する複数の海外ファンドからの買収提案に関連し、外為法にのっとり厳正に審査することになるとの見方を改めて示した。車谷暢昭社長の辞任についてはコメントを控えた。

規制委、柏崎刈羽の「運転禁止」命令を正式決定 検査へ

原子力規制委員会は14日、東京電力ホールディングスに対して、柏崎刈羽原発(新潟県)への特定核燃料物質の移動を禁じる是正措置命令の発出を正式に決めた。

BRIEF-加藤官房長官:首相不在中にコロナ対策本部開催なら、自身が代理務める

加藤勝信官房長官は14日午前の会見で以下の通り発言した。 * 加藤官房長官:首相不在中にコロナ対策本部開催なら、自身が代理務める * 加藤官房長官:東芝の社長人事、コメント控える * 加藤官房長官:重要インフラ企業、事業を安定的に経営できる体制構築求められる=東芝に関連し * 加藤官房長官:処理水の輸送、直ちに実現可能でない=吉村知事の大阪湾放出提言で *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

処理水放出、安倍前首相の「アンダーコントロール」発言と矛盾せず=菅首相

菅義偉首相は13日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水の海洋放出を決めたことを受けて記者団の質問に応じ、処理水は放射性物質の濃度が十分低いため、安倍晋三前首相が同原発について「アンダーコントロール(制御下にある)」と発言したことと「矛盾しない」と述べた。

福島第1原発処理水の海洋放出決定、極めて無責任=中国外務省

中国外務省は13日、日本が福島第1原発の処理水を海洋放出すると決定したことについて、「極めて無責任」だと批判した。

処理水放出、安倍前首相の「アンダーコントロール」発言と矛盾せず=菅首相

菅義偉首相は13日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水の海洋放出を決めたことを受けて記者団の質問に応じ、処理水は放射性物質の濃度が十分低いため、安倍晋三前首相が同原発について「アンダーコントロール(制御下にある)」と発言したことと「矛盾しない」と述べた。

処理水放出の風評被害対応、必要な予算は躊躇なく確保=官房長官

加藤勝信官房長官は13日午前の記者会見で、福島第1原発処理水の海洋放出決定を受け、週内にも自身を議長とする関係閣僚会議を発足させると発表した。「安全性などについて科学的根拠に基づく客観的な情報発信が必要だ」と指摘。「将来的に必要な予算については、躊躇(ちゅうちょ)なく確保して具体的な対策を講じていく」と述べた。

福島の原発処理水、政府が海洋放出を決定 近隣国や漁業関係者は懸念

政府は13日、福島第1原子力発電所にたまり続ける多核種除去設備(ALPS)処理水を海洋放出することを決めた。原子力規制委員会の許可を経て、東京電力ホールディングスがおよそ2年後に放出を開始する。政府は風評被害対策としてモニタリングの強化や情報公開を徹底するとしているが、漁業関係者や近隣国からの懸念は根強い。

原発処理水の海洋放出、米国務省「世界基準に合致」と評価

米国務省は米東部時間12日、日本政府が福島第1原子力発電所の多核種除去設備(ALPS)処理水を海洋放出することを決めたことについて、「世界的な安全基準に沿った手法を採用した」と評価した。

WRAPUP 1-政府、福島原発処理水の海洋放出を決定 2年後めどに開始

政府は13日、「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚会議」を開き、福島第1原子力発電所にたまり続ける多核種除去設備(ALPS)処理水を海洋放出することを決めた。原子力規制委員会の許可を経て、東京電力ホールディングスが2年程度後に放出を開始する。懸案となっている風評被害対策としては、モニタリングの強化や情報公開の徹底などを行う方針。

処理水の海洋放出「重く受け止め」、風評抑制に最大限努力=東電社長

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は13日、福島第1原子力発電所にたまっている多核種除去設備(ALPS)処理水の海洋放出決定を受けて「大変重く受け止めている」と述べた。海洋放出を決めた閣僚会議出席後、官邸で記者団に対して述べた。

再送-BRIEF-東電社長:風評影響、最大限抑制するべく取り組みたい=処理水の海洋放出で

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は13日、原発処理水の海洋放出を政府が決定したことを受けて以下のように述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up