for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社

9501.T

現在値

317.00JPY

変化

-4.00(-1.25%)

出来高

4,996,600

本日のレンジ

315.00

 - 

320.00

52週レンジ

279.00

 - 

566.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
321.00
始値
318.00
出来高
4,996,600
3か月平均出来高
174.38
高値
320.00
安値
315.00
52週高値
566.00
52週安値
279.00
発行済株式数
1,602.21
時価総額
515,852.60
予想PER
2.94
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 9501.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

TEPCO Chairman Takashi Kawamura To Step Down - Nikkei

Tepco & Softbank Among Backers Of Blockchain System Which Will Assign Monetary Value To Carbon Reductions - Nikkei

Starwood Energy To Sell 50 Percent Interest In Compass Power Generation To JERA

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社とは

東京電力ホールディングスは、電気事業を中心とする事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。ホールディングス事業は、経営サポート、各基幹事業会社への共通サービスの提供、水力発電による電力の販売、原子力発電等を行う。フュエル&パワー事業は、火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資を行う。パワーグリッド事業は、送電・変電・配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全を行う。エナジーパートナー事業は、顧客の要望に沿ったトータルソリューションの提案・サービスの提供及び電源調達を行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-1-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-8560

Japan

+81.3.63731111

https://www.tepco.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takashi Kawamura

Independent Chairman of the Board of Directors

Tomoaki Kobayakawa

Executive President, Representative Executive Officer, Manager of Nuclear Reform Special Taskforce, Director

Seiji Moriya

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Seiichi Fubasami

Executive Vice President, Representative Executive Officer, Director

Mitsushi Saiki

Executive Vice President

統計

4.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

5.9K

2019

6.3K

2020

6.2K

2021(E)

5.6K
EPS (JPY)

2018

198.520

2019

145.060

2020

31.650

2021(E)

103.108
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.08
株価純資産倍率(四半期)
0.27
株価キャッシュフロー倍率
2.33
総負債/総資本(四半期)
175.50
長期負債/資本(四半期)
76.98
投資利益率(過去12カ月)
-2.52
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.70

最新ニュース

最新ニュース

アングル:既定路線の「脱石炭火力」、温暖化対応へ さらなる切り込み必要

政府が国内外で石炭火力発電を縮小する方針を打ち出した。二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電は、世界的に縮小・廃止の方向にあり、一見、日本も歩調を合わせたかに見える。しかし、専門家からは、既定路線の範囲内で「脱石炭火力」には程遠いとの指摘が出ている。地球温暖化の防止に向け、日本のエネルギー政策を見直すには、さらなる切り込みが求められている。

ホットストック:りらいあは反落、電話勧誘の音声データ改ざんを嫌気

りらいあコミュニケーションズは反落。午前9時45分現在、東証1部で値下がり率2位となっている。東京電力が家庭向けに販売する電気・ガスの電話勧誘業務を請け負った同社が、顧客との会話を録音した音声データを改ざん・捏造していた、と11日付朝日新聞朝刊が報じ、嫌気されている。

インタビュー:2030年代前半までに再エネ開発に1―2兆円投資=東電RP社長

東京電力ホールディングス <9501.T>傘下で再生可能エネルギー専業会社東京電力リニューアブルパワー(東京都千代田区)の文挾誠一社長は、ロイターとのインタビューに応じ、2030年代前半までに国内外で約1―2兆円を投資し、600―700万KWの洋上風力・水力発電事業の開発を行うと述べた。既存の水力発電分400億円を含めて1000億円の利益規模を目指す。加速する脱炭素の流れが追い風となる。

米テスラ、中国産EVに革新的なバッテリー搭載へ=関係筋

米電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>は、中国で生産される「モデル3」に低コストで寿命が長いバッテリーを年内か来年初めに採用する計画。これによりEVのコストはガソリン車とほぼ同じ水準になる。関係筋がロイターに明らかにした。

訂正:今日の株式見通し=反発、米株高を好感 決算発表ピークで個別物色

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が想定されている。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数が反発した流れを引き継ぎ、2万円台を回復するとみられている。国内では企業の決算発表がピークを迎える中、内容を確認しながら個別に物色する動きとなりそうだ。

東電HD、今期純利益790億円の見込み 災害特損3500億円計上

東京電力ホールディングス<9501.T>は30日、2020年3月期連結決算に3500億円の災害特別損失を計上する見通しと発表した。廃炉計画に基づき想定した燃料デブリ取り出しにかかる支出のうちの、取り出し準備などの作業費用という。

東電HD、20年3月期に災害特損3500億円計上へ 燃料デブリ取出費用

東京電力ホールディングスは30日、2020年3月期連結決算に3500億円の災害特別損失を計上する見通しと発表した。「廃炉中長期実行プラン2020」に基づき想定した燃料デブリ取り出しにかかる支出のうちの、取り出し準備などの作業費用という。

福島ALPS処理水、海洋・大気放出は今後30年内で実施=東電が素案

東京電力ホールディングス<9501.T>は24日、福島第1原子力発電所にたまり続けるALPS(多核種除去設備)処理水の処分方法について、海洋放出、大気放出を実施する場合「(廃炉期間の)30―40年を有効に活用する」とし、一度に大量に放出することを避けることなどを盛り込んだ検討素案を発表した。30―40年は、事故発生からの廃炉期間となるため、事故から9年が経過した足元からは、20―30年内に行うことになる。

アングル:日本株に底入れ期待、政策期待と需給改善 波乱の芽も

市場では日本株は先週で底入れしたとの期待が生まれている。時間外取引で米株先物が下落する中、粘り腰を発揮しているためだ。政府の大型経済対策への期待から、内需関連株を買う動きが目立つ一方で、個人投資家の買い出動も相場を下支えする要因として注目されている。ただ、新型コロナウイルスの影響はとどまるところを知らず、感染拡大の中心になった欧米が落ち着くまで波乱の芽が残りそうな状況だ。

ホットストック:内需関連株が高い、政府の大規模経済対策に期待

内需関連株に高い銘柄が目立っている。鹿島、イオン、三菱地所、東急、東京電力ホールディングスなど幅広い業種でしっかりとなった。現金給付も含めた政府の大規模な経済対策に対する期待の大きさから、買いが向かっている。

原発処理水処分に関し意見を聞く場、来月6日から開催=梶山経産相

梶山弘志経済産業相は17日、閣議後の会見で、福島第1原子力発電所にたまり続けるALPS(多核種除去設備)処理水の処分方法について地元関係者の意見を聞く場を設け、4月6日から行うことを明らかにした。まずは、福島市で行う。

アングル:追憶に生きる父、夢に旅立つ息子 震災みつめるふたつの思い

未曽有の激震と大津波が原子力発電所を破壊し、福島県飯館村を放射能汚染地帯に変貌させた日から9年が過ぎた。いまは福島市に転居している大内和夫さん(62)は、雨の中、かつて家族と暮らした自宅へ車を走らせた。家は歳月を経た痛みがあるものの、昔の姿で残っていた。

焦点:「復興五輪」に戸惑う被災者たち 聖火リレーに冷めた視線も

かつて買い物客などで賑わっていた表通りの商店街は人影のない廃屋の回廊と化し、ひび割れた舗装道路のあちこちから雑草が吹き出すように伸び広がっていた。水田だった場所には、放射能汚染土を詰め込んだ黒いビニール袋が何千個も積み上げられている。

アングル:メルトダウンから9年、遠い廃炉 福島第一原発は今

ロイターはこのほど、地震による津波で3基の原子炉がメルトダウン(炉心溶融)した福島第一原子力発電所の独占取材を許された。事故から10年近く、記者がここを訪れるのは4回目だった。

原発処理水、海洋放出が「より確実」 小委が提言へ

福島第1原子力発電所にたまり続けるALPS(多核種除去設備)処理水の処分方法について、経済産業省の有識者小委員会は31日、海洋放出のほうが水蒸気放出に比べて「より確実に実施できる」とし、海洋放出の優位性を示した取りまとめ案を大筋了承した。現在も残る風評被害に上乗せした形の新たな風評被害も想定され「徹底的に対策を講じるべき」と指摘している。

アングル:福島第一の汚染水どう処理、五輪前に注目される安全性

地震による津波ですべての電源を失い、炉心溶融(メルトダウン)事故を起こしてからまもなく9年、福島第一原発では今も防護服に身を包んだ作業員ががれきを撤去していた。

福島第一原発、1・2号機の燃料搬出開始は後ずれ

政府は27日に開いた廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議で、東京電力ホールディングス<9501.T>福島第1原子力発電所の廃止に向けた「中長期ロードマップ」の改訂を決めた。ダスト飛散を抑制するための工法の変更で、1・2号機の燃料取り出し時期を現行ロードマップの23年度めどから大きく後ずれさせた。1―6号機全機での取り出し完了は31年内とし、燃料デブリ取り出しを2号機から行うことも明記した。

韓国、東京五輪で選手の食材持ち込みを計画 放射線測定器も

韓国オリンピック委員会は、2020年の東京五輪・パラリンピックに参加する選手のために放射線測定器を用意し、韓国産の食材を日本に持ち込むことを計画している。東京電力<9501.T>福島第1原発事故の影響による食の安全を懸念しているためという。

日経平均は4日ぶり反発、後半伸び悩み売買代金は2兆円割れ

東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発した。米中通商協議に対する不安が若干後退したほか、外為市場でドル/円が落ち着いて推移したことを好感、さらに前日の引け味が良かったことから買い優勢で始まった。調整に一巡感が台頭したものの、週末とあって次第に見送りムードが強まり、後半は伸び悩んだ。東証1部の売買代金は2兆円を割り込んでいる。

韓国、福島第1原発の汚染水問題で日本に情報開示求める

韓国の原子力委員会は20日、日本政府が東京電力の福島第1原発の汚染水放出に関する情報開示に消極的なことが、影響を最小限にとどめようとする近隣慮国の取り組みの障害になっていると指摘した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up