for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社

9501.T

現在値

513.00JPY

変化

36.00(+7.55%)

出来高

44,943,600

本日のレンジ

477.00

 - 

518.00

52週レンジ

280.00

 - 

542.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
477.00
始値
483.00
出来高
44,943,600
3か月平均出来高
753.84
高値
518.00
安値
477.00
52週高値
542.00
52週安値
280.00
発行済株式数
1,602.17
時価総額
766,547.40
予想PER
5.40
配当利回り
--

次のエベント

Tokyo Electric Power Company Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Toyota Tsusho Corp: To Turn Eurus Energy Into Wholly Owned Unit For 185 Bln Yen

Japan Post Holdings, Tepco Form Strategic Tie-Up To Promote Carbon Neutrality

Tokyo Electric Power President: Will Aim To Compensate Appropriately If Reputational Damage Occurs

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社とは

東京電力ホールディングスは、電気事業を中心とする事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。ホールディングス事業は、経営サポート、各基幹事業会社への共通サービスの提供、水力発電による電力の販売、原子力発電等を行う。フュエル&パワー事業は、火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資を行う。パワーグリッド事業は、送電・変電・配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全を行う。エナジーパートナー事業は、顧客の要望に沿ったトータルソリューションの提案・サービスの提供及び電源調達を行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-1-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-8560

Japan

+81.3.63731111

https://www.tepco.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshimitsu Kobayashi

Chairman of the Board, Independent Director

Tomoaki Kobayakawa

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Manager of Nuclear Reform Special Taskforce, Director

Seiji Moriya

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Nobuhide Akimoto

President of Subsidiary, Director

Seiichi Fubasami

Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

3.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

6.2K

2021

5.9K

2022

5.3K

2023(E)

5.8K
EPS (JPY)

2020

31.650

2021

112.900

2022

3.520

2023(E)

88.409
株価売上高倍率(過去12カ月)
135.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.14
株価純資産倍率(四半期)
0.35
株価キャッシュフロー倍率
1.80
総負債/総資本(四半期)
171.17
長期負債/資本(四半期)
86.72
投資利益率(過去12カ月)
0.08
自己資本利益率(過去12カ月)
0.05

最新ニュース

最新ニュース

気温上昇が見込まれる今後1週間、電力は安定供給水準を確保=経産省

経済産業省は24日、平年よりも高い気温が予想される今後1週間(25日―7月1日)の電力は、安定供給に必要な水準を確保できていると発表した。

ホットストック:関西電力が逆行高、原発再稼働の前倒しを材料視

関西電力が逆行高となっている。東証プライム市場の8割超が値下がりする中、足元の株価は3%超高の1270円近辺。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が支持

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線 が支持 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7413円88 銭。上下のヒゲは投資家の気迷いをうかがわせている。5日移動平均線(2万7260円 54銭=2日)が下値支持線として機能しており、短期的には転換点を示唆している。 <15:45> 新興株はマザーズ総合が反落、メルカリ大幅安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比2.19%安の660.54ポイントと 反落した。前日に大幅高となったメルカリが利益確定売りに押され7%超安と大 幅安となり、指数を押し下げた。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反落、メルカリ大幅安

<15:45> 新興株はマザーズ総合が反落、メル カリ大幅安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比2.19%安の660.54ポイントと 反落した。前日に大幅高となったメルカリが利益確定売りに押され7%超安と大 幅安となり、指数を押し下げた。 メルカリは31日、上場市場区分を6月7日付でグロースからプライムに変更すると 発表。TOPIX連動ファンドなどの組み入れ需要への期待感から買われて前日は7%高 となっていた。今日は利益確定売りに押され、7.11%安の2118円となった。 そのほか個別では、アンジェス、メドレー、そーせいグループ<...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、値幅約42円 動きづらいとの声

<14:04> 日経平均は小動き、値幅約42円 動きづらいとの声 日経平均はマイナス圏で小動き。目立った値動きがない状態で、後場の日経平均の値 幅は上下約42円にとどまっている。時間外取引での米株先物は小幅プラス圏、外為市場 でドル/円は現在130.00円付近。 市場では「米長期金利の動向に加え、為替や原油価格の値動きが不安定で、動きづら い」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆8578億3600万円。東証3 3業種では、鉱業、医薬品、精密機器、サービス業などの25業種が値下がり。保険業、 ゴム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安で推移、米雇用統計発表前で徐々に模様眺め

  <13:05> 日経平均は小幅安で推移、米雇用統計発表前で徐々に模様眺め 後場に入り日経平均は小幅安の水準で推移している。2万7400円付近での動きで 、寄り付きで前場の高値を上回り、下値では買いニーズがあることを示した。 ただ、3日には5月の米雇用統計が発表されるため、積極的には上値が取りにくいと いう。徐々に模様眺めとなってきた。市場では「米雇用統計の結果を見極めたいとのムー ドが強い。そのため、物色の流れはグロース系の輸出株ではなく、バリュー系の内需株に 向いているようだ」(国内証券)という。   <11:45> 前場の日経平均...

午前の日経平均は小反落、米株安を嫌気 押し目買いに下げ渋る

2日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比46円31銭安の2万7411円58銭と小幅に反落した。米国株式市場が下落したことが嫌気され、一時は前日比200円を超す下げとなったものの、中盤から押し目買いが入り下げ渋った。

ホットストック:中国電が急伸、島根県知事の原発再稼働同意が手掛かり

中国電力が急伸している。島根県の丸山達也知事が中国電力島根原発2号機の再稼働への同意を表明したと伝わり、手掛かりとなっている。原発は火力発電に比べ燃料コストの低下が見込まれる。

日経平均は大幅続伸、一時600円超高 過度なインフレ警戒和らぐ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比587円75銭高の2万7369円43銭と、大幅に続伸して取引を終えた。前週末の米国市場でインフレ高進への過度な警戒感が和らいでハイテク株を中心に株高となり、日本株も幅広く物色された。戻りの節目に意識された2万7000円を大きく上回ったことで、買い戻しに弾みがついた。

アングル:疲弊する経済、かすむ原発是非の議論 国政と隔たり=新潟知事選

ホテルニューグリーン柏崎の支配人・柴野孝宏さん(44)は営業環境が思わしくないことに頭を悩ませている。JR柏崎駅前という好立地にあるものの、1998年開業当時の全盛期と比べると169ある部屋の稼働率は現在、半分程度に落ち込んでいる。東京電力・柏崎刈羽原子力発電所のバスツアーなど観光需要が消失したほか、原発作業関係者の宿泊も減っている。

ホットストック:豊田通商は5%超高、風力会社の株式取得を好感

豊田通商は3日続伸し、5%超高での推移となっている。26日、 東京電力ホールディングスが保有する国内風力大手ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)の株式を豊田通商に1850億円で譲渡すると発表したことが好感されている。

東電、豊田通商にユーラスエナジー株式を譲渡 1850億円

東京電力ホールディングスと豊田通商グループは26日、東電が保有するユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)の株式を豊田通商に譲渡すると発表した。豊田通商はすでにユーラスエナジーの株式60%を保有しており、残りの40%を取得することで完全子会社化する。譲渡額は1850億円。

愛知県の工業用水取水停止、本日中の再開目指している=官房長官

松野博一官房長官は18日午後の記者会見で、愛知県内で工業用水の取水が停止している問題について、仮設ポンプの設置などの応急対応を行っており、18日中の再開を目指していると述べた。

愛知の大規模漏水、企業活動に影響 一部の発電所稼働停止

愛知県内の取水施設で起きた大規模な漏水は、一部の発電所の稼働が停止するなど影響が広がっている。操業を続ける企業も、貯蔵水や井戸水を活用するなど綱渡りの状況だ。

JERA、最大出力でも5日間の発電可能 今朝受水を停止

東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資するJERA(東京都中央区)は18日、愛知県豊田市の取水施設で起きた大規模な漏水の影響で同日朝に工業用水の受水を停止した、と発表した。

愛知の工業用水、午前9時前に停止へ トヨタなどに影響も=日経

日本経済新聞など国内メディアは、愛知県が18日、豊田市や岡崎市の工場などに供給している工業用水について、取水施設での漏水で午前5時前から取水できなくなったと明らかにしたと報じた。午前9時ごろには、豊田市や岡崎市の一部を含む9市3町にある自動車工場など131事業所への給水が止まる見通しという。

JERA、CO2排出量を35年度までに13年度比60%削減

JERA(東京都中央区)は12日、2035年度までに国内事業からのCO2排出量を13年度比60%削減する目標を掲げた。1億トン以上の削減になるという。水素・アンモニア混焼を進め、火力発電による排出量の低減を図る。小野田聡社長は会見で「ロシアのウクライナ侵攻で脱炭素化は加速する」と述べた。

BRIEF-JERA社長:ロシアからのLNG調達は10%以下、量としては代替調達可能

JERA(東京都中央区)の小野田聡社長らは12日の会見で以下のように述べた。 * JERA社長:ロシアからのLNG調達は10%以下、量としては代替調達可能 * JERA社長:ロシアからLNGのスポット調達はしていない * JERA幹部:ロシア産石炭はターム契約で購入、切れた後は再契約しない方針 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

JERA、休止火力発電所の再稼働を含む需給対策について検討中

JERA(東京都中央区)は12日、電力需要に対応し、休止している火力発電所の再稼働を含むさまざまな需給対策について検討していると発表した。すでに袖ケ浦火力1号機の長期計画停止を解除し、4月17日に運転準備を完了したという。

Jパワーに気候変動対応の拡大求める株主提案、英マンなど3社

英ヘッジファンドのマン・グループら大手資産運用会社3社は11日、電源開発(Jパワー)に対し、気候変動対応に関する株主提案を提出したと発表した。パリ協定に沿う短期・中期の排出削減目標の策定と開示などを求めている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up