for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社

9501.T

現在値

505.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

280.00

 - 

664.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
505.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
776.25
高値
--
安値
--
52週高値
664.00
52週安値
280.00
発行済株式数
1,602.17
時価総額
819,578.90
予想PER
5.77
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 9501.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Tepco Says Release Of Water From Wrecked Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant May Be Delayed To Summer 2023 -Kyodo

BRIEF-Former Tepco Executives To Appeal Tokyo District Court Ruling Ordering Them To Pay 13 Trln Yen (adds dropped word) In Damages For Fukushima Nuclear Disaster -Kyodo

Utility Giant Tokyo Electric Mulls Joining Toshiba Bid - Bloomberg News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社とは

東京電力ホールディングスは、電気事業を中心とする事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。ホールディングス事業は、経営サポート、各基幹事業会社への共通サービスの提供、水力発電による電力の販売、原子力発電等を行う。フュエル&パワー事業は、火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資を行う。パワーグリッド事業は、送電・変電・配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全を行う。エナジーパートナー事業は、顧客の要望に沿ったトータルソリューションの提案・サービスの提供及び電源調達を行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-1-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-8560

Japan

+81.3.63731111

https://www.tepco.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshimitsu Kobayashi

Chairman of the Board, Independent Director

Tomoaki Kobayakawa

Executive President, Representative Executive Officer, Manager of Nuclear Reform Special Taskforce, Director

Hiroyuki Yamaguchi

Vice President, Chief Financial Officer, Representative Executive Officer

Seiji Moriya

Executive Vice President, Chief Risk Officer, Representative Executive Officer, Director

Chikara Kojima

Executive Vice President, Chief Innovation Officer, Director

統計

3.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

6.2K

2021

5.9K

2022

5.3K

2023(E)

5.8K
EPS (JPY)

2020

31.650

2021

112.900

2022

3.520

2023(E)

88.409
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.14
株価純資産倍率(四半期)
0.37
株価キャッシュフロー倍率
2.39
総負債/総資本(四半期)
173.92
長期負債/資本(四半期)
86.86
投資利益率(過去12カ月)
-0.65
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.46

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け

<15:43> 日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「陽の大引け坊主」の「大陽線」となった。終 値は2万9222円77銭。買い手の心理としては、強い上昇期待感を示している。 25日移動平均線(2万7772円45銭=17日)が200日線(2万7546円 98銭=同)を下から上に抜けて、「ゴールデンクロス」となっており、目先の相場の上 昇も期待される。短期的には、年初来高値(2万9388円16銭)を超えられるかが注 目されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発

<15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発 新興株式市場では、マザーズ総合が1.56%高の761.92ポイントと4日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比1.56%高の968.88ポイントで取引を 終えた。今後、米国のインフレや金融引き締めが落ち着くとの思惑から、中小型のグロー ス(成長)株にも買いが入った。 市場では「台湾有事など目先の米中対立激化のリスクを意識して、内需型のグロース 株を組み入れる機関投資家の動きもあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、窪田製薬ホールディングス、プレイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ

<14:23> 日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ 日経平均は後場も堅調に推移しており、日中高値を更新した。値がさ株が引き続き堅 調で、相場を押し上げている。米国のインフレや金融引き締めが今後は落ち着くとの思惑 から、グロース株の買い戻しも活発になっている。個別では、メルカリ、マネー フォワードなどがしっかり。 日経平均は2万9000円台をしっかり維持しており、底堅さがみられる。目先は年 初来高値の2万9388円16銭を超えられるかが注目され、「同水準を上抜ければ3万 円トライも視野に入る」(国内運用会社)との声が聞かれた。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円超高、ファーストリテが後場一段高

<13:05> 日経平均は300円超高、ファーストリテが後場一段高 日経平均は、後場入り後もしっかりと推移して一時300円超高となった。ファース トリテイリングが後場に一段高となり、指数の押し上げに寄与した。 きょうは7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表が予定されている 。米連邦準備理事会(FRB)高官らは先行きの利上げについて「データ次第」と繰り返 しており「市場の関心は普段より薄い」(国内証券)という。 一方、経済指標として7月米小売売上高も発表される予定で「FRB高官の言うとこ ろのデータとなり、材料視される可能性...

午前の日経平均は反発、好地合い継続し2万9000円を回復 7カ月半ぶり

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比232円42銭高の2万9101円33銭と反発した。米国の金融引き締めに対する過度な懸念からのセンチメント改善が継続し、2万9000円の大台を7カ月半ぶりに回復した。TOPIXも一時、7カ月ぶりに2000ポイントを回復した。

原子力規制委、東電柏崎刈羽原発のテロ対策施設の設置計画を許可

原子力規制委員会は17日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)のテロ対策「特定重大事故等対処施設」の設置計画を許可した。

ホットストック:東京電力HDが急伸、原発再稼働近づくとの思惑

東京電力ホールディングスが急伸している。原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機のテロ対策「特定重大事故等対処施設」の設置計画について、新規制基準に適合するとして正式に許可したと伝わり、手掛かりになった。共同通信の報道によると、航空機を衝突させるテロ行為などを想定し、離れた場所から原子炉の冷却を続ける緊急時制御室などを設ける計画だという。

JERA、ベトナムの再エネ大手に35.1%出資 約150億円

JERA(東京都中央区)は16日、子会社を通じて、ベトナムの大手再生可能エネルギー発電事業者であるザライ電力合弁会社の発行済み株式の約35.1%を取得すると発表した。取得価格は約150億円。

日経平均は7日続伸、決算への期待感から好地合いを維持

東京株式市場で日経平均は、7日続伸した。前日比111円66銭高の2万7914円66銭で大引けた。朝方は高値警戒感から小反落したものの、来週からの決算発表シーズンで好業績銘柄が増えるとの期待感が強まり、好地合いを維持して上値を追う展開となった。

午前の日経平均は小幅反落、前日の大幅高で利益確定売りが重し

21日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比22円73銭安の2万7657円53銭と小幅に反落した。前日までの上昇が急ピッチだったことから、利益確定や戻り待ちの売りが優勢となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を終値で回復

<15:47> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を終値で回復 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6961円68銭。ダブルトップ の強力な節目となっている6月28日と7月11日の高値2万7062円や、日足・一目 均衡表の雲下限(2万7038円93銭=19日)で上値を抑えられた。一方、ローソク 足の下ヒゲは長めで、買い方の粘り腰がうかがえる。75日移動平均線(2万6851円 62銭=同)を14営業日ぶりに終値で回復し、地合いは悪くない。節目を上回って、上 昇に弾みをつけるかが引き続き焦点となる。 <15:05> 新興株はマザーズ...

日経平均は4日続伸、米引き締め警戒が和らぐ 伸び悩みも

東京株式市場で日経平均は、前営業日比173円21銭高の2万6961円68銭と、4日続伸した。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めに対する過度な懸念が和らぎ、幅広い業種に買いが入った。約1週間ぶりに一時2万7000円を回復した。ただ、テクニカル面で上値の重さも意識され、買い一巡後は伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米引き締めへの過度な警戒が後退

<15:05> 新興株はマザーズが反発、米引き締めへの過度な警戒が後退 新興株式市場は、マザーズ総合は0.86%高の683.57ポイントと反発した。 東証グロース市場指数は前営業日比0.85%高の868.29ポイントだった。米金融 引き締めへの過度な警戒感が後退し、グロース(成長)株に対する投資家心理を支えた。 ビジョナルが堅調だったほか、サンバイオがしっかり。ジーエヌア イグループは年初来高値を更新した。一方、フリーやJTOWER<448 5.T>がさえなかった。そーせいグループも軟調だった。 <14:15> 日経平均は上げ幅縮小、米企業決算...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、米企業決算への警戒感も

<14:15> 日経平均は上げ幅縮小、米企業決算への警戒感も 日経平均はやや上げ幅を縮小している。足元では、東京エレクトロンなど半 導体関連株の一角が前引け時点に比べ上げ幅を縮小している。一方、鉱業や海運業などは 上げ幅を拡大している。 相場全体では、買い上がる材料に乏しい中、上値の重さが意識されている。米国では 米動画配信サービス大手ネットフリックスの決算が控えており「前回は弱い内容 が嫌気されて株価が急落し、米ナスダック安となった経緯があり、警戒感が出ている」( 別の国内証券)との声も聞かれる。 一方、日経平均の予想PER(株価収益率...

〔マーケットアイ〕株式:後場も高値もみ合い、2万7000円を戻りの壁として意識

<12:50> 後場も高値もみ合い、2万7000円を戻りの壁として意識 後場に入ってからも日経平均は高値もみ合い。2万6900円台で推移している。市 場では「2万7000円が戻りの壁になっているようだ。ここを突破するには新たな材料 が欲しいところだ」(国内証券)との声が聞かれた。 物色面では、米金融政策について過度な警戒感が後退したことで、グロース系の銘柄 が堅調に推移しているものの「グロース株の中にはまだまだ仮需の整理が完了していない 銘柄が多い」(別の国内証券)との指摘もあり、需給面では重い展開を想定する関係者も いる。一方、きょうは...

午前の日経平均は続伸、米引き締め懸念後退し安心感 上値は重い

19日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比188円90銭高の2万6977円37銭と続伸した。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めに対する過度な懸念が後退したことが安心感を誘い、幅広い業種に買いが入って一時2万7000円を回復した。ただ、テクニカル面で上値の重さが意識され、中盤から伸び悩み気味となっている。

ホットストック:電力株が買い先行、原発稼働の首相表明で思惑

電力各社株の買いが先行している。岸田文雄首相が14日の記者会見で、今冬に原子力発電所を最大9基稼働させる方針を示したことが手掛かりになっている。北海道電力が3%超高のほか、九州電力や関西電力、東京電力ホールディングス、四国電力が2%超高などとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を3日ぶりに回復

<16:10> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を3日ぶりに回復 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6643円39 銭。5日移動平均線(2万6557円66銭=14日)や25日移動平均線(2万648 0円40銭=同)を、3営業日ぶりに終値で上回った。実体部分が前日のローソク足を包 み込む「包み線(抱き線)」で、上昇継続に期待をつなぐ。 <15:40> 新興株はマザーズが続伸、米長期金利低下で投資家心理が改善 新興株式市場は、マザーズ総合が1.8%高の682.26ポイントと続伸した。東 証グロース市場指数...

日経平均は続伸、米CPIを波乱なく通過 円安も支援

東京株式市場で日経平均は、前営業日比164円62銭高の2万6643円39銭と、続伸して取引を終えた。6月の米消費者物価指数(CPI)発表後の米国市場では波乱がなかったとして、安心感が生じた。外為市場でドル/円が138円台と円安に振れたこともプラスの材料となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米長期金利低下で投資家心理が改善

<15:40> 新興株はマザーズが続伸、米長期金利低下で投資家心理が改善 新興株式市場は、マザーズ総合が1.8%高の682.26ポイントと続伸した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.92%高の866.42ポイントだった。市場では 「米長期金利の低下でグロース(成長)株への投資家心理が改善した」(国内証券)との 声が聞かれた。 ジーエヌアイグループやサンバイオ、そーせいグループが しっかりとなり、指数を押し上げた。一方、フリーやスパイダープラス 、メディカルネットは軟調だった。 <14:46> 日経平均は高値もみあい継続、半導体関連しっかり...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up