for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社

9501.T

現在値

312.00JPY

変化

-3.00(-0.95%)

出来高

13,536,600

本日のレンジ

309.00

 - 

317.00

52週レンジ

266.00

 - 

444.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
315.00
始値
316.00
出来高
13,536,600
3か月平均出来高
517.83
高値
317.00
安値
309.00
52週高値
444.00
52週安値
266.00
発行済株式数
1,602.18
時価総額
501,389.50
予想PER
8.64
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Tokyo Electric Power Company Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan Post Holdings, Tepco Form Strategic Tie-Up To Promote Carbon Neutrality

Tokyo Electric Power President: Will Aim To Compensate Appropriately If Reputational Damage Occurs

TEPCO Chairman Takashi Kawamura To Step Down - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京電力ホールディングス株式会社とは

東京電力ホールディングスは、電気事業を中心とする事業を行う。【事業内容】同社は、4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。ホールディングス事業は、経営サポート、各基幹事業会社への共通サービスの提供、水力発電による電力の販売、原子力発電等を行う。フュエル&パワー事業は、火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資を行う。パワーグリッド事業は、送電・変電・配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建物等の調査・取得・保全を行う。エナジーパートナー事業は、顧客の要望に沿ったトータルソリューションの提案・サービスの提供及び電源調達を行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-1-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-8560

Japan

+81.3.63731111

https://www.tepco.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshimitsu Kobayashi

Chairman of the Board, Independent Director

Tomoaki Kobayakawa

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Manager of Nuclear Reform Special Taskforce, Director

Seiji Moriya

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Nobuhide Akimoto

President of Subsidiary, Director

Seiichi Fubasami

Executive Vice President, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

4.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

6.3K

2020

6.2K

2021

5.9K

2022(E)

4.8K
EPS (JPY)

2019

145.060

2020

31.650

2021

112.900

2022(E)

36.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.10
株価純資産倍率(四半期)
0.22
株価キャッシュフロー倍率
0.94
総負債/総資本(四半期)
172.12
長期負債/資本(四半期)
88.43
投資利益率(過去12カ月)
1.40
自己資本利益率(過去12カ月)
0.98

最新ニュース

最新ニュース

JERA、米フリーポートLNGデベロップメント社に約25億ドル出資

JERAは15日、米国のフリーポートLNGプロジェクトを運営するフリーポートLNGデベロップメント(FLNG社)に出資すると発表した。米子会社を通じ、インフラファンドであるGlobal Infrastructure Partnersの子会社が保有するFLNG社の全権益約25.7%を約25億ドルで取得する。

今日の株式見通し=弱もちあい、決算見極めムード強まる 供給網に不安

東京株式市場で日経平均株価は弱もちあいが想定されている。前日のシカゴ日経平均先物の下げ幅にサヤ寄せした後は一進一退になりそうだ。連日発表される企業決算を見極めたいとのムードが強くなるとの見方が出ている。前日にファナックが半導体不足を理由に下方修正を発表したことで、サプライチェーン(供給網)への不安が再び台頭。一方で業績上方修正銘柄も相次いでおり、決算内容で物色面が二極化する可能性が高い。

東電HD、通期最終損益は一転160億円の赤字予想に 燃料高などで

東京電力ホールディングスは27日、2022年3月期通期の連結最終損益予想を160億円の赤字と、従来予想の670億円の黒字から下方修正した。9期ぶりの最終赤字となる。

日経平均は小幅反落、前日の大幅高の反動で 好決算銘柄は買われる

東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。米国株高という好材料がありながらも、日本株は前日の大幅高の反動があり、利益確定売りが優勢となった。ただ、国内での企業決算が本格化する中、好決算を材料視した物色は下支えとなり、日経平均は大引けにかけて下げ幅を縮小した。

日経平均は12年ぶり8日続落、不安感漂い乱高下

東京株式市場で日経平均は8日続落した。朝方はオーバーナイトの米株高を好感し反発して始まったが、間もなくマイナス圏に転落し、下げ幅は一時500円超となった。引き続き悪材料が重なっていることから不透明感が漂い、日本株は乱高下する展開となった。日経平均が8日続落となるのは2009年7月10日以来、約12年3カ月ぶり。

UPDATE 1-東京株式市場・大引け=12年ぶり8日続落、不安感漂い乱高下

(続落日数を追加しました。) [東京 6日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は8日続落した。朝方はオー バーナイトの米株高を好感し反発して始まったが、間もなくマイナス圏に転落し、下げ幅 は一時500円超となった。引き続き悪材料が重なっていることから不透明感が漂い、日 本株は乱高下する展開となった。日経平均が8日続落となるのは2009年7月10日以 来、約12年3カ月ぶり。 日本株は突っ込み警戒感から買い戻しが活発化し、朝方は前営業日比387円70銭 高の2万8209円82銭で高値を付けた。ただ、買い一巡後は一転して売り優勢の展開...

アングル:期待先行の政策関連物色、次期自民総裁の実行力見極めへ

自民党総裁選の各候補者が掲げる脱炭素やデジタル化(DX)など政策テーマに関連した銘柄物色が盛んだ。ただ、選挙情勢は不透明感が強く、期待先行の「マネーゲーム」的な短期売買にすぎないとの指摘もある。長期投資家の買いが入り一段高となるためには次期総裁の実行力を見極める必要があるとみられている。

福島第1原発の処理水、12月にもIAEA派遣団=加藤官房長官

加藤勝信官房長官は10日の閣議後会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出に関し、国際原子力機関(IAEA)幹部との協議で、12月をめどに安全性を評価する専門家の派遣団が来日し、放出プロセスの安全性や処理水放出に伴う周辺への放射線の影響評価を行うことで合意したと明らかにした。

IAEA調査団、12月訪日へ 原発処理水の海洋放出巡り

東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡り、国際原子力機関(IAEA)が12月に調査団を派遣することになった。経済産業省が9日、明らかにした。放出される水の状態や処分手順の安全性、放射性物質の影響について評価する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、引き続き過熱感くすぶる

<16:32> 日経平均・日足は「小陽線」、引き続き過熱感くすぶる 日経平均・日足は「小陽線」となった。前日の中陽線に包まれる「はらみ線」の形状 で、膠着感もうかがえる。25日移動平均線(2万8177円14銭=9日)からの乖離 は6.50%にやや縮小したが、過熱感の目安とされる5%を引き続き上回っている。ボ リンジャーバンドではプラス2シグマ(2万9929円86銭=同)付近へと移行したが 、なお上昇しすぎの範囲内の水準で、短期的な過熱感はくすぶる。 <15:50> 新興市場は反落、利益確定売りに押される 新興株市場では、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、利益確定売りに押される

<15:50> 新興市場は反落、利益確定売りに押される 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。利益 確定売りに押された。 マザーズ総合は前営業日比0.71%安。1100―1200の価格帯が6―7月に もみあった水準でもあり、「やれやれの売りが出やすく、目先は上値が重くなりそう」( 国内証券)との声が聞かれた。 メルカリ やBASE などの下げが指数の重しとなった。一方、FR ONTEO は上場来高値を更新した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.08%安。ウエストホールディングス<1407. T>などがさえなかった...

日経平均は9日ぶり反落、利益確定売り優勢 先高観から下げ渋りも

東京株式市場で日経平均は9日ぶりに反落した。前日までの上昇が急ピッチで、高値警戒感から利益確定売りが優勢となった。ただ、押し目買い意欲も強く、3万円を割り込むと下げ渋った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、先高観根強く下げ渋り

<14:02> 日経平均は安値もみあい、先高観根強く下げ渋り 日経平均はきょうの安値圏でもみあい。利益確定売りに押されて徐々に水準を切り下 げた。東証1部の値下がり銘柄数は前引け時点比で増加し1575。ただ、2万9900 円台前半では押し目買いが入り、下げ渋っている。市場では「連騰後でもあり、売りが出 やすいが、先高観も根強く底堅い印象」(国内証券)との声が聞かれる。 <12:35> 後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも 後場寄り付きの日経平均は3万円を割り込んで始まった。ただ、すかさず押し目買い が入り、徐々に小戻す...

〔マーケットアイ〕株式:後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも

<12:35> 後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも 後場寄り付きの日経平均は3万円を割り込んで始まった。ただ、すかさず押し目買い が入り、徐々に小戻す動きとなっている。その後は3万円前後の水準で推移。市場では「 メジャーSQ(特別清算指数)算出をあすに控えているため、後場は一段と見送りムード が強くなりそうだ」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:40> 前場の日経平均は9日ぶりに反落、高値警戒感から利益確定売り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比139円88銭安の3万0041円3 3銭となり、9日ぶりに反落...

午前の日経平均は9日ぶりに反落、高値警戒感から利益確定売り

9日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比139円88銭安の3万0041円33銭となり、9日ぶりに反落。前日までの上昇が急で高値警戒感から利益確定売りが優勢の展開となった。ただ、押し目買い意欲も強いことから、崩れる気配も感じられず、3万円台を維持する格好で弱もちあいとなっている。TOPIXも反落した。

東電など電力株が大幅高、原発めぐる河野氏発言を受け

東京電力ホールディングス、関西電力など電力株が大幅上昇で始まった。午前9時10分現在、東証33業種別株価指数で電力・ガス業は前日比9%を超す上昇となっている。自民党総裁選に出馬する意向とみられる河野太郎行政改革担当相が原発再稼働を当面容認する姿勢を示し、反原発を公言していたこれまでの軌道を修正する発言をしたことを受け、原発再稼働に向けて思惑が台頭。出遅れ感も手伝って電力株に買いが向かっている。

インタビュー:再エネ開発目標の達成、「30年度まで」に前倒し=東電RP社長

東京電力グループの再生可能エネルギー発電事業を担う東京電力リニューアブルパワー(東京都千代田区)の文挾誠一社長は、日本政府による温室効果ガス削減目標引き上げを受けて、再生可能エネルギー600―700万キロワット(kW)の新規開発目標の達成時期を「2030年度まで」に前倒しすることを明らかにした。これに伴い、純利益1000億円も30年度までに達成する、とした。

日経平均は一時2万7000円割れ、昨年12月以来 景気減速を警戒

東京株式市場で日経平均は大幅続落した。1月6日に付けた年初来安値(2万7002円18銭を更新し、一時、昨年12月29日以来となる2万7000円割れとなった。トヨタ自動車による減産の産業界への影響が引き続き警戒されたほか、米中の景気減速への懸念も上値を抑える要因となった。

ホットストック:ディフェンシブ銘柄が堅調、景気敏感株から資金シフトも

全体の地合いが軟調となる中で、ディフェンシブ銘柄に堅調な銘柄が目立つ。午前9時25分現在、東証33業種で、食料品、医薬品、電気・ガス業などの業種が上昇。個別ではキッコーマン、第一三共、東京電力ホールディングスなどが堅調に推移している。ドル/円相場で円高の警戒感が出ていることも、これらの銘柄に資金が向かう要因になっているという。

東電が政府に新たな再建計画、22年3月期は経常益740億円見込む

東京電力ホールディングスは21日、新たな再建計画を政府に提出したことに伴い、営業利益690億円、経常利益740億円とする2022年3月期の業績予想を公表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up