for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国電力株式会社

9504.T

現在値

715.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

644.00

 - 

965.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
715.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
43.62
高値
--
安値
--
52週高値
965.00
52週安値
644.00
発行済株式数
360.26
時価総額
276,815.60
予想PER
-2.68
配当利回り
2.10

次のエベント

Q3 2023 Chugoku Electric Power Co Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan Fair Trade Commision To Fine Chugoku, Kyushu, Chubu Electric At Least Several Tens Of Billions Of Yen For Breach Of Antitrust Laws - Nikkei

Idemitsu: Yamaguchi Plant Closure To Raise Group Refining Capacity Utilisation Rate To About 90%

Japan Fair Trade Commission Raids Chubu Electric, Kansai Electric, Chugoku Electric For Suspected Anti-Trust Operations - Jiji

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国電力株式会社とは

中国電力グループは、電気事業を中核として、総合エネルギー供給事業、情報通信事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて運営する。電気事業セグメントは、中国地域を事業展開の基盤とした電力供給を行う。総合エネルギー供給事業セグメントは、液化天然ガス(LNG)等の燃料販売や電気・熱販売等エネルギー利用サービスの提供を行う。情報通信事業セグメントは、情報通信技術(ICT)を活用した電気通信サービス、情報処理サービスの提供を行う。また、環境調和創生、ビジネス・生活支援、電気事業サポートを行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

4-33, Ko-machi, Naka-ku

HIROSHIMA-SHI, HRS

730-8701

Japan

+81.82.2410211

https://www.energia.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Mareshige Shimizu

Chairman of the Board, Representative Director

Natsuhiko Takimoto

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Shigeru Ashitani

Executive Vice President, Chief Director of Power Supply Business, Representative Director

Toshio Takaba

Executive Vice President, Chief Director of Procurement, Manager of Nuclear Strengthening Project, Representative Director

Toru Funaki

Managing Executive Officer, Manager of Business Planning Unit, Director

統計

3.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

1.3K

2021

1.3K

2022

1.1K

2023(E)

1.5K
EPS (JPY)

2020

258.590

2021

40.420

2022

-110.211

2023(E)

-268.550
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.20
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
516.47
長期負債/資本(四半期)
403.65
投資利益率(過去12カ月)
-3.50
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.75

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線・75日線が下値支持線に

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線・75日線が下値支持線に 日経平均・日足は上に短く、下に長いヒゲを伴う「下影陰線」の形に近い「小陰線」 で、下落一服の相場を暗示している。終値は2万8162円83銭。 5日移動平均線(2万8177円90銭=28日)、25日線(2万7706円21 銭=同)など、短期の主要な移動平均線は上を向いており、目先は底堅い展開も見込まれ る。 市場では「当面は25日線や75日線(2万7658円83銭=同)が日経平均の下 値を支えるのではないか」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれ、2万7500...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、内需小型株の物色活発

<15:10> 新興株はマザーズが3日続伸、内需小型株の物色活発 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.20%高の801.23ポイントと 3日続伸した。東証グロース市場指数は同0.20%高の1018.54ポイントだった 。米ナスダック安を嫌気して大型ハイテク株に売りが出る中、「内需中心の小型株への物 色が活発になったようだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 来月にかけて新規のIPOが増えるため「年末のIPOラッシュに向けて新興株市場 に注目が集まりやすいタイミング」(国内運用会社・ポートフォリオマネージャー)との 指摘...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、中国のコロナ感染拡大が重し

<13:35> 後場の日経平均はもみ合い、中国のコロナ感染拡大が重し 日経平均は後場に入り、もみ合う展開が続いている。前営業日比約140円安の2万 8100円台前半で推移。アジア株の軟調な動きが重しとなり、日本株も弱含みの地合い となっている。 市場では、中国での新型コロナウイルス感染拡大が投資家心理を悪化させているとの 指摘が聞かれた。「中国が維持するゼロコロナ政策によって経済が停滞し、サプライチェ ーンの混乱など影響が出るリスクが警戒されている」(国内証券・ストラテジスト)とい う。 国内企業では、ホンダが28日、自動車生産を手掛ける...

午前の日経平均は続落、米ハイテク株安や中国株安が重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比175円24銭安の2万8107円79銭と続落した。米ハイテク株や中国株の下落が重しになった。高値警戒感もあり利益確定売りが優勢で、東証33業種は全業種が下落した。

ホットストック:中国電など大幅安、カルテル疑いで公取委が課徴金方針と報道

中国電力が大幅安となっている。企業向け電力の供給などを巡ってカルテルを結んだとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不当な取引制限)で同社や九州電力、中部電力の大手電力3社などに課徴金納付を命じる方針を固めたことが関係者への取材で分かった日本経済新聞電子版が25日に報じ、手掛かりになった。

日経平均は3日続伸、好決算のファーストリテが指数押し上げ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比145円08銭高の2万6788円47銭と、3日続伸して取引を終えた。前日に好決算を発表したファーストリテイリングが買われ、相場を下支えした。値がさ株の堅調な値動きが目立ち、指数の押し上げに寄与した。一方、相場全体では手掛かりに乏しく、連休を控えていることもあって徐々に方向感を欠く動きとなった。 日経平均は朝方、小高くスタートした後、徐々に上値を伸ばした。一時、前営業日比約210円高の2万6857円77銭に上昇した。利益確定売りに上値を抑えられ約70円安のマイナスに沈む場面もあったが、ファーストリテが上...

島根原発2号機の再稼働、時期は言えず=中国電力社長

中国電力の瀧本夏彦社長は15日の会見で、地元の同意が得られた島根原発2号機の再稼働の時期について「いつ再稼働かは何とも言えない」と述べるにとどめた。

可能な限り原発依存度低減という政府方針に変わりはない=萩生田経産相

萩生田光一経産相は3日の閣議後会見で、可能な限り原子力発電の依存度を低減するという政府の方針に変わりはないと述べた。

島根原発2号機再稼働、地元理解得られたことは重要=官房長官

松野博一官房長官は2日午前の会見で、中国電力島根原子力発電所2号機の再稼働に島根県の丸山達也知事が同意を表明したことについて、「地元の理解が得られたことは重要」と語った。

ホットストック:中国電が急伸、島根県知事の原発再稼働同意が手掛かり

中国電力が急伸している。島根県の丸山達也知事が中国電力島根原発2号機の再稼働への同意を表明したと伝わり、手掛かりとなっている。原発は火力発電に比べ燃料コストの低下が見込まれる。

島根原発2号機再稼働、地元の理解得られたこと重要=官房長官

松野博一官房長官は2日午前の会見で、中国電力島根原子力発電所2号機の再稼働に島根県の丸山達也知事が同意を表明したことについて、「地元の理解が得られたことは重要」と語った。

中国電力、ロシア産石炭の調達は中断=幹部

中国電力の大元宏朗東京支社長は28日の決算会見で、ロシア産石炭の調達を中断していることを明らかにした。ロシア産の石炭は、2021年度で全調達量の7%だったという。

日経平均は小幅反落、前日の大幅高の反動で 好決算銘柄は買われる

東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。米国株高という好材料がありながらも、日本株は前日の大幅高の反動があり、利益確定売りが優勢となった。ただ、国内での企業決算が本格化する中、好決算を材料視した物色は下支えとなり、日経平均は大引けにかけて下げ幅を縮小した。

MSCI銘柄入れ替え、新規採用はゼロ・除外は29銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は11日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がゼロ、除外が29銘柄となった。昨年11月には21銘柄が除外(採用は5銘柄)されており、市場では「日本株式の存在感が後退している」(国内証券)との声が出ている。

ホットストック:電力株は軒並み年初来安値、機関投資家などがポジション調整売りか

電力株が軟調。東京電力ホールディングス、中国電力、四国電力、北海道電力は軒並み年初来安値を更新している。特段新しい材料はないものの、来月の10─12月期決算の発表を控え、機関投資家からウエート調整の売りが出ているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up