for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

九州電力株式会社

9508.T

現在値

864.00JPY

変化

5.00(+0.58%)

出来高

703,000

本日のレンジ

857.00

 - 

867.00

52週レンジ

791.00

 - 

894.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
859.00
始値
861.00
出来高
703,000
3か月平均出来高
43.51
高値
867.00
安値
857.00
52週高値
894.00
52週安値
791.00
発行済株式数
472.72
時価総額
407,324.00
予想PER
-7.81
配当利回り
4.66

次のエベント

Q1 2023 Kyushu Electric Power Co Inc Earnings Release

適時開示

その他

Kyushu Electric to continue to buy LNG from Russia's Sakhalin-2 Project - company official

Yara And Kyushu Electric Power Explore Clean Ammonia Collaboration In Japan

Mitsubishi Corp - To Sell 25% Of All Its Outstanding Membership Interests In DGC Westmoreland Llc To Kyuden International Westmoreland

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

九州電力株式会社とは

九州電力グループは主に電気事業に従事する。【事業内容】4つの事業セグメントを運営する。国内電気事業は国内における発電・小売事業、九州域内における送配電事業を主たる事業とする。その他エネルギーサービス事業は電気設備の建設・保守など電力の安定供給に資する事業、ガス・液化天然ガス(LNG)販売事業、再生可能エネルギー事業、海外事業を主たる事業とする。情報技術通信(ICT)サービス事業はデータ通信事業、光ブロードバンド事業、電気通信工事・保守事業、情報システム開発事業、データセンター事業を主たる事業とする。その他の事業は不動産事業、有料老人ホーム事業を主たる事業とする。

業種

Electric Utilities

連絡先

2-1-82, Watanabe-dori, Chuo-ku

FUKUOKA-SHI, FKK

810-8720

Japan

+81.92.7613031

https://www.kyuden.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Michiaki Uriu

Chairman of the Board, Representative Director

Kazuhiro Ikebe

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ichiro Fujii

Executive Vice President, Chief Senior Director of Business Solution, Representative Director

Makoto Toyoma

Executive Vice President, Representative Director

Yoshifumi Kuriyama

Managing Executive Officer, Deputy Chief Senior Director of Energy Service Business, Chief Director of Sales, Director

統計

2.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.0K

2021

2.1K

2022

1.7K

2023(E)

1.9K
EPS (JPY)

2020

-6.050

2021

63.570

2022

10.090

2023(E)

-108.500
株価売上高倍率(過去12カ月)
85.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.23
株価純資産倍率(四半期)
0.74
株価キャッシュフロー倍率
1.97
総負債/総資本(四半期)
566.65
長期負債/資本(四半期)
486.02
投資利益率(過去12カ月)
0.21
自己資本利益率(過去12カ月)
0.17

最新ニュース

最新ニュース

九州電力、千葉LNG火力発電所開発から撤退 東ガスは継続

九州電力は15日、東京ガスと進めてきた千葉県袖ケ浦市のLNG火力発電所の共同開発検討から撤退すると発表した。

日本が原発にどう取り組むか「本気で議論するべき」=電事連会長

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は20日の定例会見で、エネルギー価格が上がる中、日本が原子力発電にどう取り組むか「本気で議論するべきだ」と述べた。

日本が原発にどう取り組むか「本気で議論するべき」=電事連会長

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は20日の定例会見で、エネルギー価格が上がる中、日本が原子力発電にどう取り組むか「本気で議論するべきだ」と述べた。

九電、ロシア産石炭調達を停止 代替「大丈夫とは言えず」=幹部

九州電力の熊懐達夫・東京支社副支社長は28日の決算会見で、3月以降ロシアからの石炭調達は停止している、としたうえで、「代替調達を進めているが、大丈夫とは言えない」と述べた。オーストラリアやインドネシアなど、現在調達している地域を含めて代替調達を進めているという。

ホットストック:石油や電力株はしっかり、地政学リスクで業種の選別進む

INPEXや石油資源開発など石油関連株や九州電力、四国電力、東北電力などの電力株がしっかり。ウクライナ情勢の一段の緊迫化でリスク回避の売りが広範囲で先行する中、景気の動向に左右されづらい業種や地政学リスクの高まりが支援材料となる業種へ選別する動きが加速している。

MSCI銘柄入れ替え、新規採用はゼロ・除外は29銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は11日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がゼロ、除外が29銘柄となった。昨年11月には21銘柄が除外(採用は5銘柄)されており、市場では「日本株式の存在感が後退している」(国内証券)との声が出ている。

日豪企業、CO2回収・貯留プロジェクト推進で提携

オーストラリア企業トランスボーダーズエナジーは7日、同国の政府系研究機関や複数の日本企業と提携し、オーストラリアおよびアジア太平洋地域の液化天然ガス(LNG)プラントなどの産業施設から二酸化炭素(CO2)を回収・貯留するプロジェクトを推進すると発表した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=27日

RIC 銘柄名 01 中広 02 ダブルスタンダード 03 日本ギア工業 04 ブックオフグループHLDG 05 ショーエイコーポレーション  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up