for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北海道電力株式会社

9509.T

現在値

479.00JPY

変化

3.00(+0.63%)

出来高

181,300

本日のレンジ

476.00

 - 

481.00

52週レンジ

410.00

 - 

546.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
476.00
始値
481.00
出来高
181,300
3か月平均出来高
14.42
高値
481.00
安値
476.00
52週高値
546.00
52週安値
410.00
発行済株式数
205.31
時価総額
102,263.70
予想PER
-1.76
配当利回り
2.11

次のエベント

Dividend For 9509.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Hokkaido Electric Power Co Says It Will Terminate Operations Of Naie And Sunagawa Power Stations At March 2027 Due To Aging Facility And Carbon Neutral Efforts

Hokkaido Electric says it aims to reduce reliance on Russian coal in year ending March 31 2023

Hokkaido Electric Power Co Inc - Exec VP Fujii To Become President Effective June 26, President Mayumi To Become Chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北海道電力株式会社とは

北海道電力グループは、主に発電・小売電気事業等を行う。【事業内容】電気事業は主に電気の生産、送電・変電・配電などの電気の流通及び電気の販売を行う。その他、電気・電気通信工事、建物の総合管理、土木・建築工事、発電所の定期点検・保守・補修工事、通信回線専用線サービスなども行う。

業種

Electric Utilities

連絡先

1-2, Higashi, O-dori, Chuo-ku

SAPPORO-SHI, HKD

060-8677

Japan

+81.11.2511111

http://www.hepco.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Akihiko Mayumi

Chairman of the Board, Representative Director

Shunichi Funane

Executive Vice President, Representative Director

Hideo Seo

Executive Vice President, Representative Director

Noriaki Harada

Managing Executive Officer, Director

Tsuyoshi Kobayashi

Managing Executive Officer, Director

統計

3.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.7K

2021

0.7K

2022

0.7K

2023(E)

0.9K
EPS (JPY)

2020

123.160

2021

169.090

2022

26.570

2023(E)

-270.300
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.12
株価純資産倍率(四半期)
0.48
株価キャッシュフロー倍率
1.88
総負債/総資本(四半期)
607.23
長期負債/資本(四半期)
502.48
投資利益率(過去12カ月)
-1.36
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.10

最新ニュース

最新ニュース

三菱重、革新軽水炉のコンセプト確立し基本設計進める 関電など4社と共同で

三菱重工業は29日、関西電力など電力4社と共同で従来の加圧水型軽水炉より安全性を高めた革新軽水炉のプラントのコンセプトを確立して今後、基本設計を進めていくと発表した。電力4社は、関西電力のほか、北海道電力、四国電力、九州電力。

ホットストック:北海道電力が大幅反落、最終赤字見通し・中間期無配を嫌気

北海道電力が大幅に反落している。2023年3月期の連結純損益が710億円の赤字(前期黒字額は68億円)になりそうだと22日に発表し、手掛かりになっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、買いシグナルの「赤三兵」が出現

   <15:56> 日経平均・日足は「小陽線」、買いシグナルの「赤三兵」が出現 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6788円47 銭。75日移動平均線(2万6868円83銭=15日)で上値を抑えられた。一方、陽 線が3本並ぶ「赤三兵」となった。ローソク足の下ヒゲは長めで、買いシグナルと見るこ とも可能だ。 上方向の目先の節目は75日線のほか、2万7000円。さらに、直近で6月28日 (高値2万7062円31銭)と7月11日(高値2万7062円17銭)に2度止めら れた水準を上回るようなら、上昇に弾みがつきそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、そーせいなど値がさ株の下げが重し

   <15:10> 新興株はマザーズが反落、そーせいなど値がさ株の下げが重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.67%安の677.72ポイントと、反落した 。値がさ株の利益確定売りが重しとなった。東証グロース市場指数は前営業日比0.63 %安の860.98ポイントだった。 値がさのそーせいグループやメルカリがさえなかった。サンバイオ も軟調だった。一方、ティーケーピーが年初来高値。プレシジョン・シ ステム・サイエはストップ高となった。ジーエヌアイグループもしっか り。 <14:10> 日経平均は小動き継続、中国の予想下回るGDPには反応薄...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き継続、中国の予想下回るGDPには反応薄 刺激策への思惑も

   <14:10> 日経平均は小動き継続、中国の予想下回るGDPには反応薄 刺激 策への思惑も 日経平均は小動きを継続している。「連休前の上、決算シーズンが近づいており、積 極的には動きにくい」(国内運用会社)との声が出ている。 中国で市場予想を下回る4―6月GDPが発表されたが、日本株への影響は限定的と なっている。上海株も小幅安にとどまっており「過剰な反応はなさそうだ」(国内証券) との声が聞かれる。「GDPは悪かったが、景気刺激策が出るのではないかとの思惑が相 殺しているのだろう」(SMBC日興証券の平山広太チーフ新興国エコノミスト...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、米経済の先行き巡る見方分かれる

   <13:03> 後場の日経平均は小動き、米経済の先行き巡る見方分かれる 後場に入り、日経平均は小動きとなり前営業日比約160円高の2万6800円近辺 で推移している。前場引けから大きな値動きはみられず、方向感に乏しい展開が続いてい る。米株先物は小幅に上昇している。 市場では、米金融引き締めの加速を受けて「米経済が程よい景気減速で終わるとの見 方がある一方で、景気後退リスクを警戒する見方もある。どちらかを見極められるまでは 上下共に動きにくく、日経平均はもみ合い相場が続くのではないか」(国内証券)との声 が聞かれた。 業種別では、...

午前の日経平均は3日続伸、方向感乏しい ファーストリテが下支え

15日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比154円08銭高の2万6797円47銭と3日続伸した。全体的に方向感のない相場展開となる中、前日に好決算を発表したファーストリテイリングに買いが入り、相場を下支えした。市場の一部では米金融引き締めの加速を受けても世界経済は腰折れしないとの見方が出ていることも支えとなり、日経平均は底堅さを維持した。

ホットストック:電力株が買い先行、原発稼働の首相表明で思惑

電力各社株の買いが先行している。岸田文雄首相が14日の記者会見で、今冬に原子力発電所を最大9基稼働させる方針を示したことが手掛かりになっている。北海道電力が3%超高のほか、九州電力や関西電力、東京電力ホールディングス、四国電力が2%超高などとなっている。

北電、石炭火力の奈井江・砂川発電所を27年3月で廃止 経年化などで

北海道電力は24日、石炭火力発電所である奈井江発電所(空知郡奈井江町)1・2号機および砂川発電所(砂川市)3・4号機について、2027年3月末をもって廃止すると発表した。両発電所も廃止となる。

北海道電力「速やかに控訴手続き」、泊原発運転差し止め命令で

北海道電力は31日、札幌地方裁判所で泊原発1―3号機の運転差し止め命令が出たことを受け「速やかに控訴に係る手続きを行う」と発表した。

泊原発運転差し止め判決、再稼働スケジュールに変更ない=木原官房副長官

木原誠二官房副長官は31日午後の会見で、札幌地裁が同日下した北海道電力泊原子力発電所の運転差し止めを命じる判決に対し、コメントはしないとした。原発の再稼働は、原子力規制委員会が認めた場合について地元の理解を得て行い、今回の判決によって再稼働のスケジュールに変更があるということではないと述べた。

北海道電力、ロシア産石炭の契約見直し 「最終的にはゼロ」

北海道電力の経理部決算グループリーダーの磯野高史氏は28日の決算会見で、ロシア産石炭の契約の見直しを進めていることを明らかにした。

日経平均は4日続落、朝高後アジア株に連れ安

東京株式市場で日経平均は前営業日比73円42銭安の2万4717円53銭と、4日続落して取引を終えた。自律反発狙いの買いが先行し高く始まったが、アジア株の急落につれ安し大引け間際にマイナス圏に転落した。ウクライナ情勢に改善の兆しが見えない中、原油価格が高止まりしていることもあり、東京株式市場は引き続き不安定な地合いだった。

東京電力、他社に電力融通を要請 厳しい寒さで

東京電力パワーグリッドは6日、厳しい寒さで電力需要が高まっているため、「電力広域的運営推進機関」に電力融通を依頼した。

北海道電力、環境債主幹事からSMBC日興証を除外 相場操縦容疑で

北海道電力は5日、12月に発行を予定している環境債の主幹事からSMBC日興証券を外すと発表した。同社の経理部財務グループでは、同証券とその社員が金融商品取引法違反(相場操縦)容疑の関係先として証券取引等監視委員会から調査を受けていることが判明したため、と説明している。

ホットストック:北海道電力が続騰、好決算と年間配当引き上げを材料視

北海道電力が続騰。午前9時40分現在、東証1部で値上がり率第8位となっている。28日に発表した2021年3月期の決算が、再度の大幅上方修正で営業利益が537億7500万円(前年比26.8%増)となったほか、配当金を年間10円から20円に引き上げたことが材料視されている。会社側によると、寒波の影響が大きかったという。

ホットストック:電力株は軒並み年初来安値、機関投資家などがポジション調整売りか

電力株が軟調。東京電力ホールディングス、中国電力、四国電力、北海道電力は軒並み年初来安値を更新している。特段新しい材料はないものの、来月の10─12月期決算の発表を控え、機関投資家からウエート調整の売りが出ているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up