for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京瓦斯株式会社

9531.T

現在値

2,474.00JPY

変化

-15.00(-0.60%)

出来高

1,595,700

本日のレンジ

2,451.00

 - 

2,490.00

52週レンジ

1,903.00

 - 

2,833.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,489.00
始値
2,480.00
出来高
1,595,700
3か月平均出来高
24.97
高値
2,490.00
安値
2,451.00
52週高値
2,833.00
52週安値
1,903.00
発行済株式数
433.43
時価総額
1,082,404.00
予想PER
6.86
配当利回り
2.71

次のエベント

Q3 2023 Tokyo Gas Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tokyo Gas CFO says it does ont expect any impact on procurement from Malaysia LNG’S trouble

Tokyo Gas - Unit Tokyo Gas Australia To Sell 5 Subsidiaries To Unit Of Eig Global Energy Partners, Midocean Energy Holdings

Tokyo Gas: To Retire Treasury Shares Worth 1.4% Of Outstanding Stock On Aug 16

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京瓦斯株式会社とは

東京瓦斯グループは、主にガス、電力、エネルギー関連事業及び不動産事業を行う。【事業内容】5つの事業セグメントで構成される。ガス事業は、都市ガス、リキッドガスの製造、供給、販売及び液化天然ガス(LNG)の販売等を行う。電力事業は、電力の販売及び発電所の運営・管理を行う。海外事業は、海外資源の開発・投資及びエネルギー供給等を行う。エネルギー関連事業は、エンジニアリング、エネルギーサービス等のエンジニアリングソリューション事業、並びにガス機器の販売、ガス工事及びガス関連設備等の建設を行う。不動産事業は不動産の開発及び賃貸・管理を行う。また、LNGの輸送及び情報処理サービス事業等も行う。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

Tokyo Gas Bldg., 1-5-20, Kaigan

MINATO-KU, TKY

105-8527

Japan

+81.3.54007736

https://www.tokyo-gas.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Michiaki Hirose

Chairman of the Board

Takashi Uchida

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Hirofumi Sato

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer

Taku Minami

Executive Officer, Director of Finance

Shinsuke Ogawa

Senior Managing Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Chief Risk Officer

統計

2.33 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

1.9K

2021

1.8K

2022

2.1K

2023(E)

3.1K
EPS (JPY)

2020

98.070

2021

112.260

2022

201.843

2023(E)

362.739
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.41
株価純資産倍率(四半期)
0.79
株価キャッシュフロー倍率
3.28
総負債/総資本(四半期)
88.10
長期負債/資本(四半期)
82.30
投資利益率(過去12カ月)
4.97
自己資本利益率(過去12カ月)
3.90

最新ニュース

最新ニュース

東ガス、LNG調達に現時点で影響出ず、マレーシアLNG不可抗力宣言で

東京ガスの佐藤裕史最高財務責任者(CFO)は27日の決算会見で、液化天然ガス(LNG)調達先のマレーシアLNGが「不可抗力(フォースマジュール)」条項を宣言したことについて、「現時点で具体的な影響が出るという判断にはいたっていない」と述べた。

日経平均は反発、2万7000円回復 英市場混乱への懸念和らぐ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比380円35銭高の2万7156円14銭と、反発して取引を終えた。英国債市場の安定化への期待感や前日の米株高を好感し、幅広い銘柄で買いが優勢となった。伸び悩む場面もあったが、米株先物の堅調な推移が投資家心理を支援し、午後には再び強含んだ。

政府、「ガス制限令」導入へ LNG調達難に需給両面で法整備

政府は、深刻な需給ひっ迫時に大口企業への都市ガス使用制限令を可能とすると同時に、液化天然ガス(LNG)の調達を独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に要請できるようにする。14日に関連法案を閣議決定した。ウクライナ情勢の深刻化でLNG供給の不確実性などが高まる中、需給両面から、万が一に備えた対策を整備する。

LNG、中長期的にはロシア以外から調達など必要な手段とる=西村経産相

西村康稔経済産業相は6日の閣議後会見で、ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の新たな運営会社に三井物産、三菱商事の参画が承認されたことについて「わが国のエネルギー安定供給の観点から極めて重要」と述べ、引き続き民間企業と意思疎通を図りながら対応していくとした。その上で、液化天然ガス(LNG)の中長期的での調達については「ロシア以外の産油国、あるいはスポット市場からの代替調達など、必要に応じた手段を行っていく」と語った。

東京ガス、サハリン2新法人と長期契約締結 主要な条件に変更なし

東京ガスは30日、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の新会社と液化天然ガス(LNG)調達について長期売買契約の締結手続きが完了したと明らかにした。

UPDATE 1-JERA、サハリン2新会社からLNG調達継続 九州電力も検討

東京電力と中部電力が出資するJERA(東京都中央区)は、極東ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の新会社と液化天然ガス(LNG)調達の長期契約を結んだ。同事業からLNGを調達していた電力・ガス会社のうち、契約を継続したことを正式に明らかにしたのは同社が初めて。九州電力も契約を継続する方向で検討している。

UPDATE 2-サハリン2運営会社、欧州系銀モスクワ支店通じたLNG支払い打診=関係者

極東ロシアの石油・天然ガス開発を手掛けるサハリン・エナジー・インベストメント社が、液化天然ガス(LNG)の買い手に対し、欧州系銀行のモスクワ支店を通じた支払いに変更するよう打診したことが分かった。決済通貨も米ドル以外に変えるよう、買い手と協議をしている。

中部電力と東京ガス、サハリン2からのLNG調達は継続中

中部電力と東京ガスは27日、現時点で極東ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」からの液化天然ガス(LNG)の調達は継続していることを明らかにした。

九州電力、千葉LNG火力発電所開発から撤退 東ガスは継続

九州電力は15日、東京ガスと進めてきた千葉県袖ケ浦市のLNG火力発電所の共同開発検討から撤退すると発表した。

ホットストック:関西電力が逆行高、原発再稼働の前倒しを材料視

関西電力が逆行高となっている。東証プライム市場の8割超が値下がりする中、足元の株価は3%超高の1270円近辺。

日経平均は反発、米株に反発期待生じ幅広く物色

東京株式市場で日経平均は反発。前日比336円19銭高の2万6739円03銭で大引けた。前日の米国株式市場は軟調だったものの、時間外取引で先物がしっかりとなるなど米株の反発期待が生じ、幅広く物色された。

訂正-ホットストック:大手ガス株が軟調、原料費増の自社負担による収益悪化懸念

大手ガス会社は各社ともに料金値上げに動いているが、原料費の増減分を一定の範囲で価格転嫁できる制度の上限に達すると、残りが自社負担となるために、収益悪化が懸念されている。

サハリン2からのLNG調達、代替難しく自発的見直しあり得ず=東ガスCFO

東京ガスの佐藤裕史・最高財務責任者(CFO)は27日の決算会見で、ロシア極東の資源プロジェクト「サハリン2」からの液化天然ガス(LNG)調達について、代替調達は困難であり自発的に調達を見直すことは「あり得ない」との考えを示した。

サハリン2からのLNG調達、代替難しく自発的見直しあり得ず=東ガスCFO

東京ガスの佐藤裕史・最高財務責任者(CFO)は27日の決算会見で、ロシア極東の資源プロジェクト「サハリン2」からの液化天然ガス(LNG)調達について、代替調達は困難で自発的な調達見直しはあり得ないと述べた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線巡る攻防が継続

<15:56> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線巡る攻防が継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7093円19 銭。25日移動平均線(2万7092円37銭=15日)を挟んだ値動きとなり、同線を 巡る攻防が継続した。25日線のほか、5日線(2万6853円04銭=同)や日足・一 目均衡表の雲の上方を維持し、上昇への期待をつなぐ。75日線(2万7268円40銭 =同)や、3月25日高値から12日安値までの下落の半値戻し(2万7321円45銭 )が目先の抵抗線になり得る。 <15:35> 新興株はマザーズ総合が...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続落、米ハイテク株安が重し

<15:35> 新興株はマザーズ総合が続落、米ハイテク株安が重し 新興株は、マザーズ総合が2.11%安となり、続落した。米ハイテク株安が重しに なったほか、午後には「中小型株も見送りムードが強まった」(国内証券)との声が聞か れた。 値がさのメルカリや、フリー、ウェルスナビ、そーせいグ ループの下げが重しになった。一方、ロコンド、ティーケーピー<3479. T>、オキサイドはしっかりだった。 <13:30> 日経平均は下げ幅縮小、ファーストリテが上値伸ばす 日経平均は、後場に前引け時点より下げ幅を縮めて始まった後も、徐々に下げ幅を縮 小...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、ファーストリテが上値伸ばす

<13:30> 日経平均は下げ幅縮小、ファーストリテが上値伸ばす 日経平均は、後場に前引け時点より下げ幅を縮めて始まった後も、徐々に下げ幅を縮 小している。前日に好決算を発表したファーストリテイリングが後場も上値を伸 ばしており、指数の持ち直しをけん引。日経平均へのプラス寄与は1銘柄で約190円と なっている。 東証プライム市場の騰落数は、値上がりが473銘柄(25%)で、前引け時点から 増えている。値下がりは1296銘柄(70%)、変わらずは68銘柄(3%)。 東証33業種では、値下がりは精密機器や電気機器、金属製品など25業種の一方...

〔マーケットアイ〕株式:後場入りも日経平均は弱もちあい、2万7000円前後の展開

<12:40> 後場入りも日経平均は弱もちあい、2万7000円前後の展開 後場に入ってからも日経平均は弱もちあいとなっている。2万7000円前後での展 開。押し目では買いが入るものの「米株市場が休場の週末とあって、新たなポジションが 取りにくい。模様眺めムードに支配されている」(国内証券)という。引き続き手掛かり 材料難となっている。 <11:40> 前場の日経平均は反落、イースターの海外市場休場で模様眺め 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比176円14銭安の2万6995円8 6銭と、反落した。前日の米株安が嫌気されたほか、イースター...

午前の日経平均は反落、イースターの海外市場休場で模様眺め

15日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比176円14銭安の2万6995円86銭と、反落した。前日の米株安が嫌気されたほか、イースターで海外市場が休場となることから、模様眺めムードになった。日経平均は、5日、25日の両移動平均線との攻防となり、チャート上では重要な局面を迎えている。

LNG輸入団体、調達コスト軽減策を各国政府に要請

液化天然ガス(LNG)輸入企業で構成するLNG輸入者国際グループ(GIIGNL)は、各国政府に、高騰する燃料調達コストの軽減策を打ち出し、安定供給の確保に向け新たなLNG開発事業を推進するよう要請した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up