for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エイチ・アイ・エス

9603.T

現在値

2,773.00JPY

変化

-7.00(-0.25%)

出来高

925,100

本日のレンジ

2,691.00

 - 

2,818.00

52週レンジ

2,346.00

 - 

4,520.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,780.00
始値
2,737.00
出来高
925,100
3か月平均出来高
5.64
高値
2,818.00
安値
2,691.00
52週高値
4,520.00
52週安値
2,346.00
発行済株式数
57.39
時価総額
190,493.80
予想PER
--
配当利回り
1.19

次のエベント

H.I.S. Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Unizo Holdings Co Says It Opposes Tender Offer By H.I.S.

H.I.S. Co Ltd - To Launch Tender Offer For Unizo Holdings at 3,100 yen/share

Huis Ten Bosch Pulls Out Of Talks To Sell Stake To China's Fosun- Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エイチ・アイ・エスとは

エイチ・アイ・エスグループは、旅行事業、ハウステンボスグループ事業、ホテル事業、九州産交グループ事業を主な事業として行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。旅行事業において、同社グループは、旅行事業(海外旅行及び国内旅行)及びその付帯事業を行う。ハウステンボスグループ事業において、同社グループは、長崎県佐世保市及び愛知県蒲郡市においてテーマパークの所有及び運営、再生可能エネルギー等新規電源の開発、並びにその付帯事業を行う。ホテル事業において、同社グループはアメリカ、インドネシア、台湾及び日本においてホテル事業及びその付帯事業を行う。九州産交グループは、九州産業交通ホールディングスを持株会社とし、自動車運送事業、不動産賃貸業等を行う。その他、海外旅行保険を中心とした損害保険業務、客室予約システムの開発・運営及びその付帯事業も行う。

連絡先

29F, Shinjuku Oak Tower,

6-8-1, Nishishinjuku

+81.3.63880707

https://www.his.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideo Sawada

Chairman of the Board, President, Executive President, Group Chief Executive Officer, Representative Director

Tomoshi Kobayashi

Chief Financial Officer, Senior Executive Officer

Katsuhiko Sakaguchi

Chief Human Resource Officer, Managing Executive Officer, Chief Director of Main Office Human Resources, Director

Mutsumi Gomi

Chief Information Officer, Senior Executive Officer, Director

Tatsuya Nakamori

Senior Managing Executive Officer, President of H.I.S. JAPAN, Director

統計

2.10 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.6K

2018

0.7K

2019

0.8K

2020(E)

0.9K
EPS (JPY)

2017

219.520

2018

191.300

2019

213.616

2020(E)

202.710
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
1.65
株価キャッシュフロー倍率
8.05
総負債/総資本(四半期)
257.82
長期負債/資本(四半期)
211.07
投資利益率(過去12カ月)
4.67
自己資本利益率(過去12カ月)
2.54

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は4日ぶり反落、新型肺炎拡大懸念によるアジア株安で

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株市場が休場で方向性を決定づける材料に乏しい中、香港ハンセン指数<.HSI>が大幅安で始まったことが嫌気され、日経平均は大幅に下げ幅を拡大する展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り弱気に傾斜

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り弱気に傾斜 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「中陰線」。終値が下値支持線として機能していた5 日移動平均線(2万3967円81銭=21日)を下回った。短期的な弱気形状となり、 2万4000円台の重さを再確認する格好となった。 <15:10> 新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。東 証1部の大型株の上値が重い中、個人投資家などから値動きの軽い中小型株への物色が入 ったという。 ジャスダック市場では、重松製作所...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色

<15:10> 新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。東証1部の大型株の 上値が重い中、個人投資家などから値動きの軽い中小型株への物色が入ったという。 ジャスダック市場では、重松製作所 、大日光・エンジニアリング がストップ高比例配 分。興研 も大幅高。 マザーズ市場では、エル・ティー・エス がストップ高比例配分。トランザス が大幅反 発し昨年来高値更新。ホーブ 、ロゼッタ は売られた。 <14:16> 日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動も

(14:09の記述が抜けていたため、追加して再送します) [東京 21日 ロイター] - <14:16> 日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動も 日経平均は安値圏で一進一退、2万3800円台半ばを推移している。香港ハンセン指数や上海総合指 数の下げが引き続き嫌気され、日経平均は後場でも安値の2万3847円32銭を付けた。 市場からは「アジア株の大幅な下げにより日経平均も連れ安となったが、先週の高値更新後の反動とい う部分も大きい。日経平均は2万4000円台を固めつつあったため、海外勢が売りに仕掛けやすい状況だ った」(...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、個別はコロナウイルス絡みで明暗

<14:09> 日経平均は安値圏でもみあい、個別はコロナウイルス絡みで明暗 日経平均は安値圏でもみあい、2万3800円台半ばで推移している。新型肺炎の原因となるコロナウ イルスへの懸念で、個別銘柄に明暗が出ている。 マスク関連のシキボウ 、興研 、重松製作所 、川本産業 のほか、ウイ ルス対策関連として日本エアーテック 、アゼアス 、日本アビオニクス 、マナック などが買われている。 半面、旅行需要の減少や訪日客の減少などへの思惑から、日本空港ビルデング 、エイチ・アイ ・エス 、資生堂 などが売られている。 <12:46> 日経平均は...

HISの定款変更議案、ISSが反対推奨 「企業価値毀損」懸念

エイチ・アイ・エス<9603.T>は20日、議決権行使助言会社のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)から株主総会での一部議案に反対を推奨する旨の英文リポートが発行されたことを踏まえ、指摘されるような懸念はないとの見解を発表した。

情報BOX:ユニゾ巡る動き、フォートレスがTOB期間を延長

フォートレスは1月20日、ユニゾへの公開買い付け期間を2月4日まで再び延長すると発表した。ユニゾホールディングス<3258.T>が昨年末、従業員による買収(EBO)により非公開化すると発表したことを受け、フォートレスはこれまで公開買い付け期間を今年1月20日まで延長していた。

〔情報BOX〕ユニゾ巡る動き、フォートレスが買い付け期間延長

ユニゾホールディングスの買収合戦が混迷を深めている。ユニゾは、フォートレス・インベストメント・グループと米ブラックストーンに加え、国内の投資ファンドなどとTOBを巡る協議を行っている。

情報BOX:ユニゾ巡る動き、ブラックストーンとの協議継続

ユニゾホールディングス<3258.T>の買収合戦が混迷を深めている。ユニゾは、フォートレス・インベストメント・グループと米ブラックストーンに加え、国内の投資ファンドなど計8社とTOBを巡る協議を行っている。

情報BOX:ユニゾ巡る動き、フォートレスが公開買い付けの期間延長

ユニゾホールディングス<3258.T>の買収合戦が混迷を深めている。ユニゾは、フォートレス・インベストメント・グループと米ブラックストーンに加え、国内の投資ファンドなど計8社とTOBを巡る協議を行っている。

米ブラックストーン、ユニゾからTOBの同意得られず

米ファンドのブラックストーン<BX.N>は28日、ユニゾホールディングス<3258.T>に対する16億ドルの株式公開買い付け(TOB)について同社から同意を得られなかったと発表した。

米ブラックストーン、ユニゾからTOBの同意得られず

米ファンドのブラックストーンは28日、ユニゾホールディングスに対する16億ドルの株式公開買い付け(TOB)について同社から同意を得られなかったと発表した。

ユニゾ、TOB巡り8社と協議

ユニゾホールディングス<3258.T>は24日、同社への株式公開買い付け(TOB)を巡り、これまで協議してきたフォートレスと、ブラックストーンを含む海外の投資ファンド5社に加え、日本国内の投資ファンド1社、日本国内の事業会社1社の計8社とスポンサー候補として協議していると発表した。 速やかな合意に向けて協議を継続していくとしている。

ホットストック:日本通信は大幅高、特許技術「FPoS」の商用サービス採用へ基本合意

日本通信は大幅高。午後1時40分現在、東証1部で値上がり率2位となっている。本日午前11時、同社の特許技術であるフィンテックプラットフォーム「FPoS(エフポス)」の商用サービス採用に関する基本合意を始めて締結したと発表し、材料視されている。

スカイマーク、東証に再上場を申請 15年に経営破綻

スカイマークは30日、東京証券取引所に上場申請したと発表した。申請は25日付で、今後、日本取引所自主規制法人が審査を行う。上場時期は未定。経営再建が進んだことで再上場を目指す。

訂正-〔情報BOX〕混迷深めるユニゾHDめぐる動き、2つのファンドがTOBに名乗り

ユニゾホールディングスをめぐる一連の動きが混迷を深めている。フォートレス・インベストメント・グループによるTOBに加え、米ブラックストーンもTOBに名乗りを上げたためだ。ユニゾは現時点でいずれとも協議を継続するとしている。

コラム:ユニゾ、ブラックストーンTOBは「うに」並みの美味

「うに」に手を伸ばさずにいられる日本人は少ない。しかしホテル運営のユニゾホールディングス<3258.T>は、米ブラックストーン<BX.N>がアーチン(うに)・ホールディングスという名の特別法人を通じて示した16億ドル(約1740億円)の株式公開買い付け(TOB)提案に抵抗している。よだれが出そうな条件だけに驚きだ。

ホットストック:ユニゾHDは買い気配、米ブラックストーンが1株5000円でTOBの意向

ユニゾホールディングスは買い気配。投資ファンドのブラックストーンは15日、ユニゾHDに対して株式公開買い付け(TOB)を検討していると発表。ユニゾが23日までに同意することを条件に1株5000円でTOBを開始する。このTOB価格を意識する形で買いが先行した。

米ブラックストーン、ユニゾにTOBの意向 1株5000円

米投資ファンドのブラックストーンは15日、ユニゾホールディングス<3258.T>に対して株式公開買い付け(TOB)を検討していると発表した。ユニゾが23日までに同意することを条件に1株5000円でTOBを開始する。一方、ユニゾの同意が得られない場合、TOB実施の可否を含めたあらゆる選択肢を検討するとしている。

ユニゾに筆頭株主エリオットが質問状、TOB巡り情報の透明性求め

米ヘッジファンドのエリオットアドバイザーズリミテッドは9日、同社が筆頭株主のユニゾホールディングス<3258.T>の取締役会に対して質問事項を記載した書簡を送付したと発表した。ユニゾからの開示内容の欠落や利益相反のおそれに重大な懸念を抱いているとし、情報の透明性を求めた。 ユニゾを巡っては、エイチ・アイ・エス(H.I.S)<9603.T>が敵対的な株式公開買付(TOB)を仕掛けたが、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループがユニゾのホワイトナイトとしてTOBに乗り出し、H.I.SはTOBを断念した。 ところが9月27日に...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up