for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エイチ・アイ・エス

9603.T

前日終値

2,794.00JPY

変化

16.00(+0.58%)

出来高

264,300

本日のレンジ

2,792.00

 - 

2,818.00

52週レンジ

2,346.00

 - 

4,520.00

As of on the Tokyo Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
2,778.00
始値
2,802.00
出来高
264,300
3か月平均出来高
12.67
高値
2,818.00
安値
2,792.00
52週高値
4,520.00
52週安値
2,346.00
発行済株式数
57.37
時価総額
188,575.10
予想PER
14.21
配当利回り
1.05

次のエベント

Dividend For 9603.T - 30.0000 JPY

適時開示

その他

Unizo Holdings Co Says It Opposes Tender Offer By H.I.S.

H.I.S. Co Ltd - To Launch Tender Offer For Unizo Holdings at 3,100 yen/share

Huis Ten Bosch Pulls Out Of Talks To Sell Stake To China's Fosun- Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エイチ・アイ・エスとは

エイチ・アイ・エスグループは、旅行事業、ハウステンボスグループ事業、ホテル事業、九州産交グループ事業を主な事業として行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。旅行事業において、同社グループは、旅行事業(海外旅行及び国内旅行)及びその付帯事業を行う。ハウステンボスグループ事業において、同社グループは、長崎県佐世保市及び愛知県蒲郡市においてテーマパークの所有及び運営、再生可能エネルギー等新規電源の開発、並びにその付帯事業を行う。ホテル事業において、同社グループはアメリカ、インドネシア、台湾及び日本においてホテル事業及びその付帯事業を行う。九州産交グループは、九州産業交通ホールディングスを持株会社とし、自動車運送事業、不動産賃貸業等を行う。その他、海外旅行保険を中心とした損害保険業務、客室予約システムの開発・運営及びその付帯事業も行う。

業種

Personal Services

連絡先

29F, Shinjuku Oak Tower,

6-8-1, Nishishinjuku

+81.3.63880707

https://www.his.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideo Sawada

Chairman of the Board, President, Executive President, Group Chief Executive Officer, Representative Director

Tomoshi Kobayashi

Chief Financial Officer, Senior Executive Officer

Katsuhiko Sakaguchi

Chief Human Resource Officer, Managing Executive Officer, Chief Director of Main Office Human Resources, Director

Mutsumi Gomi

Chief Information Officer, Senior Executive Officer, Director

Tatsuya Nakamori

Senior Managing Executive Officer, President of H.I.S. JAPAN, Director

統計

2.10 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2016

0.5K

2017

0.6K

2018

0.7K

2019(E)

0.8K
EPS (JPY)

2016

4.250

2017

219.520

2018

191.300

2019(E)

193.649
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
1.68
株価キャッシュフロー倍率
9.16
総負債/総資本(四半期)
289.21
長期負債/資本(四半期)
211.14
投資利益率(過去12カ月)
4.96
自己資本利益率(過去12カ月)
2.65

最新ニュース

ホットストック:H.I.S.は続伸、ユニゾHDの争奪戦から撤退方針との報道

エイチ・アイ・エスは続伸。同社がユニゾホールディングスの争奪戦から撤退する方針を固めたと日経ビジネス電子版が報じ、材料視されている。市場では「当初から両社の相乗効果に疑問があった。争奪戦の結果、高い買い物になるよりはいいのではないか」(国内証券)との声が出ている。

ユニゾにフォートレスが友好的TOB、1株4000円 HISに対抗

ホテル運営のユニゾホールディングス<3258.T>は16日、ソフトバンクグループ<9984.T>の連結子会社である投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが関係会社を通じ、株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け価格は1株4000円で、買い付け予定株数は最大100%。

ユニゾHDにフォートレスがTOB、1株4000円 HISに対抗

ユニゾホールディングスは16日、ソフトバンクグループの連結子会社である投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが関係会社を通じ、株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け価格は1株4000円で、買い付け予定株数は最大100%。

ユニゾHD、TOBで候補者と協議中 きょう特別委員会・取締役会

ユニゾホールディングス<3258.T>は16日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)に関する報道を受け、候補者と協議を行っており、きょう特別委員会・取締役会を開催する予定と発表した。

ホットストック:ユニゾが買い気配、HISへの対抗策で思惑

ユニゾホールディングスが売買再開後、買い気配となっている。日本経済新聞電子版は16日、エイチ・アイ・エスから敵対的株式公開買い付け(TOB)を受けているユニゾホールディングスが、対抗案を検討していると報じ、材料視されている。

ユニゾHD、TOBに反対 HIS「誠に遺憾」

ユニゾホールディングス<3258.T>は6日、エイチ・アイ・エス <9603.T>による株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決めたと発表した。HISによるTOBは事前の連絡がなく一方的に始められたもので、事業上のシナジー効果が見込めないほか、ユニゾHDの企業価値を毀損する恐れがあるとしている。買い付け価格(3100円)も企業価値に照らして不十分と判断している。

ユニゾHD、HISによるTOBに反対

ユニゾホールディングスは6日、エイチ・アイ・エスによる株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決めたと発表した。HISによるTOBは事前の連絡がなく一方的に始められたもので、事業上のシナジー効果が見込めないほか、ユニゾHDの企業価値を毀損する恐れがあるとしている。買い付け価格(3100円)も企業価値に照らして不十分と判断している。 HISはTOBを7月11日に開始していた。

ユニゾHD株、エリオットが5%超取得=大量保有報告書

ヘッジファンドのエリオット・マネジメントが、ユニゾホールディングス<3258.T>株の5.51%を取得したことが6日、大量保有報告書でわかった。

ユニゾ、HISによる公開買い付けへの意見表明を留保

ユニゾホールディングス<3258.T>は23日、エイチ・アイ・エス(HIS)<9603.T>の公開買い付けに関する意見表明を留保すると発表した。引き続き、情報収集や評価を行い、速やかに意見表明するという。

H.I.S.、ユニゾHD株をTOB 1株3100円

エイチ・アイ・エスは10日、ユニゾホールディングスに対し公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。ユニゾの普通株式45%を上限に、1株3100円で買い付ける。買い付け期間は7月11日から8月23日まで。

HIS、ハウステンボスへの中国企業出資受け入れ検討を中止

エイチ・アイ・エス(HIS)は12日、子会社のハウステンボスへの中国企業からの出資受け入れについて、検討を中止するとの見解を表明した。

ホットストック:長崎関連株がしっかり、ローマ法王が11月に訪日へ

長崎県にあるテーマパーク「ハウステンボス」を運営するエイチ・アイ・エスがしっかり。業種別指数の下落率で陸運がトップとなる中、JR九州が一時プラス圏。外食チェーン「長崎ちゃんぽん」を展開するリンガーハットが底堅い。

ホットストック:エイチ・アイ・エスが続伸、19年10月期は営業益11%増を予想

エイチ・アイ・エスが続伸。11日に発表した2019年10月期業績予想で連結営業利益が前年同期比11%増の200億円と前期に続き増益を見込んでいることが好感された。大型連休での旅行需要増加やハウステンボスの好調持続などを見込んでいる。

ホットストック:SFJが小じっかり、「潜伏キリシタン」が世界遺産に登録

スターフライヤーが小じっかり。共同通信によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会は30日、江戸時代以降のキリスト教禁制と独自信仰の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界文化遺産に登録すると決定した。九州西部地方への観光客の増加が期待される中、旅客需要増の思惑が株価の下支え要因となっているようだ。

ホットストック:H.I.S.が続落、11―4月の純減益を嫌気

エイチ・アイ・エスが続落。2017年11月─2018年4月の連結純利益が前年同期比31.3%減の35億5500万円だったと31日に発表し、売りが先行した。アジア各国における旧正月の訪日客増加の影響などで売上高は過去最高となったが、為替差損約13億円が重しとなった。

ホットストック:H.I.S.が反発、18年10月期純利益予想を上方修正

エイチ・アイ・エスが4日ぶり反発。同社は19日、2018年10月期の純利益予想を118億円に上方修正(従来予想は100億円)した。前期実績(132億5900万円)比では11.0%の減益。連結子会社のウォーターマークホテル・ジャパンが所有不動産を売却し固定資産売却益が発生する見込み。

31日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

31日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本製罐 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.09%にあたる1万5 000株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1 日から2018年2月28日。 ・旭硝子 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.2%にあたる500万株 、取得総額150億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日から20 18年1月19日。 ・ソフト99コーポレーション 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.3 0%にあたる7万株、...

ホットストック:カジノ関連株が弱含み、IR実施法案の提出先送りとの報道

セガサミーホールディングス、グローリーが軟調。カジノ関連銘柄が弱含んでいる。政府がカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の実施法案の提出を来年の通常国会に先送りする公算となったことが19日、政府・与党関係者への取材で分かったと共同通信が報じた。

ホットストック:HISが買い気配、11―7月期は増収増益

エイチ・アイ・エス(HIS)が買い気配で始まっている。25日に発表した2016年11月―17年7月期決算で、連結売上高が前年同期比11.8%増の4151億円、連結経常利益が同5.3倍の123億円と増収増益だったことが好感された。旅行事業が売上を伸ばしたほか、ハウステンボス、ホテル事業などが利益増に寄与した。

東京株式市場・大引け=4日続落、北朝鮮情勢の警戒重荷 売買代金2カ月ぶり低水準

日経平均 終値      19393.13 -77.28 寄り付き    19509.53 安値/高値   19365.65─19509.53 TOPIX 終値       1595.19 -2.17 寄り付き     1601.02 安値/高値    1592.28─1601.02 東証出来高(万株) 140690 東証売買代金(億円 17534.75 ) 東京株式市場で日経平均は4日続落。1万9300円台で取引を終了し、終値は5月 1日以来の安値水準を付けた。朝方は円高一服を支援材料に自律反発的な買いが先行した ものの、北朝鮮情勢などへの...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up