for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東映株式会社

9605.T

現在値

17,000.00JPY

変化

180.00(+1.07%)

出来高

4,300

本日のレンジ

16,730.00

 - 

17,020.00

52週レンジ

16,100.00

 - 

20,140.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16,820.00
始値
16,730.00
出来高
4,300
3か月平均出来高
0.40
高値
17,020.00
安値
16,730.00
52週高値
20,140.00
52週安値
16,100.00
発行済株式数
12.38
時価総額
248,413.00
予想PER
13.34
配当利回り
0.36

次のエベント

Q3 2023 Toei Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Toei Co likely saw pretax profit climb 5 pct for April-Dec period - nikkei

Toei to merge Japan-based unit

Toei raises year-end dividend forecast for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東映株式会社とは

東映グループは映像関連事業等を行う。【事業内容】5つの事業セグメントにより構成される。映像関連事業は映画事業、ビデオ事業、テレビ事業、コンテンツ事業、その他で構成される。映画事業では劇場用映画の製作・配給及び劇場用映画等のポストプロダクション並びにアーカイブ事業を行う。ビデオ事業ではデジタル多用途ディスク(DVD)・ブルーレイディスクの製作販売等を行う。テレビ事業ではテレビ映画の製作・配給及びこれらのテレビ映画に登場するキャラクターの商品化権許諾等を行う。コンテンツ事業では映像版権に関する許諾等を行う。そのほか、劇場用映画等の輸出入、教育映像の製作配給等、広告代理業、テレビコマーシャルの制作等を行う。興行関連事業は、直営劇場とシネマコンプレックスの経営を行う。催事関連事業は、作品に登場するキャラクターショーと文化催事の企画・運営及び東映太秦映画村の運営を行う。観光不動産事業は、賃貸施設等の賃貸及びホテルの経営を行う。建築内装事業は、建築工事及び室内装飾請負等を行う。

業種

Motion Pictures

連絡先

3-2-17, Ginza

CHUO-KU, TKY

104-8108

Japan

+81.3.35354641

https://www.toei.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Noriyuki Tada

Chairman of the Board, Representative Director

Osamu Tezuka

President, Chief Director of Video, Representative Director

Fumio Yoshimura

Managing Director, Director of Content Planning & Sales

Koichi Wada

Managing Director, Director of Accounting

Shinichiro Shirakura

Director of Television 2nd Sales, Director

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.2K
EPS (JPY)

2020

902.727

2021

583.760

2022

723.310

2023(E)

1,260.933
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.71
株価純資産倍率(四半期)
0.99
株価キャッシュフロー倍率
9.03
総負債/総資本(四半期)
8.42
長期負債/資本(四半期)
6.97
投資利益率(過去12カ月)
10.05
自己資本利益率(過去12カ月)
6.84

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、一目均衡表の雲を下抜け

<15:26> 日経平均・日足は「大陰線」、一目均衡表の雲を下抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」となり、極めて弱気な相場を示してい る。終値は2万6568円03銭。 一目均衡表ではローソク足が雲を下抜けしたほか、5日移動平均線(2万7508円 14銭=20日)や25日線(2万7877円80銭=同)など主要な移動平均線が角度 を付けて下を向いている。目先の日経平均は下落基調が続くと見込まれ、軟調な地合いと なりそうだ。 <15:08> 新興株はマザーズが4日続落、金利上昇への警戒感で売り加速 新興株式市場はマザーズ総合が前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続落、金利上昇への警戒感で売り加速

<15:08> 新興株はマザーズが4日続落、金利上昇への警戒感で売り加速 新興株式市場はマザーズ総合が前営業日比4.71%安の726.83ポイントと大 幅に下落した。東証グロース市場指数は同4.58%安の921.90ポイントだった。 日銀が金融政策決定会合で長期金利の許容変動幅拡大を決定し、「先々の金利上昇への警 戒感からグロース(成長)株の売りが加速したようだ」(国内証券・ストラテジスト)と いう。 個別では、サスメド、property technologies<5527. T>がストップ安、ディー・ディー・エスが大幅安となった。 半面...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、値がさ株一段安 金融株は堅調

<13:56> 日経平均は下げ幅拡大、値がさ株一段安 金融株は堅調 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約700円安の2万6500円台前半で推移 している。値がさ株や半導体関連株の売り圧力が一段と強まり、指数を押し下げている。 日銀の金融政策決定会合を受けて政策正常化が市場で意識され、幅広く売りが先行。市場 関係者からは「将来的な金利上昇による設備投資抑制の懸念や円高進行で、特に高PER (株価収益率)銘柄が売られている」(国内証券・投資メディア部長)との声が聞かれた 。 一方、銀行株や保険株は堅調に推移している。金利上昇で銀行の利ざや...

日経平均は大幅下落、600円超下落 日銀が事実上の利上げ

日経平均は後場に入り大幅に下落している。日銀が大規模緩和を修正すると発表し、事実上の利上げとなることを投資家が嫌気した。前場引けに比べて、一時600円超の下落となった。長期金利の変動許容幅は従来の0.25%から0.5%に拡大することから、銀行業が大幅に買われている。

午前の日経平均は小反発、自律反発期待 日銀総裁会見に関心

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比77円90銭高の2万7315円54銭と、小幅に反発した。前日までの続落を受け、自律反発を期待した買いが先行した。一方、米景気懸念がくすぶるほか、日銀の金融政策決定会合の結果発表と総裁会見を前にした手控えムードもあり、株価は伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、200日線を意識した値動きに

<10:35> 日経平均は上げ幅拡大、200日線を意識した値動きに 日経平均は、上げ幅を拡大している。前日までの3営業日で900円超下落しており 、自律反発期待の買いが断続的に入った。一時100円高に上昇した。 市場では、2万7250円付近を通る200日移動平均線を意識した値動きになって いるとの声が聞かれる。前日は終値でわずかに下回ったが「大きな手掛かりでもなければ 明確な下放れは想定しにくい」(国内証券のストラテジスト)との見方もあり、同水準で は押し目買いが支えになっているとみられる。 前日の米国市場では景気後退懸念が継続して株安...

寄り付きの日経平均は小幅反発、自律反発期待の買いが先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比19円71銭高の2万7257円35銭と、小幅に反発してスタートした。前日の米国株は下落したが、日経平均は前日まで続落しており自律反発期待の買いが先行した。一時マイナスに転じたが、足元では小高い水準での値動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日本化薬は買い優勢 文化シヤッターは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、日本化薬は買い優勢 文化シヤッターは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 日本化薬 25% 1,482 1,48 1,482 1,18 2 2 2 ジェイテックコーポレーション <34 23% 3,693 3,69 3,695 3,00 46.T> 0 0 3 丸全昭和運輸 23% 3,775 3,77 3,775 3,07 5 5 4 極東開発工業 22% 1,666...

ホットストック:東映が逆行高、見通し上方修正 映画「ワンピース」がヒット

東映が逆行高となっている。同社は11日、2023年3月期の連結営業利益予想を前期比77%増の316億円(従来予想は28%増の229億円)に上方修正しており、手掛かりになった。営業利益予想はIBESがまとめたアナリスト3人の営業利益予想234億円を上回った。株価は一時、前営業日比で2%超高となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け

<15:43> 日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「陽の大引け坊主」の「大陽線」となった。終 値は2万9222円77銭。買い手の心理としては、強い上昇期待感を示している。 25日移動平均線(2万7772円45銭=17日)が200日線(2万7546円 98銭=同)を下から上に抜けて、「ゴールデンクロス」となっており、目先の相場の上 昇も期待される。短期的には、年初来高値(2万9388円16銭)を超えられるかが注 目されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発

<15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発 新興株式市場では、マザーズ総合が1.56%高の761.92ポイントと4日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比1.56%高の968.88ポイントで取引を 終えた。今後、米国のインフレや金融引き締めが落ち着くとの思惑から、中小型のグロー ス(成長)株にも買いが入った。 市場では「台湾有事など目先の米中対立激化のリスクを意識して、内需型のグロース 株を組み入れる機関投資家の動きもあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、窪田製薬ホールディングス、プレイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ

<14:23> 日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ 日経平均は後場も堅調に推移しており、日中高値を更新した。値がさ株が引き続き堅 調で、相場を押し上げている。米国のインフレや金融引き締めが今後は落ち着くとの思惑 から、グロース株の買い戻しも活発になっている。個別では、メルカリ、マネー フォワードなどがしっかり。 日経平均は2万9000円台をしっかり維持しており、底堅さがみられる。目先は年 初来高値の2万9388円16銭を超えられるかが注目され、「同水準を上抜ければ3万 円トライも視野に入る」(国内運用会社)との声が聞かれた。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円超高、ファーストリテが後場一段高

<13:05> 日経平均は300円超高、ファーストリテが後場一段高 日経平均は、後場入り後もしっかりと推移して一時300円超高となった。ファース トリテイリングが後場に一段高となり、指数の押し上げに寄与した。 きょうは7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表が予定されている 。米連邦準備理事会(FRB)高官らは先行きの利上げについて「データ次第」と繰り返 しており「市場の関心は普段より薄い」(国内証券)という。 一方、経済指標として7月米小売売上高も発表される予定で「FRB高官の言うとこ ろのデータとなり、材料視される可能性...

午前の日経平均は反発、好地合い継続し2万9000円を回復 7カ月半ぶり

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比232円42銭高の2万9101円33銭と反発した。米国の金融引き締めに対する過度な懸念からのセンチメント改善が継続し、2万9000円の大台を7カ月半ぶりに回復した。TOPIXも一時、7カ月ぶりに2000ポイントを回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、過熱感を警戒 下値の堅さも

<10:58> 日経平均は伸び悩み、過熱感を警戒 下値の堅さも 日経平均は2万9100円付近で伸び悩んでいる。過去3営業日で1000円超上昇 し、過熱感が意識される中、「もう一段高はなかなか厳しい。スピード調整も警戒される ところ」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、好地合い継続への思惑も根強い。「年初来高値(1月5日、2万9388円1 6銭)を狙う動き。板が薄い中、先物でまとまった買いが入ると値が飛びやすい」(別の 国内証券)との見方もある。 幅広く物色され、東証プライム市場の値上がり銘柄は74%となっている。値下がり は20%。東証...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調を持続、TOPIXが1月以来の2000ポイント回復

<10:05> 日経平均は堅調を持続、TOPIXが1月以来の2000ポイント回復 日経平均は堅調を持続。米国の過度な金融引き締めに対する不安後退から、センチメ ントの改善が顕著となっており、2万9000円を回復した後も上値追いの展開となって いる。一方、TOPIXもしっかり。立ち会い時間中としては1月18日以来の2000 ポイント回復となった。 市場では「ナスダック安からグロース株はやや弱さが感じられ、物色面ではグロース 株が優勢となっている」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、ファーストリテイリングが連日の年初来高値更新。中国四川省成...

寄り付きの日経平均は反発、好地合い引き継ぎ2万9000円を回復

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比83円74銭高の2万8952円65銭と、反発してスタート。前日までの好地合いを引き継ぐ形で、その後1月6日以来となる2万9000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ハイマックスは買い優勢 ニッコンは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、ハイマックスは買い優勢 ニッコンは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 ハイマックス 22% 1,660 1,660 1,660 1,360 2 アイスタイル 21% 453 453 453 373 3 ヤクルト本社 18% 9,940 9,940 9,940 8,440 4 東名 8% 1,083 1,083 1,083 1,007 5 河合楽器製作所 5% 2,887...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線が視界に

   <15:25> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線が視界に 日経平均・日足はマドを開けて、上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は 2万7761円57銭。ボリンジャーバンドの2シグマを上抜けてきた。5日移動平均線 (2万7456円51銭=3日)が下値支持線として働いているほか、3月に上値を止め られた200日移動平均線(2万7940円22銭=同)に再び接近してきている。 <15:45> 新興株はマザーズ総合が反発、メルカリが小幅高 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比9.83ポイント高の670.37ポイ ントと反発した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反発、メルカリが小幅高

   <15:45> 新興株はマザーズ総合が反発、メルカリが小幅高 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比9.83ポイント高の670.37ポイ ントと反発した。市場では「個人投資家の売りも一巡したようだ。値動きの良い個別株を 拾う動きが出始めている」(国内証券)との声が聞かれた。 前日、大幅安となったメルカリが小幅ながら反発。そのほか個別では、キャ ンバスやリボミックが高い。一方、トリプルアイズやログ リーが売られた。 <13:10> 日経平均は高値もみあい継続、米雇用統計への警戒感が重しに 日経平均は後場も高値もみあいを継続している...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up