for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KNT-CTホールディングス株式会社

9726.T

現在値

1,632.00JPY

変化

-16.00(-0.97%)

出来高

57,200

本日のレンジ

1,614.00

 - 

1,648.00

52週レンジ

1,231.00

 - 

2,047.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,648.00
始値
1,648.00
出来高
57,200
3か月平均出来高
2.62
高値
1,648.00
安値
1,614.00
52週高値
2,047.00
52週安値
1,231.00
発行済株式数
27.32
時価総額
44,713.54
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2023 KNT-CT Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

KNT-CT Holdings to set up new units to take over travel related business from units

KNT-CT Holdings to set up new units to take over travel business from two other units

KNT-CT Holdings names new president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KNT-CTホールディングス株式会社とは

KNT-CTホールディングスは、主に個人旅行事業、団体旅行事業等を行う。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。個人旅行事業は、国内企画旅行「メイト」、海外企画旅行「ホリデイ」ブランドの旅行商品の企画販売を行う。また、JR券、国内・海外航空券、宿泊券等の販売を行う。団体旅行事業は、主に企業、学校、官公庁、自治体、公益法人などを顧客とする国内・海外の団体旅行を中心として、旅行商品の企画販売を行う。その他、北海道、東北、中国四国、九州、沖縄等の各地域において、国内・海外の団体旅行ならびに個人旅行商品の企画販売を行う。また、海外航空券の卸売業等を行う。

業種

Personal Services

連絡先

Shinjuku Sumitomo Bldg.

2-6-1, Nishi-Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

163-0239

Japan

+81.3.53258513

https://www.kntcthd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akimasa Yoneda

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Yoshinobu Koyama

Senior Managing Director, Manager of President's Office, Representative Director

Sadayuki Miyake

Senior Managing Director, Representative Director

Shinichi Nishimoto

Managing Director

Shuichi Uryu

Managing Director, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
12.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
11.84
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
12.85
自己資本利益率(過去12カ月)
2.85

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る

  <15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 日経平均・日足は上に長く下に短いヒゲを伴う「上影陰線」の形の「小陰線」だった 。買い手の心理としては失望感を示している。終値は2万7930円57銭。ローソク足 は5日移動平均線(2万8035円22銭=17日)を下回り、弱気相場を暗示している 。 主要な短期の移動平均線は依然として上を向いているものの、75日線(2万763 8円17銭=同)、200日線(2万7156円24銭=同)はいずれも横ばいに転じて いる。目先の日経平均は節目の2万8000円の攻防となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.13%安の790.39ポイントと 小幅に反落した。東証グロース市場指数は同0.12%安の1003.68ポイントだっ た。新規IPO銘柄での利益確定売りが重しとなった。一方、米長期金利の低下を好感し てグロース(成長)株は底堅く推移した。 個別では、坪田ラボ、pluszeroがストップ高で取引を終え たほか、マイクロ波化学が堅調に推移した。 半面、POPER、ジーエヌアイグループ、リンカーズは さえない。 <13:56> 後場の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄

<13:56> 後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約110円安の2万 7900円台前半で推移している。前場に続き半導体関連株が軟調で相場の重しとなって いる一方、リオープン(経済再開)関連銘柄はしっかり。 市場は「米物価統計の公表を経て次の材料を待っている状況」(国内証券・ストラテ ジスト)で、目先の日経平均は節目の2万8000円を挟んで一進一退の値動きが続きや すいという。 東証33業種では、陸運業、空運業、不動産業など21業種が値上がり。非鉄金属、 電気機器、卸売業...

午前の日経平均は反落、米株安が重しに 年末商戦への警戒くすぶる

17日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比112円72銭安の2万7915円58銭と反落した。米小売大手が見通しを引き下げ、年末商戦期を前に小売業界を巡る懸念が高まって米国市場で株安となったことが重しとなった。米ハイテク株安を受けて、半導体関連株は軟調だった。

ホットストック:旅行関連株が軟調、エアトリ4%安 新型コロナ感染者数増加を嫌気

旅行関連株がさえない。エアトリが4%安、エイチ・アイ・エスが3%安、KNT─CTホールディングスが2%安で推移している。エアトリは午前9時59分現在、東証プライム市場の値下がり率上位に入っている。国内の新型コロナウイルスの新規感染者数の増加が嫌気され、売りが優勢となっている。

日経平均は3日続伸、グロース株が上昇けん引 利益確定売りも

東京株式市場で日経平均は、前営業日比327円36銭高の2万8542円11銭と、3日続伸して取引を終えた。前週末の米株高を好感し、物色が広がった。グロース(成長)株の上昇が目立ち、値がさ株の上げが指数押し上昇に寄与した。急ピッチな上昇への警戒感もあり、利益確定売りが上値を抑えた。

近ツー親会社、上場廃止の猶予期間銘柄から解除 債務超過解消で

近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT─CTホールディングスは14日、東証指定の上場廃止にかかる猶予期間入り銘柄から解除されたと発表した。同日に関東財務局に提出した有価証券報告書で、2022年3月末で債務超過を解消したことが確認された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、200日線に急接近

<16:00> 日経平均・日足は「中陽線」、200日線に急接近 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7915円 89銭と200日移動平均線(2万7940円26銭=6日)を上回らなかったものの、 取引時間中には上抜ける場面もみられ、急接近の展開となった。 市場では「日本株は売り疲れており、下値抵抗力が強い。週明けの米株次第では2万 8000円が視野に入る」(国内証券)との声が聞かれた。 <15:40> 新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.77ポイント高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡

<15:40> 新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.77ポイント高(0.86%)の6 76.14ポイントと続伸した。市場では「時価総額上位銘柄を中心に買い戻しがみられ る。海外投資家の売りが一巡したようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、メルカリ、メドレー、ウェルスナビなどがしっ かり。Appier Group、BASEはさえなかった。 <14:35> 日経平均は2万8000円手前で伸び悩み、材料不足との声 日経平均は前営業日比200円ほど高い2万7900円台半ばでもみあい...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万8000円手前で伸び悩み、材料不足との声

<14:35> 日経平均は2万8000円手前で伸 び悩み、材料不足との声 日経平均は前営業日比200円ほど高い2万7900円台半ばでもみあい。前場の水 準からは上げ幅を拡大しているものの、心理的節目の2万8000円手前では利益確定売 りに押される展開となっている。 市場では「2万8000円を超えるにはまだ材料不足。今週は米CPIが発表される ため、上値が重くなりやすい」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆7225億8900万円。 東証33業種では、石油・石炭製品、空運業、陸運業などの23業種...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一段高、米株先物が上げ幅拡大 上海株も堅調

<13:02> 日経平均は一段高、米株先物が上げ幅拡大 上海株も堅調 後場の日経平均は、前引け時点に比べ一段高となっている。市場では「時間外取引の 米株先物や上海株が堅調で、投資家心理を支えている」(国内運用会社)とみられている 。 米株先物は朝方から徐々に上げ幅を拡大している。経済指標発表があった中国では上 海株がしっかりと推移している。 財新が6日発表した5月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は41. 4と前月の36.2から上昇した。ただ、景況改善・悪化の分岐点となる50は3カ月連 続で下回った。 <11:45> 前場の...

日経平均は続伸、グロース株が持ち直し 朝安後プラスに転換

6日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比82円69銭高の2万7844円26銭と続伸した。前週末の米株安を受けて朝方は軟調だったが、グロース(成長)株が持ち直す中でプラスに転じた。為替の円安基調や経済再開(リオープン)への思惑が相場を支援した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅にプラス転換、グロース株が持ち直し

<10:58> 日経平均は小幅にプラス転換、グロース株が持ち直し 日経平均は小幅プラスに転換した。TOPIXグロース指数が朝方より下げ幅を縮め ている。市場では「時間外取引の米株先物が小じっかりとなり、相場を支援している」( 国内証券)との声が聞かれる。 東京エレクトロンがプラスに転じるなど、値がさの半導体製造装置関連株の 持ち直しが目立つ。 一方、米利上げの影響を受けにくい内需株は、政府内でGoToトラベルを再開する 案が浮上しているとの報道もあって押し目買いが支援しているという。KNT─CTホー ルディングスは2%超高。 東証33業種...

ホットストック:旅行関連や空運が高い、「GoTo」への首相の前向き姿勢を好感

エイチ・アイ・エスなどの旅行関連やANAホールディングスなどの空運株が大幅高となっている。岸田文雄首相が政府の観光支援事業「GoToトラベル」の再開に前向きな考えを示したと伝わったことが好感されている。午前9時15分時点でHISは9%超高、ANAHDは3%超高。

ホットストック:旅行関連銘柄はしっかり、米株市場の流れ引き継ぐ

旅行関連など、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きかったリオープン(経済再開)銘柄はしっかり。日本航空、ANAホールディングスは2%超高となり空運業は東証33業種で値上がり率トップとなっている。旅行比較サイトなどを運営するオープンドア、エアトリも大幅高。旅行代理店のエイチ・アイ・エス、KNT─CTホールディングスは2%超高での推移となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:15> 日経平均・日足は「中陽線」、高値 引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「中陽線」。後場に上げ幅を拡大し高値引けと なり、形状は上昇期待感を示す「陽の大引け坊主」となった。終値(2万8029円57 銭=3日)は8営業日ぶりに5日移動平均線を回復し、来週以降はしっかりとした展開が 期待できそうだ。 <16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動 上値は重い

<16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過 ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値は重い。来週からはIPO ラッシュが始まり需給悪化が懸念されるため、楽観視はできない」(国内証券)との声が 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.95%高。GRCS 、プレミアアンチエイジ ング 、GMOフィナンシャルゲート などが買われたほか、サイエンスア ーツ はストップ高比例配分となった。リボミック 、JTOWER<4485...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行

<14:16> 日経平均は上げ幅を拡大、一時200円超高 値ごろ感で買い先行 日経平均は上げ幅を拡大し、一時216円95銭高の2万7970円32銭できょう の高値を付けた。オミクロン株が南アフリカで確認されたと伝わった前週末26日から前 日3日までの5営業日で、日経平均は1700円以上下落したこともあり、値ごろ感から 買いが先行する展開となっている。 市場では「特段な材料があるわけではないが、前場で2万7000円台での値固めを 確認してから、自律反発狙いの買いの勢いが増している」(運用会社)との声が聞かれる 。ただ、週末ということもあり...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも

<12:40> 日経平均は一進一退を継続、米雇用統計を前に模様眺めも 日経平均は、前日終値を挟んだ一進一退を継続している。後場は、前引け時点より高 く始まり、一時プラス圏に再浮上した。 オミクロン株への警戒感が根強い中、米金融政策の先行きを見通す上で重要となる米 雇用統計の発表を控えており、午後は投資家の様子見姿勢が強まりやすいとみられている 。 米雇用統計を巡っては「市場予想から大きく乖離しないことが株式相場の安定にとっ て重要」(国内証券)とされる。市場予想より弱すぎれば、経済が弱いとしてネガティブ な反応になりやすく、強すぎればインフレ...

前場の日経平均は続落、値がさ株の下げが重し

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比61円03銭安の2万7692円34銭となり、続落した。朝方は米株高を好感して高く始まったが、値がさ株の下落が重しになり、その後は前日終値を挟んだ一進一退となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up