for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セコム株式会社

9735.T

前日終値

9,951.00JPY

変化

54.00(+0.55%)

出来高

249,300

本日のレンジ

9,890.00

 - 

10,015.00

52週レンジ

8,149.00

 - 

10,015.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,897.00
始値
9,950.00
出来高
249,300
3か月平均出来高
11.67
高値
10,015.00
安値
9,890.00
52週高値
10,015.00
52週安値
8,149.00
発行済株式数
218.26
時価総額
2,308,911.00
予想PER
24.97
配当利回り
1.67

次のエベント

Q2 2020 Secom Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Secom Co Exec Ichiro Ozeki To Become President Effective June 26

TES signs contract worth 4.11 bln won

Tes signs contract worth 2.67 bln won

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セコム株式会社とは

セコムグループは、主にセキュリティサービスの提供を行う。【事業内容】同社は6つの事業セグメントで構成される。セキュリティサービス事業は、事業所向け及び家庭向けのセントラライズドシステム(オンライン・セキュリティシステム)を中心に総合的なセキュリティサービスを提供する。防災事業は、オフィスビル、プラント、トンネル、文化財、船舶、住宅等の施設に自動火災報知設備や消火設備等の防災システムを提供する。メディカルサービス事業は、訪問看護サービス及び薬剤提供サービス等の在宅医療サービスを中心として、シニアレジデンスの運営、電子カルテ、医療機関向けの不動産の賃貸事業、医療機器等の販売等のメディカルサービスを提供する。保険事業は、セキュリティシステム導入によるリスク軽減を保険料に反映した商品及びガン克服を目指す商品等、保険商品の開発・販売を行う。地理空間情報サービス事業は、国及び地方自治体向け地理空間情報サービス、諸外国政府機関への地理空間情報サービス等を提供する。ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)・情報通信技術(ICT)事業は、情報セキュリティサービス、大規模災害対策サービス、データセンター事業、BPOサービス等を提供する。また、不動産開発・販売事業、不動産賃貸事業及び建築設備工事事業等も行う。

業種

Security Systems & Services

連絡先

1-5-1, Jingumae

+81.3.57758100

https://www.secom.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuo Nakayama

President, Representative Director

Yasuyuki Yoshida

Senior Managing Director

Junzo Nakayama

Managing Director

Tatsuro Fuse

Managing Director, Chairman of Subsidiary

Ichiro Ozeki

Managing Director, Chairman of Subsidiary

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.9K

2018

1.0K

2019

1.0K

2020(E)

1.0K
EPS (JPY)

2017

385.640

2018

398.580

2019

421.560

2020(E)

391.771
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.26
株価純資産倍率(四半期)
2.17
株価キャッシュフロー倍率
14.36
総負債/総資本(四半期)
6.87
長期負債/資本(四半期)
2.63
投資利益率(過去12カ月)
7.76
自己資本利益率(過去12カ月)
5.68

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:セコムが反発、中間純利益が過去最高と報道

セコムが反発。2017年4─9月期の連結純利益が前年同期比3%増の420億円程度になったようだとする日本経済新聞の報道が材料視されている。従来予想は8%減の374億円で、一転して増益となり、同期間では3年ぶりに過去最高を更新すると報じられている。警備事業で企業向け契約件数が増え、家庭向け新サービスも好調、子会社所有の不動産の売却益なども貢献したという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up