for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

応用地質株式会社

9755.T

現在値

1,297.00JPY

変化

5.00(+0.39%)

出来高

48,400

本日のレンジ

1,277.00

 - 

1,311.00

52週レンジ

1,025.00

 - 

1,571.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,292.00
始値
1,292.00
出来高
48,400
3か月平均出来高
1.61
高値
1,311.00
安値
1,277.00
52週高値
1,571.00
52週安値
1,025.00
発行済株式数
26.11
時価総額
35,636.68
予想PER
14.12
配当利回り
2.48

次のエベント

Dividend For 9755.T - 16.0000 JPY

適時開示

その他

Oyo to acquire two firms for 488 mln yen

Oyo buys back 1 mln shares for 1.41 bln yen through ToSTNeT-3

Oyo says repurchase and retirement of shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

応用地質株式会社とは

応用地質グループは、インフラ・メンテナンス事業、防災・減災事業、環境事業、及び資源・エネルギー事業を運営する。【事業内容】インフラ・メンテナンス事業は、主に社会インフラの維持管理(整備・維持・更新)を支援するためのソリューションサービスを提供する。主な事業内容は、国・自治体などが管理している社会インフラの老朽化調査・維持管理システムの構築、災害に強いインフラ整備のための調査・設計・計測サービス、各種点検等に用いる非破壊検査製品の開発・販売などである。防災・減災事業は、主に自然災害(地震・津波・火山災害、豪雨災害、土砂災害など)に対する社会や企業の強靭化を支援するためのソリューションサービスを提供する。主な事業内容は、国や自治体の防災計画に係わる地震・津波・火災等の被害予測・防災計画立案、企業の事業継続計画に係わる自然災害リスクの調査・損失予測・対策のコンサルティング、地震計ネットワークや火山監視システムなどの自然災害に係わるモニタリングシステムの構築・設置・更新などである。環境事業は、社会環境の保全及び地球環境への負荷軽減対策などを支援するためのソリューションサービスを提供する。主な事業内容は、環境モニタリング、土壌・地下水汚染対策、アスベスト対策、廃棄物処理等を対象とした社会環境分野の調査・対策のコンサルティング、地球温暖化対策や生物多様性保全など自然環境分野の調査・コンサルティングなどである。資源・エネルギー事業は、資源・エネルギーの開発・保全・有効活用などを支援するためのソリューションサービスを提供する。主な事業内容は、各種発電施設などの立地に係わる高度な地質調査コンサルティング、メタンハイドレート開発研究、地熱・地中熱などの再生可能エネルギー事業化支援、資源探査装置・システムの開発・販売、海底三次元資源探査サービスなどである。

業種

Construction Services

連絡先

9F, Sumitomo Fudosan Kanda Bldg.

7, Kanda-Mitoshiro-cho

CHIYODA-KU, TKY

101-8486

Japan

+81.3.55774501

https://www.oyo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masaru Narita

President, Representative Director

Yuichi Hirashima

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Business, Director

Munehiro Igarashi

Senior Managing Executive Officer

Hirofumi Amano

Managing Executive Officer, Manager of Information Technology Planning Office, Director

Kenji Sato

Managing Executive Officer, Chief Director of Service Development, Director

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.0K

2018

0.0K

2019

0.1K

2020(E)

0.1K
EPS (JPY)

2017

27.620

2018

31.410

2019

83.329

2020(E)

91.500
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.66
株価純資産倍率(四半期)
0.50
株価キャッシュフロー倍率
10.07
総負債/総資本(四半期)
0.22
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
3.54
自己資本利益率(過去12カ月)
3.11

最新ニュース

最新ニュース

再送-〔兜町ウォッチャー〕国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコスト増懸念も

(この記事は6日午後5時14分に配信しました。) 杉山健太郎 [東京 6日 ロイター] - 政府が事業規模26兆円にのぼる経済対策を決定し、柱の一つに災害か らの復旧・復興と安全・安心の確保などを盛り込んだ。株式市場からは、米中通商協議以外の国内テーマ登 場を歓迎する声が出ている。6日の東京株式市場では一部の関連銘柄が業績期待で上昇した。今後も息の長 いテーマになりそうだが、事業会社からは人材や下請けの確保に伴うコストアップなどを懸念する声も上が っている。 政府の経済対策決定を受け、6日の東京株式市場では、国土強靭化や災害対策に関連する...

国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコスト増懸念も

政府が事業規模26兆円にのぼる経済対策を決定し、柱の一つに災害からの復旧・復興と安全・安心の確保などを盛り込んだ。株式市場からは、米中通商協議以外の国内テーマ登場を歓迎する声が出ている。6日の東京株式市場では一部の関連銘柄が業績期待で上昇した。今後も息の長いテーマになりそうだが、事業会社からは人材や下請けの確保に伴うコストアップなどを懸念する声も上がっている。

日経平均は小幅続伸、イベント見極めムード 売買代金は2兆割れ

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸。目立った材料がない中、米中協議の行方やきょう発表の米雇用統計の内容を見極めたいとのムードが強まった。東証1部の売買代金は節目の2兆円を割り込み薄商いだった。

ホットストック:国土強靭化関連が堅調、政府の経済対策で需要拡大の思惑

国土強靭化や災害対策に関連する銘柄が堅調。応用地質、いであ、不動テトラなど東証1部の値上がり率上位に入っている。政府が5日の臨時閣議で、事業規模が26兆円にのぼる経済対策を決定。柱の一つに、災害からの復旧・復興と安全・安心の確保などが盛り込まれており、需要拡大に対する思惑が出ている。

ホットストック:応用地質は年初来高値、今期業績予想を上方修正

応用地質が大幅続伸し、年初来高値を更新している。同社が11日、2019年12月期の連結業績見通しについて、営業利益を従来の19億円から22億円(前年同期比48.5%増)、経常利益を23億円から27億円(同41.1%増)へ上方修正したことが好感されている。

インド競争当局、ソフトバンクG出資のホテル運営OYOなど調査へ

インドの規制当局は、オンライン旅行代理店、メイクマイトリップ<MMYT.O>が国内の格安ホテル大手OYO(オヨ)を優遇することで競争が阻害されている恐れがあるとして調査を指示した。

コラム:ソフトバンク孫社長、「時価総額安すぎる」は本当か

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は、計算が合わないことを嫌う。6日行われた同社の4─12月期連結決算発表で、孫社長は約1時間近くをかけて、自社株の時価総額が「安すぎると心から思っている」と不満を漏らした。

ホットストック:豆蔵HDなど底堅い、硫黄山噴火で関連銘柄を物色

豆蔵ホールディングスがしっかり。気象庁は19日、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山・えびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げたと発表した。同社は登山者の遭難防止対策として、地理空間情報(G空間情報)を活用した国土交通省の社会実証プロジェクトに参画した過去がある。関連銘柄としての思惑から買いが入っているようだ。このほか、赤外線サーモグラフィーを手掛ける日本アビオニクス、地質調査大手の応用地質、防毒マスクの重松製作所も底堅い。

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・アシックス 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.68%にあたる13 0万株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から 3月31日。 ・アドベンチャー 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.07%にあたる 2万4200株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月14 日から3月30日。 ・山崎製パン 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.13%にあたる25 0万株、取得総額55億円を上限とする...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up