for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ニチイ学館

9792.T

現在値

1,663.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

888.00

 - 

1,960.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,663.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
10.61
高値
--
安値
--
52週高値
1,960.00
52週安値
888.00
発行済株式数
65.33
時価総額
121,428.90
予想PER
20.61
配当利回り
1.20

次のエベント

Dividend For 9792.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

LIM Advisors Issues Statement On Revised Tender Offer For Nichiigakkan

Japan's Nichigakkan Says Bain Capital Has Extended Tender Offer For It Until Aug 3

Nichiigakkan Says Board Passed Resolution To State Opinion In Favor Of Tender Offer For Shares And Stock Acquisition Rights Of Co By K.K. BCJ-44

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ニチイ学館とは

ニチイ学館グループは、主に医療、保育事業を行う。【事業内容】7つの事業セグメントで構成される。医療関連部門は、医療機関・調剤薬局における医事業務の受託、医療用器材の販売・消毒・滅菌業務、医事コンサルティング、医療事務講座をはじめとする医療関連講座等を提供する。介護部門は、介護保険等、制度下での在宅系介護サービス、居住系介護サービス、福祉用具の販売・レンタル、障がい福祉サービス、介護職員初任者研修をはじめとする介護関連講座、介護職員の派遣サービス、ヘルスケア商品の販売等を提供する。保育部門は、病院内保育所の運営、企業内・直営保育所の運営、企業主導型保育所の運営、保育系講座等を提供する。ヘルスケア部門は、日本人による家事代行サービス「ニチイライフ」、外国人スタッフによる家事代行サービス「サニーメイドサービス」等を提供する。教育部門は、語学教育を提供する。セラピー部門は、国内外における犬専用グルーミングサロン・ホテルの運営、花卉・種苗等の生産・販売、観光施設の運営・管理、ペット犬の飼育・販売等を行う。グローバル部門は、介護人材の養成・介護サービスの提供、家政サービスの人材養成と提供、サニタリー用品の販売、子供向けケア用品の販売等を行う。

業種

Healthcare Facilities

連絡先

2-9, Kanda Surugadai

CHIYODA-KU, TKY

101-8688

Japan

+81.3.32912121

http://www.nichiigakkan.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Akihiko Terada

Chairman of the Board, President of Subsidiaries, Representative Director

Nobusuke Mori

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Daisuke Terada

Vice President, Chairman & President & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Representative Director

Takayuki Masuda

Senior Managing Director, Chief Senior Director of China Business, Chairman of Subsidiaries,

Takako Ide

Managing Director, Chief Senior Director of Core Business

統計

3.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.3K

2019

0.3K

2020

0.3K

2021(E)

0.3K
EPS (JPY)

2018

13.310

2019

95.013

2020

62.970

2021(E)

80.700
株価売上高倍率(過去12カ月)
52.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.41
株価純資産倍率(四半期)
2.83
株価キャッシュフロー倍率
11.83
総負債/総資本(四半期)
194.92
長期負債/資本(四半期)
172.70
投資利益率(過去12カ月)
1.62
自己資本利益率(過去12カ月)
1.08

最新ニュース

最新ニュース

15日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

15日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・GMOフィナンシャルホールディングス 、公開買い付けにより、自己保有 株を除く発行済み株式総数の4.07%に当たる480万株の自社株買いを実施へ。買い 付け価格は1株当たり560円で、諸費用を含めた総額は27億1100万円。取得期間 は9月16日から10月15日。 ・エンカレッジ・テクノロジ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.5 9%に当たる4万株、取得総額3316万円を上限とする自社株買いを実施へ。9月16 日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引...

ニチイ学館、自社買収に向けたTOBが成立

介護大手ニチイ学館<9792.T>は18日、経営陣や創業一族らが非上場化に向け行う自社買収(MBO)のための株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。

ベアリングPEA、ニチイ学館に複数回TOB提案 1株2000円

香港に拠点を置く投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)は17日、介護大手ニチイ学館<9792.T>に対してTOB(株式公開買い付け)およびMBO(マネジメントバイアウト)を提案していることを明らかにした。日経ビジネスが同日これより先、BPEAがニチイ学館の創業家に対し、現状の買い付け価格を大きく上回る水準でのTOBを提案していることが分かったと報じたことを受けて、開示した。

ベアリングPEA、ニチイ学館に複数回TOB提案 1株2000円

香港に拠点を置く投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)は17日、介護大手ニチイ学館<9792.T>に対してTOB(株式公開買い付け)およびMBO(マネジメントバイアウト)を提案していることを明らかにした。日経ビジネスが同日これより先、BPEAがニチイ学館の創業家に対し、現状の買い付け価格を大きく上回る水準でのTOBを提案していることが分かったと報じたことを受けて、開示した。

ホットストック:ニチイ学館は急反発、米ベインによるTOB価格引き上げを材料視

ニチイ学館は急反発。31日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)を実施している米プライベートエクイティ(PE)のベインキャピタルが、TOB価格をこれまでの1株1500円から1670円に引き上げたと発表。これを材料視した買いが先行している。

米ベインキャピタルがTOB価格1670円に引き上げ、期間も延長=ニチイ学館

ニチイ学館<9792.T>は31日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)を実施している米プライベートエクイティ(PE)のベインキャピタルが、TOB価格をこれまでの1株1500円から1670円に引き上げたと発表した。TOB期間も8月17日までに延長する。

米ベインキャピタル、TOB期間を7月9日まで延長=ニチイ学館

ニチイ学館<9792.T>は22日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)を実施している米プライベートエクイティ(PE)のベインキャピタルが、TOB期間を当初予定していた6月22日から7月9日まで延長すると発表した。

ベインのニチイ学館TOB、株主の香港投資会社が期間延長要請=文書

米プライベートエクイティ(PE)のベインキャピタルによるニチイ学館<9792.T>の株式公開買い付け(TOB)を巡り、ニチイの株主である香港の投資会社リム・アドバイザーズはTOB期間の延長を求めた。リム・アドバイザーズの文書で16日、明らかになった。

BRIEF-リム・アドバイザーズ、ニチイ学館にベインキャピタルによるTOBの期間延長を要請=文書

* リム・アドバイザーズ、ニチイ学館にベインキャピタルによるTOBの期間延長を要請=文書 * リム・アドバイザーズ、ニチイ学館にTOBのプロセスについての公開協議を要請=文書 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

ホットストック:ニチイ学館は買い気配、MBO価格にさや寄せ

ニチイ学館は買い気配。8日、MBO(経営陣による買収)の一環として米ベインキャピタル系ファンドが株式公開買い付けを実施すると発表し、買い付け価格にさや寄せの動きとなっている。

ホットストック:ニチイ学館は急落、今期業績予想を下方修正

ニチイ学館は急落。午前9時19分現在、東証1部で値下がり率トップとなっている。同社は12日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正すると発表し、嫌気されている。売上高予想は従来の3030億円から2986億円(前年比3.7%増)に、営業利益予想は従来の152億円から133億円(同32.5%増)にそれぞれ引き下げた。

日経平均は小幅続落、日米通商協議を前に様子見姿勢

東京株式市場で日経平均は小幅続落した。為替が1ドル110円台後半まで円高方向に振れたことが重しとなり売りが先行。日米の閣僚級通商協議を前に見送りムードも強くなり一時は節目の2万2500円を下回ったが、中国株の上昇が下支えし次第に下げ渋った。後場は円高一服や中国株の一段高が安心材料となって一時プラス圏に浮上したものの、買いは続かなかった。大引けにかけては再び弱含む展開だった。

ホットストック:ニチイ学館が20%超す下げ、人件費増など響き4─6月期は最終赤字

ニチイ学館が20%を超す下げとなり、3月26日に付けた年初来安値を更新した。同社が8日発表した2018年4─6月期の連結業績は、最終損益が1億5800万円の赤字だった。前年同期は5億1000万円の最終黒字。人件費の増加やヘルスケア事業への先行投資が響いた。業績予想は据え置いたものの、低調な第1・四半期の立ち上がりを嫌気した売り注文が集まった。

ホットストック:ニチイ学館が買い気配、19年3月期の増益・増配予想を好感

ニチイ学館が買い気配。2019年3月期の営業益予想を前期比92.7%増の147億円と11日に発表し、好感されている。年間配当予想は1株当り30円とし、8円の増配を見込む。純利益予想は同7倍超の63億円とした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up