for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ステップ

9795.T

現在値

1,806.00JPY

変化

26.00(+1.46%)

出来高

27,200

本日のレンジ

1,781.00

 - 

1,832.00

52週レンジ

1,667.00

 - 

1,940.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,780.00
始値
1,810.00
出来高
27,200
3か月平均出来高
0.19
高値
1,832.00
安値
1,781.00
52週高値
1,940.00
52週安値
1,667.00
発行済株式数
16.59
時価総額
29,622.59
予想PER
11.09
配当利回り
2.59

次のエベント

Dividend For 9795.T - 24.0000 JPY

適時開示

その他

Step Co Bought Back 111,800 Own Shares For 176.87 Million Yen In November

STEP to issue mid-year dividend for FY 2016

STEP CO LTD to Pay Mid-term Dividend for FY 2014

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ステップとは

ステップは、主に学習塾事業を行う。【事業内容】学習塾・学童保育の経営及び教材の制作・編集、印刷・製本を行う。学習塾事業は4つの部門に分ける。小中学生部門は、小学5年生から中学3年生を対象とした高校受験コースとして、国語、数学(算数)、英語、理科、社会の指導を行う。高校生部門は、高校1年生から3年生の現役高校生を対象とした大学受験コースとして、国語、数学、英語、理科、社会の指導を行う。学童・保育部門は、学童部門では小学1年生から4年生を対象とした学童保育として、学習系及び運動、将棋などの各種プログラムを行う。保育部門は、企業主導型の保育施設として従業員の子弟をはじめ、外部の方も一定の枠内で受け入れを行う。教材制作・印刷部門は、教材の原稿及び原版の制作を行う。印刷配送センターは、各種印刷及び製本,また授業で使用する物品の配送を行う。

業種

Business Services

連絡先

602, Fujisawa

FUJISAWA-SHI, KNG

251-0052

Japan

+81.46.6208003

http://www.stepv.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kyoji Tatsui

Chairman of the Board, Representative Director

Yosuke Endo

President, Executive Officer, Manager of Kohoku NT Block, Representative Director

Noriaki Arai

Managing Executive Officer, Chief Director of General Affairs, Director

Tsuyoshi Hakamada

Managing Executive Officer, Chief Director of Keno, Manager of Atsugi & Ebina Block

Yuriko Morimoto

Managing Executive Officer, Director of University Examination Secretariat, Director

統計

1.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)
EPS (JPY)
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.17
株価純資産倍率(四半期)
1.19
株価キャッシュフロー倍率
9.70
総負債/総資本(四半期)
1.65
長期負債/資本(四半期)
1.11
投資利益率(過去12カ月)
10.49
自己資本利益率(過去12カ月)
9.43

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線がサポートになるか注目

<15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線がサポートになるか注目 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。買い手の心理としては、失望感 の中、気迷いを示唆している。終値は2万7661円47銭だった。5日移動平均線(2 万8093円78銭=1日)や10日線(2万8343円90銭=同)が角度を付けて下 向きになっていることから、目先は弱気な相場展開が続くとみられている。 市場では「200日線(2万7501円87銭=同)が当面の下値支持線となるか注 目される」(国内証券)との声が聞かれ、短期的には心理的節目の2万7500円...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、好需給のIPO銘柄に買い

<15:25> 新興株はマザーズが反落、好需給のIPO銘柄に買い 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.78%安の728.90ポイントと 反落した。東証グロース市場指数は、前営業日比1.78%安の926.80ポイントで 取引を終えた。 米金融引き締めや景気後退懸念で新興株市場も軟調に推移したが、「グローバル景気 の悪化による影響が相対的に少ない」(国内証券)との見方から、大きく売り込まれる展 開にはならなかった。「好需給のIPO(新規株式公開)銘柄を中心に買いが入った」( 同)との声も聞かれた。 個別では、メンタルヘルステクノロジーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、悪材料重なり売り圧力強まる

<13:57> 日経平均は後場軟調、悪材料重なり売り圧力強まる 後場の日経平均は軟調な地合いが続き、前営業日比約440円安の2万7600円台 半ばで推移している。一時、下げ幅は500円を超える場面もあった。前場に引き続き、 値がさ株の下落が相場の重しとなっている。市場では「米金融引き締めへの警戒や米中対 立など、株式市場にとってネガティブな材料が重なり、売り圧力が強まっている」(国内 証券)との声が聞かれる。 ドル/円相場は139円半ばと円安傾向が続いているものの、「株価を下支えはする が買い上がる材料にはならない」(国内信託銀行)との...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、200日線維持なら「レンジ切り上がり」の見方

<12:50> 日経平均は安値もみ合い、200日線維持なら「レンジ切り上がり」 の見方 日経平均は2万7600円台前半の安値圏でのもみ合いとなっている。米株先物の軟 調な推移が引き続き相場の重しになっている。東京エレクトロンやアドバンテス トが前引け時点に比べて安い一方、ソフトバンクグループは下げ幅を縮 めている。 2万7500円付近を200日移動平均線が通っており、市場では「この水準を維持 できるかどうかが目先のポイント」(国内証券)との声が出ている。 日経平均は春先から7月にかけて2万6000円─2万8000円のレンジを中心に 推移...

午前の日経平均は続落、400円超安 米引き締めや景気後退を懸念

1日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比418円39銭安の2万7673円14銭と、続落した。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めの継続や景気後退への懸念から米株安となった流れが波及して幅広く売られ、400円超安となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は400円超安、半導体関連の下落が重しに

runi <10:58> 日経平均は400円超安、半導体関連の下落が重しに 日経平均は400円超安の水準で軟調な推移を継続している。東証33業種では、建 設業を除く32業種が下落している。輸送用機器や鉱業、海運など景気敏感セクターの下 落が目立つ。プライム市場の値下がり銘柄は87%となっている。 東京エレクトロンやアドバンテストなど値がさの半導体関連株が大 幅安となっており、2銘柄で指数を60円程度、押し下げている。ハイテク株比率の高い 米ナスダック総合の先物が時間外取引で軟調に推移し、半導体関連株の重しになっている 。 米半導体大手エヌビディア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を拡大、米株先物の軟化を嫌気する動き

<10:00> 日経平均は下げ幅を拡大、米株先物の軟化を嫌気する動き 日経平均は下げ幅を拡大。2万7600円台まで下押しした。新たな買い材料が見当 たらない中、時間外取引で米株先物が軟化しており、米国株式に下げ止まる気配が感じな れないことが嫌気されている。 米株下落の背景には、金融引き締め懸念もさることながら、今後の景気悪化を織り込 んでいるとの見方があり、日本株でも業種別株価指数をみると、景気敏感セクターに値下 がりが目立つ。 市場では「きょうは前日のように2万8000円まで戻るのは難しいだろう。下値の 目安としては2万7500円前後...

寄り付きの日経平均は続落、米株安受け売り優勢 直近安値更新後は下げ渋る

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比294円53銭安の2万7797円00銭と、続落した。前日の米国株式の下げを受けて、売り優勢で始まった。下値の目安として意識されていた8月29日の直近安値2万7788円12銭を下回ったものの、その後は下げ渋っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、サカイ引越は買い優勢 カナデンは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、サカイ引越は買い優勢 カナデンは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落率 MID気 買気配 売気配 終値 配 1 サカイ引越センター 15% 5,310 5,310 5,310 4,605 2 共同印刷 10% 2,660 2,659 2,660 2,411 3 リズム 7% 1,520 1,520 1,520 1,416 4 広済堂HLDG 5% 1,268 1,267 1,268 1,202 5 レアジョブ 5%...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up