for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社テーオーホールディングス

9812.T

現在値

247.00JPY

変化

4.00(+1.65%)

出来高

4,400

本日のレンジ

243.00

 - 

250.00

52週レンジ

222.00

 - 

479.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
243.00
始値
246.00
出来高
4,400
3か月平均出来高
0.28
高値
250.00
安値
243.00
52週高値
479.00
52週安値
222.00
発行済株式数
6.41
時価総額
2,169.24
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2023 T.O. Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

T.O. Holdings to start franchise of TSUTAYA's store

T.O. Holdings distributes 97,500 shares of treasury common stock and raises 75.1 mln yen via private placement

T.O. Holdings says private placement of treasury stock

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社テーオーホールディングスとは

テーオーホールディングス(旧名:テーオー小笠原)は、木材、流通、住宅、建設、不動産賃貸、自動車関連、サービス等の事業を主たる業務とする。【事業内容】木材事業において、同社は、木材の総合商社として、各種原木、フローリング(床板)及び一般建築用建材・合板等を販売する。流通事業において、同社は、衣料品、家具、家電、家庭用品等を販売する業務を行う。住宅事業において、同社は、戸建住宅、マンション、宅地等の販売及び施工を行う。非連結子会社が住宅リフォーム及びビルメンテナンス事業を行う。建設事業において、連結子会社が土木工事、舗装工事、オフィスビル・商業施設等の建築工事業を行う。不動産賃貸事業において、同社は、土地・建物(マンション・戸建住宅・事務所・倉庫等)の賃貸事業を行う。自動車関連事業において、連結子会社は日産自動車ディーラーとして自動車販売及び自動車修理事業を行う。そして、同社グループはスポーツクラブの運営、保険代理店業、生命保険募集業及びリース業を行う。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

3-18-15, Minato-cho

HAKODATE-SHI, HKD

041-8610

Japan

+81.138.453911

https://tohd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasumasa Ogasawara

President, President and Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Fumio Kameda

President of Subsidiary, Director

Hideki Nishitani

President of Subsidiary, Director

Kazuaki Hikita

Vice President, Director

Shota Ogasawara

Senior Managing Director, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.08
株価純資産倍率(四半期)
1.71
株価キャッシュフロー倍率
3.24
総負債/総資本(四半期)
1,523.22
長期負債/資本(四半期)
549.57
投資利益率(過去12カ月)
-0.23
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.08

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値で200日線の回復ならず

<16:04> 日経平均・日足は「小陰線」、終値で200日線の回復ならず 日経平均・日足は上下に同等の長さのヒゲを伴う「小陰線」となった。200日移動 平均線(MA、2万7712円41銭=21日)を終値で回復できず、引き続き弱地合い となっている。下方には前日の安値2万7330円15銭や、52週MA(2万6866 円25銭=同)が控えている。 <15:36> 新興市場は反発、メルカリやフリーが上昇 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「短期勝負が中心で、じっくりテーマに取り組む感じではない」(...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、メルカリやフリーが上昇

<15:36> 新興市場は反発、メルカリやフリーが上昇 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「短期勝負が中心で、じっくりテーマに取り組む感じではない」(国内証券)との声が 聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.82%高で、メルカリ やフリー の上 昇が指数の押し上げに寄与した。リファインバースグループ がストップ高となっ たほか、さくらさくプラス もしっかりだった。一方、ラキール が軟調だ ったほか、アイ・パートナーズフィナンシャル も売り優勢だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.22...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線から下方乖離拡大

<16:12> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線から下方かい離拡大 日経平均・日足は「小陰線」となった。わずかな下ヒゲに対し、実体より長い上ヒゲを伴っており、戻 りの弱さをうかがわせる。200日移動平均線(2万7692円36銭=20日)からの下方乖離を広げ、 5月13日安値2万7385円03銭付近で滞留しており、地合いは弱い。一方、ボリンジャーバンドのマ イナス3シグマ(2万7161円89銭=同)に接近してきており、反発力も蓄積されつつある。 <15:48> 新興市場、マザーズ・ジャスダックがともに続落 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場、マザーズ・ジャスダックがともに続落

<15:48> 新興市場、マザーズ・ジャスダックがともに続落 新興株市場は、東証マザーズ指数が4日続落し、日経ジャスダック平均が続落した。新規上場のアシロ の初値は1480円となって公開価格を27.5%上回った。徐々に上値を切り下げたが、公募価 格を上回って引けた。   マザーズ総合は前営業日比0.73%安。メルカリ やビジョナル の下げが指数の重し となった。ラキール やアイドマ・ホールディングス も軟調だった。一方、プレイド<4165. T>やRetty はしっかりだった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.44%安。サン電子 がさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、200日線を割り込み下値不安

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、200日線を割り込み下値不安 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「短陰線」。実体部分がほとんどないため「 十字線」に準じるもので、安値圏での出現によって、攻防の分岐点との印象を与えている 。200日移動平均線(2万7672円98銭=19日現在)をわずかながら下回り、不 安感を生じさせた。 ただ、下値の目安として意識される5月13日安値2万7385円03銭、7月9日 安値2万7419円40銭に距離を残しており、今後はこれらを維持できるかどうかが注 目される。 <15:15> 新興株式市場はさえない...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はさえない、直近IPOが売り買いまちまち

<15:15> 新興株式市場はさえない、直近IPOが売り買いまちまち 新興株式市場は東証マザーズ指数が続落、日経ジャスダック平均が反落した。市場で は「商いが直近IPOに集中しているが、その中でも銘柄によって売り買いまちまちとな っている」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は前営業日比1.87%安。個別では、前週末に新規上場したラキール が上値を追ったほか、ステムセル研究所 も堅調に推移したが、ベイシス 、日本電解 、プレミアアンチエイジング が安かった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.51%安。個別では、テーオーホールディン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線の維持がポイントに

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線の維持がポイントに 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」。前日の長い上ヒゲが目先的な天 井形成を示唆したため、定石通りの下押しとなった。ただ、上向きの5日移動平均線(2 万8395円48銭=15日現在)を上回った状態にあり、依然として強いトレンドを維 持している。当面はこれを維持できるか否かがポイントになるとみられる。 前日までの5営業日で2000円近い上昇を演じていただけに、上昇トレンドを保つ としても、もう少し休養が欲しいところ。一方、調整入りする場合は、25日移動平均線...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも

<15:35> 新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反発した 。市場からは「ひと押し入れた直近IPOが買い直されるなど、物色意欲の強さが感じら れた」(国内証券)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.18%安。個別では、山陽百貨店 がストップ高比例配分となったほか、不二精機 が反発。一方、ウエストホールデ ィングス 、出前館 、フェローテックホールディングス などが軟 調だった。 マザーズ指数は、前営業日比0.83%高。個別では、バルミューダ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86%

<16:01> 日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「大陽線」。高値まで買いで攻めたが、売り方の抵抗で押し戻さ れた。上ヒゲが長いことから、売りの抵抗が強かったことを表している。 5日移動平均線(2万8189円67銭=14日)が上を向いていることから、上昇余地はあるものの 、終値と25日移動平均線の乖離(かいり)率は5.86%と相場の過熱感が出始め、騰勢が弱まる可能性 も示唆している。 <15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安

<15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場からは「日 経平均が堅調な値動きとなる中、新興株市場では買いの主体が不在だったようだ。新興株市場では材料出尽 くし感もあり、さえない動きとなった」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は小反落し、前営業日比0.63%安。個別では、フィスコ 、CAIC A などが上昇。半面、不二精機 、インターライフホールディングス 、テーオーホ ールディングス などは値下がり。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線は上向き 目先は上昇か

<16:23> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線は上向き 目先は上昇か 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「中陰線」。やや弱気な相場を表すとされる。だが、ローソク足 は5日移動平均線(2万7038円26銭=30日)からやや離れた上部に位置し、さらに上値を追う勢い も感じられる。5日線も上を向いていることから、目先は上昇基調が続きそうだ。 <15:59> 新興株市場は小じっかり、直近IPO銘柄に買いが集まる 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場からは「 個人投資家を中心とした個別物色が活発...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、直近IPO銘柄に買いが集まる

<15:59> 新興株市場は小じっかり、直近IPO銘柄に買いが集まる 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場からは「 個人投資家を中心とした個別物色が活発で、直近IPO銘柄に買いが集まっているようだ。例年、年始は中 小型株が堅調に推移することが多く、年明けの動きを見越した物色が広がったのではないか」(国内証券) との声が聞かれた。 昨日マザーズ市場に上場したオンデック は公開価格の2.9倍の4500円で初値を形成。そ の後上値を伸ばし、ストップ高で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポート

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。上値は5日移動平均線(2万3 582円82銭=15日)に抑えられる格好となったものの、下値は25日移動平均線( 2万3386円54銭=同)がサポートし底堅い印象を受ける。ただ、米大統領選を来月 3日に控えていることもあり、当面は引き続き薄商いのなか、方向性を探る足取りとなり そうだ。 <15:56> 新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる

<15:56> 新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した 。ここのところ堅調に推移していた新興株市場も日経平均が軟調な動きとなる中、マイナ ス圏でもみあう展開となった。市場からは「米国の大統領選前に投資家のリスク許容度の 低下が少しずつ目立ち始めたのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は0.50%安。個別では、GMOアドパートナーズ<4784.T >、テーオーホールディングス が年初来高値を更新。ストップ高比例配分で...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up