for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リリカラ株式会社

9827.T

現在値

628.00JPY

変化

-1.00(-0.16%)

出来高

167,800

本日のレンジ

623.00

 - 

639.00

52週レンジ

150.00

 - 

722.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
629.00
始値
628.00
出来高
167,800
3か月平均出来高
9.72
高値
639.00
安値
623.00
52週高値
722.00
52週安値
150.00
発行済株式数
12.29
時価総額
7,951.80
予想PER
--
配当利回り
0.96

次のエベント

Dividend For 9827.T - 14.5000 JPY

適時開示

その他

Nomura Holdings raises 9.6 pct voting rights in Lilycolor

Lilycolor receives cease-and-desist order and surcharge order

Lilycolor completes off-floor distribution of 633,000 shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リリカラ株式会社とは

リリカラはインテリア事業及びスペースソリューション事業を営む。【事業内容】2つの事業セグメントを運営する。インテリア事業は、壁装材、カーテン、床材を中心とする内装材商品の仕入及び販売を行い、主として同社独自で開発した商品「リリカラ」をメーカーに製造委託し、代理店あるいは一部内装工事業者等に販売する。スペースソリューション事業は、オフィス家具、事務用品等の仕入及び販売、工事請負を行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

7-5-20, Nishi-Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

160-8315

Japan

+81.3.33667845

https://www.lilycolor.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Nobuo Sato

President, Executive President, Representative Director

Hiroshi Imafuku

Senior Managing Executive Officer, Representative Director

Kazuhisa Kitamura

Senior Managing Executive Officer

Hiroki Suematsu

Managing Executive Officer, Chief Director of Interior Sales

Shin Hara

Managing Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
5.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
1.01
株価キャッシュフロー倍率
5.35
総負債/総資本(四半期)
26.61
長期負債/資本(四半期)
11.78
投資利益率(過去12カ月)
15.50
自己資本利益率(過去12カ月)
6.59

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6577円27銭となり、心理的節目2万6500円、5日移動平均線(2万6563円67銭=3日)をともに上回った。MACD(短期12日、長期26日の平滑移動平均線のかい離幅、マイナス323.54=同)は9日移動平均線であるシグナル(マイナス316.46=同)に接近しゴールデンクロス形成間近となっており、短期的な強気シグナルへの転換を示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズ1%超安 ショートカバーが一巡

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。直近で買い戻されていた大型株を中心に、利益確定売りの動きがみられた。市場では「個人投資家を中心としたショートカバーが一巡し、再び下げに転じたようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を再び下回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6393円03銭。心理的節目2万6500円に加え、5日移動平均線(2万6442円38銭=2日)を再び下回り、地合いは良くない。下方向では、心理的節目2万6000円や、2月24日安値(2万5775円64銭)が下値めどに意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、前日までの上昇の反動で利益確定売り

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。対ロシア制裁の経済への悪影響が警戒される中、前日までに大きく値を戻していた反動もあって利益確定売りが上値を抑えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線からの下方乖離が拡大

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6910円87銭。下ヒゲが長めで、買い方の抵抗力がうかがわれる。一方、5日移動平均線(2万7118円28=21日)からの下方乖離は拡大した。パラボリックが18日に陰転しており、地合いは弱い。下方向では心理的節目2万6500円や1月27日安値(2万6044円52銭)が目先の下値めどに意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズ終値で700割れ

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続落となった。マザーズは終値で700ポイントを割り込み、2020年4月以来の安値を更新した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値で5日線奪回ならず

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7122円07銭。心理的節目2万7000円を終値で上回って底堅さがあるが、5日移動平均線(2万7152円02銭=18日)は奪回できなかった。上方向では16日と17日に上値を抑えた25日線(2万7358円44銭=同)が強力な抵抗線と見られる。目先は2万7000円台前半での値固めの局面が続きそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズは20年4月以来安値を更新

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。前日の米国市場でのグロース(成長)株安の流れが波及。ウクライナ情勢を巡る不透明感も投資家心理の重しになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線は終値で回復ならず

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7460円40銭。5日移動平均線(2万7336円23銭=16日)を回復したが、25日線(2万7474円43銭=同)は終値では上回れなかった。一方、窓を開けた陽線で、買いの強さもうかがえる。上方向では、25日線のほか心理的節目2万8000円が、目先の上値めどに意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日ぶり反発、米ナスダック高が支えに

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日ぶりに反発した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅に上昇し、投資家心理の支えとなった。一方、金利上昇に対する警戒感は引き続きくすぶっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線回復ならず

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万6865円19銭。下ヒゲを伴い、買い方の抵抗がうかがわれる。一方、5日移動平均線(2万7301円05銭=15日)の回復はならず、心理的節目2万7000円も再び下回った。目先の下値めどには、心理的節目の2万6500円や、年初来安値(2万6044円52銭=1月27日)が意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、引き続き米金利先高観が重し

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザーズは終値で2020年4月以来の安値となった。市場では「指数としては底値に近づいた印象がある。ただ、米金利の先高観がある中、投資対象としては手を出しにくい」(国内証券)との声が聞かれた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up