for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ヤマダホールディングス

9831.T

現在値

383.00JPY

変化

-8.00(-2.05%)

出来高

14,113,100

本日のレンジ

381.00

 - 

390.00

52週レンジ

379.00

 - 

626.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
391.00
始値
390.00
出来高
14,113,100
3か月平均出来高
195.24
高値
390.00
安値
381.00
52週高値
626.00
52週安値
379.00
発行済株式数
835.97
時価総額
377,959.30
予想PER
6.27
配当利回り
4.60

次のエベント

Q3 2022 Yamada Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Yamada Denki Co Launching Tender Offer For Hinokiya Group Shares

Yamada Denki Cancels Part Of Share Buyback Plan

Yamada Denki Co Ltd - To Buy Back Up To 50 Billion Yen Worth Of Own Shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ヤマダホールディングスとは

ヤマダホールディングスグループは、主に家電・情報家電等の販売事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。デンキ事業は、テレビや冷蔵庫、洗濯機等の家電、パソコンや携帯電話といった情報家電等の販売及びリフォーム、家具・インテリア等の住まいに関する商品販売を行う。住建事業は、戸建て住宅を中心とした住宅販売及びバスやキッチン等の住宅設備機器の製造・販売を行う。また、環境事業、金融事業及び建築資材等に係る事業も営む。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

1-1, Sakae-cho

370-0841

Japan

+81.27.3458181

https://www.yamada-denki.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Noboru Yamada

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer, Representative Director

Akira Fukui

Executive Officer, Director

Tatsuo Kobayashi

Executive Officer, Representative Director

Megumi Kogure

Executive Officer, Director

Atsushi Murasawa

Executive Officer, Director

統計

2.25 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.6K

2020

1.6K

2021

1.8K

2022(E)

1.6K
EPS (JPY)

2019

18.180

2020

28.380

2021

62.820

2022(E)

60.605
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.22
株価純資産倍率(四半期)
0.51
株価キャッシュフロー倍率
4.39
総負債/総資本(四半期)
38.78
長期負債/資本(四半期)
18.29
投資利益率(過去12カ月)
7.39
自己資本利益率(過去12カ月)
5.17

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:MSCI銘柄見直しの影響限定的、除外銘柄も買い目立つ

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が11日、指数銘柄の定期見直しを発表したが、午前9時10分時点で新規採用銘柄と除外銘柄はともに、まちまちの動きで、影響は限定的となっている。

MSCI銘柄入れ替え、日本の新規採用は2銘柄・除外は15銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は11日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用が2銘柄、除外が15銘柄となった。

ヤマダHD、三嶋社長が健康上の理由で辞任 山田会長が兼務へ

ヤマダホールディングスは15日、三嶋恒夫社長兼最高執行責任者(COO)が健康上の理由で30日付で辞任すると発表した。創業者の山田昇会長兼最高経営責任者(CEO)が社長を兼務する。

アングル:出店攻勢のノジマが進出、「池袋家電戦争」に新局面

神奈川県を地盤とする家電量販店のノジマが東京23区内への出店攻勢を続けている。コロナ後も見据え今年に入って世田谷区、目黒区、大田区に出店し、26日には豊島区池袋の東武百貨店内に店舗をオープンした。ビックカメラが本店ほか多店舗を展開し、近接してヤマダデンキが「日本総本店」を構える激戦地で存在感を示せるのか。かつて「池袋家電戦争」とも呼ばれた攻防は新たな局面を迎えた。

11日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

11日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ソネック 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.4%にあたる3万株、 取得総額約3633万円を上限とする自社株買いを実施へ。8月12日午前8時45分の 東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買い付け 価格は8月11日終値の1211円。 ・ウイルテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.27%にあたる8 万株、取得総額1億2448万円を上限とする自社株買いを実施へ。8月12日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引...

ホットストック:大塚家具は5%超安、ヤマダが完全子会社も期待薄

大塚家具は5%超安。ヤマダホールディングスが9日、51%超の株式を保有する大塚家具を株式交換で完全子会社化すると発表したことが嫌気されている。株式交換の効力発生日は9月1日。大塚家具1株に対し、ヤマダHD0.58株を割り当てる。ヤマダHDは3日ぶりに反落し3%超安となっている。

大塚家具、ヤマダHDが完全子会社化 8月30日に上場廃止

ヤマダホールディングスは9日、51%超の株式を保有する大塚家具を株式交換で完全子会社化すると発表した。創業家の親子対立から経営不振が続いた大塚家具の株式は、8月30日に上場廃止となる。

大塚家具、ヤマダHDが完全子会社化 8月30日に上場廃止

ヤマダホールディングスは9日、51%超の株式を保有する大塚家具を株式交換で完全子会社化すると発表した。大塚家具1株に対し、ヤマダHD0.58株を割り当てる。大塚家具株は8月30日付で上場廃止となる。

ヤマダHD、通期業績予想を上方修正 家電など需要高まる

ヤマダホールディングス<9831.T>は28日、2021年3月期の業績予想を上方修正し、営業利益の見通しを従来の615億円から前年同期比96%増の752億円に引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大で新たな生活様式が広まる中、家電などの需要が高まり、上期業績が想定を上回った。

大塚家具は後場買い気配、久美子社長の辞任を材料視

28日の株式市場で、大塚家具<8186.T>は後場買い気配。ランチタイム中に大塚久美子社長が12月1日付で辞任すると発表したことが材料視されている。

大塚家具、久美子社長が12月1日付で辞任 ヤマダ出身三嶋会長兼務へ

大塚家具<8186.T>は28日、大塚久美子社長が12月1日付で辞任すると発表した。ヤマダホールディングス<9831.T>出身の三嶋恒夫会長が社長を兼務する。旧ヤマダ電機との提携による相乗効果に一定の進捗があり、来期の黒字化の道筋がつきつつあるとして、大塚久美子社長から過去の業績の責任を明確にする意味で社長と取締役を辞任したいとの申し出があったという。

大塚家具、久美子社長が12月1日付で辞任 ヤマダ出身三嶋会長兼務へ

大塚家具は28日、大塚久美子社長が12月1日付で辞任すると発表した。ヤマダホールディングス出身の三嶋恒夫会長が社長を兼務する。旧ヤマダ電機との提携による相乗効果に一定の進捗があり、来期の黒字化の道筋がつきつつあるとして、大塚久美子社長から過去の業績の責任を明確にする意味で社長と取締役を辞任したいとの申し出があったという。 (内田慎一)

ヤマダ電機、ヒノキヤグループにTOB 1株2000円

ヒノキヤグループ<1413.T>は8日、ヤマダ電機<9831.T>が同社に公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け価格は1株2000円。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、失望感と下値抵抗力が共存

日経平均・日足は「小陰線」、ほぼ上ヒゲがない「寄り付き坊主」の形状が投資家の失望感を示唆する一方、下ヒゲは相応に長く、下値抵抗力も感じさせる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ指数が反発、メルカリに買い

新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。3連休を控えてポジション調整主体の取引となったが、マザーズ指数は決算内容がポジティブと受け止められたメルカリがけん引する形で上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、一時200円超安 香港株の軟化にらみ

日経平均は下げ幅を一時200円超に拡大し、2万2200円付近まで下落した。香港ハンセン指数が軟化し、短期筋から日経先物にも仕掛け的な売りが入ったとみられている。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、連休前で模様眺め 決算内容により株価に明暗

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比144円53銭安の2万2273円62銭となり、続落した。前日の米国株式市場が上昇したことが支援材料になったものの、明日からの3連休を前にして模様眺めムードが強く、全体的に利益確定売りが優勢となった。物色面では、決算発表の内容で株価の明暗が分かれた。

ホットストック:ヤマダ電機が急伸、通期営業60%増益見通しを好感

ヤマダ電機が急伸。前日に本決算時に未定としていた2021年3月期の業績見通し公表したが、営業利益が615億円(前年比60.5%増)と6割を超す増益予想となっていることが好感された。

大塚家具、業績不振で上場廃止の猶予期間入り

大塚家具<8186.T>は30日、2020年4月期まで4期連続で営業損益と営業キャッシュフローがマイナスとなったことから、上場廃止の猶予期間に入ったと発表した。期間は22年4月30日までの2年間で、期間内に営業黒字化などの条件を満たせば、株式の上場が継続される。

ヤマダ電機、コロナの影響で自己株取得中止 319億円分は取得済

ヤマダ電機<9831.T>は14日、新型コロナウイルス感染症の影響による経営環境の変化等を総合的に勘案し、自己株取得を中止することを決めたと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up