for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アークランズ株式会社

9842.T

現在値

1,645.00JPY

変化

154.00(+10.33%)

出来高

1,710,800

本日のレンジ

1,629.00

 - 

1,685.00

52週レンジ

1,388.00

 - 

1,828.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,491.00
始値
1,681.00
出来高
1,710,800
3か月平均出来高
3.06
高値
1,685.00
安値
1,629.00
52週高値
1,828.00
52週安値
1,388.00
発行済株式数
40.56
時価総額
59,713.77
予想PER
5.11
配当利回り
2.43

次のエベント

Q3 2023 Arclands Corp Earnings Release

適時開示

その他

Murakami-Linked Fund City Index Eleventh Acquired 5.06% Of Arclands Corp Shares - Regulatory Filing

Arcland Sakamoto Announces Tender Offer For Shares Of Lixil Viva

Lixil Group Corp - To Sell Entire Stake In Lixil Viva

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アークランズ株式会社とは

アークランズグループ(旧名:アークランドサカモト株式会社)は主に小売事業、卸売事業、外食事業、不動産事業を行う。【事業内容】4つのセグメントを通じて事業を展開する。小売事業は、「ホームセンタームサシ」、「スーパーセンタームサシ」、「ムサシプロ」、「ニコペット」、「スーパービバホーム」、「ビバホーム」、アート&クラフトの専門店「アークオアシス」、「ヴィシーズ」及び食品専門店「ムサシ食品館」等を通じて、一般消費者・プロ(業者)向けに住生活関連用品、家庭用品、食品等を販売する。卸売事業はドゥイットユアセルフ(DIY)関連用品を主力に全国及びグループのホームセンターに販売する。外食事業はとんかつ専門店「かつや」等の飲食店を経営する。不動産事業は不動産の賃貸を行う。その他、スポーツクラブ「JOYFIT」及びフィットネスジム「FIT365」も経営する。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

445, Kamisugoro

SANJO-SHI, NGT

955-8501

Japan

+81.25.6336000

http://www.arcland.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Katsuji Sakamoto

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Haruhiko Sakamoto

President, Chief Operating Officer, President and Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

Masatoshi Sakamoto

Vice Chairman of the Board, Representative Director

Jusuke Someya

Senior Managing Director, Chief Senior Director of Sales

Mitsuaki Shida

Senior Managing Director, Chief Director of Administration

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.2K

2022

0.4K

2023(E)

0.3K
EPS (JPY)

2020

119.500

2021

215.130

2022

404.200

2023(E)

281.050
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.16
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
2.43
総負債/総資本(四半期)
159.66
長期負債/資本(四半期)
108.73
投資利益率(過去12カ月)
4.62
自己資本利益率(過去12カ月)
2.89

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上昇波動キープも気迷いに

   <15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、上昇波動キープも気迷いに 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陰線」。終値は2 万7120円53銭。上値を追う展開となったものの、これまでの上昇が急ピッチであっ たことから、上昇波動をキープしながらも気迷いの強い動きとなった。 当面の上値の目安としては、接近してきた200日移動平均線(2万7322円00 銭=5日)が注目される。これをクリアできるか否かが当面の強弱を判断する基準になり そうだ。一方、一目均衡表は終値が厚い「雲」領域に接近。戻り売りが厚いと思わせてお...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、動き良い銘柄に値幅取り狙い資金

<15:10> 新興株はマザーズが続伸、動き良い銘柄に値幅取り狙い資金 新興株式市場は続伸した。マザーズ総合が前営業日比0.34%高の726.64ポ イントで大引けた。東証グロース市場指数は前営業日比0.34%高の923.66ポイ ントだった。「週末の米雇用統計が意識されているが、動きの良い銘柄には引き続き値幅 取り狙いの資金が流入している」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 個別では、霞ヶ関キャピタル、すららネットがストップ高となった ほか、M&A総合研究所が連日の最高値更新となった。ビジョナルもし っかりだが、マイクロ波化学...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、徐々に模様眺めムードに

<14:05> 日経平均は強もち合い、徐々に模様眺めムードに 日経平均は強もち合い。2万7100円台で推移している。新たな手掛かり材料に乏 しく、徐々に模様眺めムードが強くなってきた。週末に米雇用統計の発表を控えているこ とから「ここよりは新たなポジションを作る動きが見られなくなるのではないか」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 午後2時現在、東証プライム市場の騰落数は値上がりが996銘柄、値下がりが75 6銘柄。物色面での方向性も感じられなくなっており「循環物色の動きになっているよう だ」(別の国内証券・トレーダー)という...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、ADP雇用報告控え様子見も

   <13:01> 後場の日経平均はもみ合い、ADP雇用報告控え様子見も 後場に入り、日経平均は小動きの展開となっている。前場引け時点に比べて小幅に上 昇し、前営業日比約110円高の2万7100円近辺で推移している。今晩、9月の全米 雇用報告(ADP)が公表されるのを前に、様子見ムードが広がっている。ADP雇用報 告については、「仮に労働市場の悪化が確認された場合、米景気減速懸念が意識され、株 価の下押し圧力となりそうだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 日経平均は2万7000円台を維持し、底堅い値動きとなっているが、「...

午前の日経平均は3日続伸、米株高を好感 2万7000円回復

5日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比93円76銭高の2万7085円97銭と3日続伸した。主要中銀による金融引き締めが鈍化するとの思惑で、前日の米株が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均は堅調な展開となった。約2週間ぶりに心理的節目の2万7000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高で小動き、急上昇の反動で利益確定も

   <11:05> 日経平均は小幅高で小動き、急上昇の反動で利益確定も 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約80円高の2万7000円台後半で小動き となっている。依然としてプラス圏で推移している一方、「さすがに急ピッチで上昇した 分、利益確定の売りが出てきているようだ」(国内証券・ストラテジスト)との声も聞か れる。物色動向としては、引き続き値がさ株が底堅い反面、半導体関連株は軟調。 マーケット参加者の関心は、週末に公表される9月の米雇用統計に集まっている。市 場では「今晩、米雇用統計の前哨戦とされる全米雇用報告(ADP)が発表されるため...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、スピード調整意識 値がさ株が勢い欠く

<10:02> 日経平均は上げ幅縮小、スピード調整意識 値がさ株が勢い欠く 日経平均は上げ幅を縮小している。寄り付き後、一時200円超高に上昇したが、そ の後は徐々に水準を切り下げ、足元では100円高付近で推移している。 時間外取引の米株先物がさえない動きとなり、投資家心理の重しとなっている。日経 平均は前日までの2営業日に終値ベースで合わせて1050円程度と急ピッチで上昇して おり「スピード調整が意識されやすい」(国内証券のストラテジスト)という。 値がさ株では、東京エレクトロンがマイナスとなったほか、ソフトバンクグ ループが上げ幅を...

ホットストック:アークランズが大幅続伸、旧村上ファンド系が5.06%保有

旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)が、アークランズ(旧アークランドサカモト)株を共同保有者と合わせて5.06%保有していることが分かり、株主還元を強化するのではないかとの思惑が先行したとみられる。

日経平均は続伸スタート、2万7000円回復 米引き締め鈍化の思惑

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比219円11銭高の2万7211円32銭と続伸してスタートした。各国中銀による金融引き締めが鈍化するとの思惑から株高となった流れを好感し、寄り付きから心理的節目の2万7000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、きんでんが買い優勢 山形銀行は売り優勢 

<08:24> 寄り前の板状況、きんでんが買い優勢 山形銀行は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 きんでん 21% 1,90 1,89 1,90 1,56 0 9 0 5 2 ミスミグループ本社 21% 4,02 4,02 4,02 3,32 3 0 5 5 3 ウェザーニューズ 19% 9,42 9,42 9,43 7,93 5 0 0 0 4 上組 18% 3,27 3,27 3,27 2,76...

旧村上ファンド系、アークランズ株を5.06%保有=大量保有報告

旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)が、アークランズ(旧アークランドサカモト)株を共同保有者と合わせて5.06%保有していることが、関東財務局に4日提出した大量保有報告書で分かった。

ホットストック:アークランドが大幅続伸、配当予想増額を好感

アークランドサカモトが大幅に続伸している。2023年2月期の中間配当予想を1株当たり5円引き上げ20円にすると発表し、買いが先行した。前期実績は15円。完全子会社のビバホームを9月1日に吸収合併することを記念し、中間配当で記念配当5円を実施する。年間配当は40円(前期実績は35円)に引き上がる。

LIXILビバ、アークランドがTOB 完全子会社化へ

LIXILグループ<5938.T>は9日、上場子会社のLIXILビバ<3564.T>に対し、ホームセンター大手のアークランドサカモト<9842.T>が公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

アークランド、LIXILビバに1株2600円でTOB

ホームセンター大手のアークランドサカモトは9日、LIXILの子会社LIXILビバ株に対し、公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、短期的な売りサイン出現で休養欲する絵づらに

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、短期的な売りサイン出現で休養欲する絵づらに 日経平均・日足は「小陰線」。短い上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う典型的な「下影陰線」となった。高値 圏でこれが出現すると、短期的には売りサインとなるが、これまでの上昇が急だったために、休養を欲する 絵づらになったと言えよう。 ただ、終値は引き続き5日移動平均線(2万2888円47銭=9日現在)にサポートされた状態とな っている上、中長期的に弱気を示すサインは出ていないため、ここで休養した場合も、スピード調整で済む 可能性が高い。 <15:35> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、短期回転を狙った資金が人気銘柄に集中

<15:35> 新興株市場は堅調、短期回転を狙った資金が人気銘柄に集中 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場では「引き続き 短期回転を狙った資金が特定の人気銘柄に集中している」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズでは、アンジェス が商いを伴って堅調となったほか、オンコセラピー・サイエンス<4 564.T>がストップ高。ナノキャリア も連日のストップ高比例配分となり、サイバーセキュリティク ラウド も小じっかりだが、シルバーエッグ・テクノロジー は大幅安だった。 ジャスダックでは、システム ディ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、今後の感染者数を見極めたいとの声も

<14:30> 日経平均は弱もちあい、今後の感染者数を見極めたいとの声も 日経平均は弱もちあい。2万3000円を超えた水準で推移している。スピード警戒感や円高からさえ ない動きとなっているが、押し目には買いが入っているという。市場では「緊急事態宣言の解除から2週間 経過し、ここからの感染者数の推移が重要な材料になる。今後はそれを見極めたいとのムードになるのでは ないか」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)との声が出ていた。 <13:30> 日経平均はもみあい、海外勢の買いで下げ渋り 円高は引き続き重し 日経平均はもみあい、2万3000...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、海外勢の買いで下げ渋り 円高は引き続き重し

<13:30> 日経平均はもみあい、海外勢の買いで下げ渋り 円高は引き続き重し 日経平均はもみあい、2万3000円台近辺での推移となっている。ドル/円は現在108.00円付 近。市場では「後場の下げ渋りの背景には海外勢の買いがあるとみられるが、円高が重しとなり買い上がれ ない」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は反落、147円安 過熱感から利益確定売り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比147円33銭安の2万3030円77銭となり、反落 した。オーバーナイトの米国株式市場は続伸したものの、日経平均はここまでの...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反落、147円安 過熱感から利益確定売り

<11:50> 前場の日経平均は反落、147円安 過熱感から利益確定 売り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比147円33銭安の2万3030円77銭となり、反落 した。オーバーナイトの米国株式市場は続伸したものの、日経平均はここまでの急ピッチの上昇で過熱感が かなり強まっており、利益確定売りが先行した。為替のドル/円も一時108円を割り込み、円高基調が嫌 気された。 8日の米国株式市場は続伸し、ナスダック総合は終値で過去最高値を更新した。新型コロナウイルス流 行の打撃を受けた景気の早期回復を巡る期待を追い風に3月23日に付けた安値...

アークランド、LIXILビバにTOBへ 1株2600円前後で

ホームセンター大手のアークランドサカモト<9842.T>は9日、LIXILビバ<3564.T>株を1株2600円前後で公開買い付け(TOB)するとの一部報道を受け、同日の取締役会に「報道された買い付け価格水準でのTOB実施に関して付議する予定で、決定した場合は速やかに公表する」とのコメントを発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up