for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ニトリホールディングス

9843.T

現在値

14,165.00JPY

変化

-50.00(-0.35%)

出来高

237,600

本日のレンジ

14,055.00

 - 

14,230.00

52週レンジ

11,710.00

 - 

23,010.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
14,215.00
始値
14,115.00
出来高
237,600
3か月平均出来高
10.74
高値
14,230.00
安値
14,055.00
52週高値
23,010.00
52週安値
11,710.00
発行済株式数
113.01
時価総額
1,627,387.00
予想PER
16.87
配当利回り
0.98

次のエベント

Dividend For 9843.T - 73.0000 JPY

適時開示

その他

Nitori Holdings Co Ltd To Form Capital Tie-Up With Edion Corp

Japan's Nitori Holdings Completes Tender Offer For Shimachu

Shimachu Co Ltd - DCM's Tender Offer Bid For It Fails

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ニトリホールディングスとは

ニトリホールディングスは、主に家具・インテリア用品の販売事業を行う。【事業内容】同社は持株会社としてグループ経営管理を行う。連結子会社及び関連会社を通じて、家具・インテリア用品の販売、中古住宅の再生販売及び不動産賃貸事業を行う。子会社を通じて、ベトナムで家具を製造する。また、物流、広告・宣伝、保険代理等の事業も行う。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

1-2-39, Shinkotoni 7-jo, Kita-ku

SAPPORO-SHI, HKD

001-0907

Japan

+81.11.3306200

https://www.nitorihd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akio Nitori

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Toshiyuki Shirai

President, Chief Operating Officer, Director

Fumiaki Matsumoto

Executive Vice President, Chairman of Subsidiary, Director

Fumihiro Sudo

Executive Vice President, Chairman of Subsidiary, Director

Kazuyuki Hashimoto

Managing Executive Officer

統計

2.46 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.6K

2021

0.7K

2022

0.8K

2023(E)

0.9K
EPS (JPY)

2020

635.420

2021

817.010

2022

856.710

2023(E)

837.494
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.35
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.00
株価純資産倍率(四半期)
2.12
株価キャッシュフロー倍率
13.65
総負債/総資本(四半期)
16.04
長期負債/資本(四半期)
7.26
投資利益率(過去12カ月)
11.91
自己資本利益率(過去12カ月)
9.37

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:ニトリは5%高と急反発、決算発表通過で安心感 内需株物色も支え

ニトリホールディングスは5%高と急反発し、東証プライム市場の値上がり率上位に入っている。同社が1日発表した2022年3―5月期(2月21日―5月20日)の連結決算は、売上高が前年同期比0.6%増の2166億円、営業利益が同13.7%減の369億円となった。「投資家が想定していたよりも業績が悪化しておらず、決算通過の安心感で買いが入っているのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。

ニトリの3―5月期営業益13.7%減 円安や物流費増響く 値上げも検討

ニトリホールディングスが1日発表した2022年3―5月期(2月21日―5月20日)の連結決算は、売上高が前年同期比0.6%増の2166億円、営業利益が同13.7%減の369億円だった。急激な円安の進行や原油高に起因する輸入コストの上昇で採算が悪化し、減益となった。コスト増を吸収するため、一部値上げも検討する。

ニトリの3―5月期、営業益は13.7%減の369億円 通期は据え置き

ニトリホールディングスが1日発表した2022年3―5月期(2月21日―5月20日)の連結決算は、売上高が前年同期比0.6%増の2166億円、営業利益が同13.7%減の369億円だった。

焦点:円高水準の企業想定為替レート、市場の円安予想とギャップ

国内企業の多くが今年度の想定為替レートを実勢より15─20円近くドル安・円高水準に置いている。機械的・保守的な予想設定が多く、マーケット参加者の予想通り、このままドル高・円安で推移すれば、輸出企業は業績上振れの要因になる。ただ、一部の企業からは金融引き締めで米経済が減速し、円高になるとの見方も出ており、予断を許さない。

ホットストック:エディオンが買い気配、ニトリHDとの資本業務提携が手掛かり

エディオンが買い気配となっている。ニトリホールディングスと資本業務提携すると27日に発表し、手掛かりとなっている。経営資源を相互に活用し、企業価値の向上を図るという。ニトリHD株は小幅安となっている。

ニトリHD、エディオンと資本業務提携 10%出資へ

ニトリホールディングスは27日、エディオン株8.60%を取得し、資本業務提携すると発表した。LIXIL から約102億円で取得する。その後もエディオン株を追加取得し、所有割合を10%まで高める。

ホットストック:ニトリは年初来安値更新、計画未達を嫌気

ニトリホールディングスは3日続落し、連日で年初来安値を更新した。足元の株価は前営業日比2%超安の1万4900円近辺と2020年4月以来の水準を推移している。31日に発表した2022年2月期の連結営業利益は前年比0.4%増の1382億円と昨年12月に公表した1439億円の計画には未達だった。ニトリ事業は減収減益となったが、21年2月期に連結化した島忠の収益が上乗せとなり、全体では増収増益を確保した。

ニトリHD、23年3月期の連結営業利益は1506億円予想 変則決算

ニトリホールディングスは31日、2023年3月期(2月21日から3月31日)の連結営業利益が1506億円になるとの見通しを発表した。ニトリは、2月20日が決算期だったが、今期から3月31日に変更する。このため、今期は、2月21日から23年3月31日までの13カ月11日の変則決算となる。

今日の株式見通し=軟調、米株安を嫌気 ウクライナ停戦期待が後退

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が想定されている。ロシアとウクライナの停戦に進展の兆しがみられない中、米国市場で株安となった流れが嫌気されそうだという。円安の一服も重しになる。日本株は3月半ばから大幅高となったこともあり、利益確定や戻り売りが頭を抑えやすいとみられている。

上値重い、急ピッチの上昇は一服 企業業績の先行きに関心=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値の重い展開が予想されている。3月半ばから急ピッチで上昇してきたが、一段の上値を試すような材料を欠いている。週前半は需給要因による下支えが見込まれるものの、原油価格や米金利が高止まりする中、企業業績や経済への悪影響を巡る警戒感が次第に相場の重しになりそうだ。

上値重い、急ピッチの上昇は一服 企業業績の先行きに関心=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、上値の重い展開が予想されている。3月半ばから急ピッチで上昇してきたが、一段の上値を試すような材料を欠いている。週前半は需給要因による下支えが見込まれるものの、原油価格や米金利が高止まりする中、企業業績や経済への悪影響を巡る警戒感が次第に相場の重しになりそうだ。

日経平均は続落、オミクロン市中感染が重し 売買代金は今年2番目の少なさ

東京株式市場で日経平均は続落した。新型コロナウイルスの変異種「オミクロン株」への感染が世界的に広がっていることが嫌気された。ただ、年末休暇で海外勢不在の中、積極的な売買は手控えられた。全体的に見送りムードの強い相場となり、東証1部の売買代金は今年2番目の少なさとなった。

ホットストック:ニトリHDが年初来安値を更新、第3四半期営業利益が前年比9%減

ニトリホールディングスが4日続落し9%超安での推移となっている。年初来安値を更新し、現在東証1部の値下がり率第3位。前週末24日に発表した2022年2月期第3四半期(3─11月期)の連結決算で、営業利益が前年比8.9%減の1079億円と減益となったことなどが嫌気されている。

ホットストック:ニトリが続落、11月度の既存店売上高が7カ月連続減

ニトリホールディングスが続落している。11月度(10月21日─11月20日)の既存店売上高が前年同月比で7カ月連続減少したと24日に発表しており、嫌気する動きが先行した。

ホットストック:ニトリが4%超高、第1四半期は過去最高益

ニトリホールディングスが続伸し4%超高。30日発表した2022年2月期第1四半期(2021年3─5月)の連結決算で、純利益が前年同期比14%増の291億円と市場予想を上回り、第1四半期として過去最高を記録したことが好感されている。

値固め、経済正常化の思惑が支援 米金融政策への警戒も=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、値固めが見込まれる。国内での新型コロナウイルスワクチン接種の進展による経済正常化への思惑から底堅さが意識される一方、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策動向への警戒感も根強く、上値追いには慎重になりそうだ。

再送-値固め、経済正常化の思惑が支援 米金融政策への警戒も=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、値固めが見込まれる。国内での新型コロナウイルスワクチン接種の進展による経済正常化への思惑から底堅さが意識される一方、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策動向への警戒感も根強く、上値追いには慎重になりそうだ。

ホットストック:ニトリが買い気配、第1四半期の営業益が過去最高と報道

ニトリホールディングスが買い気配となっている。2021年3─5月期の連結営業利益が、前年同期比13%増の420億円程度になったことが分かったと日本経済新聞が23日付で報じ、好感する動きが先行している。新型コロナウイルス禍を受けた巣ごもり消費で家具や家電が売れ、同四半期として過去最高を更新したという。

ホットストック:ニトリHDは3%安、巣ごもり需要一巡感で利益確定先行

ニトリホールディングスが続落し、3%超安で推移している。午前9時33分現在、東証1部の値下がり率第3位に入っている。前日に2021年2月期(20年2月21日―21年2月20日)の連結営業利益が、前期比28.1%増の1376億円だったと発表したが、「巣ごもり需要の一巡感が意識され、売りが先行しているようだ」(国内証券)という。

ニトリHD、22年2月期は4.5%の営業増益見通し

ニトリホールディングスは31日、2022年2月期の連結営業利益が前期比4.5%増の1439億円となる見通しだと発表した。実現すれば、35年連続の増益達成となる。配当は、前期から17円増配の140円を予想する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up