for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社吉野家ホールディングス

9861.T

現在値

2,411.00JPY

変化

15.00(+0.63%)

出来高

186,800

本日のレンジ

2,394.00

 - 

2,428.00

52週レンジ

1,982.00

 - 

2,473.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,396.00
始値
2,427.00
出来高
186,800
3か月平均出来高
8.24
高値
2,428.00
安値
2,394.00
52週高値
2,473.00
52週安値
1,982.00
発行済株式数
64.67
時価総額
157,027.40
予想PER
49.51
配当利回り
0.41

次のエベント

Q1 2023 Yoshinoya Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Jollibee Foods Corp Will Establish A 50/50 Joint Venture With Yoshinoya International Philippines

Yoshinoya Holdings to postpone merger effective date to Dec. 1

Yoshinoya Holdings plans merger with unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社吉野家ホールディングスとは

吉野家ホールディングスは、国内・海外の吉野家事業、京樽事業、どん事業及びはなまる事業等を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントを通じて事業を展開する。吉野家事業は、日本国内における牛丼等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。はなまる事業は、日本国内におけるセルフ式讃岐うどん等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。アークミール事業は、ステーキ及びしゃぶしゃぶレストランの経営等を行う。京樽事業は、鮨のテイクアウト店及び回転寿司レストランの経営等を行う。海外事業は、米国・中国・アセアン等の地域において、牛丼等のファストフード店経営、セルフ式讃岐うどん等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。

業種

Restaurants

連絡先

1-20-1, Akabane-minami

CHUO-KU, TKY

103-0015

Japan

+81.3.56518800

https://www.yoshinoya-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasutaka Kawamura

President, President of Subsidiaries, Representative Director

Takeo Uzawa

Chief Director of Group Finance & Accounting

Toshiyuki Matsuo

Chairman of Subsidiary, Director

Norihiro Ozawa

Managing Director, Manager of Group Planning, Chief Executive Officer & President of Subsidiary

Masahide Ohmae

Executive Officer, Chief Director of Group Administration

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.2K

2021

0.2K

2022

0.2K

2023(E)

0.2K
EPS (JPY)

2020

11.040

2021

-116.090

2022

125.521

2023(E)

48.700
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.02
株価純資産倍率(四半期)
3.24
株価キャッシュフロー倍率
10.67
総負債/総資本(四半期)
87.54
長期負債/資本(四半期)
57.05
投資利益率(過去12カ月)
9.96
自己資本利益率(過去12カ月)
6.69

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-吉野家HD、不適切発言の役員解任 社長の報酬を減額

吉野家ホールディングスは19日、同社執行役員で子会社吉野家の伊東正明常務取締役企画本部長の解任を発表した。16日に開催された早稲田大学の社会人向け講座での不適切な発言を受けた対応で、18日に開催した臨時取締役会で決議した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を意識

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線を意識 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6985円09 銭。25日移動平均線(2万7224円94銭=19日)に上値を抑えられる一方、5日 線(2万6978円70銭=同)をわずかに上回った。当面は25日移動平均線を意識し た値動きとなりそうだ。 <15:45> 新興株はマザーズ総合が4日続落、大型株に売り 新興株は東証マザーズ総合が4日続落し、0.96%安の744.39ポイントだっ た。グロース市場の時価総額上位銘柄の下落が指数を押し下げた。市場では「為替の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が4日続落、大型株に売り

<15:45> 新興株はマザーズ総合が4日続落、 大型株に売り 新興株は東証マザーズ総合が4日続落し、0.96%安の744.39ポイントだっ た。グロース市場の時価総額上位銘柄の下落が指数を押し下げた。市場では「為替の変動 は一般的には新興株に与える影響は少ないものの、海外投資家が好む大型株にはマイナス のようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、メルカリ、フリー、ビジョナルが軟調となった 一方、オキサイド、ティーケーピーが買われた。 スタンダード市場では、メディアリンクス、大正製薬ホールディングス<458 1.T>が買われ、出前館...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はプラス圏で小動き、為替の変動で上値重い

<13:20> 後場の日経平均はプラス圏で小動き、為替の変動で上値重い 後場の日経平均は前営業日比150円超高の2万6900円台半ばを推移している。 値動きに乏しく、後場に入ってからの値幅は上下約54円。市場では、外為市場でのドル 高/円安進行が株価の上値を重くしているとの見方がある。「急速な円安局面では、イン フレ加速懸念で株安になりやすい。必ずしも輸出関連株が買われるという構図にはならな い」(国内証券)という。 ドルは一時127.96円まで上昇し、約20年ぶりの高値を更新した。 午後1時15分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆...

吉野家HD、不適切発言の役員を解任 

吉野家ホールディングスは19日、同社執行役員で子会社吉野家の伊東正明常務取締役企画本部長の解任を発表した。16日に開催された早稲田大学の社会人向け講座での不適切な発言を受けた対応で、18日に開催した臨時取締役会で決議した。

午前の日経平均は小反発、決算前に上値追い慎重 一時マイナス圏

19日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比31円11銭高の2万6830円82銭と、小幅に反発して午前の取引を終えた。朝方は高く始まったがマイナス圏に沈む場面もあり、方向感を欠いた。企業決算シーズンを控え、上値追いに慎重となった。

吉野家HD株は3%超安、常務取締役の発言が炎上

19日の株式市場で、東証プライム市場上場の吉野家ホールディングスは続落し3%超安。午前10時現在、東証33業種の小売業で値下がり率上位を推移している。16日に開催された早稲田大学の社会人向け講座での常務取締役の不適切発言が明らかになり、嫌気されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス、ファーストリテやソフトバンクGの下げが重し

   <10:20> 日経平均は一時マイナス、ファーストリテやソフトバンクGの下げ が重し 日経平均は上げ幅を徐々に縮小し、一時マイナス圏に沈んだ。市場では「企業決算や 連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、投資家は上値追いに慎重」(国内証券)との声 が出ている。その後は小高い水準に戻し、下げ渋っている。 指数寄与度の大きいファーストリテイリングやソフトバンクグループ<9984. T>が朝方に比べ下げ幅を拡大したりマイナスに転じ、指数の重しになっている。2銘柄で 指数を約75円押し下げている。市場では「商いが薄い中、短期資金の動きに振らされや...

寄り付きの日経平均は反発スタート、自律反発期待の買いが先行 ハイテクしっかり

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比296円78銭高の2万7096円49銭と、反発してスタートした。前日の下落からの自律反発を期待する買いが先行した形となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、福山通運が買い優勢 ジャパンベストレスキューは売り優勢 

<08:24> 寄り前の板状況、福山通運が買い優勢 ジャパンベストレスキュー は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気 終値 率 配 配 1 福山通運 13% 3,798 3,795 3,800 3,350 2 キトー 11% 1,835 1,835 1,835 1,650 3 チャーム・ケア 9% 1,310 1,309 1,310 1,196 4 ブルドックソース 9% 2,098 2,098 2,098 1,921 5...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 東南アジア株式市場はおおむね下落。米アップルと米アマゾン・ドット・コ ムの決算を嫌気した米株安が圧迫した。 フィリピン市場は1カ月ぶりの大幅安。吉野家ホールディングスと共同で国内に50店舗を開 設すると発表した外食大手のジョリビー・フーズが大きく下落。ジョリビーはこれまでにハンバー ガーやコーヒーのチェーンを買収してきたが、バランスシートの重しとなっているため、投資家に嫌気され た。 中国株式市場は反発。生活必需品株やIT(情報技術)株が買われた。一方、不動産株は週間ベース...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、75日線上回り上昇うかがう

<16:10> 日経平均・日足は「中陽線」、75 日線上回り上昇うかがう 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値(2万8550円 93銭=14日)は75日移動平均線(2万8523円02銭=同)を上回り、地合いの 好転が意識された。当面は75日移動平均線を挟んだ動きとなりそうだ。 <15:50> 新興株市場は反発、米ナスダック高でマザーズ銘柄はしっかり   新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が、いずれも反発した。マ ザーズ市場は米国株市場でナスダックが上昇した流れを好感し、IT関連株を中心に買い 戻...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、米ナスダック高でマザーズ銘柄しっかり

<15:50> 新興株市場は反発、米ナスダック高でマザーズ銘柄しっかり   新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が、いずれも反発した。マ ザーズ市場は米国株市場でナスダックが上昇した流れを好感し、IT関連株を中心に買い 戻しが先行した。市場では「海外投資家もマザーズ銘柄の割安感に注目し、買いを入れて いるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.79%高だった。個別では、グローバルウェイ<3936. T>がストップ高比例配分となったほか、ENECHANGE 、リベロ な ども買われた。半面、プロジェクトカンパニー...

東京株式市場・大引け=反発、400円超高 ハイテク株に買い戻し 

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株 式市場でS&P総合500種とナスダック総合が上昇した流れを引き継ぎ、東京市場でも 値がさハイテク株を買い戻す動きが活発化した。日経平均は400円を超す上昇となった 。 TOPIXは前営業日比0.67%高の1986.97ポイント。東証1部の売買代 金は2兆5647億1800万円。東証33業種では、水産・農林業、精密機器、電気機 器などの21業種が値上がり。半面、海運業、鉄鋼、石油・石炭製品などの12業種が値 下がりした。 日経平均は朝方に高く始まった後も上げ幅を拡大し、436円40銭高の2万...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万8500円近辺で小動き、様子見ムード強まる

<14:35> 日経平均は2万8500円近辺で小動き、様子見ムード強まる 日経平均は後場寄り後に間もなく高値をつけた後は2万8500円近辺での小動きと なっている。 午後2時30分現在の東証1部の売買代金は1兆9588億9000万円。東証1部 の売買代金は前日までの3日連続で3兆円を下回る水準での商いとなっており、市場では 「景気減速など複数の懸念材料がある中、状況を見極めたいとして様子見ムードが強まっ ている」(国内証券)などの声が聞かれる。 東証33業種では、水産・農林業、精密機器、その他製品などの21業種が値上がり 、海運業、鉱業...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時上げ拡大、ハイテク株に買い 短期的動きとの見方

<13:28> 日経平均は一時上げ拡大、ハイテク株に買い 短期的動きとの見方 日経平均は後場に入って一時、上昇幅を拡大した。2万8520円付近を通る75日 移動平均線を上回り、100日線(2万8600円付近)に接近する場面もあった。 ハイテク株の一角が買われ、指数が押し上げられた。「個人投資家による循環物色の 一環で、短期的な動きだろう」(国内証券)との見方が聞かれる。足元の東証1部の値上 がり銘柄数が884なのに対して値下がりは1222と値下がりのほうが多く「本格的な 見直しが広がる感じではない」(別の国内証券)という。 <11:50...

午前の日経平均は反発、米ハイテク株高を好感

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比285円62銭高の2万8425円90銭と反発した。米国市場でのハイテク株高を好感する形で朝方に高く始まった後、高値圏でのもみあいが続いた。

ホットストック:吉野家が上昇率2位、経常予想上方修正と株主優待見直しを受け

吉野家ホールディングスが大幅上昇となっている。午前9時20分現在、東証1部の値上がり率ランキングで第2位。前日に発表された2022年2月期通期業績見通しで経常利益と当期利益を上方修正したほか、株主優待の見直しを受けて買い優勢で始まった。

ボックス圏で推移、感染再拡大を警戒=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、ボックス圏内での展開が想定されている。2日発表された米雇用統計では、雇用者数の伸びが市場予想を上回ったものの、新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒されており、全般的に上値を追いづらい。7月下旬の4─6月期決算発表の本格化を前に様子見が強まりやすい中、引き続き感染拡大の動向を注視した動きとなりそうだ。

ボックス圏での展開、感染再拡大を警戒=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、ボックス圏での展開が想定されている。2日発表の米雇用統計の結果次第では強い基調が期待できるものの、新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒されており、全般的に上値を追いづらい。7月下旬の4─6月期決算発表の本格化を前に様子見が強まりやすいなか、引き続き感染拡大の動向を注視した動きとなりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up