for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社吉野家ホールディングス

9861.T

現在値

2,633.00JPY

変化

-78.00(-2.88%)

出来高

1,691,600

本日のレンジ

2,605.00

 - 

2,714.00

52週レンジ

1,669.00

 - 

3,050.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,711.00
始値
2,711.00
出来高
1,691,600
3か月平均出来高
14.48
高値
2,714.00
安値
2,605.00
52週高値
3,050.00
52週安値
1,669.00
発行済株式数
64.61
時価総額
171,486.10
予想PER
--
配当利回り
0.76

次のエベント

Dividend For 9861.T - 10.0000 JPY

適時開示

その他

Yoshinoya Holdings to postpone merger effective date to Dec. 1

Yoshinoya Holdings plans merger with unit

Yoshinoya Holdings to buy 66.5 percent stake in SETAGAYA

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社吉野家ホールディングスとは

吉野家ホールディングスは、国内・海外の吉野家事業、京樽事業、どん事業及びはなまる事業等を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントを通じて事業を展開する。吉野家事業は、日本国内における牛丼等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。はなまる事業は、日本国内におけるセルフ式讃岐うどん等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。アークミール事業は、ステーキ及びしゃぶしゃぶレストランの経営等を行う。京樽事業は、鮨のテイクアウト店及び回転寿司レストランの経営等を行う。海外事業は、米国・中国・アセアン等の地域において、牛丼等のファストフード店経営、セルフ式讃岐うどん等のファストフード店経営及びフランチャイズ店舗への経営指導等を行う。

連絡先

1-20-1, Akabane-minami

+81.3.56518800

https://www.yoshinoya-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasutaka Kawamura

President, President of Subsidiaries, Representative Director

Takeo Uzawa

Executive Officer, Chief Director of Group Finance & Accounting

Tetsuya Naruse

Chairman & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Director

Toshiyuki Matsuo

Managing Director

Kojiro Idei

Executive Officer

統計

3.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.2K

2018

0.2K

2019

0.2K

2020(E)

0.2K
EPS (JPY)

2017

19.350

2018

23.110

2019

-92.940

2020(E)

13.433
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.81
株価純資産倍率(四半期)
3.50
株価キャッシュフロー倍率
34.11
総負債/総資本(四半期)
105.04
長期負債/資本(四半期)
74.16
投資利益率(過去12カ月)
-3.05
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.15

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:吉野家HDは大幅反落、上方修正も材料出尽くし感

吉野家ホールディングスは大幅反落。午前10時07分現在、東証1部の値下がり率上位4位。市場からは「決算の内容はよかったものの、上方修正を先読みする買いが以前から入っており、株価は前日の段階で上場来高値を更新。きょうは材料出尽くしで売られている。マーケット全体が過熱していて、警戒感があることも影響している」(国内証券)との声が出ていた。

吉野家HD、通期連結予想を上方修正 増税後も既存店売上高好調

吉野家ホールディングス<9861.T>は10日、2020年2月期連結業績予想を上方修正すると発表した。売上高は従来予想を70億円上回る2150億円に、営業利益は26億円上回る36億円に引き上げた。純利益は構造改革費用の影響などを精査中のため、1億円に据え置いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:15> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3853円52銭=24日 )に上値を抑えられた一方、10日移動平均線(2万3812円58銭=同)が下値サポートとして機能し た。市場からは「SQ算出日(12月13日)に急伸した後のガス抜きをしているイメージ。積極的な上値 追いは見られない一方、下値ではショートカバーが入る」(国内証券)との声が出ていた。 <15:03> 新興株市場は反発、マザーズ指数は1%超高 個人の買い  新興株市場で、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、マザーズ指数は1%超高 個人の買い

<15:03> 新興株市場は反発、マザーズ指数は1%超高 個人の買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「海外を中心 に大口投資家は休暇に入っているが、国内個人投資家による小型株への物色が継続している。火種は消えて いない」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、アンジェス が堅調。ネクストジェン が一時ストップ高。デ・ウエスタン・ セラピテクス研究所 が年初来高値更新した。半面、トゥエンティーフォーセブン がストッ プ安比例配分。このほかスペースマーケット 、フリー 、ユナイトアンドグロウ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、商い低調 中小型株の一角に買い

<14:35> 日経平均は小動き、商い低調 中小型株の一角に買い  日経平均は2万3800円台前半で小動き。午後2時30分現在、東証1部の売買代金は9552億円 と商いは低調。値幅も上下57.21円にとどまっている。 市場からは「全体的に相場の動きはないものの、個別では逆日歩が発生している中小型の一角が堅調に 推移している」(証券ジャパン・調査情報部副部長、野坂晃一氏)との指摘もあった。 <11:45> 前場の日経平均は小反落、売買代金は今年最低を下回るペース 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比12円56銭安の2万3808円55...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=10日

44.11%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 マネックスグループ -16.44 02 KLab -12.84 03 トランザクション -12.80 04 明和産業 -12.17 05 ノーリツ鋼機 -12.09 06 enish -11.93 07 プロパティエージェント -11.08 08 CE HLDG -11.03 09 千趣会 -9.34 10 TOKYO BASE -9.15 11 テモナ -9.05 12 レイズネクスト -8.96 13 ライトオン -8.80 14 日本ギア工業 -8.51 15 シード -8.04...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=9日

35.24%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 マネックスグループ -16.93 02 ノーリツ鋼機 -12.65 03 明和産業 -11.84 04 KLab -11.31 05 テモナ -10.10 06 日本ギア工業 -9.86 07 enish -9.66 08 SBI HLDG -8.64 09 大塚HLDG -8.35 10 ネクソン -8.25 11 千趣会 -8.06 12 プロパティエージェント -7.98 13 レイズネクスト -7.78 14 CE HLDG -7.60 15 ダイヤモンドエレクトリッ -7.57...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=8日

32.87%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 enish -14.93 02 マネックスグループ -14.87 03 明和産業 -13.51 04 KLab -11.91 05 ノーリツ鋼機 -11.62 06 日本ギア工業 -10.13 07 中国工業 -9.40 08 レシップHLDG -8.74 09 テモナ -8.00 10 プロパティエージェント -7.99 11 中広 -7.98 12 ダイヤモンドエレクトリックH -7.67 D 13 SBI HLDG -7.65 14 レイズネクスト -7.63 15 幸楽苑HLDG...

日経平均は反落、米中通商協議を控え薄商い

東京株式市場で日経平均は反落。前週末の米国株式市場は大幅続伸したものの、日本株への影響は限定的だった。今週米ワシントンで開催される米中通商協議を見極めたいとして全体的に様子見ムードとなり、東証1部の売買代金も1兆5251億8600万円にとどまった。

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=7日

45.75%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 マネックスグループ -15.59 02 明和産業 -14.27 03 enish -14.23 04 ノーリツ鋼機 -13.79 05 ジャパンディスプレイ -12.06 06 KLab -11.47 07 日本ギア工業 -11.04 08 幸楽苑HLDG -10.65 09 中国工業 -10.51 10 プロパティエージェント -9.83 11 千趣会 -9.56 12 フリービット -9.51 13 日工 -9.05 14 システムリサーチ -8.78 15 中広 -8.66 (...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日移動平均線がサポート

<15:41> 日経平均・日足は「小陰線」、75日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。ローソク足は相場の弱もちあいを表している。75日 移動平均線(2万1285円80銭=7日)や一目均衡表の基準線(2万1308円34銭=同)がサポー トとして意識される一方、25日移動平均線(2万1544円77銭=同)や5日移動平均線(2万155 8円21銭=同)が上値を圧迫している。 25日線や75日線は右肩上がりで、中期的な上昇トレンドは崩れていない。52週移動平均線(2万 1319円63銭=同)を上回る水準をキープできるかも...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ワークマンは上場来高値

<15:10> 新興株市場はまちまち、ワークマンは上場来高値  新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反落となった。米中 通商協議の先行きが不透明な中、外部環境に左右されにくい銘柄が物色された。ワークマン は株式 分割考慮後の上場来高値を更新した。 ジャスダック市場では、リバーエレテック はストップ高比例配分。クラスターテクノロジー< 4240.T>は一時ストップ高。ビーマップ は大幅続伸した。半面、日本エマージェンシーアシスタン ス は大幅反落。オンキヨー なども売られた。 マザーズ市場では、ピーバンドットコム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で小動き、薄商い続くなか様子見

<14:00> 日経平均はマイナス圏で小動き、薄商い続くなか様子見 日経平均はマイナス圏で小動き。2万1300円台半ばで推移している。前場に続き薄商いで、午後2 時現在、東証1部の売買代金は1兆円割れの状態が続いている。市場からは「今週10、11日は米中通商 協議、来週15日には対中関税拡大を控えている。米中協議で何か決まったとしても、日本は取引時間外で 、週明け14日も体育の日で休場。非常に動きづらく、様子見ムードにならざる得ない」(国内銀行系証券 )との声が出ていた。後場の値幅は上下23円程度にとどまっている。 <11:50> 前場...

前場の日経平均は反落、商い低調で全体的に模様眺め

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比63円57銭安の2万1346円63銭となり、反落した。前週末の米国株式市場は上昇したものの、10、11日に予定される閣僚級の米中通商協議を見極めたいとの見方から全体的に模様眺めとなった。米中通商協議が難航しているとの一部報道も嫌気されている。東証1部の売買代金は7092億0900万円と低調だった。

ホットストック:吉野家が連日の新高値、上半期予想の上方修正を好感

吉野家ホールディングスが連日の年初来高値更新となっている。午前9時15分現在、東証1部で値上がり率第3位。前週末に、上半期の業績見通しを大幅上方修正したことが好感されている。

アングル:変わるか価格設定手法、ダイナミックプライシングで変動受け入れも

日本では、長年にわたる物価低迷の出口がまだみえない。10月には消費税の増税も控えており、消費者は以前にも増して価格に敏感になっている。こうした中、企業は値上げが受け入れられやすい環境づくりに知恵を絞っている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=24日

0.10%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ラクスル 29.11 02 ネクソン 29.87 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=10日

1.85%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ランドビジネス 17.13 02 かんぽ生命保険 20.71 03 電気興業 22.48 04 OSJB HLDG 24.46 05 エステー 24.92 06 王子HLDG 25.36 07 レイズネクスト 25.61 08 住友ベークライト 25.70 09 伊藤園 優 25.87 10 昭和電工 26.52 11 三井化学 26.63 12 エア・ウォーター 26.72 13 信越ポリマー 27.16 14 オービック 27.30 15 東海カーボン 27.35 (*):RSIが70...

日経平均は小反落、FRB議長の議会証言待ちで様子見

東京株式市場で日経平均は小反落した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を前に手控えムードが強く、2万1500円台を中心に方向感なく推移した。朝方に安く始まった後、為替の円安を支えにプラス転換したが、ドル/円が109円台に乗せきれずに失速。上海株の弱含みも眺めて日経平均は再びマイナス圏に沈んだ。ファナック<6954.T>など設備投資関連株の下落も重しになった。

ホットストック:吉野家HDが反発、19年3―5月期は黒字転換

吉野家ホールディングスが反発している。同社は9日、2019年3―5月期の連結純利益が10億9700万円(前年同期は3億8800万円の赤字)になったと発表した。黒字転換を好感する買いが先行した。3月に牛丼の新サイズ「超特盛」などを導入し、既存店売上が好調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up