for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

因幡電機産業株式会社

9934.T

現在値

2,739.00JPY

変化

-2.00(-0.07%)

出来高

85,000

本日のレンジ

2,719.00

 - 

2,749.00

52週レンジ

2,416.00

 - 

2,860.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,741.00
始値
2,741.00
出来高
85,000
3か月平均出来高
1.52
高値
2,749.00
安値
2,719.00
52週高値
2,860.00
52週安値
2,416.00
発行済株式数
55.79
時価総額
154,644.50
予想PER
--
配当利回り
3.65

次のエベント

Q3 2023 Inaba Denki Sangyo Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Inaba Denki Sangyo Co Ltd - To Buy Back Up To 1.0% Of Shares Worth 1.5 Billion Yen

Inaba Denki Sangyo Co To Buy Back Up To 350,000 Shares Worth 1.3 Billion Yen Through Feb 28

Inaba Denki Sangyo unit to merge with KASUGA ELECTRIC WORKS

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

因幡電機産業株式会社とは

因幡電機産業グループは、電設資材及び制御機器等の卸販売並びに空調部材等の製造販売を事業活動として展開する。【事業内容】同社は3つの事業セグメントを通じて事業を行う。電設資材事業は、電線ケーブル類、照明器具、受配電設備等の卸販売を行う。産業機器事業は、センサー、ファクトリーオートメーション(FA)機器、電子機器等の卸販売を行う。自社製品事業は、ペアコイル、スリムダクト、表示灯・回転灯等の製造販売を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

4-11-14, Itachibori, Nishi-ku

OSAKA-SHI, OSK

550-0012

Japan

+81.6.43911781

https://www.inaba.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshihiro Moriya

Chairman of the Board, Representative Director

Seiichi Kita

President, Chief Director of Technology, Director

Masayuki Tamagaki

Executive Officer, Manager of Business Planning Office

Tadao Endo

Executive Officer

Kazumi Horike

Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
11.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.51
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
10.08
総負債/総資本(四半期)
0.26
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
9.10
自己資本利益率(過去12カ月)
6.29

最新ニュース

最新ニュース

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> 社名 RIC 株数 自己株 金額(上限) 取得期間 立会外取 1株当 除く株 引/公開 たり 式総数 買い付け 取得 に対す 価格 る% ヤマザワ 17万株 1.56 2億5000万円 12/1─2023/2/20 因幡電機産業 55万株 1 15億円 11/29─2023/2/28 佐田建設 22万株 1.42 1億円 11/29─2023/3/24 タカラスタンダード 290万株 3.97 43億5000万円 8/3─2023/2/24 プラザクリエイト...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意 日経平均・日足は上下に比較的長めのヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6 246円31銭と急反発。前日の長い下ヒゲが下方硬直性が強いと思わせたほか、売られ 過ぎを示唆する指標も多く、突っ込み警戒感から自律的に切り返した格好だ。上ヒゲが重 さを多少感じさせながらも、足そのものは強さを示している。 もっとも、今回のパターンは「下放れタスキ」で、典型的な追撃売りのサイン。見た 目は相場反転を期待させるが、教科書通りの展開となるのであれば今回の上昇は「アヤ戻 し」になる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ

<15:10> 新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ 新興株式市場は、買い優勢の展開。マザーズ総合が前営業日比で4.06%高の64 0.35ポイントと5日ぶりに反発した。前日は同指数が連日の年初来安値更新となるな ど、地合いの悪化が極まった感もあったが、そうした中で売り飽き感が台頭。「プライム 市場の上場も追い風もなり、買いが入るようになった」(国内証券)という。そうした中 、直近IPOの堅調さが目立つ。 個別では、トリプルアイズ、ENECHANGEがストップ高とな ったほか、ANYCOLORが大幅高。フリーもしっかりだが...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、米株先物高追い風に 買い戻しが活発化

<14:20> 日経平均は上値追い、米株先物高追い風に 買い戻しが活発化 日経平均は後場終盤に入ってからも勢いは止まらず、引き続き上値追いの展開。2万 6400円前後で推移し、前日比600円を超す上昇となっている。時間外取引で米株先 物が堅調に推移していることが追い風となり、伸び悩む気配は感じられない。 市場では「売られ過ぎの反動とも言えるが、これだけ戻りが速いと下値で売り込んだ 向きが慌てるのは確か。買い戻しが活発化している」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:52> 日経平均は後場も上げ幅拡大、500円超高 半導体関連の一角が一...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場も上げ幅拡大、500円超高 半導体製造装置の一角が一段高

<12:52> 日経平均は後場も上げ幅拡大、500円超高 半導体関連の一角が一 段高 日経平均は後場も上げ幅を拡大しており、500円超高の2万6300円台での推移 となっている。値がさの東京エレクトロンやアドバンテストといった半 導体製造装置の一角が後場に一段高となっている。 その他の業種では、海運業や鉱業、石油・石炭製品、輸送用機器などが上値を伸ばし ている。 時間外の米株先物が徐々に上値を伸ばしており「欧州株高から米株先物高へと、良い 流れがつながっている」(国内証券)との受け止めが聞かれる。 <11:48> 日経平均は大幅反発、欧州株高...

日経平均、午前は大幅反発、欧州株高が支援

21日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比453円93銭高の2万6225円15銭と大幅に反発した。欧州株高を支えに、自律反発を期待した買いが先行した。その後も、米株先物が堅調に推移する中、徐々に上値を伸ばした。東証の全33業種が上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、自律反発期待と世界景気への警戒が綱引き

<10:56> 日経平均は上げ幅拡大、自律反発期待と世界景気への警戒が綱引き 日経平均は上げ幅を拡大し、足元では約470円高の2万6200円台半ばで推移し ている。 10日からの下落局面で2000円超値下がりしており、欧州株高となる中で自律反 発を期待した買いが先行した。25日移動平均線からの乖離率は前日にマイナス4.7% となり「目安とされるマイナス5%に接近し、短期的な売られすぎが意識されやすい」( 国内証券)という。 前日は400円超下落した後に下げ渋り、約190円安に下げ幅を縮小して引けた。 下値めどと意識された5月12日安値(...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、400円高 景気敏感株に買い戻し

<10:04> 日経平均は上げ幅拡大、400円高 景気敏感株に買い戻し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約400円超高の2万6100円台後半で推 移している。前日下げが目立った景気敏感セクターを中心に買い戻しが入っている。 市場では、「時間外取引の米株先物が大幅に反発し、投資家心理の改善につながって いるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。目先の日経平均は、米国を中心としたイン フレや金融政策の動向を見極めながらボラティリティーの高い状況が続くと見込まれてい るが「今日に関しては、プラス圏で堅調に推移するのではないか」(同)との見方...

寄り付きの日経平均は反発、2万6000円回復 幅広い業種に買い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比299円70銭高の2万6070円92銭と、反発してスタートした。前日の欧州株高の流れを引き継ぎ堅調に推移し、節目の2万6000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、大気社が買い優勢 荏原実業は売り優勢

<08:22> 寄り前の板状況、大気社が買い優勢 荏原実業は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 大気社 23% 3,76 3,76 3,76 3,06 5 5 5 5 2 象印マホービン 18% 1,64 1,64 1,64 1,39 5 4 5 6 3 サトーHLDG 17% 2,14 2,14 2,14 1,82 0 0 0 4 4 リズム 16% 1,95 1,94 1,95 1,67 0 9...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ジェイテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.31%にあたる5 0万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から8月 31日。 ・ブティックス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.0%にあたる20 万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から12月 31日。 ・四国化成工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.6%にあたる90 万株、取得総額13億0860万円を上限とする自社株買...

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・因幡電機産業 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.9%にあたる55 万株、取得総額15億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は12月6日から2 022年1月12日。 ・BEENOS 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.6%にあたる20 万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月30日から2 022年1月31日。 ・ミマキエンジニアリング 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.71% にあたる80万株、取得総額...

22日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

22日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・因幡電機産業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.2%にあたる65 万株、取得総額15億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月24日から3 月24日。 ・東亜建設工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.63%にあたる1 30万株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月24日か ら9月22日。 ・四国銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.3%にあたる100万 株、取得総額7億3600万円を上限とする自社株買...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up