for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太洋物産株式会社

9941.T

現在値

1,825.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

363.00

 - 

2,547.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,825.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.68
高値
--
安値
--
52週高値
2,547.00
52週安値
363.00
発行済株式数
1.60
時価総額
3,095.21
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2022 Taiyo Bussan Kaisha Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Taiyo Bussan Kaisha appoints Avantia GP as corporate auditor

Taiyo Bussan Kaisha says Ernst & Young ShinNihon LLC to retire from co's corporate auditor

Taiyo Bussan Kaisha raises 150.2 mln yen via private placement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太洋物産株式会社とは

太洋物産グループは中国における国内製品製造販売、同社商品の輸入販売を行う。【事業内容】同社はその他の関係会社を通じ、不動産の管理及び保険代理業を行う。同社は5つの事業を運営する。食料1部事業は牛肉を含む。食料2部事業は鶏肉を含む。総合食品部事業は加工食品を含む。営業開拓部事業は車輌及び部品・大豆・化学品を含む。生活産業部事業は豚肉を含む。

業種

Crops

連絡先

5F

Kaisei Bldg., 3-5, Ichigayasadohara-cho

SHINJUKU-KU, TKY

162-0842

Japan

+81.3.59468000

https://www.taiyo-bussan.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shigeru Kashiwabara

President, Representative Director

Norio Fukunaka

Executive Director

Toshio Miyauchi

Executive Officer, General Manager of General Affairs Unit

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
23.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.19
株価純資産倍率(四半期)
29.77
株価キャッシュフロー倍率
24.37
総負債/総資本(四半期)
5,923.40
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
79.58
自己資本利益率(過去12カ月)
1.49

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、アイランドリバーサルを警戒

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、アイランドリバーサルを警戒 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「小陰線」。「はらみ線 」を引いた後に大きなマドを空けて下放れたほか、5日移動平均線(3万0368円98 銭=21日現在)が下向きに転じるなど、調整色を深める動きとなっている。しばらく買 いポジションを続けていたパラボリックも売り転換した。 翌日もマドを空けて、その上限値が8日安値2万9787円13銭を下回った場合、 チャートの形状は調整長期化を示唆する「アイランド・リバーサル」となるため、テクニ カル面では正念場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、先駆した銘柄に売り急ぐ動き

<15:10> 新興株式市場は反落、先駆した銘柄に売り急ぐ動き 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では 「地合いの悪化とともに先駆した銘柄に売り急ぐ動きが目立った」(国内証券)との声が 聞かれる。 マザーズ総合は、前営業日比2.27%安。個別では、メルカリ が売り優勢 となったほか、HENNGE 、Enjin などが軟調だった。半面、プ レミアアンチエイジング 、Birdman などが続伸した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.49%安。個別では、オリエンタルコンサル タンツホールディングス 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日平均線を上回り安心感

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、5日平均線を上回り安心感 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。前日に「中陰線」で「抱き線」 となった形状が目先調整の可能性を示唆したものの、今回描いた「はらみ線」は多少の気 迷いを表すとともに、弱気を後退させる動きでもあり、強い基調を維持した格好となって いる。前日下回った5日移動平均線(3万0490円51銭=17日現在)を上回ったこ とも買い安心感を誘うところだ。 当面の上値の目安としては、14日に付けた年初来高値3万0795円78銭が注目 されるが、これを抜くためには高値警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反発、直近の下落銘柄に押し目買い流入

<15:10> 新興株式市場は反発、直近の下落銘柄に押し目買い流入 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場では 「前日は1部市場に逃げた資金が戻った様子で、直近に下落した銘柄に押し目買いが流入 している様子だ」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は、前営業日比2.09%高。個別では、インティメート・マージャー がストップ高となったほか、プレミアアンチエイジング が商いを伴い続 騰、Birdman も大幅高。グローバルウェイ 、Enjin もしっかり。半面、イーエムネットジャパン がさえない。 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、上値抵抗線のトライする形に

<15:45> 日経平均・日足は「大陽線」、上値抵抗線のトライする形に 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。前日までのもたつきを 一変させるような、強い基調を明確に示す足を引き、先高期待を膨らませている。2月以 降描いてきた右肩下がりの上値抵抗線にトライする形となり、これを上回れば、さらなる 戻りを演じることになりそうだ。 当面の目標としては、この上値抵抗線とほぼ同じ水準にある一目均衡表「雲」領域の 下限値(2万8177円57銭)、さらには200日移動平均線(2万8261円33銭 =31日現在)などが注目。これらを上回...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、地合いの好転が顕著に

<15:10> 新興株式市場はしっかり、地合いの好転が顕著に 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はいずれも続伸 した。市場では「値幅取りの動きが活発化しており、一時期に比べて地合いの好転が顕著 になってきた」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.86%高。個別では、グローバルウェイ 、A I inside などがストップ高となったほか、プレミアアンチエイジング<4 934.T>、QDレーザ なども高いが、HENNGE 、Enjin 、すららネット などが反落した。 日経ジャスダック平均は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線がGCを鮮明に

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線がGCを鮮明に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。いったん下回った5日移動 平均線(2万7725円92銭=30日現在)と25日移動平均線(2万7676円36 銭=同)を終値がいずれも上回るとともに、両線がゴールデンクロス(GC)を鮮明に描 くなど、基調の強さを感じさせている。 ただ、上位にある200日移動平均線(2万8241円41銭=同)まで距離を残し ており、値幅を考える上では自律反発の域を出ていない。終値は右肩下がりの上値抵抗線 に到達しつつあるため、チャート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、直近の人気銘柄に値幅取りの動き

<15:10> 新興株式市場はしっかり、直近の人気銘柄に値幅取りの動き 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はいずれも反発 した。市場では「直近の人気銘柄に値幅取りの動きが活発化している。地合いは徐々に好 転してきたようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したは公開価格を15.03%下回る3560円で初 値を付け、その後も軟調な展開となった。 マザーズ総合は前営業日比2.02%高。個別では、前日に公開価格を下回る初値を 付けたジェイフロンティア がストップ高となったほか、HENNGE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「十字線」、気迷い 5日線が上値抑える

<16:08> 日経平均・日足はほぼ「十字線」、気迷い 5日線が上値抑える   日経平均・日足は、ほぼ「十字線」。上ヒゲ・下ヒゲともに相対的に長く、投資家の気迷いを表してい る。前日に続き5日移動平均線(2万0507円09銭=28日)で上値を抑えられた。 「米国のダウ平均株価 は節目の2万5500ドル近辺を維持しているが、ここを割り込んでくる ようだと、日本株も下値を模索する可能性が高い」(国内証券)との声が聞かれた。その場合、日経平均は 8月6日につけた直近安値(2万0110円76銭)を割り込み、2万円をうかがう展開もあり得るという...

再送-〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、豪雨関連や直近IPO銘柄には買い

(時間を修正しました) [東京 28日 ロイター] - <15:52> 新興株市場は軟調、豪雨関連や直近IPO銘柄には買い 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均が6日続落、東証マザーズも3日続落となった。流動性が低 い新興株は軟調だったが、九州豪雨に絡んで復旧関連銘柄が物色されたほか、直近IPO銘柄への買いも目 立った。 ジャスダック市場ではアテクト 、カルナバイオサイエンス 、太洋物産 などが 大幅安。ワークマン が上昇。九州地方の豪雨に絡み、インフラの復旧需要増加への思惑から麻生フ オームクリート やヤマウ なども買われた。 マザーズ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up