for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリング

9983.T

現在値

63,330.00JPY

変化

-870.00(-1.36%)

出来高

606,600

本日のレンジ

63,230.00

 - 

64,310.00

52週レンジ

47,040.00

 - 

70,230.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
64,200.00
始値
64,060.00
出来高
606,600
3か月平均出来高
10.09
高値
64,310.00
安値
63,230.00
52週高値
70,230.00
52週安値
47,040.00
発行済株式数
102.07
時価総額
6,809,929.00
予想PER
37.32
配当利回り
0.75

次のエベント

Dividend For 9983.T - 250.0000 JPY

適時開示

その他

Fast Retailing's Yanai says no strategy change in South Korea

Fast Retailing Says Dinesh Tandon To Become CEO Of Subsidiary Theory Effective April 1

Fast Retailing's Dec Uniqlo Domestic Same-Store Sales Up 5.2 Pct Y/Y

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリングとは

ファーストリテイリンググループは、主に衣料品事業を展開する。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。国内ユニクロ事業は、日本で「ユニクロ」のブランドで男性・女性・児童衣料品等のカジュアル衣料品及びその他の商品の販売を行う。海外ユニクロ事業は、海外で「ユニクロ」のブランドでカジュアル衣料品の販売を行う。ジーユー事業は、「ジーユー」のブランドで国内・海外においてカジュアル衣料品の販売を行う。グローバルブランド事業は、「セオリー」、「コントワー・デ・コトニエ」、「プリンセス タム・タム」、「プラステ」及び「J BRAND」等のブランドで国内・海外において衣料品の企画、販売及び製造事業を行う。また、不動産賃貸業等も行う。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

717-1, Sayama

+81.3.68650050

https://www.fastretailing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tadashi Yanai

Chairman of the Board, President, Group Chief Executive Officer, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Takeshi Okazaki

Chief Financial Officer, Group Senior Executive Officer, Director

Takuya Jimbo

Group Senior Executive Officer

Takahiro Kinoshita

Group Senior Executive Officer

Yoshihiro Kunii

Group Senior Executive Officer

統計

2.85 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.9K

2018

2.1K

2019

2.3K

2020(E)

2.4K
EPS (JPY)

2017

1,169.700

2018

1,517.710

2019

1,593.200

2020(E)

1,749.566
株価売上高倍率(過去12カ月)
41.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.00
株価純資産倍率(四半期)
6.63
株価キャッシュフロー倍率
27.33
総負債/総資本(四半期)
92.48
長期負債/資本(四半期)
81.89
投資利益率(過去12カ月)
10.17
自己資本利益率(過去12カ月)
7.44

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、気迷い生じ引き続き正念場に

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、気迷い生じ引き続き正念場に 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「短陰線」。下値を切り上げたものの、前日 の昨年来高値(2万4115円95銭)をわずかながら捉えることができず、時価近辺は 重いと感じさせている。ほぼ「十字線」の形状だけに、気迷いを感じさせるところでもあ り、正念場であるとの印象に変わりはない。   今回は、前日の値幅内に収まる「はらみ寄せ」。はらんだ足が決定的な売りサインと なる「陽線」ではなく「陰線」であるため、不安を感じさせるものではないが、ここで止 まると「ダブルトップ」...

日経平均は続伸、模様眺めムードから高値圏で一進一退

東京株式市場で日経平均は続伸。米国株式市場が上昇したほか、ドル/円が円安水準で落ち着く中で、前週末の好地合いを引き継いで堅調となった。ただ、今晩の米国市場が休場のため模様眺めムードが強く、17日の立ち会い中につけた昨年来高値2万4115円95銭の手前で一進一退となった。東証1部の売買代金は、1兆4179億0700万円と商いは細っている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、決算を中心に個別物色 薄商い

<15:15> 新興株市場は堅調、決算を中心に個別物色 薄商い 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発となった。市 場からは「決算を材料視した物色が目立っていた。最近では新興株式市場にも海外勢が参 入しており、今夜の米国株式市場休場を受け、新興株市場でも薄商いだった」(いちよし 証券・投資情報部の及川敬司氏)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、小倉クラッチ 、フューチャーベンチャーキャピタル 、イワブチ が上昇。ワークマン 、多摩川ホールディングス<683 8.T>、東洋合成工業 などは下落した。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、海外勢不在で閑散商状

<14:10> 日経平均は膠着、海外勢不在で閑散商状 日経平均は膠着、2万4100円近辺で推移している。「材料がない上に米国株式市 場が休場となることから海外勢の参加も少なく、商いは細っている」(国内証券)という 。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、2万4100円台回復 上値は重い 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円03銭高の2万4101円29 銭となり、続伸した。前週末の米国株高が好感された。ただ、今夜の米国株式市場が休場 となっていることもあり、手掛かり材料には乏しく、積極的に上値を追う展開にはなって いない。...

前場の日経平均は続伸、2万4100円台回復 上値は重い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円03銭高の2万4101円29銭となり、続伸した。前週末の米国株高が好感された。ただ、今夜の米国株式市場が休場となっていることもあり、手掛かり材料には乏しく、積極的に上値を追う展開にはなっていない。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は材料難で小動き、後場も同様の展開か

<10:55> 日経平均は材料難で小動き、後場も同様の展開か 日経平均は小動き。前営業日比50円ほど高い2万4080円近辺で推移している。 市場からは「前週末の米国株高を好感し続伸スタートしたものの、きょうの米国株式市場 は休場ということもあり、手がかり材料に乏しい。買う材料もなければ売る材料もない。 後場も同じ水準での推移となるのではないか」(国内証券)との声が出ていた。 <09:05> 日経平均は小幅に続伸、様子見ムード 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比39円42銭高の2万4080円 68銭となり、小幅に続伸した。東証...

寄り付きの日経平均は小幅に続伸、様子見ムード

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比39円42銭高の2万4080円68銭となり、小幅に続伸した。東証33業種では、鉄鋼、空運業、その他金融業などの29業種が値上がり。医薬品、食料品、小売業などの4業種は値下がりとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、全体的に売り買い交錯

<08:45> 寄り前の板状況、全体的に売り買い交錯 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン 、ソニー 、パナソニック が売り買い交錯。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック が売り買 い交錯。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い交錯となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX...

日経平均は小反発、材料出尽くし感で見送りムードに

東京株式市場で日経平均株価は小反発。米中による「第1段階」の通商合意の署名を好感し、買い優勢で始まったものの、材料出尽くし感が生じて徐々に見送りムードが広がった。2万4000円が重いとの印象があり、上値を追うには新たな材料が欲しいとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3900円63銭=16日)が下値支持線として機能している一方、上値は昨年来高値(2万4091円12銭)の壁も意識されつつある。

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック平均は5日ぶり反落、材料ある銘柄には物色

新興株市場で日経ジャスダック平均は5日ぶり反落、東証マザーズ指数は小幅に3日続落となった。「材料のある銘柄への物色は活発だったが、全体的には決算発表前ということもあり大きくポジションを傾けづらい。指数は膠着し、方向性が出なかった」(アナリスト)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、手掛かり材料難で模様眺めムード

日経平均はもみあい。前日比変わらず近辺で推移している。手掛かり材料難で模様眺めムードが強い。市場では「中国株式市場が軟化していることが気にされているが、日本株を崩すまでには至らない。新たな材料を探している状況で、まもなく発表シーズンが始まる企業決算の内容が明らかになるまで、相場は大きく動かないのではないか」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)との声が聞かれる。

前場の日経平均は小反発、材料出尽くし感で上値は重い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比34円32銭高の2万3950円90銭となり、小幅に反発した。前日の米国株式市場では、米中による「第1段階」の通商合意の署名を好感し、主要3指数が上昇。東京株式市場にも安心感を与えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、米中合意は無難通過 市場の目線は企業決算

日経平均は2万3900円台前半でもみあい。米中貿易協議の「第1段階」合意文書に署名が行われたものの、日経平均の上値は重く、影響は限定的となっている。

寄り付きの日経平均は小反発でスタート、その後は一進一退

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比43円62銭高の2万3960円20銭となり、小反発でスタート。その後は前日終値近辺の2万3900円台前半での一進一退となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ファーストリテが買い優勢

<08:40> 寄り前の板状況、ファーストリテが買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、キヤノン は売り優勢、トヨタ自動 車 、ホンダ 、ソニー 、パナソニック は売り買い交錯。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング は買い優勢、ファナック<6954. T>は売り買い交錯。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ は売り買い交錯となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、利食い売り後は上昇の可能性も

<15:45> 日経平均・日足は「十字線」、利食い売り後は上昇 の可能性も 日経平均・日足は「十字線」。厳密にいえば実体部分は「陰」ながら、値幅はわずか6円90銭、投資 家の気迷いを示している。米国と中国による「第1段階」通商合意の署名を15日に控え、様子見ムードが 市場を支配している。前日に5日移動平均線が25日移動平均線を上抜け、短期的な上昇相場への転換シグ ナルが点灯しており、利食い売りをこなした後は再び上昇に向かう可能性もある。 <15:15> 新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色

<15:15> 新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は続落となった。市場か らは「強弱が明確に出ているわけではなく、小型の一部の物色が目立っていた。決算を材料視したもよう。 直近IPOの一角も買われていた」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではファンドクリエーショングループ 、ドーン 、フューチャーベン チャーキャピタル が上昇。ワークマン 、多摩川ホールディングス 、倉元製作所<5 216.T>は下落した。 マザーズ市場では、メルカリ 、UUUM...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、「第1段階」通商合意の署名を控え様子見ムード

<13:30> 日経平均は下げ幅拡大、「第1段階」通商合意の署名を控え様子見ムード 日経平均は後場下げ幅を拡大、2万3800円台後半で推移している。市場からは「じわじわ下がって きてはいるが、特段の材料によるものではない。きょうは(米国と中国による)第1段階通商合意の署名を 控え、全体的に様子見ムード。待っている間にわざわざ買う必要はない」(国内証券)との声が出ていた。 <11:42> 前場の日経平均は反落、利益確定売り 半導体関連など安い  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比110円29銭安の2万3914円88銭となり、反落...

前場の日経平均は反落、利益確定売り 半導体関連など安い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比110円29銭安の2万3914円88銭となり、反落した。米中による「第1段階」通商合意の署名式を控え、利益確定売りが出やすかった。直近買われていた値がさの半導体関連や電子部品関連が売られ、指数を押し下げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up