for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリング

9983.T

現在値

91,820.00JPY

変化

-50.00(-0.05%)

出来高

324,400

本日のレンジ

91,130.00

 - 

92,330.00

52週レンジ

39,910.00

 - 

95,310.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
91,870.00
始値
91,820.00
出来高
324,400
3か月平均出来高
11.82
高値
92,330.00
安値
91,130.00
52週高値
95,310.00
52週安値
39,910.00
発行済株式数
102.12
時価総額
9,739,683.00
予想PER
52.76
配当利回り
0.52

次のエベント

Dividend For 9983.T - 240.0000 JPY

適時開示

その他

Fast Retailing Says Recovery Of Uniqlo Japan And Greater China Faster Than Expected

Fast Retailing Says Same-Store Uniqlo Sales In Japan Down 56.5% Y/Y In April

Fast Retailing Says Same-Store Uniqlo Sales In Japan Down 27.8% Y/Y In March

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリングとは

ファーストリテイリンググループは、主に衣料品事業を展開する。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。国内ユニクロ事業は、日本で「ユニクロ」のブランドで男性・女性・児童衣料品等のカジュアル衣料品及びその他の商品の販売を行う。海外ユニクロ事業は、海外で「ユニクロ」のブランドでカジュアル衣料品の販売を行う。ジーユー事業は、「ジーユー」のブランドで国内・海外においてカジュアル衣料品の販売を行う。グローバルブランド事業は、「セオリー」、「コントワー・デ・コトニエ」、「プリンセス タム・タム」、「プラステ」及び「J BRAND」等のブランドで国内・海外において衣料品の企画、販売及び製造事業を行う。また、不動産賃貸業等も行う。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

10717, Sayama

YAMAGUCHI-SHI, YMC

754-0894

Japan

+81.3.68650050

https://www.fastretailing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tadashi Yanai

Chairman of the Board, President, Group Chief Executive Officer, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Takeshi Okazaki

Chief Financial Officer, Group Senior Executive Officer, Director

Kazumi Yanai

Group Senior Executive Officer, Chairman & President & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Director

Koji Yanai

Group Senior Executive Officer, Director

Takahiro Kinoshita

Group Senior Executive Officer

統計

2.60 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.1K

2019

2.3K

2020

2.0K

2021(E)

2.3K
EPS (JPY)

2018

1,517.710

2019

1,593.200

2020

885.150

2021(E)

1,740.406
株価売上高倍率(過去12カ月)
104.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.86
株価純資産倍率(四半期)
9.40
株価キャッシュフロー倍率
36.02
総負債/総資本(四半期)
85.04
長期負債/資本(四半期)
72.78
投資利益率(過去12カ月)
5.03
自己資本利益率(過去12カ月)
3.59

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」、売り買いが交錯した相場環境を 表している。 一目均衡表では転換線(2万8439円49銭=22日)が基準線(2万7670円 60銭=同)の上に位置していることから、中長期的には上昇余地がありそうだ。ただ、 基準線が横ばいで推移していることから、目先としてはもみあう相場展開が予想される。 <15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる

<15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3 日続伸した。市場からは「日経平均がさえない動きとなる中、個別の材料を手掛かりにマ ザーズ市場で中小型株の物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.27%高。個別では、イメージワン<2667. T>が一時ストップ高となったほか、ウエストホールディングス がしっかり。東映 アニメーション は連日の昨年来高値を更新した。一方、エム・エイチ・グループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、東京五輪めぐる報道の影響は限定的との声

<14:14> 日経平均は下げ幅縮小、東京五輪めぐる報道の影響は限定的との声 日経平均はやや下げ幅を縮小。売り買いが交錯し、前営業日比70円ほど安い2万8 600円台後半で方向感のない動きが続いている。市場からは「材料出尽くし感があるこ とに加え、週末を控えており、動意に乏しい展開となっている」(国内証券)との声が聞 かれた。 また、朝方から東京五輪を巡る情報が交錯しているが、「マーケットに与える影響は 限定的ではないか」(同)との指摘もあった。 <12:53> 日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ 後場に入り、日経平均はさえない...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ

<12:53> 日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ 後場に入り、日経平均はさえない展開となっている。前営業日比90円ほど安い2万 8600円台半ばで推移。「来週以降、本格化する企業決算発表にマーケットの関心が向 かっている」(国内証券)との声が聞かれ、「7―9月期の決算では機械、電気機器、自 動車などの回復が目立ったが、今回は小売や流通など、出遅れた業界の回復がみられるか が焦点になる」(同)という。 <11:40> 前場の日経平均は反落、週末と高値警戒感からさえない動きに 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円...

前場の日経平均は反落、週末と高値警戒感でさえない動き

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円87銭安の2万8646円99銭となり、反落。週末で利益確定売りが目立ったほか、テクニカル面で高値警戒感も生じていることから終始さえない動きとなった。

〔マーケットアイ〕株式:マイナス圏で戻り歩調、週末で様子見ムードが強まる

<10:59> マイナス圏で戻り歩調、週末で様子見ムードが強まる 日経平均はマイナス圏で推移しながらも、戻り歩調となっている。下値は底堅さを感 じさせるものの、週末とあって様子見ムードが強まっており、上値取りの動きも慎重な様 子だ。 市場では「ビッドコインの下落なども心理的に悪影響を及ぼしている。売り一巡後は 下げ渋ったが、週末で新たなポジションを取ろうとする動きもみられない」(国内証券) との声が聞かれる。 <09:59> 日経平均はマイナス圏でもみあい、来週の企業決算を控え様子見 日経平均は一時前営業日比229円70銭安の2万8527...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、来週の企業決算を控え様子見

<09:59> 日経平均はマイナス圏でもみあい 、来週の企業決算を控え様子見 日経平均は一時前営業日比229円70銭安の2万8527円16銭で安値を付けた 後は下げ渋り。マイナス圏でのもみあいとなっている。現在、前営業日比150円ほど安 い2万8600円近辺。来週から本格化する企業の決算発表が意識されるなか、積極的な 買いは手控えられている。 指数寄与度の高い銘柄では、ソフトバンクグループ 、東京エレクトロン<803 5.T>が売られ、アドバンテスト 、資生堂 が買われるなど、まちまちの展 開。 新興株市場では日経ジャスダック平均、東証...

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが優勢 資生堂は5%超高

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比176円66銭安の2万8580円20銭となり、反落した。オーバーナイトの米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が終値で最高値を更新したものの、日経平均は前日に終値ベースでバブル崩壊後の高値を更新したこともあり、利益確定売りが優勢の展開となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢

<08:40> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニー 、ホンダ 、キヤノ ン が売り優勢、トヨタ自動車 、東京エレクトロン 、ソフトバン クグループ が売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢、ファナック<6954. T>は売り買い拮抗。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回る 2万8000円値固めへ

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回る 2万8000円値固めへ 日経平均・日足は、上下にヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示唆している。ただ、終 値(2万8756円86銭=21日)は5日移動平均線(2万8534円99銭=同)を 上回ったほか、中長期の移動平均線は上向きを維持しており、上昇トレンドにあることに 変わりはない。当面は5日移動平均線を意識した、2万8000円台を固める動きとなり そうだ。 <16:06> 新興株市場はしっかり、マザーズは3%超高 バルミューダは連日 の最高値 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズは3%超高 バルミューダは連日の最高値

<16:06> 新興株市場はしっかり、マザーズは3%超高 バルミューダは連日 の最高値 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は続伸 した。前日の米国株式市場で最高値を更新した流れを引き継ぎ、グロース株を中心に物色 が活発。直近IPO銘柄も買われ、バルミューダ は連日の最高値を更新した。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.29%高。個別では、エム・エイチ・グル ープ 、アースインフィニティ 、出前館 がしっかり。フェローテ ックホールディングス 、ケアサービス 、細谷火工 は売られた。 マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、値動きの乏しい展開 決算控え様子見ムード

<14:37> 日経平均は一進一退、値動きの乏 しい展開 決算控え様子見ムード 日経平均は前営業日比200円ほど高い2万8700円台前半での推移となっている 。全体的に値動きに乏しく、後場の値幅は上下96円にとどまっている。 市場では「バイデン氏の米大統領就任式を無事通過し、底堅い動きとなっている。た だ、足元ではいったん材料出尽くしとなり、来週の決算を控え様子見となっているようだ 」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:44> 日経平均は堅調、日銀の金融政策決定会合には反応薄 後場に入り、日経平均は堅調。前営業日比270円ほど高い2...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、日銀の金融政策決定会合には反応薄

<12:44> 日経平均は堅調、日銀の金融政策決定会合には反応薄 後場に入り、日経平均は堅調。前営業日比270円ほど高い2万8800円台近辺で 推移している。ランチタイム中に日銀の金融政策決定会合の結果が公表され、政策の現状 維持が伝えられたが、市場の予想通りとなりマーケットの反応は乏しい。 市場からは「マーケットの関心は、26日から開かれるFOMC(米連邦公開市場委 員会)や、月末から本格化する企業決算に向かっている。きょうは材料出尽くし感で、大 引けにかけて一進一退の動きとなるのではないか」(国内証券)との意見が聞かれた。 <11:...

午前の日経平均は反発、バイデン米政権への期待感で物色活発

21日午前の東京株式市場で、日経平均は反発。前営業日比204円22銭高の2万8727円48銭で午前の取引を終えた。バイデン米大統領の就任で、景気対策などへの期待感から幅広い業種で物色が活発になり、日経平均の上げ幅は一時320円を超えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、バイデン氏就任式終え投資家心理改善

<10:54> 日経平均は堅調、バイデン氏就任式終え投資家心理改善 日経平均は堅調、前営業日比210円ほど高い2万8700円台前半で推移している 。前日の日経平均は、朝方に上昇した後はバイデン米大統領就任式をにらみ様子見ムード が広がったが、「きょうはイベントを無事に通過できたことで投資家心理が改善している ようだ。日経平均は1日を通して堅調に推移するのではないか」(国内証券)との声が聞 かれた。 <10:05> 日経平均は高値もみあい、東証33業種別株価指数で30業種上昇 日経平均は高値もみあい。買い一巡後は伸び悩んでいるが、物色面をみると...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、東証33業種別株価指数で30業種上昇

<10:05> 日経平均は高値もみあい、東証33業種別株価指数で30業種上昇 日経平均は高値もみあい。買い一巡後は伸び悩んでいるが、物色面をみると広範囲に 買われている。午前10時05分現在、東証33業種別株価指数で、30業種が上昇。市 場では「バイデン米新政権の政策による経済上向き期待が上昇の背景にある。ただ、物色 面では明確な特徴がなく、幅広く買っている状況だ」(野村証券・エクイティマーケット ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれた。 <09:05> 日経平均は反発、米株高受け幅広く物色 高寄り後も上値追い 寄り付きの東京株式市場...

寄り付きの日経平均は反発、米株高受け幅広く物色 高寄り後も上値追い

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比187円15銭高の2万8710円41銭となり、反発してスタート。米国株式市場が最高値を更新したことを受け、幅広く物色された。高寄りした後も上値を追っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやソニーなど主力株が買い優勢

<08:50> 寄り前の板状況、トヨタやソニーなど主力株が買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー 、 東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ などの主力株や、指数寄与度 の大きいファーストリテイリング が買い優勢となっている。 三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ<8 316.T>、みずほフィナンシャルグループ など銀行株も買い優勢。半面、ホンダ<7 267.T>、キヤノン 、ファナック などが売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、当面は5日線を意識

<16:03> 日経平均・日足は「中陰線」、当面は5日線を意識 日経平均・日足は、ごく短い上ヒゲと下ヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みが示され ている。終値(2万8523円26銭=20日)と5日移動平均線(2万8523円27 銭=同)の差はわずか1銭となり、気迷いムードを反映させている。当面は5日移動平均 線を意識した値動きとなりそうだ。 <15:46> 新興株市場は小じっかり、テーマ株に物色 時価総額上位銘柄は軟 調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反 発した。市場では「メルカリ などの時価総額上位銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、テーマ株に物色 時価総額上位銘柄は軟調

<15 :46> 新興株市場は小じっかり、テーマ 株に物色 時価総額上位銘柄は軟調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反 発した。市場では「メルカリ などの時価総額上位銘柄が売られ指数は小幅高にと どまったが、半導体などテーマ性のある銘柄は物色されているようだ」(国内証券)との 声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.19%高。個別では、ケアサービス <2425 .T>、ウエストホールディングス 、AFC─HDアムスライフサイエンス<2927.T >などが買われた。半面、Mipox...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up