for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリング

9983.T

現在値

74,450.00JPY

変化

-440.00(-0.59%)

出来高

471,300

本日のレンジ

73,700.00

 - 

75,170.00

52週レンジ

69,230.00

 - 

110,500.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
74,890.00
始値
73,850.00
出来高
471,300
3か月平均出来高
11.69
高値
75,170.00
安値
73,700.00
52週高値
110,500.00
52週安値
69,230.00
発行済株式数
102.14
時価総額
7,943,856.00
予想PER
39.06
配当利回り
0.64

次のエベント

Fast Retailing Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Fast Retailing: No Cases Of Forced Labour Have Been Found In Supply Chain Of Uniqlo Products

Fast Retailing CEO Yanai: No Comment On Xinjiang As It Is Political Issue

Fast Retailing Co Says Trading In Hong Kong Depositary Receipts Will Be Halted On April 8

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリングとは

ファーストリテイリンググループは、主に衣料品事業を展開する。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。国内ユニクロ事業セグメントは、日本で「ユニクロ」のブランドで男性・女性・児童衣料品等のカジュアル衣料品及びその他の商品の販売を行う。海外ユニクロ事業セグメントは、海外で「ユニクロ」のブランドでカジュアル衣料品の販売を行う。ジーユー事業セグメントは、「ジーユー」のブランドで国内・海外においてカジュアル衣料品の販売を行う。グローバルブランド事業セグメントは、「セオリー」、「コントワー・デ・コトニエ」、「プリンセス タム・タム」、「プラステ」及び「J BRAND」等のブランドで国内・海外において衣料品の企画、販売及び製造事業を行う。また、不動産賃貸業等も行う。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

10717-1, Sayama

YAMAGUCHI-SHI, YMC

754-0894

Japan

+81.3.68650050

https://www.fastretailing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tadashi Yanai

Chairman of the Board, President, Group Chief Executive Officer, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Takeshi Okazaki

Chief Financial Officer, Group Senior Executive Officer, Director

Kazumi Yanai

Group Senior Executive Officer, Chairman & President & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Director

Koji Yanai

Group Senior Executive Officer, Director

Takahiro Kinoshita

Group Senior Executive Officer

統計

2.77 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.3K

2020

2.0K

2021

2.1K

2022(E)

2.3K
EPS (JPY)

2019

1,593.200

2020

885.150

2021

1,663.115

2022(E)

1,882.376
株価売上高倍率(過去12カ月)
45.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.72
株価純資産倍率(四半期)
6.85
株価キャッシュフロー倍率
22.47
総負債/総資本(四半期)
74.47
長期負債/資本(四半期)
63.98
投資利益率(過去12カ月)
9.74
自己資本利益率(過去12カ月)
7.14

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線の攻防が焦点

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線の攻防が焦点 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。25日移動平均線(2万8 843円49銭=28日)や200日線(2万8834円59銭=同)を下回ったが、下 ヒゲが長めで、下げ渋りもうかがえる。目先は25日線、200日線を軸とした攻防が焦 点になりそうだ。目先の上値は20日の高値(2万9489円11銭)、下値は75日線 (2万8559円93銭=同)が意識される。 <15:38> 新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック...

日経平均は続落、米株安や企業決算への警戒感が重し

東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株式市場で高値警戒感からダウ工業株30種平均やS&P総合500種が軟調となる中、東京市場でも利益確定売りが優勢となった。前日に業績見通しの下方修正を発表した銘柄が軟調となったことも、相場の重しとなった。

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく

<15:38> 新興市場は反発、中小型株に物色 主要銘柄手掛けにくく 新興株市場は東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場では 「決算発表を控えた東証1部などの主要銘柄が手掛けにくい中、中小型株が物色された」 (国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.81%高。フリー やメルカリ の上昇 が全体を牽引した。グローバルウェイ は続騰。アスタリスク は高値圏で 推移し商いも膨らんだ。一方、ウェルスナビ やケアネット は軟調で、指 数の重しとなった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.17%高。東映アニメーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で小動き、リオープン銘柄に買いの動き

<13:50> 日経平均は徐々に持ち直し、リオープン銘柄に買いの動き 日経平均は、後場に入ってから徐々に持ち直している。朝方にさえない動きだったA NAホールディングス などの空運やJR東海 などの鉄道、エイチ・アイ ・エス など旅行関連といったリオープン(経済再開)銘柄の一角が、プラスに浮 上している。外食や百貨店も、買われている銘柄が目立つ。 もっとも、全般的には模様眺めのようだ。決算シーズンが本格化しており、市場では 「まずは、きょう発表するソニーグループ の数字を確認したい」(国内証券)と いった声が多く聞かれる。きょうはソニー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万8800円近辺でもみあい、日銀決定会合の影響は限定的

<12:45> 日経平均は2万8800円近辺でもみあい、日銀決定会合の影響は限定 的 後場の日経平均は前場の終値近辺での推移となっている。現在、前営業日比300円 ほど安い2万8800円近辺でもみあい。昼休み中に日銀の金融政策決定会合の結果が発 表され、金融政策の現状維持が伝えられたが、事前予想通りの結果で市場への影響は限定 的。 市場では「今日はソニーグループなどの主力企業が決算を発表する予定で、注目され ている。市場の関心は政策決定会合より企業決算」(国内証券)との声が聞かれる。 日銀は27─28日に開いた金融政策決定会合で、現行の...

午前の日経平均は続落、企業決算を嫌気 ファナック8%超安

28日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比272円62銭安の2万8825円62銭と続落した。前日の米国株式市場で高値警戒感が高まる中、東京株式市場でも利益確定売りが優勢となった。個別では、前日に業績見通しの下方修正を発表した銘柄が総じて軟調となり、日経平均を押し下げる格好となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、企業業績に対する不安高まる

<10:20> 日経平均は安値圏でもみあい、企業業績に対する不安高まる 日経平均は安値圏でもみあい。半導体供給不足や原油価格急騰などを理由に、今期見 通しを下方修正する企業が相次ぎ、企業業績に対する不安が高まり、慎重な投資家が増え てきた様子がうかがえる。一方では「市況産業をはじめ、半導体不足の影響が小さい企業 や原油高がプラスに働く企業の上方修正が目立つ。それらは買われ、物色が二極化する傾 向が生じてきた」(雨宮総研・代表の雨宮京子氏)という。 市場では「きょうの引け後に発表されるソニーグループ など注目企業の決算 発表を見極めたい」...

寄り付きの日経平均は続落、業績予想下方修正銘柄に売り目立つ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比226円63銭安の2万8871円67銭となり、続落してスタートした。日立製作所、ファナックが売り気配で始まるなど業績予想を下方修正した銘柄に売られる銘柄が目立つ。一方、半導体関連銘柄が買い優勢で始まった。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、下方修正発表したファナック売り優勢

<08:50> 寄り前の板状況、下方修正発表したファナック売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニーグループ<6 758.T>、ホンダ 、キヤノン 、三菱UFJフィナンシャル・グループ<830 6.T>、ソフトバンクグループ 、指数寄与度の大きいファーストリテイリング<998 3.T>が売り優勢。前日に通期見通しを下方修正したファナック も売り優勢となっ ている。東京エレクトロン は売り買い交錯となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、長短移動線から上放れ

<16:15> 日経平均・日足は「小陽線」、長 短移動線から上放れ 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」となり、買い勢力を感 じさせる形状となった。終値(2万9098円24銭=27日)は200日移動平均線( 2万8826円28銭=同)、25日線(2万8876円26銭=同)を上放れる形とな り、上値を追う気配が感じられる。 <16:00> 新興株市場は反落、主力株中心に利益確定売り 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反落した。前 日の上昇の反動から、時価総額上位銘柄を中心に利益確定売りに押...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、主力株中心に利益確定売り

<16:00> 新興株市場は反落、主力株中心に 利益確定売り 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反落した。前 日の上昇の反動から、時価総額上位銘柄を中心に利益確定売りに押される展開となった。 マザーズ総合は前営業日比0.95%安。個別では、メルカリ 、BASE<4 477.T>、JTOWER が軟調。前日に新規上場したCINC は反落した 。半面、FRONTEO 、アイドマ・ホールディングス はしっかり。グ ローバルウェイ 、アスタリスク はストップ高比例配分となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0....

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、模様眺めムードが支配

<13:25> 日経平均は弱もちあい、模様眺めムードが支配 日経平均は弱もちあい。好決算銘柄に対する物色ニーズは強ものの、全体的に模様眺 めムードが支配している。市場では「好決算銘柄に対する買いニーズが強く、これらが株 価全体を支える格好になる一方、全体的には戻り売りも警戒されているようだ」(国内証 券)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は反落、利益確定が先行 好決算支えに下げ渋る 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比159円40銭安の2万8946円6 1銭となり、反落した。米国株式市場は上伸したものの、日本株は前日...

前場の日経平均は反落、利益確定が先行 好決算支えに下げ渋る

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比159円40銭安の2万8946円61銭となり、反落した。米国株式市場は上伸したものの、日本株は前日の大幅高の反動もあって利益確定売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時200円超の下げ、2万9000円前後で戻り売り

<11:10> 日経平均は一時200円超の下げ、2万9000円前後で戻り売り 日経平均は軟調に推移し、一時200円を超す下げを記録した。引き続き好決算銘柄 を物色する動きがみられるものの、時価水準より上値は重いという。市場では「日経平均 で2万9000円前後では戻り売りが活発化するようだ。20日の戻り高値2万9489 円11銭に近づくと、やれやれ売りが出やすい」(国内証券)との声も聞かれた。 <10:10> 日経平均は徐々に下げを拡大、好調な企業決算期待が支え 日経平均は徐々に下げを拡大している。前日の上昇を受けて利益確定売りが先行した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は徐々に下げを拡大、好調な企業決算期待が支え

<10:10> 日経平均は徐々に下げを拡大、好調な企業決算期待が支え 日経平均は徐々に下げを拡大している。前日の上昇を受けて利益確定売りが先行した が「好調な企業業績への期待感が支えになっている」(国内運用会社)という。 前日は特段の買い材料が乏しい中での上昇だったとみられている一方、きょうの下げ も特段の売り材料があるわけではないとの声が多い。選挙前の模様眺めで商いが膨らまな い中で「先物主導で振らされやすい」(国内証券)との見方が出ている。 決算シーズンに入り、個別物色がみられる。前日に決算を発表した企業のうち、新光 電気工業 やシマノ...

日経平均は反落スタート、前日の上昇の反動 利益確定売りが先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比50円00銭安の2万9056円01銭となり、反落して始まった。前日の急上昇の反動で利益確定売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタは買い優勢 ソフトバンクGは売り優勢

<08:45> 寄り前の板状況、トヨタは買い優勢 ソフトバンクGは売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 は買い優勢。ソニー グループ 、ホンダ 、キヤノン 、ソフトバンクグループ は売り優勢となっている。東京エレクトロン は売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢、ファナック<6954. T>は買い優勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ は買い優勢。三井住 友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ は売り買い 拮抗となっている。 東証第1部出来高上位...

日経平均は急反発、環境・需給が改善 決算発表への期待高まる

東京株式市場で日経平均は急反発した。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、環境、需給両面が改善したとの見方から幅広く物色された。今週から本格化する決算発表シーズンで好業績が相次ぐとの期待が生じていることも、株価上昇を支援する要因になっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、長短移動線を上回り調整一巡

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、長短移動線を上回り調整一巡 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。200日移動平均線 (2万8817円01銭=26日)のほか、25日線(2万8905円92銭=同)を上 回り、不安感を解消したとの印象を与えている。 大幅上昇によって直近の下落相場は、前日安値(2万8472円55銭)で底打ち感 が生じ、調整一巡感が台頭。回復したばかりの2万9000円を固め切れるかどうかが当 面のポイントになりそうだ。 <15:10> 新興株市場はしっかり、地合い改善し値幅取りの動き 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、地合い改善し値幅取りの動き

<15:10> 新興株市場はしっかり、地合い改善し値幅取りの動き 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数は5日ぶりに反発、日経ジャスダック平 均も反発した。市場では「前日までのムードと一変、地合いが改善し、値幅取りの動きが 活発化してきた」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したCINC は、公開価格を28.24%上 回る3950円で初値を付けた後はもみあった。 マザーズ総合は前営業日比2.05%高。個別では、INCLUSIVE が ストップ高となったほか、日本電解 が大幅高となった。FRONTEO が連日の年初来高値更新...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up