for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリング

9983.T

現在値

76,710.00JPY

変化

-2,850.00(-3.58%)

出来高

1,524,400

本日のレンジ

75,840.00

 - 

78,450.00

52週レンジ

54,310.00

 - 

88,230.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
79,560.00
始値
78,120.00
出来高
1,524,400
3か月平均出来高
12.83
高値
78,450.00
安値
75,840.00
52週高値
88,230.00
52週安値
54,310.00
発行済株式数
102.18
時価総額
8,439,220.00
予想PER
42.33
配当利回り
0.65

次のエベント

September 2022 Fast Retailing Co Ltd Number of Stores

適時開示

その他

Fast Retailing: No Cases Of Forced Labour Have Been Found In Supply Chain Of Uniqlo Products

Fast Retailing CEO Yanai: No Comment On Xinjiang As It Is Political Issue

Fast Retailing Co Says Trading In Hong Kong Depositary Receipts Will Be Halted On April 8

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファーストリテイリングとは

ファーストリテイリンググループは、主に衣料品事業を展開する。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。国内ユニクロ事業セグメントは、日本で「ユニクロ」のブランドで男性・女性・児童衣料品等のカジュアル衣料品及びその他の商品の販売を行う。海外ユニクロ事業セグメントは、海外で「ユニクロ」のブランドでカジュアル衣料品の販売を行う。ジーユー事業セグメントは、「ジーユー」のブランドで国内・海外においてカジュアル衣料品の販売を行う。グローバルブランド事業セグメントは、「セオリー」、「コントワー・デ・コトニエ」、「プリンセス タム・タム」、「プラステ」及び「J BRAND」等のブランドで国内・海外において衣料品の企画、販売及び製造事業を行う。また、不動産賃貸業等も行う。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

10717-1, Sayama

YAMAGUCHI-SHI, YMC

754-0894

Japan

+81.3.68650050

https://www.fastretailing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tadashi Yanai

Chairman of the Board, President, Group Chief Executive Officer, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Takeshi Okazaki

Chief Financial Officer, Group Senior Executive Officer, Director

Kazumi Yanai

Group Senior Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Director

Koji Yanai

Group Senior Executive Officer, Director

Yukihiro Katsuta

Group Senior Executive Officer

統計

2.62 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.3K

2020

2.0K

2021

2.1K

2022(E)

2.2K
EPS (JPY)

2019

1,593.200

2020

885.150

2021

1,663.115

2022(E)

2,397.576
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.84
株価純資産倍率(四半期)
5.64
株価キャッシュフロー倍率
18.91
総負債/総資本(四半期)
55.34
長期負債/資本(四半期)
46.92
投資利益率(過去12カ月)
13.08
自己資本利益率(過去12カ月)
9.95

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマでバンドウォーク

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5937円21銭。再び、心理的節目2万6000円を割り込み、5日移動平均線(2万6307円33銭=30日)に届かなかった。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万6084円81銭=同)でバンドウォークとなっており、下値模索の継続が警戒される。一方、25日線からの下方乖離率など売られ過ぎの示唆も根強い。目先の下値めど6月20日安値(2万5520円23銭)で下げ止まるかが焦点。

日経平均は反落、米株の大幅安嫌気 再び2万6000円割れ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比484円84銭安の2万5937円21銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場で金利が上昇し株価が大幅安となったことが嫌気されて幅広く売られ、再び2万6000円を割り込んだ。買い材料に乏しい中、下値模索の展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ反落、ポーターズとグッピーズは公開価格上回る

新興株式市場は、マザーズ総合は1.35%安の695.35ポイントと反落した。東証グロース市場指数は前営業日比1.36%安の883.66ポイントだった。米金利上昇が警戒される中、グロース(成長)株への投資家の慎重姿勢が強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中安値を更新、値がさ株の一角が下げ拡大

後場の日経平均は、2万5800円台前半へと徐々に水準を切り下げ、日中の安値を更新している。値がさの東京エレクトロン、信越化学工業といった半導体関連の一角やファーストリテイリングなどが、前引け時点に比べ下げ幅を広げている。

午前の日経平均は急反落、米株軟化を嫌気し再び2万6000円割れ

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比442円30銭安の2万5979円75銭と、急反落した。前日の米国株式市場の軟化を嫌気し幅広く売りが出て、再び2万6000円を割り込んだ。週末とあって見送りムードが強く、薄商いの中を下値模索の展開となった。後場は、28日に付けた直近安値2万5938円36銭の攻防になるとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、再び2万6000円大台の攻防に

日経平均は下げ幅を拡大している。週末で見送りムードが強い中で、まばらの売りに押され2万6000円台を割り込む場面もあった。再び大台の攻防となっている。東京エレクトロンなど半導体関連株のほか、ファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄の値下がりが目立つ。

寄り付きの日経平均は反落、米ナスダック安嫌気し幅広い売り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比182円05銭安の2万6240円00銭と、反落してスタート。前日の米国株式市場、とりわけナスダックが下落したことが嫌気され、主力銘柄を中心に幅広く売られている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタ自動車など主力銘柄が売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンス、NTTなどの主力銘柄が売り優勢。指数寄与度の大きい東京エレクトロン、ファーストリテイリングなども売り優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、売られ過ぎの修正との印象

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6422円05銭。前日の長い下ヒゲが底入れのサインになることを追随、自律反発に対する期待を膨らませている。25日移動平均線(2万7681円70銭=29日)とのかい離率は約4.5%と広がっているため、売られ過ぎの修正との印象が強い。

日経平均は急反発、配当落ち即日埋め 英中銀国債購入がプラス作用

東京株式市場で日経平均は実質的に急反発した。前日比248円07銭高の2万6422円05銭で大引けたが、この日は上半期末の権利落ち日で市場試算値の配当落ち分である224円を考慮すると472円高と、配当落ちを即日で埋め切った。米国株式市場の反発を好感した格好だが、その背景には英国中銀が国債購入に踏み切ったことがあり、日本株の関係者からも、これが大きくプラスに作用したと指摘する声が多い。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反発、米ハイテク株堅調を好感

新興株式市場は反発。マザーズ総合が前営業日比2.38%高の704.84ポイントと、700ポイントをすかさず回復した。東証グロース市場指数は同2.38%高の895.85ポイントで取引を終えた。「米国株式市場でハイテク株が堅調に推移したことが好感された」(国内調査機関ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、需給思惑強く上値に対して慎重

日経平均は高値もみ合い。2万6400円台ときょうの高値圏で推移している。しっかりした足取りだが、月末月初の需給思惑が強いことから上値に対しては慎重な様子だ。配当金再投資の買い需要、日経平均入れ替えに伴う売り需要と「売り買いそれぞれ思惑材料があるため、慎重にならざるを得ない」(国内証券・ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は底堅い、米株先物が下げ幅を縮小

後場に入り、日経平均は前引け水準より上げ幅を広げ、前営業日比約150円高の2万6300円台前半で推移している。米株先物が下げ幅を縮め、支援材料になっている。

午前の日経平均は反発、値がさ株中心に買い戻し

29日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比64円34銭高の2万6238円32銭と反発した。米長期金利の低下を受けて、値がさのハイテク株やグロース(成長)株が買い戻され、日経平均は底堅く推移した。ただ、前引けにかけては上昇の勢いが弱まり、上値の重さも意識された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、2万6500円を前に上値の重さ意識

日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約160円高の2万6300円前半で推移。東証プライム市場では値上がり銘柄数が6割以上と、全体的にしっかりとなっている一方、値がさ株の上昇が一巡している。市場では「節目の2万6500円を前に上値の重さも意識されている」(国内証券ストラテジスト)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は買い一巡後に伸び悩み、世界景気懸念くすぶる

日経平均は伸び悩んでいる。高く寄り付いた後、一時270円超高に上値を伸ばしたが、利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられ、足元では220円高の2万6400円代付近での推移となっている。

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 配当落ち分埋める

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比106円52銭高の2万6280円50銭と、反発してスタートした。前日の米国市場で長期金利低下を受けて株高となったことを好感する形となり、買いが先行した。寄り付き後も200円超高に上値を伸ばし、短時間で配当権利落ち分(市場推計約224円)を埋めた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやソニーGが買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループが買い優勢。キーエンス、リクルートホールディングス、NTT、信越化学工業も買い優勢となっている

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、10日線が75日線を下抜け

<15:46> 日経平均・日足は「大陰線」、10日線が75日線を下抜け 日経平均・日足は上に短いヒゲ、下にやや長いヒゲを伴う「大陰線」となった。極め て弱気な相場を示している。終値は2万6173円98銭だった。 10日移動平均線(2万7320円96銭=28日)が75日線(2万7434円7 0銭=同)を上から下に突き抜け「デッドクロス」となっており、目先も軟調地合いが続 きそうだ。市場では「チャートポイントをいくつも割り込んでおり、次の下値めどとして は6月安値の万5500円程度が意識されそうだ」(国内証券)との声が出ている。 <15:29...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、グロース株が軟調

<15:29> 新興株式市場は反落、グロース株が軟調 新興株市場は、マザーズ総合が前営業日比1.83%安の688.46ポイントと反 落した。節目の700ポイントを再び割り込んだ。東証グロース市場指数は同1.84% 安の875.02ポイントで取引を終えた。依然として世界景気後退懸念への警戒感が強 く、グロース(成長)株を中心に売りが出た。 個別では、FPパートナー、eWeLL、INCLUSIVE<707 8.T>がしっかり。一方、VALUENEX、キャンバス、ハイブリッド テクノロジーズは軟調に推移した。 きょう新規上場したグラッドキューブ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up